東洋医学から見た人間観察」カテゴリーアーカイブ

その5~「食べる順序と糖尿病管理」~『栄養データーを正しく知ろう』から

その5~「食べる順序と糖尿病管理」~『栄養データーを正しく知ろう』から

5:「食べる順序と糖尿病管理」です。

野菜を始めに食べて食物繊維をお腹にいれてから御飯を食べることは血糖の管理に非常に効果的であるということは研究から確かであるとのこと。野菜を先に食べると血糖値の上がりが穏やかだそうです。

食べて2時間以内の上がり下がりだけをみている。ただし、糖尿病の場合は長期的な管理も必要。

糖尿病の患者さん100人。
1:野菜を先に食べる
2:カロリーを管理して食べる

2年間の研究。最初の3ヶ月は両方のグループとも改善。その後は野菜を先に食べるグループの方がヘモグロビンA1cのコントロールがよいとのこと。そして野菜を先に食べるグループに加えて緑黄色野菜を食べる、20回以上噛む、糖の吸収が穏やかな食品を食べると言うこともしているので、全体の効果であるのではと。

野菜を先に食べるのは沢山の方法のうちの一つの選択肢。

他の選択肢も考えよう。
3角食べ:味の組み合わせ、広がりを楽しみ。口内調味。
メリット:1度の量が減る、御飯だけがストンと入るのを防ぐ。

ゆっくり食べることもよい。

食べる順序は、懐石料理をイメージするとよいかもしれません。
少しの食物繊維、タンパク質の素材。メインの食材。そして最後に御飯。
日本人の食事ってこんな風に工夫されているんですねえ。

食べる順序と糖尿病に関してはこんな本がありました。

さて、これで5日間のお話しは終わりです。
私は佐々木先生の大ファンで、ゆっくりとしたお声、お話しが聞くことが出来てとっても嬉しかったです。
押しつけがましくなく、優しく寄り添うようなお話し。また候いたいなあと思いました。

テーマ『栄養データーを正しく知ろう』
1:「イメージに惑わされないように」
2:「1日350㌘の野菜を食べよう」の真の意味は?
3:「全粒穀物の健康効果」
4:「果物の糖分を考える」
5:「食べる順序と糖尿病管理」

それでは!

その4~「果物の糖分を考える」~『栄養データーを正しく知ろう』から

その4~「果物の糖分を考える」~『栄養データーを正しく知ろう』から

果物は果糖があるから、体重や血糖値を気にする人は取らないようにした方がよいとも言われますが本当でしょうか?

佐々木先生がまず、糖を理解しましょうということで単糖のお話しをされました。

糖:ブドウ糖、果糖、ガラクトース この3つは単糖と言われる。

砂糖は、ブドウ糖1個と果糖1個が結びついたモノ。
糖を食べると血糖があがる。この場合の血糖をあげるものはブドウ糖に限定される。

果糖は、食べるとブドウ糖に変換されて血糖値をあげる。しかしながら、ブドウ糖そのものよりも血糖値をあげる作用は弱い。

そして、果物のなかには、果糖以外にもカリウム、食物繊維なども入っているので、果糖の性質だけで健康に対する影響をのべるには難しい。

そうか、果糖ということだけ取り出して考えることは難しいということですね。
では、研究データーから考えてみましょう。

糖尿病にかかっている患者さん60人。2つのグループに分ける。
1:果物を食べる 320㌘
2:果物食べない 135㌘

3ヶ月間摂取、ヘモグロビンA1c を調査。3ヶ月後の変化。
1:0.5%改善
2:0.3%改善

両方のグループともやや改善、二つのグループには差はない。
つまり、果糖の影響が直接的に血糖に影響するというよりも、果物はノも含まれているので直接的に影響が少ないということがいえると。ただし、ヘモグロビンA1cの影響は個人差が多いので、医者に相談してくださいねとのことです。納得。

そして、健康な人の場合は果物を1日250㌘までの摂取は糖尿病のリスクが下がるという研究データーがあるとのこと。日本人は平均的な果物摂取量は110㌘なので、いまの2倍ぐらいは食べた方がよいと思われることでした。

確かに、確かに。
果物というのは、食べる習慣がないかたは全く食べませんねえ。
食事記録を出していただいて、食べる人は毎日食べる、でも食べない人は買わない、食べない、週間がないということかなと思いました。

では、100%のジュースは果物の代わりになるのでしょうか?

