東洋医学から見た人間観察」カテゴリーアーカイブ

ナツメ ザクロ 女性によいのかな??

ある患者さんが、棗のスナックをお持ちになり、

『私は食べても大丈夫でしょうか?』とのご質問。

実はこの方は以前にザクロを『女性によい』ということで積極的に摂取し、
子宮内膜症がひどくなってしまったという経験があるのです。

ザクロは、このサイトでも紹介されているように、女性ホルモンと同じような働きをする
エストロンという成分があり、これが女性によいというキャッチコピーになるわけですが、
エストロゲン依存性疾患である子宮内膜症の場合は、この作用がかえって病態を悪化という事にこの方の場合はなったのかと思います。まあ、このあたりは人によるということもあるとは思いますし、摂取量との兼ね合いもあるとは思います。しかしながら更年期の女性ホルモンそのものが少ない状態の方であれば体調管理に役立つものでも、生理がある時期の女性の場合は注意が必要だなと思います。同様のことは大豆でも起こるケースを体験しています。

わかさの秘密

さて、今回ご質問の棗。

東方栄養新書を紐解きましょう

棗は『気血を補強するために欠かせない果実』とあります。
なんだか身体に良い感じで所ねえ。

ルーツとしての説明に『ナツメは貧血によく胃腸を丈夫にする効能がある「大棗」と言うなで上品の漢方薬として扱っています』と紹介されています。

たとえば有名な葛根湯、入っているのは、葛根(カッコン)、大棗(タイソウ)、麻黄(マオウ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、薬(シャクヤク)、生姜(ショウキョウ)(ツムラ漢方サイトよりhttp://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/001.html)

また、胃腸を整え元気を益すとされる補中益気湯。こちらにも入っています。
人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、陳皮(チンピ)、大棗(タイソウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、升麻(ショウマ)

体質的な相性として、気血両虚の方に向くということ、しかしながら甘味があり、いつもお腹がはって痛みのあるタイプには適しませんとのこと。ふむふむですね。

私はご質問のあった方は、クルミやアーモンドも食べているということなので、その全体量は変えずに、少しナツメも混ぜてみてはどうかなという提案をしました。

ナツメ、とてもよい果実ですが、やはり偏りすぎは少し注意が必要かなと思います。まあ逆にいえば、その偏りをつけるのが医療です。漢方薬で摂取することも多くありますね。この場合はまた少しスタンスを変えて漢方薬として調和の取れた形で処方して頂くのがよいかと思います。

タタミのお部屋で楽しくヨガの日

日曜日 ヨガ教室でした。

ビッグママ治療室和室会場でのんびり行われました。
講師はカイロウノの山本先生
足を触っていくことから始まります。


私が好きな空間です。
畳の部屋
静かな雰囲気
窓の外には御簾垣と緑と紅い水道栓

ヨガの時間がゆっくり流れます。

そして、あれこれ進んでオバサンの休憩タイムには

逆立ちタイム!!


これで何回目でしょうか。
見た目にも逆立ちが上達しているのがわかります。

先生のさりげないサポートも効果的

こんなお茶目な格好も。

流石にここからは立てないようですが、
このまま歩けたら恐いかも
(それは人間じゃないってば)

最後に、受け身が出来れば事故もないってことで

前転に挑戦


やめときゃよかったです。
とほほ。

次回は11月5日日曜日の10時から(予定変更の場合アリ、事前にお問い合わせを)
参加費は1500円です。

整体の先生はなぜ「このままじゃ歩けなくなる」の類のことばかり言うのか?

整体やカイロ。私も昔だいぶお世話になりました。

私は中学時代からのひどい腰痛持ち、整形外科は沢山。
そして他の民間療法も沢山試しました。

この方の

”整体の先生はキツイ人で、「このままじゃ歩けなくなる」の類のことばかり言われウンザリした。”

このお気持ち、すごくわかるのですよね。
それと同時になぜこんな「このままじゃ歩けなくなる」というような台詞がでてくるのかもわかります。

なぜこんな「このままじゃ歩けなくなる」というような台詞がでてくるのか

確かに、”形、形態”を見るという観点から考えると、
ここが理想の形と歪んでいる
もっと反るべきだ、もっと倒れるべきだなど
そしてこの形のままではもっと歪みがきつくなり、歩けなくなるに
つながるのでしょう。

