温灸・お灸・鍼(はり)

当院では鍼の他に、お灸や温灸などを使って治療をしています。お灸や温灸は温める効果はもちろん、気血の巡りをよくしてくれます。その方の症状、体質によって数種類のお灸や温灸を使い分けています。

温灸

onkyu温灸はとても有効で、気持ちのよい方法です。私も一番大好きな治療法で積極的に取り入れています。

温養補腎、益気補脾胃など、東洋医学で考える、生命の土台の力である、『腎』を養ったり、胃腸の力を整え全身の気を増す『補気』をしっかり行えます。

三角温灸

sankaku背骨(東洋医学では督脉といいます)をしっかりと温め養います。特に首の冷えや不調には特効的な効果が期待でき、慢性の頭痛などの解消にも役立ちます。三角の形をしていて、煙がいったん下側に回り、モグサの効果が倍増します。ゆっくり温めますので、少し治療時間が長くなります。

もぐさのお灸

atama-okyuこのお灸は、昔ながらにモグサをこよりの様にひねって点で焼き切るタイプです。現在はあまり用いることはありません。

しかしながら頭部などでは非常に効果的で、「頭がすっきりする」「ぼけが解消する感じがする」とファンも多いお灸です。

せんねん灸

14-1せんねん灸はおうちでも手軽にできるタイプのお灸でドラッグストアなどで購入できます。当院ではミニ治療として患者さんにせんねん灸をご自宅でやっていただいており、せんねん灸の取り扱い方からやり方まで丁寧に指導させていただいております。
sennen

鍼(はり)

hari当院の鍼治療は、シンプルでスムーズなハリ治療をしています。ディスポーザブルのハリを使い、最小限の鍼で最大限の効果を目指します。鍼は苦手と仰る方でも、無理なく受けて頂けるタイプの鍼治療です。
hari2