アドラー心理学」カテゴリーアーカイブ

8) 夢診断  夢は未来のリハーサル

8)夢診断

夢は未来のリハーサルと把えます。
今直面している問題と、人生の目標とをつなぐ橋。
夢の中で役割を演じて練習し、現実にそうなるように準備しているわけです。
だから、夢はしばしば現実となります。

アドラー的に考えると、夢も「目的に向かって使われる」と考えるわけです。

ここが他の夢診断のように「過去の葛藤を解決する」ために夢をみると考えるわけではないところが特徴ですね。

夢を解釈するにはその人が直面しているライフタスクと関連づけて考えます。

たとえば、「仕事でノルマを達成してほめられた」夢をみるということであれば、ノルマが達成できるんだ、自信を持って進んでいいんだと自分に言い聞かせて安心させているようですし、「仕事でノルマが達成できずに責められて辛かった」という夢ならば、ノルマが達成できないときにはこうなるんだと心の準備をしているように考えられます。

また、アドラーは夢は感情を作り出す工場であるともしています。明日の旅行を迷っていて「やめた方がいい」というような夢をみれば、その感情にしたがいやすくなります。また逆に、乗り換えが上手く行って楽しかったという夢ならば、旅行に行く気持ちをかきたてます。感情の増幅装置みたいですね。

夢はその人の人生の文脈に出てきている事柄、言葉であらわれるために、その人の人生の流れ、言葉遣いを知る必要があります。一般論ではなかなか述べられないと言うことですね。それでも、「実践カウンセリング」のなかでは夢の小辞典があげられています。面白そうなものをピックアップしていきますね。

泳ぐ:人生を渡っていく
追われる:あせり
おかし:あまやかし、良い贈り物
金縛り:①問題解決は不可能に思われる。手も足も出ない。②自由がない、束縛されている
髪の毛:自分自身のボディイメージ
墜落:特権を失う(ことへの恐怖)失敗する(ことへの恐怖)
電車に乗り遅れる:チャンスをのがす、遅刻を口実にのがれる
不安な夢:現実生活での失敗への恐怖
夢をみない:変わりたくない、人生のことを深く考えない、現在大きな問題がない

注)なお、私のweb、ブログでのアドラー心理学についての記載は、私が個人的に学び、生活の中で実践し、考えている範囲での記載です。アドラー心理学そのものを正しく学びたいというご希望の方は、アドラー心理学会(http://adler.cside.ne.jp/)のwebサイトなどをご覧頂き学びの道に入って頂ければと思います。

7)-③ ライフスタイルの型  タイプを知る

③ライフスタイルの類型

ライフスタイルは一人一人個別具体的なものだと思います。ただ、ある程度典型的な分類すなわちその人のタイプを知っておくと目の前の人を理解するときに少し役立ちますね。実践カウンセリングに挙げられている類型をたどってみましょう。

①GETTER ゲッター
「他者は自分に奉使して当然」
与えることなく自分が得ることばかり考える人。とても未熟ですねえ。「自分には能力がないので、自分からは人生の課題に取り組むことが難しい」と考え、安全感信頼感を欠いた世界像をもつ。自己中心的で依存的、強欲で攻撃的。感情的。ゲッターにやりなすい環境として過保護や物の与えすぎがあげられています。基本的にどの様なライフスタイルを選択するかはその子供自身の課題ですが、親として、「よかれ」と思ったことが、「他者は自分に奉使して当然」というライフスタイルを築くことになるのでしたら、考えちゃいますね。子供には「自分には能力がある」「人々は仲間だ」と感じて生きて欲しいです。

②BABY ベイビー
「他者からの保護が欲しい」
ゲッターとベイビーの違いは、ゲッターの方が奉使してくれて当然と強く思っている事に対して、もう少し弱くそうあってほしいと思っていると。依存性、幼児性があること。自分の弱さを強調して周りの注目を得ようとする。

③DRAIBER ドライバー
「自分は優越でなければならない」という自己理想を持っている。
良くも悪くも「優越である」ために努力はする積極性がある。勝ち負けに拘わるというのは優越であるためには当たり前ですねえ。対人関係も力関係と考え、優越であるために権力を握ろうとする。こりゃなかなか大変なライフスタイルです。競争こそ全てであれば勝つことが全てでもありそうですね。ふう。

