いつもの生活」カテゴリーアーカイブ

料理:何を作ったらいいのかわからない!!-③

けさ、送り火をしました。
お盆も終わりですね。
ご先祖様も、牛にのっておかえりになったでしょうか?

さてさて、
この料理何を作ったらいいのかわからない!!シリーズも3回目。
このシリーズ、続くのかどうかわかりませんが、とにかく
一緒に悩みましょう。

私がメインディッシュとして、どんなものをつくっているのか
この2,3ヶ月書きためたメモレシピから拾ってみました。

作りおきであげてあるのは
ネギマリネ、マリネ(タマネギ、パプリカ、きゅうりなどなど)
ポテトサラダ
茄子の揚げ浸し
きのこのオイル煮
人参の白和え
コールスロー
インゲンのごまあえ
さっちゃんのスペアリブ
カレーピクルス
キュウリの保存食
じゃこのふりかけ

仕込み料理としては、

煮豚、
鳥の甘酢煮
肉巻きロール
餃子
春巻き
ポテトグラタン

仕込み料理のなかでも、煮豚、鳥の甘酢煮、肉巻きロールは頻回にでてきますねえ。
餃子は、時間があるときのレジャーのような感じ。ドラマを見ながら沢山作って
冷凍します。

もう少し、レシピの幅を広げたいですねえ。
とくに、魚料理が下手くそで、焼くだけパターンが多いです。
まあ、無理せずに出来る範囲で。
そして少しずつ美味しいが広がるといいなあって思っています。

みんな、がんばりましょうねえ。

料理:何を作ったらいいのかわからない!!-①

毎日の御飯作り。

タンパク質を食べましょうとか、野菜をたっぷりとか、
その上に、家族の好み、予算の問題、今日の冷蔵庫問題など
沢山の課題があって、とにかく「何を作ったらいいのかわからない」

うちの食べる専門の家族であるオヤヂと娘。
彼らは、冷蔵庫に頭突っ込み「なんかなーい?」といい、
鍋のふたを取ってのぞき込み「おいしそう」とか、「これはイヤ」

などなど、ただ出来上がったモノをみて、勝手なことを申します。
ゆ、ゆるせーーーん!

まあ、彼らを怒っていても仕方がないので、とりあえず
私がやってみて良かった方法をちょっとご紹介。

まず、一番良かったのは、

1)「何を作るか書き出す」

この紙に書くということが、その日の献立を見渡すことになりますし、
途中で迷うということもなくなり、効率アップです。
全体を見渡していると、主催、副菜のバランスをイメージできるので何を作ったら
良いのかというアイディアがわきやすくなります。

私のメモ、かっちょ悪いけど(^^ゞご参考までに。

左上が、メインです。今日は豚しゃぶと、いか焼き。この豚しゃぶを作ると

右下のスープは、豚しゃぶを作ったときの生姜入りのお湯を使うのできまってきます。豚の出汁がきいたスープ。ただ、この日は鶏肉のスープの残りがあり、それのリメイクでトマトを入れたトマトスープになってますね。豚しゃぶスープはそのまま冷蔵庫にとっておいて翌日タマネギ、人参をいれてしあげます。

 

左下は副菜、サラダや茄子の煮物、野菜マリネ。それに、ゆで野菜のブロッコリーアスパラ。
右上の副菜は炒め野菜で、今回は青椒肉絲もどき。

 

こんな感じで、メインディッシュ、スープ、副菜と決めていきます。
アイディアが浮かんだ場合は書いて置いて、これは翌日なんていう感じにうることもあります。
とにかく、何を作るのかのアイディアを書き留めて置くのが大切です。

長くなりましたので、つづき明日!

犬夜叉で寝落ち、アニオタの夜

結界師、犬夜叉

このところ、アマゾンプライムビデオの奴隷です。
はあ。
私はマイローカルルールとして、寝る前だけアニメタイムにしています。マンガをみたり
アニメをみたり。好みや妖怪あやかし系。それにこのところ少年ジャンプが加わっています。なんという忙しさ。

夜寝る間際に読むということは、寝っ転がって読むわけです。
そうすると、あかりの問題、手で持つのが面倒、疲れる問題などが出現します。
これを一気に解決したのが、Amazonのタブレッドでみるプライムビデオ。

ビデオを流して部屋を暗くします。
ビデオのあかりも、ぐっと暗くします(そうしないとまぶしすぎる)
で、横にたてて、ながめています。
結界師も、犬夜叉もだいたいのストーリーはわかっているので
なんとなくの斜め読み。それでも楽しい。
そして寝落ち。

このビデオ見ながらの寝落ちがなんとまあ気持ちの良いこと。
テレビ見ながらうとうとの世界です。
なにもいじらないと、勝手に画面がロックされて落ちるようで
朝には2,3話すすんだところで止まっています。
うーむ、なんという贅沢な時間。
うっとり(するところか?)

