不妊・妊娠と鍼灸」カテゴリーアーカイブ

不妊治療 やめました。~本から一緒に考えてみましょう

体外受精をしない決断 

最先端不妊クリニックへ転院 体外受精をしない決断
『不妊治療、やめました。―ふたり暮らしを決めた日』
堀田 あきお (著), 堀田 かよ (著)

『フーナー良好、精子良好、頚管粘液良好ということで、体外受精をすすめられる。このクリニックでは、体外受精をしないならば、通う必要はないと言われ、経済的要因を考え治療中断』

うーーーん、そうですね。体外受精はやはり経済的にはかなりハードルが高いと思います。
この方の場合、精子の条件、卵管、排卵の状態はよいが、妊娠しないと言うことで、卵管采の動きがよくないのではないかと思われます。これは子宮内膜症がひどいということがあるかもしれませんし、東洋医学的に緊張状態が強いので動きが悪いということもあろうかと思います。

経済的な要因が強いということであれば、より若い年齢の時に体外受精に挑戦することがよいと思います。

大きな分かれ目となるのは37.5歳。これを過ぎると、結局お金をもっと掛けなければならなくなります。
ただし、体調の悪い状態で体外受精の実施をするのも金銭的にもったいない。
体調をよくして、37歳のうちに実施してみるというのが、金銭的な側面から考えるとより現実的ではないかと
思います。

体外受精は、言われるとおり1回の成功率は低い治療です。
これは生殖という物の性質もあるかと思います。
いわゆる淘汰のプロセスがあるわけですから、1回で必ずということはないわけです。

私は3回がワンセット。つまり100万円を治療費だと考えて体外受精への挑戦をお勧めします。
助成金が考慮できればその分軽減しますね、また助成金もいまは年齢で40歳未満であれば回数が多く
挑戦できます。これも結局年齢が若い方が結果が出やすいという情報に基づいています。

とくに、今回のケースは妊娠歴もありますので、
100万円ぐらいを目処に挑戦してみたら現実感は強いケースだと思いました。

100万円、私は不妊治療のおつきあいが長く、金銭感覚が狂っているのかも知れません(^^ゞ。
でも、これぐらいをワンクールと考えると、ぐっと現実感が増すのです。

助成金などもありますので、なんとかと願ってしまいます。

また、このマンガで著者の方は介護のことを書いていらっしゃいます。そしてお父さんが
2000万円のお金をタクシーをただただ乗ることで使ってしまったと。
タクシーの方が『子供の話をしていて嬉しそうだった』とおっしゃり、著者の方の胸に刺さっていました。
お金のことです、なかなか家族にも相談しにくいことだったと思います。
ただ、数年後にこのエピソードをマンガで知った私は、経済的な理由で体外受精を断念したときに
親御さんに相談なさることは出来なかったのかなあと思いました。

まあ、後からおこったことの、”たられば”にはなりますが、
タクシーを呼よんで、助手席に座って、ただ楽しく家族のことをお喋りしていた。
そしてそんなことを繰り返し、2000万円をタクシー代で使ってしまった!!という
エピソードをうかがうと、この2000万円を、不妊治療に使わせて欲しいというお願いをされたら
出して下さったのかなあなどと思わずにはいられませんでした。

お金って難しいですね。
この方のマンガのなかで、人生のエピソードとして出てきた、大きなお金のエピソード。
少し身に詰まされるような思いで拝見していました。

また、以前に、40歳で長く不妊治療をされた方が、経済的要因で1回だけと決心され体外受精に挑戦されたことがありました。

ガッツリ薬をかけた治療でしたが1個しか採卵できず、移植するも妊娠出来ず。しかしながら、その次の排卵で妊娠ー出産されたケースを経験しています。なにがよかったのかわかりませんが、採卵前から3ヶ月にわたり鍼灸治療を高頻度でいれていたこと、採卵によって卵巣に対してドリリングとなったこと、ホルモン剤でがっつりと補充していたことなどがよかったのかもしれません。流れが変わることもありますね。

