東洋医学の体力貯金 ①:生命力の貯蔵庫

私たちは毎日生きています。

たぶん、一回ごはんを食べなくてもさほど問題はないでしょう。
まあ、2回、3回と抜くのは問題ですが(^^;)。

日々を生きていく私たちには、生命力があります。

それは、今この瞬間に、足を動かし、手を動かす生命力。
そしてもう一つ、体力貯金の生命力。

なにかあったときに、それを引き出し、なんとか乗り切るための体力貯金です。
この体力貯金が日々を生きて行くにはとーっても大切。

日々はなんとか自転車操業のようにしていても過ごせます。
ただ、何かあったときのダメージをかわす。
妊娠ー出産など個人の生命とは直接関係のない命の営み
大きな厄災から身を守る。

こんなためには、東洋医学の体力貯金はとても大切なのです。

私はこの東洋医学の体力貯金を貴絡ワールドと名付けています。
貴重な絡脈です。絡脈というのは血管とも、神経とも重なるような違うような。
命のネットワークのことです。

東洋医学の体力貯金、貴絡ワールドのお話しをしていきましょう(^^)