まあ、とにかく、妖怪あやかしファンにとって、夏はオンシーズン。
しっかりとあやかしタイムを楽しみたいと思います。

おーーーほほほ。
アニオタは楽しい。

犬夜叉は少年サンデーですね。ルーミックワールドはサンデーのみかな。

結界師もサンデーなのか。プライムビデオではシリーズ1として52話を掲載。最後の森の封印はこのあとのシリーズの話。全体の構成が非常に良く出来ています。長いマンガだとこの全体の構成がわけわかめになっているもの多いんですが、結界師は非常に明瞭です。烏森(からすもり)の力、そしてその場との関係性と言うことで主軸がしっかりしていてストーリーの展開が面白い。その上で、一つ一つのキャラが楽しくて小さなエピソードもよいです。個人的に兄の苦悩が好き。全巻もっていたのですが、コンマリブームで「確かにいらないかも」と捨ててしまいましたが、実は後悔しています。やっぱりアニオタにとって、マンガは捨ててはいけないのかもしれません。むむ

今日のお昼ごはん。休日の手仕事

今日は休日(木曜日)

いまマイブームの佐藤初女さんのレシピを中心に
手仕事をしています。

今日はサバの味噌煮を作ってみました。
初女さんのレシピは、最初にネットをかけての臭み抜きなし、そしてお砂糖なしです。
甘みをつけない味噌煮ってどんな感じなのかなあと
思いながら製作。

お昼御飯です。

 

一口味見をしたら、美味しくてパクパク。あっ写真と思い出してのパチリです。
御飯はこのところのお気に入り五穀米。おいしいんだな。

キュウリの保存食も作りました。醤油の甘酢をかけていく感じ。

ある年配の方が教えて下さりました。

 

ほかには鶏肉の甘酢煮。美味しく出来上がりました。ちょっと煮汁が

余っている感じがしたので、シメジを突っ込みました。

 

お休みの日。こんな感じで遊んでいます。

切り干し大根の酢の物 初女さんのレシピから

.切り干し大根の酢の物

1)切り干し大根(60㌘)を戻して絞る。水は2,3回取り返る→ざるに上げて水を切る
2)絞った切り干し大根を出しに浸して箸でなじませる
3)醤油(大さじ1)、ザラメ(小さじ3)を加えなじませる
4)塩、五倍酢をいれてなじませる。
5)じゃこを混ぜる

これも初女さんのレシピです。
作ってみました。切り干し大根の袋にお湯をくぐらせるようにという指示があったので、最初のところはお湯を使いました。


初女さんは、水を切ったり絞ったりするときにぎゅーっとやり過ぎないようにと言うのがポイントのような感じです。

ザラメがなかったので三温糖で。

1-4まで作ったところで、じゃこがないのに気がつき、買い物に出ました。
じゃこを混ぜて出来上がり。

あ、できあがりの写真、取り忘れました。
ううむ、次回。

娘には好評でしたが、オヤヂは、「オレ苦手」と。
女子向きのお味かも知れませぬ。

人参の白和え

佐藤初女さん、森のイスキアを主催され、その心のこもった食事料理は、その素朴さから
はっとするものがあります。以前に初女さんの講演に参加され、おにぎりを食べさせて貰ったという
方が、『本当に美味しいお握りで、なんでこんなにおいしいんだろうって思った』と
お話しされていました。

初女さんのおにぎり、きっと彼女の気持ちがそのおにぎりに載っていたんでしょうねえ。

さて、この初女さんのレシピの中で有名なのが人参の白和え。
作ってみました。でもでも、なかなかしっくりくる物ができませ

材料は 
くるみ10個
豆腐2分の一丁 150㌘
人参中2本、
人参のゆで汁:水2分の1カップ 砂糖大さじ2 塩小さじ2分の1
白和えの味:砂糖大3 塩小2分の1

このレシピで人参の量に対して、豆腐の少なさが目につきます。うーん。で、豆腐を一丁やってしまうのですが、そうするとやっぱり豆腐が余ります(当たり前か)

また、砂糖の量が多い。とくに豆腐の白和え衣に対して砂糖大3はなかなか勇気がいります。やはりほんのり美味しいものっていうのは、味ががっつりついているのでしょうねえ。