100%の果物ジュースの場合は、ジュースを飲むと糖尿病が増えるという結論です。日本の場合は1杯までは増えるとも減るともいえない。他のデータでも、増えるとも減るともいえない。つまり、ジュースは食物繊維がないので、メリットを享受できていない。

 

 

その3「全粒穀物の健康効果」~『栄養データーを正しく知ろう』から

その3「全粒穀物の健康効果」~『栄養データーを正しく知ろう』から

さて、その3です。

3:「全粒穀物の健康効果」

玄米65㌘を毎日摂取すると、循環器疾患が2割減、2型糖尿病が3割減、がんが1割減というデーターがあるそうです。

これはかなり根拠のしっかりしたデーターですねえ。65㌘とはお茶碗軽く一杯です。

ただし、これもやはり組み合わせの問題があるようですね。

玄米を食べる人は健康志向が高い→全体の食事がよいという調査があるそうです。

つまり、玄米を食べている人は、魚、果物が多く、食物繊維、ビタミンB1、カリウム、マグネシウム、鉄、ミネラルを多く含む玄米との組み合わせで、健康効果がより高まっているのではないかという可能性です。

玄米は身体に良い。そして玄米を選ぶ人の食事も身体によいということですね。ふむふむ。

ロハスメディカルという雑誌があります。その中で大西睦子先生が食についての連載をしていらっしゃるのですが、これがなかなか面白く、私は大西先生のファンです。全粒穀物を・・という話もあった記憶があるのですが、著書としては出てきませんでした。残念。大西先生の本ではこちらが有名ですね。紹介しておきますねえ。

その2 「1日350㌘の野菜を食べよう」の真の意味は?~『栄養データーを正しく知ろう』

その2 「1日350㌘の野菜を食べよう」の真の意味は?~『栄養データーを正しく知ろう』

2:「1日350㌘の野菜を食べよう」の真の意味は?

厚生労働省が出している野菜を食べようという提案です。
厚労省のHPにデーターがあります。

カリウム、食物繊維、抗酸化ビタミン(ビタミンcなど)は野菜摂取からしやすい。これらの栄養素をバランス良く充分にとるには、350から400㌘の野菜摂取がよいと推定されるという主旨です。

そこで、佐々木先生はおっしゃります。

カリウム、食物繊維、ビタミンcは他の食品にも入っているので、350㌘という数字は直接意味があるのか?という疑問がありますと。

ううむ、そうなんですね。350㌘という数字は疑問の余地があるんですか、ふむふむ佐々木先生と思わずうなずいてしまい沁ました。

佐々木先生は続けます。

野菜を沢山食べると健康に良いという研究はあるのか?
 ↓
食べる量、その後の健康、寿命のデーターは沢山ある。
タバコや人種などの影響を統計学的に取り除いたもの。
アメリカや西ヨーロッパ、中国、日本のデータがある。

沢山のデーターが色々な国で研究調査されているそうです。
そして、どの国のデーターでも、野菜を沢山食べた方が総死亡率が低くなる。
つまり寿命が長くなる。

こんな結論になるようですね。

ただし、大きなばらつきがあるので、350㌘という数字を出すまでの根拠はない。だから350㌘という数字に拘わる必要はない。

おおおお!!そうなんですね、佐々木先生。数字の根拠がでるようなデーターはないのですか。なんかキツネに摘ままれたような気分です。

ここからお話しは続きます。数字をださなくて、『野菜を食べましょう』というイメージは人によって違いますねと。数字があると信憑性がある感じがでますねと。

数字を出すことで、いままで野菜が少ない人が『野菜不足』に気がつくことができる。

また野菜をしっかり取っている人がもっととっても問題はないので、沢山食べてok。

350という数字は数字そのものよりも、みんなでもっと野菜を食べるという方向性が大事。350㌘というのは、感心を持って貰うために作ったイメージキャラクター。

うううむ、350という数字が出ていましたから、何か根拠があるのかといえば、イメージキャラクターぐらいの意味合いしかないと。でも、野菜不足の人が摂取が増えると言うことは日本人の健康に大きな貢献にはなるということですから、イメージキャラクターにしっかりと活躍して貰いましょう。

さて、最後に、野菜を取るに当たっての注意です。

1,調理をする時間を短くするとビタミンcの減るのが少ない。
2,ゆで汁もなるべく食べるとカリウムまでのミネラルも摂取できる。
3,皮も剥かずに食べるのもよい(食物繊維が取りやすい)

