治療の流れ

お話をお伺いします(問診)

問診あらかじめ問診票をダウンロードして印刷、ご記入のうえご持参ください。ダウンロードできない方は郵送いたします。問診では現在のお体の様子や生活習慣、便通、生理の状態、通院歴、飲んでいるお薬の種類などをお聞きします。

お身体を拝見します(切診)

ashi治療室に入られたらショートパンツに着替えて、ブラジャー、指輪やネックレスなどのアクセサリー、眼鏡は外して、診察台の上に楽な姿勢で横になってお待ち下さい。診察では、手を合わせた状態で手首の脉(みゃく)を診たり、お腹、背中、舌、手足などを診ます(原穴診)。

あなたの身体はいま(弁証論治)

問診やお身体の状態を拝見してどのような状態なのかを把握して治療の方針を立てます。食生活や、運動などの養生法のアドバイスさせていただくこともあります。

鍼灸治療

hari痛くない鍼、跡がつかないお灸で治療をすすめていきます。また温めるタイプの温灸も使います。お灸が熱いときにはすぐにスタッフを呼んでください。やけどをしないようにお灸を移動します。

治療後

鍼灸治療が終わりましたら、診察台でしばらくお休みください。スタッフがお声かけしますので、ゆっくりお着替えください。

治療後は夕方にだるくなったりすることがあります。身体の緊張を取ると、素体の状態が出ることがよくあります。だるいというのは、その素の状態そのものだと思っていただいていいと思います。心配なさらずに、なるべくゆったりとお過ごしください。またお酒を飲むと酔いが回りやすくなることもありますので、お気を付けください。

ご自宅でのお灸

sennenご自宅でなさるお灸の指導をいたします。ご希望の方には、マジックでお体に印をつけておきます。できれば毎日、最低でも週に3日ぐらいしていただけますと、 効果がでると思います。治療室での治療と、ご自宅での養生を組み合わせ、より早く健康で気持ちのよい身体になれるようにしていきましょう。