月別アーカイブ: 2016年11月

セックスレスと不妊治療

.セックスレスと不妊治療

不妊治療にいらした方に私は必ず『セックスしてます?』と伺います。

セックスしないと子供は出来ません。皆さんこんなことは充分ご存じでしょう。
でも、セックスは一人じゃ出来ないんですよね。

また、
子供が欲しいとセックスがしたいはイコールではありませんよね。

ここの課題を越える方法は、あります。
基本的に、ご夫婦がセックスできるようにする道を探すことがベストではあると思います。ただ、女性側や子供が欲しいと思っている側から、このようなアプローチは現実的ではないと私は思ってしまいます。

もし男性側がセックスを拒否(消極的な拒否も含めて)し、かつ不妊治療も拒否するという事態になると、女性の年齢ばかり積み重なり、結果的に『子供を持つことが出来ない』ということになります。私は何人もの方のこういった相談にのってきました。

ふとセックスレス 不妊で検索すると、あまりにも心に突き刺さる言葉や文章に満ちたブログに行き当たりました。

『女を磨けとかさ、そんなアドバイスいらんから。
他の人を探した方が早いよ。
10年前の私が 今の自分のブログを読んでいたら、もう再婚して子供が居たのかも知れない。』セックスレス高齢不妊からの離婚

悲しいけど、そのとおりだと思いました。この方のブログは気持ちにしみました。

私としては現実的に
1)早めに不妊治療に舵を切る
2)セックスレスの原因が男性側の場合は、追い詰めても無駄
3)夫婦関係をよく保つのか、破綻しても仕方がないと思うのか肚のくくりは必要

というあたりでしょうか。

セックスのことは切り離して、『子供が欲しい』で一致すれば話は早いです。
ただ、時に男性は、『そもそも子供とは・・』とか、『そんなことまでして・・・』などというあたりで、時間や年齢を考えずに結論を出さない時間をかけます。30代後半の女性の時間の大切さは、不妊治療に足を踏み入れないと気がつけないのが悲しいですねえ。

こういったお話しを伺うと、私は、もういっそのこと自分一人で出来る『卵子凍結』でも選択してしまおうかという気持ちにもなります。まあ、諸般のことを考えると現実で気ではないのかもしれませんが・・・。
男性にとって、『子供を持つ』ということは、『子供の顔を始めて見る』そのときからスタートするのかも知れません。だから、子供のイメージがまったくない『不妊治療』は選択に躊躇われるのかも知れませんねえ・・・。