これらの提案が佐々木先生からありました。無理せずに、好みの合わせてということです。

こんな本もありますねえ。

その1「イメージに惑わされないよう」。~『栄養データーを正しく知ろう』から

その1「イメージに惑わされないよう」。~『栄養データーを正しく知ろう』から

『栄養データーを正しく知ろう』佐々木敏先生のお話から。
1:「イメージに惑わされないように」
2:「1日350㌘の野菜を食べよう」の真の意味は?
3:「全粒穀物の健康効果」
4:「果物の糖分を考える」
5:「食べる順序と糖尿病管理」

第一回目「イメージに惑わされないように」

食品の栄養効果を正しく理解するには、栄養について正しく理解することが大切でイメージを先行させないようにというお話しでした。

このなかで、

『ワインは身体に良い』と言われますねえということでお話しが進みました。
デンマークでの15万人の調査でお酒の種類と頻度を調べ、11年経過を追い、ビール、ワイン、ウイスキーを飲んでいる人の死亡率を調べた調査です。

このなかで、
☆ワインを沢山飲んでいた人の死亡率が小さい
☆別の調査で、ワインにはポリフェノールが含まれており、抗酸化作業によって動脈硬化を予防するという研究があった。

この二つのことで、ワインは心筋梗塞を予防して長生きするという結論が導き出され、
『ワインは身体によい』というストーリーが作られたと。

聞いたことがありますねえ、ワインは身体に良い。そしてこれら調査を示されれば納得しちゃいます。ポリフェノールがたくさん入ったワインはいいのねえと。

そして、佐々木先生はお話しを続けます。

同じデンマークで、スーパーのカゴの調査があると。300万件!
この調査では、アルコールを買った人が他にどんな食材を買っているかという調査です。

すると
ビールを買った人のカゴには
 1、ソーセージ
 2,マーガリン
 3,バター
 4,豚肉

飽和脂肪酸やトランス脂肪酸たっぷり! 

そしてワインを買った人のカゴには
 1,植物オイル
 2,野菜
 3,果物
 うーんヘルシー

この調査から、アルコールの種類そのものよりも、アルコールと一緒に食べるお友達食材の方が影響が大きいのではないかという結論が導き出されています。

つまり、ワインそのものがよいという点もあるが、それ以上に一緒に取る食材が健康に貢献するモノであり、これが死亡率を下げている可能性が高いということで、ワインそのものが良いのではなくて、組あわせがよい!ということなんですね。

また、ワインそのものはアルコールです。アルコールはガンの発生を増やしたり、事故や怪我が増えるので適正な範囲での飲酒が大切です。この適正な範囲とは

アルコールの適正量
 1日7㌘!! つありワイングラス半分です。
お酒を好きな人が聞いたら、えーーーーーって言いそうな量ですね。
ではアルコールの一日当たりの限界量はというと1日40㌘。つまりワイングラス4杯弱です。これがギリギリの量。

アルコールと上手に付き合いたいですね。

2017年 6月 『栄養データーを正しく知ろう』東京大学教授 佐々木敏先生 NHKラジオ

2017年 6月 『栄養データーを正しく知ろう』東京大学教授 佐々木敏 NHKラジオ

NHKラジオのファンです。昨日、健康ライフの聞き逃し放送で佐々木敏先生の、『栄養データーを正しく知ろう』を聞きました。私は佐々木先生の大ファン。5日間の放送でしたが、中身が濃く充実していました。ちょっと復習してみました。

テーマは5つ『栄養データーを正しく知ろう』
1:「イメージに惑わされないように」
2:「1日350㌘の野菜を食べよう」の真の意味は?
3:「全粒穀物の健康効果」
4:「果物の糖分を考える」
5:「食べる順序と糖尿病管理」

一つの講義が10分ぐらいですが、とてもわかりやすくて、納得できるものです。
とくに、佐々木先生の幅広い知識とご経験と、偏見の少ないスタンスにガッテンと
思わずつぶやいてしまうお話しも多いです。

私の治療室でも「何を食べたら良いですか?」というお話しはよくでますが、
これは本当に難しい質問です。まず今のご自身の食生活はどうなっているのかという認識なくしては語れません。その上で、佐々木先生のお話ははっとさせるものが多いです。