参考文献:「実践カウンセリング」 監修、野田俊作

注)なお、私のweb、ブログでのアドラー心理学についての記載は、私が個人的に学び、生活の中で実践し、考えている範囲での記載です。アドラー心理学そのものを正しく学びたいというご希望の方は、アドラー心理学会(http://adler.cside.ne.jp/)のwebサイトなどをご覧頂き学びの道に入って頂ければと思います。

7)-① きょうだい順位、きょうだい関係

きょうだい関係

ライフスタイルを決める要素はたくさんありますが、このきょうだい関係というのは、なかなか面白い要素です

「実践カウンセリング」 監修、野田俊作 から紹介しますね。

家族の間の相互関係はライフスタイルの形成に重要な働きをする。
→ふむふむ、それはそうですね。子供にとって、家族ははじめて知る社会。そこから学びますね。

役割の選択:こどもはきょうだいとの競合の中で自分なりの成長を発揮して社会(両親や大人達)に受け入れられようとする。
→こういった環境によって、自分のライフスタイルを子供みずから選んでいくのですね。

私は、多くの方と接していて、確かにその方がどういった家族関係(兄弟順位)出会ったのかと言うことをぼんやり感じることがあります。野田さんのこの本を通じて、はっきりと意識することが出来ましたので、もう少し学んで行きましょう。

単独子(ひとりっこ):
 親の影響を受けやすい
 孤独に弱い
 対人関係が下手
 自信がない
 わがままになりやすい

私の夫や母は一人っ子です。どうも当てはまるようなあてはまらないようなという気がしますが、ワガママになりやすいという点から言えば、「それをワガママと認識してないワガママ」であるのが一人っ子の特徴ではないかなと思います。

たとえば、美味しいケーキがあります。人が3人います。全部自分が食べたいというのはワガママでしょう。一人っ子である、私の夫や母はここを「ワガママ」と意識せず、「わー美味しそう!食べよう」と、自分の好きなだけ、まわりにシェアする人がいるということが「もともと発想になく」食べちゃいます。食べ終わってはじめて「美味しかったよ、貴方も食べれば?」って言います。でも、結果的に全部食べ終わってしまっていて、シェアはできませんから、ワガママな行動です。

ただ、このワガママは、他を押しのけてとか、自分だけが独占したいという思いがあってのワガママではなく、「まわりの存在を気がつかない」「シェアしなくてはいけないことに気がつかない」ワガママなのです。

つまり、丸ごと一つのケーキがあれば、自然とケーキの上に切り取り線が浮かぶのが兄弟のいる人でしょう。3人で分けるのかな?5人でわけるのかな?切り分ける前にその切り取り線が浮かび、「そんな切り取り線など無視だ!おれが全部独占する!」となるならば、ワガママもわかりやすいのですが、一人っ子の夫と母には、そもそもこの切り取り線が見えません。見えないんだから、わけようもないし、独り占めしてもワガママと言うよりも、空気読めないってところでしょうか?。一緒に暮らしていると悪気のないかわいいヤツだけどムカつくぞって感じです。

第一子
 第一子の最初の体験は王座を喪失すること。
 高い目標をたてる
 リーダーシップがある。

王座の喪失ってのは、ずっと第一子で親の注目をあつめ生活していたのに、第二子、第三子の登場によって転落しちゃったということですね。王座を奪われた後は必死で親の関心を建設的な方法で引こうとするか、それに失敗して問題児的に感心を引くか。私は第一子ですが、妹と2つ違いなので転落っていう意識がないのですが、あるのかな??。

中間子
 中間子は自立的
 現実的、社交的

一度も親の愛を独占したことがない。自分の人生は自分で切り開くそんな考えを感じて生きる人が多い。上下の兄弟関係を作るという立場から、現実的で社交的。ただ、自分の扱いが不当だと感じれば攻撃的になるかもしれないとのこと。兄弟との関係、親子との関係のありようですねえ。

第二子
 第二子は第一子と正反対になりやすい。

これは非常にわかりやすいですね。そして競合的になりやすいというのもなんとなく納得。がんばりやさんですね。

末子
 永遠の赤ん坊

末子の記述を読むと、割合と否定的な文言がならびます。自立できない「永遠の赤ん坊」と。ふうむと思いながら、私自身は末子の人の「かわいい優しさ」をみることが多いです。また親にとって、親思いの人でもあるような感じがします。親との蜜月が続いているのですかねえ(これを永遠の赤ん坊と把えているのかな?)