さて、豆腐を茹でます。
切って5分ほどぐらぐらゆでます。そのあとは水を切ります。初女さんは布巾を使います。

クルミ。ごりごりすり鉢で。

豆腐とあえ、クリーミーな白和えを作ります。砂糖、塩で味付け

人参。拍子切りにして茹でます。

そして全てをあえてできあがり。

しかし、しかーーし、どうも味が今ひとつしっくりきません。
まず、人参の大きさ。これが難しい感じがします。拍子切りなんですが、少し断面を薄くした方がよいのでしょうかねえ。人参が浮く感じがするのです。もっと小さくするべきか。

また、白和えの方、どうしても砂糖を控えて、物足りないものを作ってしまっています。
うううむ。やはり分量同理の砂糖をいれるべきでしょうかねえ。
白和え道にはまっております(^^)。

エッグマフィンを食べるカービイ

老犬の柴犬カービイ。
もう食べたいものを食べさせてあげてください状態で、なんでもありです。
今日はマックに挑戦。紙にしみた味がうまいそうです。

第4回目お料理教室

休日の木曜日、第4回目のお料理教室を行いました。

いつものように、材料をざくっと見て、
さくさくメニューを決める小川さん。

流石です。
料理作成能力のレベルが違うって実感します。

写真手前から、
1)さばのそぼろ
①タマネギ、ピーマン、人参のみじん切りを炒めます。
②サバの身をこそげとり、①にいれて炒めます。
③味付けは、みりん、醤油、酒。生姜をいれてもよかったかなというところでした。

2)新タマネギのおかかあえ。
味付けはおかかと醤油。あっさりと新タマネギの風味が生きてます。サバにあいます。

3)切り干し大根の柑橘和え。
切り干し大根を、柑橘の果汁であえます。そしてオリーブオイル、塩など。甘い清美オレンジの味が効いてます。

4)セロリのごまさらだ。
セロリをきって、ゴマとオリーブオイルで。娘が大好き。

5)レンコンのネギ味噌挟み焼き。
①ネギ味噌を作る(ネギのみじん切り、味噌と炒める)
②5ミリ程度に切ったレンコンにネギ味噌を挟む。
③じっくりと蒸し焼き風にフライパンで焼く

6)カブの麹漬け
カブを切って塩をします。そして麹の素であえてできあがり。マルコメの麹を使いました。

7)野菜の肉巻き
1)アスパラ、ゴボウ、人参を切って茹でる。長ーくしておきます。
2)豚ロース肉を4枚重ね、鉛筆ぐらいの長さにして、野菜を巻きます。
3)フライパンで焼きます。みりん、醤油、酒で甘辛アジ。

8)アジのムニエル
アジを3枚に降ろして、小麦粉を振り、フライパンで焼きます。

9)キャベツ、人参、椎茸のおすまし。
ガッツリと美味しい出汁をとって、野菜でおすまし汁。今回の絶品でした。出汁を素材をケチらずガッツリ取ったのが二重丸ポイントかと。

10)鶏肉、大根、大豆、人参、椎茸の煮物。
大豆以外の材料を切って入れて出汁を入れて蒸し煮。火が大まかに通ったところで、大豆と醤油、みりんなどの味付け。

以上10品!!2時間半で頑張りました(^^)

今日のお料理教室。頑張りました!

Yoneyama Akikoさん(@hideyoshi222)がシェアした投稿 –

使い終わっても、ペン立てには戻せません

コンマリさんは、すべてをしまって片づけろと。

でも、使い終わったときに、出した場所に戻すという国に住んでいる人だから出来ることです。

使い終わった瞬間に、使っている道具のことを忘れるという国に住んでいる人には無理なのです。

でも、そんな国の住人でも、そのやり方に不満は感じています。

カルテを書きたい時にはペンがない。
だからペン立てを作ったのにペン立てにペンが立ってない。

なぜかというと、ぺんを使い終わった時にはぺんはいらないので、
ぺんのことは忘れてしまいペン立てにぺんを戻す事が出来ないのだ。

どうしたらペン立てにぺんを戻せる人になれるんだろうか?

とスタッフに聞いたら、「紐をつければよい」

というので、つけてみた。これで私はぺんを探さない人になれるのだろうか???

使った物を戻せる国の住人になれるのだろうか?

山野草も芽吹き始めました、タイツリソウ

世間様では、桜の話題が花盛り。

今年は、非常に長い期間桜が楽しめましたねえ。
いまは、少し緑が見えながらの花吹雪が舞っています。
日本人なら桜だねえ。

さて、我が家では、山野草が芽吹き始めました。
冬になると地上部がまったくなくなり、見えなくなります。
そして春になると、葉っぱが見えてきて
あっという間に花を咲かせます。

写真はタイツリソウ。鯛がつられそうですよねえ。
ハート葛ともいいます。

ボリューム感のある春をつける山野草です。