では、復習を始めましょう

不妊治療 やめました。~本から一緒に考えてみましょう

体外受精をしない決断 

最先端不妊クリニックへ転院 体外受精をしない決断
『不妊治療、やめました。―ふたり暮らしを決めた日』
堀田 あきお (著), 堀田 かよ (著)

『フーナー良好、精子良好、頚管粘液良好ということで、体外受精をすすめられる。このクリニックでは、体外受精をしないならば、通う必要はないと言われ、経済的要因を考え治療中断』

うーーーん、そうですね。体外受精はやはり経済的にはかなりハードルが高いと思います。
この方の場合、精子の条件、卵管、排卵の状態はよいが、妊娠しないと言うことで、卵管采の動きがよくないのではないかと思われます。これは子宮内膜症がひどいということがあるかもしれませんし、東洋医学的に緊張状態が強いので動きが悪いということもあろうかと思います。

経済的な要因が強いということであれば、より若い年齢の時に体外受精に挑戦することがよいと思います。

大きな分かれ目となるのは37.5歳。これを過ぎると、結局お金をもっと掛けなければならなくなります。
ただし、体調の悪い状態で体外受精の実施をするのも金銭的にもったいない。
体調をよくして、37歳のうちに実施してみるというのが、金銭的な側面から考えるとより現実的ではないかと
思います。

体外受精は、言われるとおり1回の成功率は低い治療です。
これは生殖という物の性質もあるかと思います。
いわゆる淘汰のプロセスがあるわけですから、1回で必ずということはないわけです。

私は3回がワンセット。つまり100万円を治療費だと考えて体外受精への挑戦をお勧めします。
助成金が考慮できればその分軽減しますね、また助成金もいまは年齢で40歳未満であれば回数が多く
挑戦できます。これも結局年齢が若い方が結果が出やすいという情報に基づいています。

とくに、今回のケースは妊娠歴もありますので、
100万円ぐらいを目処に挑戦してみたら現実感は強いケースだと思いました。

100万円、私は不妊治療のおつきあいが長く、金銭感覚が狂っているのかも知れません(^^ゞ。
でも、これぐらいをワンクールと考えると、ぐっと現実感が増すのです。

助成金などもありますので、なんとかと願ってしまいます。

また、このマンガで著者の方は介護のことを書いていらっしゃいます。そしてお父さんが
2000万円のお金をタクシーをただただ乗ることで使ってしまったと。
タクシーの方が『子供の話をしていて嬉しそうだった』とおっしゃり、著者の方の胸に刺さっていました。
お金のことです、なかなか家族にも相談しにくいことだったと思います。
ただ、数年後にこのエピソードをマンガで知った私は、経済的な理由で体外受精を断念したときに
親御さんに相談なさることは出来なかったのかなあと思いました。

まあ、後からおこったことの、”たられば”にはなりますが、
タクシーを呼よんで、助手席に座って、ただ楽しく家族のことをお喋りしていた。
そしてそんなことを繰り返し、2000万円をタクシー代で使ってしまった!!という
エピソードをうかがうと、この2000万円を、不妊治療に使わせて欲しいというお願いをされたら
出して下さったのかなあなどと思わずにはいられませんでした。

お金って難しいですね。
この方のマンガのなかで、人生のエピソードとして出てきた、大きなお金のエピソード。
少し身に詰まされるような思いで拝見していました。

また、以前に、40歳で長く不妊治療をされた方が、経済的要因で1回だけと決心され体外受精に挑戦されたことがありました。

ガッツリ薬をかけた治療でしたが1個しか採卵できず、移植するも妊娠出来ず。しかしながら、その次の排卵で妊娠ー出産されたケースを経験しています。なにがよかったのかわかりませんが、採卵前から3ヶ月にわたり鍼灸治療を高頻度でいれていたこと、採卵によって卵巣に対してドリリングとなったこと、ホルモン剤でがっつりと補充していたことなどがよかったのかもしれません。流れが変わることもありますね。

体外受精を全く考えない

スタートが29歳と若く、32歳で一度自然妊娠しているということから考えると、、精子と卵子の相性はほどほどよく、妊娠する力もあるともいえます。子宮内膜症がひどいわけですから、3ヶ月ほど大豆を控えて内膜症の変化をみる(変化があればそれに従う)鍼灸治療などでからだの緊張状態を軽減させるなどで効果が出る可能性も高いのではないかと思います。

