いつもの生活」カテゴリーアーカイブ

エッグマフィンを食べるカービイ

老犬の柴犬カービイ。
もう食べたいものを食べさせてあげてください状態で、なんでもありです。
今日はマックに挑戦。紙にしみた味がうまいそうです。

第4回目お料理教室

休日の木曜日、第4回目のお料理教室を行いました。

いつものように、材料をざくっと見て、
さくさくメニューを決める小川さん。

流石です。
料理作成能力のレベルが違うって実感します。

写真手前から、
1)さばのそぼろ
①タマネギ、ピーマン、人参のみじん切りを炒めます。
②サバの身をこそげとり、①にいれて炒めます。
③味付けは、みりん、醤油、酒。生姜をいれてもよかったかなというところでした。

2)新タマネギのおかかあえ。
味付けはおかかと醤油。あっさりと新タマネギの風味が生きてます。サバにあいます。

3)切り干し大根の柑橘和え。
切り干し大根を、柑橘の果汁であえます。そしてオリーブオイル、塩など。甘い清美オレンジの味が効いてます。

4)セロリのごまさらだ。
セロリをきって、ゴマとオリーブオイルで。娘が大好き。

5)レンコンのネギ味噌挟み焼き。
①ネギ味噌を作る(ネギのみじん切り、味噌と炒める)
②5ミリ程度に切ったレンコンにネギ味噌を挟む。
③じっくりと蒸し焼き風にフライパンで焼く

6)カブの麹漬け
カブを切って塩をします。そして麹の素であえてできあがり。マルコメの麹を使いました。

7)野菜の肉巻き
1)アスパラ、ゴボウ、人参を切って茹でる。長ーくしておきます。
2)豚ロース肉を4枚重ね、鉛筆ぐらいの長さにして、野菜を巻きます。
3)フライパンで焼きます。みりん、醤油、酒で甘辛アジ。

8)アジのムニエル
アジを3枚に降ろして、小麦粉を振り、フライパンで焼きます。

9)キャベツ、人参、椎茸のおすまし。
ガッツリと美味しい出汁をとって、野菜でおすまし汁。今回の絶品でした。出汁を素材をケチらずガッツリ取ったのが二重丸ポイントかと。

10)鶏肉、大根、大豆、人参、椎茸の煮物。
大豆以外の材料を切って入れて出汁を入れて蒸し煮。火が大まかに通ったところで、大豆と醤油、みりんなどの味付け。

以上10品!!2時間半で頑張りました(^^)

今日のお料理教室。頑張りました!

Yoneyama Akikoさん(@hideyoshi222)がシェアした投稿 –

使い終わっても、ペン立てには戻せません

コンマリさんは、すべてをしまって片づけろと。

でも、使い終わったときに、出した場所に戻すという国に住んでいる人だから出来ることです。

使い終わった瞬間に、使っている道具のことを忘れるという国に住んでいる人には無理なのです。

でも、そんな国の住人でも、そのやり方に不満は感じています。

カルテを書きたい時にはペンがない。
だからペン立てを作ったのにペン立てにペンが立ってない。

なぜかというと、ぺんを使い終わった時にはぺんはいらないので、
ぺんのことは忘れてしまいペン立てにぺんを戻す事が出来ないのだ。

どうしたらペン立てにぺんを戻せる人になれるんだろうか?

とスタッフに聞いたら、「紐をつければよい」

というので、つけてみた。これで私はぺんを探さない人になれるのだろうか???

使った物を戻せる国の住人になれるのだろうか?

山野草も芽吹き始めました、タイツリソウ

世間様では、桜の話題が花盛り。

今年は、非常に長い期間桜が楽しめましたねえ。
いまは、少し緑が見えながらの花吹雪が舞っています。
日本人なら桜だねえ。

さて、我が家では、山野草が芽吹き始めました。
冬になると地上部がまったくなくなり、見えなくなります。
そして春になると、葉っぱが見えてきて
あっという間に花を咲かせます。

写真はタイツリソウ。鯛がつられそうですよねえ。
ハート葛ともいいます。

ボリューム感のある春をつける山野草です。

厚焼き卵の大好きなカービイ

柴犬カービイ17才、獣医さんには90才ぐらいと
いわれましたが、楽しく生きてます。

さて、最近の好物は、厚焼き卵。
甘いのがお好みです。

でも、丸呑みは危険だよ>カービイ

芝犬カービイ90歳、最近のマイブームは厚焼き卵。丸呑みは苦しいんじゃない?

