食事・食材・食べ物」カテゴリーアーカイブ

ナツメ ザクロ 女性によいのかな??

ある患者さんが、棗のスナックをお持ちになり、

『私は食べても大丈夫でしょうか?』とのご質問。

実はこの方は以前にザクロを『女性によい』ということで積極的に摂取し、
子宮内膜症がひどくなってしまったという経験があるのです。

ザクロは、このサイトでも紹介されているように、女性ホルモンと同じような働きをする
エストロンという成分があり、これが女性によいというキャッチコピーになるわけですが、
エストロゲン依存性疾患である子宮内膜症の場合は、この作用がかえって病態を悪化という事にこの方の場合はなったのかと思います。まあ、このあたりは人によるということもあるとは思いますし、摂取量との兼ね合いもあるとは思います。しかしながら更年期の女性ホルモンそのものが少ない状態の方であれば体調管理に役立つものでも、生理がある時期の女性の場合は注意が必要だなと思います。同様のことは大豆でも起こるケースを体験しています。

わかさの秘密

さて、今回ご質問の棗。

東方栄養新書を紐解きましょう

棗は『気血を補強するために欠かせない果実』とあります。
なんだか身体に良い感じで所ねえ。

ルーツとしての説明に『ナツメは貧血によく胃腸を丈夫にする効能がある「大棗」と言うなで上品の漢方薬として扱っています』と紹介されています。

たとえば有名な葛根湯、入っているのは、葛根(カッコン)、大棗(タイソウ)、麻黄(マオウ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、薬(シャクヤク)、生姜(ショウキョウ)(ツムラ漢方サイトよりhttp://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/001.html)

また、胃腸を整え元気を益すとされる補中益気湯。こちらにも入っています。
人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、陳皮(チンピ)、大棗(タイソウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、升麻(ショウマ)

体質的な相性として、気血両虚の方に向くということ、しかしながら甘味があり、いつもお腹がはって痛みのあるタイプには適しませんとのこと。ふむふむですね。

私はご質問のあった方は、クルミやアーモンドも食べているということなので、その全体量は変えずに、少しナツメも混ぜてみてはどうかなという提案をしました。

ナツメ、とてもよい果実ですが、やはり偏りすぎは少し注意が必要かなと思います。まあ逆にいえば、その偏りをつけるのが医療です。漢方薬で摂取することも多くありますね。この場合はまた少しスタンスを変えて漢方薬として調和の取れた形で処方して頂くのがよいかと思います。

ピロリ菌、除菌しました。

ピロリ菌の除菌をしました

昨年末、以前から興味のあった、栄養解析を受けてみました。
患者さんで受診されている方が結構いらっしゃり、栄養を実際に身体の結果としてどうなっているのかという視点から考えるということが面白そうと思ったからです。

血液検査の結果をみると、いわゆる基準値を超えたものはありませんでした。そしてその中で予想外のピロリちゃん陽性で、まずここからスタートですとのこと。

栄養解析そのものは、やはり軸足がサプリ処方に向いていて、食事指導というのはやぱり難しいのだなとも感じました。栄養を、食事から変えていくとなると、結局生活指導ということになってしまい、それはかなりハードルが高いのでしょうと。それだったら明瞭になった栄養不足をサプリで補う方が手っ取り早いのかな。

しかしながら、やっぱり食事とも思います。
このあたりはいままで、患者さんで栄養解析を行った人の実体験や、今後の自分の体験なども踏まえて考えていきたいと思います。

さて、私のピロリちゃん。
実は私はいままで胃カメラをしたことがありません。
ドクターによると、いままで数十年ピロリちゃんを飼ってきた胃なのだからやはり
胃がんのリスクはあるので、胃カメラしなさい!!と。

トボトボお家に帰ってきても、どうもその気になれません。
だって、胃カメラマズそうなんだもん。
それが、健康診断で胃酸の数値がひっかかり、引導を渡され胃カメラやり、
ピロリ除菌のお薬も飲みました。


そして約3ヶ月後、ピロリ除菌がちゃんとなされているかの確認検査をして晴れて合格!
長年人生を共にした(いつからでしょうかねええ)ピロリちゃんとお別れして、
これからはノンピロリ生活です。

ノンピロリで一番変わったことは便がすごーくすっきりとしたこと。
オマケにぷかぷか浮いて、もうお手本にしたいような(^^ゞよい便なのです。
お医者さんにいうと(山近記念クリニックの杉田先生)
『みんないろんな事いうけど、関係ないね~』とのとこt。
まあ、ピロリ除菌と直接的な関係はないのでしょうけど、
私にとってはピロリ除菌が腸内環境をよくしたということは言えるのかなと
思っています。

昨今、ピロリ菌のメリットとしての胃酸の抑制や食道がんに対してはメリットがある
という見解も見受けられます。まあ、いてもいなくても、私たちのまわりには
沢山のリスクがありますね。ご縁があったことを受け入れて、
自分自身の生活も見直しながら、楽しく日々を過ごしていきたいと思います。

料理:何を作ったらいいのかわからない!!-③

けさ、送り火をしました。
お盆も終わりですね。
ご先祖様も、牛にのっておかえりになったでしょうか?

