太犬走る庭から(園芸通信)」カテゴリーアーカイブ

モッコウバラ、ジャスミン

桜が終わり、次の季節が駆け足です。

治療院の裏庭、太犬走る庭にあるモッコウバラです。

そして、入り口のジャスミン。香りのお出迎えです。

入り口のジャスミンが咲き香りのお出迎えシーズンです。

Yoneyama Akikoさん(@hideyoshi222)がシェアした投稿 –

山野草も芽吹き始めました、タイツリソウ

世間様では、桜の話題が花盛り。

今年は、非常に長い期間桜が楽しめましたねえ。
いまは、少し緑が見えながらの花吹雪が舞っています。
日本人なら桜だねえ。

さて、我が家では、山野草が芽吹き始めました。
冬になると地上部がまったくなくなり、見えなくなります。
そして春になると、葉っぱが見えてきて
あっという間に花を咲かせます。

写真はタイツリソウ。鯛がつられそうですよねえ。
ハート葛ともいいます。

ボリューム感のある春をつける山野草です。

チューリップの庭  デニーズの桜

春がどんどん進んでいます。
あちこちで桜の花が話題になりますね。

私のお花見スポットは、酒匂のデニーズ。
ここではコーヒーを飲みながら窓辺でお花見が出来ます。
ヒヨドリたちが一生懸命花を食べています。
桜、生命で一杯です。

こちらは、我が家の太犬走る庭です。
今年はチューリップを一杯仕込みました
朝の庭が賑やかで楽しくなっちゃいます。
花の時期が短いので、選ぶときにはちょっと考えますが、
やっぱりチューリップは欠かせませんねえ。
うきうきしちゃいます。
庭の管理のコツとしては、夏越しは考えず、さっさと
使い切りだと思います。
原種系のチューリップ(小さいヤツね)ならば、
案外植えっぱなし翌年開花も期待できますが、
こんな感じの賑やかな庭にしたければ、秋頃にお手頃チューリップを
ガッツリ買うのがよいと思います。たぶん、50球か100球ぐらい仕込んだはず。
うれぴいい庭になりました。

春のチューリップ

三時草の居候

頂き物の三時草(三時に咲くから三時草だそうですねえ)の鉢に、なぜだか、西洋桜草の種が飛んで花をつけています。

西洋桜草は、結構大きな株ですが、こぼれ種で芽を出し花をつけているのはほんの4,5㎝のものです。先祖返りしていると思われますが、なんだかいじらしいですねえ。ラジオ体操終了、朝はハーブティ。さて、一日をはじめましょう。

球根の季節

球根が花開く季節になってきました

写真は、治療院の入り口植木バチに咲き始めた薄いブルーの球根です。
プシキニア リバノティカ

昨秋に『次の春は球根だ!!』と意気込み、ちょっとお高いサカタのタネのカタログと格闘しました。
カタログショッピングのとほほなところは、大きさのイメージがつかないところです。
いや、これは店頭で買っても同じ。情報が多いという点でカタログの勝ちなはずですが、
どうしても、写真の美しさでセレクトしてしまいがちです。

届いた球根をみて、「ありゃ、こんなに小さいの?」と驚き、
咲いた姿をみて、「綺麗だけど、ちっちゃいな」と思っていたのですが、
だんだん充実して花穂を伸ばし始めると、「案外いいかも」に変わってきました。
人の心は移ろいやすき物よ(^^ゞ。

今年は芍薬をがっつりしこんでいるので、このあとが
楽しみ(のはず)です。

Spring has come, and continue .