テキストに紹介されているこれらのきょうだい順位。改めて読み直して面白いなあと感じます。人間観察の妙ですねえ。もっと観察を重ねてみたいと思います。

参考文献:「実践カウンセリング」 監修、野田俊作

アドラー心理学 7)ライフスタイル

7)ライフスタイル

ライフスタイルとは人生の設計図です。人生という旅をするときに、この自分の設計図にそって、その時々を選択して具体的な行動につながってきます。

ただ、最終的に決めて行動するのは、ライフスタイルではなくて、自分自身。
つまり、もし今ある人生の流れ、自分の選択のありように困った問題があるのならば
ライフスタイルを変更すればよいのです。だって、「私」が「ライフスタイル」を選択してつかっているのです。ライフスタイルの奴隷ではないのですからね。

私は『東洋医学で人を診る』というスタンスです。東洋医学的な生命観で目の前の患者さんを理解します。このときに、その方がどういったライフスタイルをもっているのかなということも東洋医学的な観点から理解しようとします。そして現在の困難を乗り越え、「あらまほしき未来」に向かうにはどうしたらいいのかを考えます。

アドラー心理学でも同じですね。ライフスタイルを分析し、明確にし、ライフスタイルの変更を示唆してくれます。「変える」ことには勇気がいります。その勇気づけのために肝セラーの人が寄り添ってくれます。

私は鍼灸治療を通じて、患者さんがライフスタイルを変更し、新しい一歩を切り開く勇気をもてるように寄り添って行きたいなあと思っています。

さて、もう少しライフスタイルという観点、アドラーはどのように考えているのか、復習をしていきたいと思います。

アドラー心理学5)子育ての目標と勇気づけ

5)子育ての目標と勇気づけ

アドラー心理学の子育て法は「勇気づけ」という言葉にあらわされるのではないかと思います。

さて、その前に、その行動の目標、つまり子育ての目標を考えなければなりません。

アドラーでは子育ての心理的な目標を2つあげています。

子育ての目標

 1)私は能力がある
 2)人々は私の仲間だ

この2つの目標を達せられるように、子供に対して援助していくことが、勇気づけです。

昔、アドラーの子育て講座に通っていたときに、沢山の課題シートを書きました。
振り返ると、「あーあ、ダメ母だったなあ」と思うことがたくさん。
まあ、それでもあのときは精一杯だったのかな。

課題シートをみていると、お母さんである、私の方が感情むき出しで、怒ったり
相手を操作しようとしています。そして子供の方が譲歩してくれたり。

たとえば、子育てにご褒美は禁物です。褒美を使う望ましくない効果である、「褒美をくれる人がいないと行動しない」なども出てきます。それが課題シートのなかで如実にあらわれているのです。書いてみるとわかりますねえ。

エピソード 長男が10才ぐらいの出来事です。
子供は10時に寝るという約束がありましたが、なかなか守れません。
そこで15日間連続で10時に寝ることが出来たら、ハムスターを飼うという約束をしました。褒美を用いて行動を操作したわけです。

この褒美は功を奏し、15日間連続で寝ることができ、ハムスターを飼いました。

そしてそのあと結局、かれは10時に寝ることができません。
つまり褒美がなくなったので動かなくなってしまったのです。

ありゃりゃですね。

課題シートをみると、もう一度、「夜10時に寝る」ということは誰の課題なのか考え、その合理的な理由を考えてみましょうという再スタートになっています。

子育ては再スタートの繰り返し。
親子で育っていくのですねえ。

それにしても、私の課題シートに出てくる数々のエピソード。
面白くって面白くって。
子育ての思い出です。

娘もなかなか根性があって、いじらしいです。
私もがんばっていたなあなんて思います。

アドラー心理学4) 勇気をもって生きる

4)勇気をもって生きる

アドラーの考え方を実践してみると、そこには、

「自分の人生に責任を持って生きる」

ということを意識するようになってきます。

なにか人生の中で困難な出来事が出来たときに、それを自分が引きとり、引き受ける。
言葉では簡単ですが、とても勇気のいることです。

この困難な出来事にであって、「かわいそうな私」であれば、
弱いかわいそうな私に責任がとれるはずもない。

「悪いあの人」が悪いのだから、私は責任を取らなくてもいいという選択をしていれば、
自分が引き受けて責任をもって生きる必要はありません。

でも、もし、その困難な出来事を乗り越え、

 「これからどうするか?」という人生の目的を考えたのならば、

私は、その選択に自分で責任を持つわけです。

責任をもつ、顛末を自分が引き受ける。
そんな一歩を踏み出すのはとても勇気が必要です。
だって、いままでは、

かわいそうな無力な私であったのでそうなってしまっていたのですし、
悪いあの人がそうさせていたのだから、責任を引き受ける必要がなかったのです。

「イライラしていたから、コーヒーを飲みすぎて眠れませんでした」

このエピソード、私の行動の目的はなんでしょうか?