さてさて、
この料理何を作ったらいいのかわからない!!シリーズも3回目。
このシリーズ、続くのかどうかわかりませんが、とにかく
一緒に悩みましょう。

私がメインディッシュとして、どんなものをつくっているのか
この2,3ヶ月書きためたメモレシピから拾ってみました。

作りおきであげてあるのは
ネギマリネ、マリネ(タマネギ、パプリカ、きゅうりなどなど)
ポテトサラダ
茄子の揚げ浸し
きのこのオイル煮
人参の白和え
コールスロー
インゲンのごまあえ
さっちゃんのスペアリブ
カレーピクルス
キュウリの保存食
じゃこのふりかけ

仕込み料理としては、

煮豚、
鳥の甘酢煮
肉巻きロール
餃子
春巻き
ポテトグラタン

仕込み料理のなかでも、煮豚、鳥の甘酢煮、肉巻きロールは頻回にでてきますねえ。
餃子は、時間があるときのレジャーのような感じ。ドラマを見ながら沢山作って
冷凍します。

もう少し、レシピの幅を広げたいですねえ。
とくに、魚料理が下手くそで、焼くだけパターンが多いです。
まあ、無理せずに出来る範囲で。
そして少しずつ美味しいが広がるといいなあって思っています。

みんな、がんばりましょうねえ。

料理:何を作ったらいいのかわからない!!-①

毎日の御飯作り。

タンパク質を食べましょうとか、野菜をたっぷりとか、
その上に、家族の好み、予算の問題、今日の冷蔵庫問題など
沢山の課題があって、とにかく「何を作ったらいいのかわからない」

うちの食べる専門の家族であるオヤヂと娘。
彼らは、冷蔵庫に頭突っ込み「なんかなーい?」といい、
鍋のふたを取ってのぞき込み「おいしそう」とか、「これはイヤ」

などなど、ただ出来上がったモノをみて、勝手なことを申します。
ゆ、ゆるせーーーん!

まあ、彼らを怒っていても仕方がないので、とりあえず
私がやってみて良かった方法をちょっとご紹介。

まず、一番良かったのは、

1)「何を作るか書き出す」

この紙に書くということが、その日の献立を見渡すことになりますし、
途中で迷うということもなくなり、効率アップです。
全体を見渡していると、主催、副菜のバランスをイメージできるので何を作ったら
良いのかというアイディアがわきやすくなります。

私のメモ、かっちょ悪いけど(^^ゞご参考までに。

左上が、メインです。今日は豚しゃぶと、いか焼き。この豚しゃぶを作ると

右下のスープは、豚しゃぶを作ったときの生姜入りのお湯を使うのできまってきます。豚の出汁がきいたスープ。ただ、この日は鶏肉のスープの残りがあり、それのリメイクでトマトを入れたトマトスープになってますね。豚しゃぶスープはそのまま冷蔵庫にとっておいて翌日タマネギ、人参をいれてしあげます。

 

左下は副菜、サラダや茄子の煮物、野菜マリネ。それに、ゆで野菜のブロッコリーアスパラ。
右上の副菜は炒め野菜で、今回は青椒肉絲もどき。

 

こんな感じで、メインディッシュ、スープ、副菜と決めていきます。
アイディアが浮かんだ場合は書いて置いて、これは翌日なんていう感じにうることもあります。
とにかく、何を作るのかのアイディアを書き留めて置くのが大切です。

長くなりましたので、つづき明日!

その5~「食べる順序と糖尿病管理」~『栄養データーを正しく知ろう』から

その5~「食べる順序と糖尿病管理」~『栄養データーを正しく知ろう』から

5:「食べる順序と糖尿病管理」です。

野菜を始めに食べて食物繊維をお腹にいれてから御飯を食べることは血糖の管理に非常に効果的であるということは研究から確かであるとのこと。野菜を先に食べると血糖値の上がりが穏やかだそうです。

食べて2時間以内の上がり下がりだけをみている。ただし、糖尿病の場合は長期的な管理も必要。

糖尿病の患者さん100人。
1:野菜を先に食べる
2:カロリーを管理して食べる

2年間の研究。最初の3ヶ月は両方のグループとも改善。その後は野菜を先に食べるグループの方がヘモグロビンA1cのコントロールがよいとのこと。そして野菜を先に食べるグループに加えて緑黄色野菜を食べる、20回以上噛む、糖の吸収が穏やかな食品を食べると言うこともしているので、全体の効果であるのではと。

野菜を先に食べるのは沢山の方法のうちの一つの選択肢。

他の選択肢も考えよう。
3角食べ:味の組み合わせ、広がりを楽しみ。口内調味。
メリット:1度の量が減る、御飯だけがストンと入るのを防ぐ。

ゆっくり食べることもよい。

食べる順序は、懐石料理をイメージするとよいかもしれません。
少しの食物繊維、タンパク質の素材。メインの食材。そして最後に御飯。
日本人の食事ってこんな風に工夫されているんですねえ。

食べる順序と糖尿病に関してはこんな本がありました。

さて、これで5日間のお話しは終わりです。
私は佐々木先生の大ファンで、ゆっくりとしたお声、お話しが聞くことが出来てとっても嬉しかったです。
押しつけがましくなく、優しく寄り添うようなお話し。また候いたいなあと思いました。

テーマ『栄養データーを正しく知ろう』
1:「イメージに惑わされないように」
2:「1日350㌘の野菜を食べよう」の真の意味は?
3:「全粒穀物の健康効果」
4:「果物の糖分を考える」
5:「食べる順序と糖尿病管理」

それでは!