体外受精を全く考えない

スタートが29歳と若く、32歳で一度自然妊娠しているということから考えると、、精子と卵子の相性はほどほどよく、妊娠する力もあるともいえます。子宮内膜症がひどいわけですから、3ヶ月ほど大豆を控えて内膜症の変化をみる(変化があればそれに従う)鍼灸治療などでからだの緊張状態を軽減させるなどで効果が出る可能性も高いのではないかと思います。

私は、二人目不妊や1度妊娠歴のある方の場合は、

  「同じ方法で妊娠する」

ということを多々経験しています。『妊娠のため』ということから一歩離れ、『身体作り』『子宮内膜症の治療』という方向転換にして、気楽に治療に望んでいただければ、案外再度の妊娠となるのではなどということも思いました。
治療の選択は、大きな決心です。なかなか難しいテーマですが、一緒に考えていければと思います。

症例:妊娠中を健やかにすごしたい。(0156)

妊娠したものの、流産経験のある方にとっては、無事に経過していくことができるのか、
本当にご心配になるところだと思います。

妊娠は、私たち生き物にとっては自然の流れの中にあることです。
流産も、何が悪いのではなくおこってしまうこともあります。
それはただただ自然の流れの中の出来事なので、
私たちの力の及ばない領域なのかもしれないなあと感じます。

妊娠した赤ちゃんはお母さんの子宮の中にいて、養われています。
いま出来ることは、しっかりとした血流を子宮に導き、
温め、養い、守り育てて行くことだと思います。

この症例の方は、心拍確認後の流産があり、非常に気になさっていました。
そのため、血流をよくし、すこやかに過ごしていただくための鍼灸治療を
させていただき、無事のご出産となりました。

妊娠8w 週に1回程度で鍼灸治療スタート。
妊娠37w 赤ちゃんが降りてきていると言われた。
妊娠38w 助産師さんがエコーで2200㌘ぐらいという。
 (私が触った感じは2500㌘ぐらいはありそうと)
妊娠40週 子宮口5㎝開いて入院、体重3000グラム弱のべびちゃんを無事に出産。

しっかりと大きくなって生まれてきてくれて嬉しいとの報告を
いたあきました。

よかったですね、おめでとうございます。
妊娠中の養生 小柄 痩せ ’13/06/30 6 」

0100) 不妊 腰痛 冷え 弁証論治

寒い、冷えるというのは、不妊とつながりの深い項目です。

この症例の女性は、冷えがかなり深く、東洋医学でいうところの生命の土台の力、すなわち腎気の不足が明瞭であり、いろいろな症状がおこっていました。

ご本人としては、「もう体外受精しかない!」と思える状況でしたが、
鍼灸治療にくわえ、私からアドバイスさせていただいたことを丁寧に実行され、
割合と早く自然妊娠されご出産にいたりました。

よかったですね(^^)

不妊 腰痛 冷え性 弁証論治

キーワード:化学流産 冷え性 腰痛 残尿感 股関節痛

症例:辛い頭痛肩こり、妊娠中で薬がのめません。(0170)

妊娠している女性の身体は、赤ちゃんをしっかりと落とさないように守るために気が上に上りがちになります。このためより頭痛や肩こりは悪化しがちになり、またその影響で胃腸の状態も悪くなり、食欲不振や便秘などの胃腸症状もあらわれやすくなります。

これらは当たり前で、赤ちゃんをしっかりと守ることが第一優先になっている時期には仕方がないとも言えますね。

あかちゃんをしっかりと守るために気が上向きのベクトルを取りやすくなっているわけですから、その集まっている気を症状を取るために気を大きくめぐらせることは出来ません。症状が辛いからといって、症状のある部位にマッサージなどを行って全体をめぐらせてしまえば、赤ちゃんを守ろうとしている身体の状況までも崩してしまうからです。