行動の目的はコーヒーを沢山飲むことです。
その結果は眠れなかった。

イライラしていたからとか、理由(原因)を考えるのは棚上げしてみましょう。
そして自分の行動の目的を知り、顛末を引き受けるのかどうか決めましょう。

私はイライラという感情を使って沢山コーヒーを飲んだ。

その結果眠れなかったわけです。

もし、結果を変えたければ、「自分の選択」を代えればよいのです。
主人公は自分ですからね。

勇気を持って「変える」
いままでの自分の選択パターンから「変わる」

いつもの使い慣れたパターンというのは、多少の不具合があっても、使い勝手がよく安心感があります。でも、一歩前に出ることが出来ない。

勇気をもって、変えてみましょう。

あなたには、自分の人生を変える「能力」があります。
しっかりと引き受ける「力」があります。

いままで選んだことのなかった方法や生活スタイルであれば
ちょっぴり勇気が必要なのかもしれませんね。

私たちの人生、幸せになる勇気をもって歩きたいです。

アドラー心理学3) 「感情」を使う、主人公は私 

3)「感情」を使う

「イライラしていたから、コーヒーを飲みすぎて眠れませんでした」

はてさて、これは「イライラ」という感情が、私をコーヒーを何杯も飲ませた結果、眠れなかったのでしょうか?

このお話の主人公は感情です。そして感情という主が、私という奴隷にコーヒーを何杯も飲ませたので、感情の奴隷である私は眠れなくなってしまったという被害者のお話しです。眠れなくなったことの責任者は感情ですので、私は無力でかわいそうな存在です。

 主人公:感情
 奴隷 :私
 行為の結末:眠れなくなった。
 責任者:感情

さて、ここで、主人公を変えましょう、主人公は私で感情という奴隷を使うのです。

 主人公:私
 奴隷 :感情
 行為の結末:眠れなくなった。
 責任者:私

行為の結末はかわりません。眠れなくなったということです。
しかしながら、主人公は私です。私が感情を使ってコーヒーを何杯も飲んだので、結果として眠れなくなったわけです。責任者は感情を使った私にあります。決して感情ではありません。

「感情」が主人公であれば、無力でかわいそうな私です。何も責任を取る必要はありません。しかしながら、「私」が主人公であれば、その責任は私にあります。そして感情の使い方を変えることもできるのです。

 そう、私たちは感情を使っているのです。

だから、感情の奴隷とならず、感情を使用する責任者として立ち位置を変えましょう。

これはとても勇気のいることです。だって、私が感情を使うわけですから、当然起こった結果については責任を取らなければならないのです。

アドラーの考え方は、「自分が責任を取る」という点がとても新鮮で厳しいです。
「感情に支配されたかわいそうな私」でいることを許してくれません。

感情は私たちの生活を豊かに前向きにしてくれるものでもあり、思いとどまらせ、あきらめさせるものでもあります。上手に感情とつきあっていきたいものです。

私たちは自分の人生を歩まなければならない。どのようなことであれ、
前をむいて、勇気をもって歩む。自分のおこした責任をしっかりと取る。勇気がいるけど、そこには自立したすがすがしい貴方がいると私は思うのです。

アドラー心理学2) あらまほしき未来に向かって

..2)あらまほしき未来に向かって

東洋医学で人を診る、アドラーの立ち位置

私は、目の前の患者さんを拝見するときに、東洋医学的な生命観を用いて弁証論治という方法を用いて人を診ています。

いままでの人生の文脈を知り、現状を理解し、あらまほしき未来について、どのような方法があるのかを一緒に考えていきます。

たとえば、
主訴:腰痛 20代後半女性
状況:
・雨が降ったり、季節の変わり目になると腰が痛くなる。
・3年ほど前に発症、だんだん悪化している。
・痛みの場所は腰、骨盤、足の付け根と移動する。
・腰痛が悪くなった頃から体重が少し増えて身体が重い。
・二便睡眠に問題はないが、最近食後に腹脹があり便がすっきりと出切らない感じがすることがある。
・腰痛が悪い季節にはアトピーっぽい皮膚の状態も悪化する。

