日別アーカイブ: 2019-07-10

空にミミズが飛んでいる のどが詰まる感じがする

空にミミズが飛んでいる のどが詰まる感じがする

空にミミズが飛んでいる状態を、ある漢方ドクターが「硝子体混濁」と教えてくださりました。

水晶体のゴミ(^^ゞだそうで、濁りに焦点が合って、虫が飛んでいるように見えるということ。子供のころに、空を見上げるとミミズが動いているように見えていたとか、疲れるとこの症状がでるという方は案外多いかと思います。

疲れるとピントが合わせにくくなるからです。

疲れるってのは東洋医学の世界でいうと、腎気の低下、腎虚です。

ある症例からお話ししますね。

40代始めの女性、腎虚を中心とする肝鬱という症立てで、腎気を建てることを中心にして治療している患者さん。

本日は、いつもある飛蚊症がとくに辛いと。今までも、強い光などをみると時々なっていたが、なんとなく解消していた。今回は、なかなか解消できず、加えてとてもイライラする感じも強い。眼科に行ったけど様子をみましょうと言われた。とにかく気になって辛いと。

さてさて、どうしようかなと考え、いつもの腎気を建てる治療ののち、お身体を拝見しながらみつけた冷えた陽陵泉と、動きの悪い絶骨にパイオネックスを張り、どちらもミニ灸をいれて、それなりに動きをつけ終了。

1週間後、飛蚊症どうでした?と伺うと、前回治療直後から、なにかが飛んでいる感じはあるものの『気になる感じ』がすっきり消失。気にならなくなったのであとは忘れていたら飛んでいたものもなくなったと。

腎虚肝鬱の流れから気逆がきつくて上焦に熱をもち生じていた飛蚊症が、下腿少陽の冷えのある部分を補って気逆が引かれ、気になる感じ消失ってことでしょうかねえ。陽蹻脉かと。

年齢を重ねるといろんなものが出てきますが(腎虚)、その症状そのものに加えて、気逆熱で『気になる感じ倍増』。その気になる感じをコントロールできると共存できるってことですかね。

身体の上部は、耳、鼻、目、そして喉。気があつまってあれこれの役目を果たしてくれます。そして全身にとっては環ることが大切。環らなくなると停滞して困ったことになります。喉の詰まった感じも良くある感じですね。

『問題なし』『病気ではない』といわれたのに、気になる。これは「集まっていること」が問題ではなく、身体の力が落ちて、巡りが悪くなり、下は冷え、上は固まって熱感をもつのが問題です。力を回復させ、巡りをつけ、あるべきところに導くということがポイントかなと思います。