妊娠中は、辛い症状をとるということよりも、『辛い症状を出してしまうお身体そのもの』をよりよい状況にし、『辛い症状』と感じなくても、ちゃんとしっかり守り育てることのできる余力をつけることが大切なのです。ご自身の余力をつけご自身がゆっくりと無理なく気血がめぐるようにするということなのですね。

治療としては遠回りにはなりますが、妊娠中であり赤ちゃんがすこやかに成長していくといことを第一に考え、その上で今の状況が少しでも改善していくようにと願っています。

この症例の患者さんは、とても辛い頭痛、肩こりで困っていらっしゃいました。頭痛や肩こりを目標とせず、余力のない胃腸、足腰の状況を改善させ、冷えの入り込みを温め養っていくことで、背部腧穴の状態がよくなり、頭痛肩こりも驚くほどよくなりました。

ひどい寒がりで、治療を受けていても寒い寒いと
強く訴える方だったのですが、このところそういったことを訴えなくなり、最終的には全く感じなくなられました。これは冷えの入り込み(風邪の内陥)が上手に抜けていったと思われます。

この風邪の内陥が抜けることと、余力が少し付いたことで、頭痛、肩こりの改善となりました。これは妊婦さんに限らず、頭痛肩こり治療の基本であるともいえます。肩や頭部に問題があるのではなく、支える素体の問題、そして冷えの入り込みの問題が身体丈夫の症状となっているということです。

人間の身体。面白いですねえ。

妊娠中 頭痛 肩こり 冷え性 薬が飲めない(0170)

症例:火事場の馬鹿力で日々をのりきってはいませんか?

火事場の馬鹿力で日々をのりきってはいませんか?

妊娠を希望し、妊娠検査薬にうっすらと妊娠反応がでるものの継続できないというお悩みの症例です。

身体の凝りや不調も多く、胃潰瘍、凝り、口内炎などお辛い状況が続いていました。

お話しを候い、お身体を拝見すると、日常的に気を張り、
頑張って生活しているタイプのかただなと思いました。

普段から疲労は感じないとおっしゃりますが、ご自身が疲労のサインと感じる状態は、呼吸がしにくく普通に座ることもできないほどぐったりとなっている状態。これは、まともに座れないという非常に弱った状態になるまで『疲労』という腎気(生命の土台の力)の弱りを感じることができないということです。疲労していないのではなく、気を張って火事場の馬鹿力で乗り切ろうとがんばっちゃっているわけです。

火事場の馬鹿力は、本当に危急存亡であるときに出すべきです。日常でそういった身体の使い方、エネルギーの出し方をしていれば、ご自身のキャパシティーをいつも超えた状態で日々をおくっていると言うことです。それは無理な話です、疲れ切ってしまいますね。

鍼灸では、身体の土台の力をつけること(腎気を益す)、気の張りすぎをとる(肝鬱を張らす)ことの二本立てで進んでいきました。

また、ご自身でも日常のあり方をもう一度点検していただきました。

・弁証論治
腎虚肝鬱 子宮を養う任衝脉の滞り
疏肝理気、益気補腎、養任衝脉

・治療方針
非常に強い肝気を払い、腎気への負担を取り去る。
腎気をあげ、妊娠のできる子宮の状況にして行く。
子宮を養う任衝脉への滞りを取り去り養う

治療経過です。少しずつ体調がアップされ、自然に妊娠され継続出産につなげることができました。

3ヶ月後、少し高温期が安定してきた。
6ヶ月後、病院にて多膿疱性卵巣症候群と診断された
1年後、クロミッドなどを服用してもあまり反応せず、排卵の状態が悪い
1年半後、D41にて排卵が確認されタイミング、
 前後に頻回に鍼灸治療をおこなう。妊娠、無事に出産。

そして第二子も無事に出産。
よかったですねえ。

不妊、口内炎、こり、吐き気 極限までの疲労

不育、不妊、強い肝鬱 ’16/10