私も多くのこういった助言を受けてきました。

自分自身が東洋医学的な世界に身を置くようになって思うのは、形は結果。

確かに90歳のおじいさんが結果によって歩けなくなることは
おこっているのでしょう。でも、この結果はある意味「人間としての自然の流れ」です。

私が彼女をみて思った現時点での問題点は、気の上逆でした。
その気の上逆を調整するときに土台の力(腎気)もやはりつけていくことが大事です。
この土台の力(腎気)をつけようという方向に考えているのが整体の先生の
仰ることですね。でも、たぶん、仰ることとやっていることは違います。
ここが私が長らく東洋医学をやって自分なりに得た結論です。

土台の力(腎気)をつけることは地道なことです。
そしてこれが必要ということもよくわかります。

ただ、治療においてこの問題に軸足を置くべきか(ゆかりさんの場合、80才になったらおこるかもしれませんが、36才の現時点では一番の課題ではないですね)を検討し、土台の力(腎気)をつけるのであれば、私自身が患者として言えることは、整体よりも、漢方、お灸温灸、日常生活指導のほうが効果的だということです。

整体の先生が仰っているのは人間としての自然の流れ。

そして私たちが把えなければならないのは、人間としての自然の流れを踏まえた上での
現時点での課題です。

こんなところが、患者道(^^ゞが長い、米山の実感です。

ネットの弊害?不妊相談、カウンセリング。

ネット検索の弊害? 不妊相談、カウンセリング

ながらく不妊治療について、あれこれの相談にのっています。
そのなかで、やはりポイントとなるのは、一般論としての不妊治療についてではなく
『目の前のこの人にとって何が必要であるか』ということだと思います。

身体は人によって違います。
経済状況も
家族関係も、
考え方も違います。

インターネットがあり、ご自身の状況の気になるところを
ネット検索することが出来ます。
このネット検索は、非常に助けになる情報提供となる場合も
多くあると思います。それは事実でしょう。

ただ、自分自身にとっては何かをひとつ選ばなくてはならないわけです。
人生はこっちとそっち。平行に進めるわけにはいきません。
どうしても、何かをするという決断が必要で、前にコマを進めなければ
ならないわけです。

この選択の時に、データーは役に立つでしょう。
成功率はやはり成功率として実績を物語ります。

ただ、ここが本当にマジックだなと思うこともあるのです。
一般論として、25%と、40%の成功率の差があると明示されていたら
当然40%の方を選択するでしょう。
でも、妊娠は0か100しかありません。成立するかしないか。
40%の妊娠なんてないわけです。

ここで考えなければならないのは、一般論としてはそうだ。
そしてそれを踏まえて自分は何を選択するのかというポイントなのです。

10日程前、今のこの方にとってベストな病院に通院中だなと思われる方が
『もっと、いわゆる不妊治療で有名なところに通うべきでしょうか』と
相談されました。

この方がネット検索し、あれこれ考えればもっと有名で、高い成功率を
謳うクリニックも見つかるでしょう。でも、それがこの方にとってベストなのかと
思うと疑問を私はもつのです。

現時点で、
自然妊娠の希望
年齢が比較的若い
精子の問題が少しある
基礎体温表で高温期の不安定さや、排卵の波がある。

このような状況では、比較的通いやすく、自然妊娠を中心にする人工授精までの治療も積極的に受け入れ、体外受精もしているので培養室もある(人工授精の時に精子の処置が上手)という今の病院はベストであると思えます。

そして鍼灸で手を入れてきて、だいぶ高温期などがしっかりしてきて、
『もしかして妊娠?』などという兆候も見えるようになってきました。
この時期に、極早期の妊娠検査薬を使い、うっすらでも妊娠反応が出ていれば
精子と卵子は出会い、着床までは進んでいるということが確認でき、
体外受精をいそぐ必要はない(つまり体外受精が一番力となるキャッチアップ障害はない)ということがわかります。このうっすら化学流産がもし何度も続くようならば
体外受精などを考えるのではなく不育系を考えるべきかなと思いますし、
鍼灸治療の軸足をこの着床から妊娠処置のゾーンに少し変えておくことも考えます。

