不妊・妊娠と鍼灸」カテゴリーアーカイブ

症例:辛い頭痛肩こり、妊娠中で薬がのめません。(0170)

妊娠している女性の身体は、赤ちゃんをしっかりと落とさないように守るために気が上に上りがちになります。このためより頭痛や肩こりは悪化しがちになり、またその影響で胃腸の状態も悪くなり、食欲不振や便秘などの胃腸症状もあらわれやすくなります。

これらは当たり前で、赤ちゃんをしっかりと守ることが第一優先になっている時期には仕方がないとも言えますね。

あかちゃんをしっかりと守るために気が上向きのベクトルを取りやすくなっているわけですから、その集まっている気を症状を取るために気を大きくめぐらせることは出来ません。症状が辛いからといって、症状のある部位にマッサージなどを行って全体をめぐらせてしまえば、赤ちゃんを守ろうとしている身体の状況までも崩してしまうからです。

妊娠中は、辛い症状をとるということよりも、『辛い症状を出してしまうお身体そのもの』をよりよい状況にし、『辛い症状』と感じなくても、ちゃんとしっかり守り育てることのできる余力をつけることが大切なのです。ご自身の余力をつけご自身がゆっくりと無理なく気血がめぐるようにするということなのですね。

治療としては遠回りにはなりますが、妊娠中であり赤ちゃんがすこやかに成長していくといことを第一に考え、その上で今の状況が少しでも改善していくようにと願っています。

この症例の患者さんは、とても辛い頭痛、肩こりで困っていらっしゃいました。頭痛や肩こりを目標とせず、余力のない胃腸、足腰の状況を改善させ、冷えの入り込みを温め養っていくことで、背部腧穴の状態がよくなり、頭痛肩こりも驚くほどよくなりました。

ひどい寒がりで、治療を受けていても寒い寒いと
強く訴える方だったのですが、このところそういったことを訴えなくなり、最終的には全く感じなくなられました。これは冷えの入り込み(風邪の内陥)が上手に抜けていったと思われます。

この風邪の内陥が抜けることと、余力が少し付いたことで、頭痛、肩こりの改善となりました。これは妊婦さんに限らず、頭痛肩こり治療の基本であるともいえます。肩や頭部に問題があるのではなく、支える素体の問題、そして冷えの入り込みの問題が身体丈夫の症状となっているということです。

人間の身体。面白いですねえ。

妊娠中 頭痛 肩こり 冷え性 薬が飲めない(0170)

症例:火事場の馬鹿力で日々をのりきってはいませんか?

火事場の馬鹿力で日々をのりきってはいませんか?

妊娠を希望し、妊娠検査薬にうっすらと妊娠反応がでるものの継続できないというお悩みの症例です。

身体の凝りや不調も多く、胃潰瘍、凝り、口内炎などお辛い状況が続いていました。

お話しを候い、お身体を拝見すると、日常的に気を張り、
頑張って生活しているタイプのかただなと思いました。

普段から疲労は感じないとおっしゃりますが、ご自身が疲労のサインと感じる状態は、呼吸がしにくく普通に座ることもできないほどぐったりとなっている状態。これは、まともに座れないという非常に弱った状態になるまで『疲労』という腎気(生命の土台の力)の弱りを感じることができないということです。疲労していないのではなく、気を張って火事場の馬鹿力で乗り切ろうとがんばっちゃっているわけです。

火事場の馬鹿力は、本当に危急存亡であるときに出すべきです。日常でそういった身体の使い方、エネルギーの出し方をしていれば、ご自身のキャパシティーをいつも超えた状態で日々をおくっていると言うことです。それは無理な話です、疲れ切ってしまいますね。

鍼灸では、身体の土台の力をつけること(腎気を益す)、気の張りすぎをとる(肝鬱を張らす)ことの二本立てで進んでいきました。

また、ご自身でも日常のあり方をもう一度点検していただきました。

・弁証論治
腎虚肝鬱 子宮を養う任衝脉の滞り
疏肝理気、益気補腎、養任衝脉

・治療方針
非常に強い肝気を払い、腎気への負担を取り去る。
腎気をあげ、妊娠のできる子宮の状況にして行く。
子宮を養う任衝脉への滞りを取り去り養う

治療経過です。少しずつ体調がアップされ、自然に妊娠され継続出産につなげることができました。

3ヶ月後、少し高温期が安定してきた。
6ヶ月後、病院にて多膿疱性卵巣症候群と診断された
1年後、クロミッドなどを服用してもあまり反応せず、排卵の状態が悪い
1年半後、D41にて排卵が確認されタイミング、
 前後に頻回に鍼灸治療をおこなう。妊娠、無事に出産。

そして第二子も無事に出産。
よかったですねえ。

不妊、口内炎、こり、吐き気 極限までの疲労

不育、不妊、強い肝鬱 ’16/10