運動について

girl-walking健康づくりに、運動はとてもよいパートナーです。日常生活に取り入れることで継続的に行う様にしたいものです。お勧めはラジオ体操、私は毎朝6時半からのラジオ体操を日課としています。

6時半になると、まずラジオ体操の歌が流れます。さてやるぞーと気持ちがしゃきっとします。そして2つの準備運動、続いてラジオ体操第一です。私は2011年からスタートしました。

初めは「ラジオ体操ってこんなにテンポが速かったんだ!!」と驚きました。とにかくついていくので精一杯。

ただ、このラジオ体操第一は日本人のDNAに組み込まれている様に、音楽が流れると手足が動きます。ありがたいものです。数ヶ月すると早さになれ、今では朝の体調チェックです。第一が終わると、首の体操が入り、続いてラジオ体操第二です。

始まりから終わりまで10分、あっという間の10分です。是非みなさんもどうぞ。

ラジオ体操は平日1日3回、テレビ体操は4回ほど放送があります。時間を決めて行うとよいかと思います。

私は、6時半を逃してしまったら深追いはしません。あーまた明日! と気持ちを切り替えています。この緩さが継続の秘訣かもしれません。

また夏休みは日本各地を循回します。これがなかなか楽しい。最初の準備運動が1つになりますが、日本各地の朝の雰囲気を知るのは楽しい時間です。

これに加えて、夕飯が終わったら、酒匂橋を1往復。ほんの20分程度のウォーキングですが、ほぼ毎日継続しています。途中であいうべ~体操をすることもあります。

運動というと、スポーツということを考えがちですが、スポーツは気持ちの発散の方が優先され、疲労につながる場合もあります。当然気持ちのコントロールも身体作りに大切ですから、楽しく取り入れるのはとてもよいことです。

しかしながら、あまりも身体がまいっているときには、疲労を重ねるということにもなっている場合があります。特にスポーツ好き、運動好きの人はこの傾向が強いです。自分で判断できない場合は、治療者に身体をみてもらって意見を聞いてみましょう。