Yoneyama Akikoさん(@hideyoshi222)がシェアした投稿 –

頑張って御飯を食べるカービイ90才!

カービイ17才、人間でいえば90才だそうです。彼の食べているご飯は、もう欲しがる物を何でも!状態です。

いまのマイブームは、厚焼き卵。甘いし、柔らかいしで大好物。ほかにバターたっぷりのパンと牛乳。水煮の豚肉。ハーゲンダッツ。それにチーズ。パンならば私のデニーズの食べ残しも大好きです。

とにかく、食べるがカービイの元気です。

ごはんを一生懸命食べる芝犬カービイ。人間で言えば90歳。頑張るぞ!

Yoneyama Akikoさん(@hideyoshi222)がシェアした投稿 –

春のチューリップ

お家にあるもので勝負のお料理教室

.お料理教室

3月23日に第三回目のお料理教室をしました。

まあ、お料理教室といっても、産後ドゥーラの小川さんと二人で、せっせせっせと料理を作る教室です(^^ゞ。

この小川さん。産後ドゥーラというものがどういうものかわからなかったので、1度お試しで我が家に来て頂き、支援のひとつであるお料理を疲労して頂きました。そこで小川さんのお料理力に感心した私が、『もっと料理そのものを習いたい!!』とお願いし、開催に至っています。

料理を習ったり、勉強したりするときには、本をみて『この料理を作ろう』と考え、それにあわせて材料を購入用意し、作ると思います。しかしこの方法だと、実際の日々の料理には今ひとつ役立たないことが多いですよね。なかなかそのレシピが自分の物にならないわけです。

小川さんは、私が適当に買ってきた材料をながめて、
『この鶏肉で塩ドリを作りましょう。そのスープで付け合わせの野菜を蒸し焼きしましょう』とか、私が大量に頂いたネギを前に「どうにかしたいんです」というと、『じゃあ、ネギのマリネにしましょう』と言う感じで、何を作るかが決まっていきます。

そして出来た料理がこれ!
素晴らしいですよね。

メニューです
塩ドリと野菜の蒸し焼き
ネギのマリネ、
ワカメ、油揚げ、タマネギの味噌汁
文旦のジャム
金目鯛の煮付け
アジの塩焼き
大根のきんぴら
茄子とピーマンの味噌炒め
サツマイモの蒸し巾着
ピーマンのおかか和え、
ほうれん草のおしたし
お赤飯

小川さんの指導を中心にしながら、私もガッツで材料をきり、
蒸し、整えてしあげていきました。途中で手間がかかったのは文旦のジャム。
文旦を実だけにするのが大変でした。

このあと、少しレシピをupしますね。

三時草の居候

頂き物の三時草(三時に咲くから三時草だそうですねえ)の鉢に、なぜだか、西洋桜草の種が飛んで花をつけています。

西洋桜草は、結構大きな株ですが、こぼれ種で芽を出し花をつけているのはほんの4,5㎝のものです。先祖返りしていると思われますが、なんだかいじらしいですねえ。ラジオ体操終了、朝はハーブティ。さて、一日をはじめましょう。

球根の季節

球根が花開く季節になってきました

写真は、治療院の入り口植木バチに咲き始めた薄いブルーの球根です。
プシキニア リバノティカ

昨秋に『次の春は球根だ!!』と意気込み、ちょっとお高いサカタのタネのカタログと格闘しました。
カタログショッピングのとほほなところは、大きさのイメージがつかないところです。
いや、これは店頭で買っても同じ。情報が多いという点でカタログの勝ちなはずですが、
どうしても、写真の美しさでセレクトしてしまいがちです。

届いた球根をみて、「ありゃ、こんなに小さいの?」と驚き、
咲いた姿をみて、「綺麗だけど、ちっちゃいな」と思っていたのですが、
だんだん充実して花穂を伸ばし始めると、「案外いいかも」に変わってきました。
人の心は移ろいやすき物よ(^^ゞ。

今年は芍薬をがっつりしこんでいるので、このあとが
楽しみ(のはず)です。

Spring has come, and continue .