運動について

ラジオ体操とウォーキング

よく歩く健康づくりに、運動はとてもよいパートナーです。日常生活に取り入れることで継続的に行う様にしたいものです。ポイントは「日常化」です。習慣的で継続的におこなわれる積み重ねは、貴方の健康に大きく貢献すること間違いなし!です。

「何をしたら良いのかわからない・・・」とおっしゃる方に、運動嫌いの私が日常化に成功している2つをお伝えします。「ラジオ体操」と「ウオーキング」です。運動嫌いの私ができるのですから、あなたにも出来ます。私は2011年からはじめ、いまでも継続しています。ラジオはスマートフォンアプリ「らじる★らじる」が便利です。

ラジオ体操第一は私たち日本人には、音楽が流れるとなんとなくスムーズに手足が動くのではないかと思います。私は毎日6時30分からの放送で実践しています。ラジオ体操の歌、簡単な運動2つ、第一、そして首の体操と続き最後にラジオ体操第二で終了。やく10分。あっという間の10分です。是非みなさんもどうぞ。

もう一つ継続しているのが、夕飯終了後のウオーキング。酒匂橋を1往復20分程度です。ほぼ毎日継続しています。途中で「あいうべ体操」をすることもあります。

継続的に行うことが大事

運動というと、何かスポーツしなければと考えがちですが、大事なのは「継続的に行う」ということです。小さな積み重ねが健康作りという観点からはとても効果を発揮します。がんばりすぎず、がんばりましょう。

そして気をつけなければいけないのがやり過ぎ。特に運動好き、スポーツ大好きという方はやり過ぎ問題は注意が必要です。運動もやり過ぎればただの過労となり健康をそこねます。子供が成長するような感じで、少しづつ多めの負荷をかけながら、自然と器を大きくするという発想がよいでしょう。

>> 次のページ アドラー心理学