しかしながら、年齢要因もあります。
体外受精への挑戦も年齢が若い方が有利なことは間違いありません。
ある程度の状況までやってみて、手応えがなければ
時期を逸しないように注意しながら(ココがポイント)、
病院選びをさらに考えた上で(それまで使った排卵誘発剤の反応や精子の状況、
ご自身の経済状況などなど)、どこのクリニックで体外受精の治療を進めるのかを
考えるべきだと思っています。

この方へは、ざっくりと一連のこの方にとって、もし現時点での
治療で妊娠に至らなかったらどうすれば良いのかということを提示させて
いただきました。

高度生殖医療には非常に高額のお金がかかります。
そして考えなければならないのは、助成金は6回出るという意味です。
つまり、1度や2度の体外受精では結果がでにくいという事実が
あるのです。治療の目安を6回ぐらいは持つべきだという意味だと
考える方が、不妊治療としては自然です。

助成金が6回出てもかなり高額です。
どうしたら年齢要因を踏まえた、なるべくスピーディーで効果的な
不妊治療ができるのか、ぜひご相談頂けたらと思います。

また、ある方が
『漢方が毎月5万円を越していて、ときに7万円ぐらいになるのです。
続けないと妊娠出来ない気がするけど、この金額にもう恐くて・・・』と。
私は漢方そのものはこの方にあっているなと思いましたが、
漢方処方の方針が明確ではなく、一つ一つの症状や状況に
製品を足している状況は、あまりよい選択ではないし、他の選択もできるなと
思ったので、とあるアドバイスをいたしました(アドバイスの詳細はまた
別記しますね。気になる方は(^^ゞ、直接私に聞いてください)。その方は
ほっとなさっていました。

当事者であるご自身には、ご自身の現況、そして今後に対する必要なモノに対して
優先順位がつけにくいと思います。
少しでもお力になれればって思うのです。

ピロリ菌、除菌しました。

ピロリ菌の除菌をしました

昨年末、以前から興味のあった、栄養解析を受けてみました。
患者さんで受診されている方が結構いらっしゃり、栄養を実際に身体の結果としてどうなっているのかという視点から考えるということが面白そうと思ったからです。

血液検査の結果をみると、いわゆる基準値を超えたものはありませんでした。そしてその中で予想外のピロリちゃん陽性で、まずここからスタートですとのこと。

栄養解析そのものは、やはり軸足がサプリ処方に向いていて、食事指導というのはやぱり難しいのだなとも感じました。栄養を、食事から変えていくとなると、結局生活指導ということになってしまい、それはかなりハードルが高いのでしょうと。それだったら明瞭になった栄養不足をサプリで補う方が手っ取り早いのかな。

しかしながら、やっぱり食事とも思います。
このあたりはいままで、患者さんで栄養解析を行った人の実体験や、今後の自分の体験なども踏まえて考えていきたいと思います。

さて、私のピロリちゃん。
実は私はいままで胃カメラをしたことがありません。
ドクターによると、いままで数十年ピロリちゃんを飼ってきた胃なのだからやはり
胃がんのリスクはあるので、胃カメラしなさい!!と。

トボトボお家に帰ってきても、どうもその気になれません。
だって、胃カメラマズそうなんだもん。
それが、健康診断で胃酸の数値がひっかかり、引導を渡され胃カメラやり、
ピロリ除菌のお薬も飲みました。


そして約3ヶ月後、ピロリ除菌がちゃんとなされているかの確認検査をして晴れて合格!
長年人生を共にした(いつからでしょうかねええ)ピロリちゃんとお別れして、
これからはノンピロリ生活です。

ノンピロリで一番変わったことは便がすごーくすっきりとしたこと。
オマケにぷかぷか浮いて、もうお手本にしたいような(^^ゞよい便なのです。
お医者さんにいうと(山近記念クリニックの杉田先生)
『みんないろんな事いうけど、関係ないね~』とのとこt。
まあ、ピロリ除菌と直接的な関係はないのでしょうけど、
私にとってはピロリ除菌が腸内環境をよくしたということは言えるのかなと
思っています。

昨今、ピロリ菌のメリットとしての胃酸の抑制や食道がんに対してはメリットがある
という見解も見受けられます。まあ、いてもいなくても、私たちのまわりには
沢山のリスクがありますね。ご縁があったことを受け入れて、
自分自身の生活も見直しながら、楽しく日々を過ごしていきたいと思います。