私は、二人目不妊や1度妊娠歴のある方の場合は、

  「同じ方法で妊娠する」

ということを多々経験しています。『妊娠のため』ということから一歩離れ、『身体作り』『子宮内膜症の治療』という方向転換にして、気楽に治療に望んでいただければ、案外再度の妊娠となるのではなどということも思いました。
治療の選択は、大きな決心です。なかなか難しいテーマですが、一緒に考えていければと思います。

症例:妊娠中を健やかにすごしたい。(0156)

妊娠したものの、流産経験のある方にとっては、無事に経過していくことができるのか、
本当にご心配になるところだと思います。

妊娠は、私たち生き物にとっては自然の流れの中にあることです。
流産も、何が悪いのではなくおこってしまうこともあります。
それはただただ自然の流れの中の出来事なので、
私たちの力の及ばない領域なのかもしれないなあと感じます。

妊娠した赤ちゃんはお母さんの子宮の中にいて、養われています。
いま出来ることは、しっかりとした血流を子宮に導き、
温め、養い、守り育てて行くことだと思います。

この症例の方は、心拍確認後の流産があり、非常に気になさっていました。
そのため、血流をよくし、すこやかに過ごしていただくための鍼灸治療を
させていただき、無事のご出産となりました。

妊娠8w 週に1回程度で鍼灸治療スタート。
妊娠37w 赤ちゃんが降りてきていると言われた。
妊娠38w 助産師さんがエコーで2200㌘ぐらいという。
 (私が触った感じは2500㌘ぐらいはありそうと)
妊娠40週 子宮口5㎝開いて入院、体重3000グラム弱のべびちゃんを無事に出産。

しっかりと大きくなって生まれてきてくれて嬉しいとの報告を
いたあきました。

よかったですね、おめでとうございます。
妊娠中の養生 小柄 痩せ ’13/06/30 6 」

0045)抜歯後に広がった顔全体の痛み、呼吸がしづらい発作、弁証論

歯科治療後に顔に痛みが発生し、そのために行った追加の歯科治療にて顔全体に痛みが広がり、非常に困ってしまったという症例です。

もともと、仕事で我慢の限界を超えているというようなストレス状態が継続し、ぞわっとして呼吸が苦しくなるような発作や血便など辛い症状がでていました。

東洋医学でいうところの生命の土台の力(腎気)が弱いタイプのかたが、無理に無理を重ね、継続的な強いストレス状態(肝鬱)であったと思われます。この状態は、腎気に負担をかけ続け、生命力の土台の力を損ない続けますし、気の鬱滞で全身の気血の巡りも悪化します。

このように、強いストレス状態のなか、身体の中の上部である歯の治療をおこなったため、
より強い気の集中がおこり、集まったまま動きがたくなり顔や頭部での激痛につながったと思われます。気の集中そのものは、歯の治療に伴うダメージを修復していく過程です。しかしながら、もともとの緊張が強く気の停滞が強かったので、集まった気がめぐることが出来ず、返って痛みの増幅となってしまったと思われます。

ストレス状態が強い方の上焦(身体の上部)の症状は、歯、目、鼻などパーツそのものの問題にストレス状態という気の鬱滞が絡むので、劇的に症状が悪化ということがあります。

こういったケースでは二本立てで考えていきます。ひとつは、今劇的な症状となっている身体上部の気の鬱滞を動かし痛みを軽減すること。そして気の鬱滞をもちがちな土台の力(腎気)の力を補っていくということです。つまり根っこの底力をやしない、戻るべきところに戻れる、納まるべきところに納まれる身体をつくっていくわけです。

今回は対応が早かったので、急速に回復することができました。ご本人もほっとされ、よかったなあと思います。

0045)抜歯後に抜歯後に広がった顔全体の痛み、呼吸がしづらい発作、弁証論

キーワード:抜歯 顔 痛み 抜髓 パニック発作 

0100) 不妊 腰痛 冷え 弁証論治

寒い、冷えるというのは、不妊とつながりの深い項目です。

この症例の女性は、冷えがかなり深く、東洋医学でいうところの生命の土台の力、すなわち腎気の不足が明瞭であり、いろいろな症状がおこっていました。

ご本人としては、「もう体外受精しかない!」と思える状況でしたが、
鍼灸治療にくわえ、私からアドバイスさせていただいたことを丁寧に実行され、
割合と早く自然妊娠されご出産にいたりました。

よかったですね(^^)

不妊 腰痛 冷え性 弁証論治

キーワード:化学流産 冷え性 腰痛 残尿感 股関節痛