体表観察:
・舌に苔があつくのっている。
・腰部に細絡が多い。
・皮膚にざらざら感が強い。
・腎兪、大腸兪に陥凹。
・脾兪に弱り(縦長の亀裂)右大都冷えがきつい

現状把握と方針:湿気と連動する体調悪化があり、体重の増加とともにだんだん悪化していることから、内湿の増加によって腰痛ならびにアトピーが悪化している可能性が伺える。

あらまほしき未来:
身体の中にある湿気を取り去ることによって、悪化している腰痛やアトピーの軽減を願う。このために胃腸の力をしっかりあげることが必要と思われる。また胃腸の力をバックupする生命の土台の力(腎気)を挙げることが必要だとおもわれる。

上記が、私がしている東洋医学的な弁証論治です。ただ、「腰痛」ということに注目するのではなく、腰痛をおこしている身体の状況を把握し、今後の未来に向かって展望していくわけです。

アドラー心理学の場合は、「人間の精神生活を研究する上で重要な問いは「どこに向かって?」である」としています。つまり全ての行動には目的があるということです。

この目的論的な人間観察によってその方の現時点での「ライフスタイル」を分析し、不都合があれば「ライフスタイルを変更」し、その人生の流れを変えようとしています。

ライフスタイルというのは、自分やり方、いつものパターン。このいつものパターンによってよりよい状況が生み出されているのならば変更の必要はありません。ただ、問題が発生し、悪化しているようであれば、いつものパターンから脱却する必要があります。これが「ライフスタイルの変更」となるわけです。

東洋医学的な観点から私がみていくときに頼りとするのは体表観察です。つまり身体の声をきき、その方のライフスタイルを検討するわけです。
アドラーでみるライフスタイルは、心のありようを、実際におきている行動から観察し、その行動の目的を知ることから考えていきます。

身体から、そして心から。私たちのありようを知る方法は沢山あります。

今をしり、未来を変える。

どちらも「あらまほしき未来に向かって」歩むことを応援していることに変わりはないと私は思っております。

アドラーの目的論は非常に厳しい側面も持ちます。だから実践的だと私は思います。厳しいというのは、その行動の目的を考えれば、選択しているのは自分自身であり、「自分の運命の主人である」ということです。自分で選択しているのですから、結果を引き受ける責任も当然自分にあります。つまり、誰のせいでもない「自分の責任」なのです。

「責任逃れの口実を与えない」これがアドラー心理学の厳しいところです。そして非常に前向きで人生の変革を実践的に押し進めるポイントでもあります。

さあ、選んでいるのはあなた自身。
覚悟を決めて前に進みましょう。
あらまほしき未来に向かって!

参考文献:「実践カウンセリング」 監修、野田俊作

アドラー心理学、勇気が出番をまっているよ。

「嫌われる勇気」というドラマが終わりました。

アドラー心理学会からクレームがつき、何かと話題でしたが
私としては面白いドラマであり、久しぶりにアドラーに振り返るきっかけとなりました。

私とアドラー心理学のおつきあいは長く、もう20年も昔のことでしょうか。
嫌われる勇気の著者岸見一郎先生のアドラー心理学基礎講座を受けたことが始まりです。

その後、大坂まで通いスマイル、パセージなどの講座に参加し、
東京の事務所が出来てからは、そちらにも通っていました。

鍼灸の仕事に軸足の中心をおいてからは、アドラーとの時間も少なくなりましたが、
私のなかの中心としてアドレリアン(アドラーを実践する者と私は解釈しています)として
生きている時間は長く、価値の位置づけとしてアドラー的発想は多くあります。

久しぶりのご縁を感じて、一番初めのこの本を再度復習することにしました。
この「実践カウンセリング」は ぎゅっと詰まったアドラー心理学のエッセンスだと
思います。

勇気を持って、生きる。
さあ、勇気が出番を待っています。
一歩を踏み出していきましょう。

 

 

古い本ですが、私のアドラー心理学拠り所です。

Yoneyama Akikoさん(@hideyoshi222)がシェアした投稿 –