月別アーカイブ: 2021年2月

ブロッコリーを食べよう! オリーブオイルと塩胡椒で美味しいよ。

ブロッコリーはくせもなく、調理法も簡単でとってもお勧めです。

あた緑黄色野菜であり、ビタミンCも豊富、まあビタミンCは加熱調理で失われる部分もありますが、ブロッコリーの場合は100㌘も食べれば加熱調理してあっても一日分の摂取量を満たします。また葉酸、ビタミンE、K カリウム、食物繊維なども含まれ栄養価の高いお勧め野菜です。

栄養損失は電子レンジ調理の方が茹でるよりも栄養の損失がすくない野ですが、電子レンジのチンってブロッコリーでは案外失敗しやすいですね。加熱のしすぎでくてっとなってしまうことがあります。

今回ご紹介する大鍋で少量の水を加えての調理は簡単です。

是非お試しあれ。

ゆであがりが分からなかったら、食べてみるのが一番です。

ちょっと芯があるなと思ったら、そのまま予熱で加熱。

だいぶ芯があるなと思ったらもうちょっと加熱です。

ブロッコリーの芯を薄くなるように切れば加熱時間が短くて

すみますよ。

1:ブロッコリーを一口大に切ります。下の方で包丁でジャクというところは捨てます。

あとは、食べたときにちょうどいい感じに切ります。

IMG_7144.jpeg

2:蓋がある大きめの鍋にいれましょう。

 

3:人参を火が通りやすいように入れます。

他に、パプリカなんかも相性がよいですよ。

人参をいれます

4:水を50cc意外なほど少ない量です。これにオリーブオイルを一回し、塩胡椒をサクサク。

水を50cc 塩胡椒 オリーブオイルです。

5:蓋をして中火ぐらいで2-3分。水がなくなった音がしてきたらできあがり。

 

蓋をして2-3分

ここで、ブロッコリーの固いところを囓ってみましょう。芯がなく食べられたらOKです。

6:お皿に盛ってできあがり。味付けは終わっているのでこのままで美味しいですよ。

旧暦の1月1日っていつ?? 

旧正月の日程の話を昨日ある方としました。

ぱっと記憶がでてこず、ううううむと唸っていたのですが、資料をめくって解決(^^;)。これは節気切りされた中気である雨水から一番近い朔月とされています。

つまり雨水という二十四節気(春分とか、冬至とかの季節の区分です)の一つから遡り最初の新月の日なのです。だから毎年移動しますね。

暦の沼にはまっていくと、この『決め方』が謎に包まれている(^^;)ことに驚かされます。

カレンダーや暦。決まっているものではなく、『決めた』ものなんですよね。季節に流れがある、一日に流れがあるのはわかります。ただ、この流れは、宇宙や地球の動きですからずれがあるわけです。このずれの修正のために、あれこれと古代からみんな悩み、政治や生活の都合でルールを決めていくわけです。そしてこの『決めた』お約束は人間の生活をよりスムーズにするツールであることが原点であり、自然を反映するに近いものであるので、様々な使い方が生まれたってことでしょうかねえ。おもしろい!

さて、今日は2021/02/28、44番目の干支、丁未(ひのとひつじ)です。これも当然、人であるわれわれが眺め、観察しそのありようから組み合わせを考え、最終的には決めたものです。いろんな決め方があり、いろいろな最終的な決めがあるのはいうまでもありませんねえ。今日の月はインド暦てきにいうとパールグナ、漢訳すると翼月です。これも決め方ですね。

丁未は植物で例えると安定して成長してきた火と、成熟して滋味を帯びてきた未。充実がにおってきますねえ。その上に今日は大安!。今日から大好きな青竜に入ります。ギャラドスですよギャラドス!。今日は角です。

私が初めて野生わきのギャラドスを捕まえたのは、母の入院のために帰省して止まっていた栗林公園の横のホテルでのこと。夜にぼーっとポケゴをたちあげると、なんとギャラドス様が!コイキングのアメが400個も必要なギャラドス様が目の前に存在している!感動し思いっきり捕まえさせていただきました。いま確認したらそのときのギャラドス様は交換に出してしまったらしくいらっしゃらない!ううう。ギャラドス様はいつも私の心の中にいらっしゃります。

ポケGOのカントウセレブレーション中ですね。かわゆいゼニガメ、ヒトカゲ、フシギダネ。やっぱりこの御三家ですよね。私はやんちゃなヒトカゲが大好きさ!

#青龍 #角 #丁未  #大安 #角宿 #旧暦 #節気切り #中気   #暦 #小田原 #お庭大好き #ビッグママ治療室

惑星物語と十干十二支マラソン

今日は2021/02/26 42番目の干支乙巳です。

昨日、12星座の惑星物語というのを知りました。牡羊座で生まれ魚座で悟りにいたるまでの一生です。なかなか楽しい物語です。十干も種から発揚し葉っぱが茂り実り次の命につなぐという循環の物語があります。十二支も同じです。こうやってその一つの循環する物語がそれぞれ関係性をもって暦の世界ができていきます。

今日は天の気は乙、種からの芽が地上に出ようとしているところです。そして十二支は草木が繁栄の極限に達したところとされます。そしてそこにいる人はというのが天地人の物語となるわけです。

 

ところで、旧暦の小正月。旧暦は1月1日を新月とするわけなので、15日は満月になるはずです、でも満月は明日なのよね〜。なんでーー暦ってのはこのずれが結構ありますね。世の中割り切れることばかりではないってことでございます。

乙と巳、どちらもくねくねした文字です。やっぱり乙女はくねくねするのかしらねえ。
蛇はアスクレピオスの杖にも描かれ医療のマークとも繋がりが深いですねえ。くねくね。

#朱雀 #翼 #乙巳  #小正月 #翼宿 #天 #巳 #地   #暦 #小田原 #お庭大好き #ビッグママ治療室

不妊鍼灸zoomプロ向け講座を行いました。

Zoomの講習会、いままでは参加者として入ることだけで、

気楽に、楽しく参加していました。

いや、ホントにこのzoomでのセミナーは優秀ですよね。

とくに私は鍼灸師会が主催しているのが大好き。

だって、フォローが優秀。

ポケモンで言えば(そんなのでたとえるな!)、

ぽろっと落ちたボールだって相棒ポケモンがサクッとフォローして

投げてくれる感じで、進行もさくさく。

わかりやすいし、手元も見えるしいうことなしってな

感じです。

質問もしやすいしねえ。

やっぱり講習会はこんな感じでスピーカーとフォローする人で提供してくれると

いいですよねえ。

ってなことは十分承知なのですが、昨日は自分がスピーカーとして

Zoomの講習会やりました(^_^;)。

11月ぐらいからある人に頼まれていて、

えー無理無理と引き延ばしていたのですが、

人数もしぼり、私に出来る範囲でという感じでざくっと。

失敗点は、スクリーンシェアの原稿が今ひとつ(^_^;)。

私はMacなのですが、作ったスライドはウインドウズで、そのあたりで

表示のずれがあり、下の方がみえませんでした。

いやいやちゃんとしろよというところですが、ちゃんとする方法が

わかりません(^_^;)。この辺りはいっその事、Macのメモかなんかに

落としてスクリーンシェアすればよかったのかも。

あとは、動画の部分の音。これの調整がやっぱりできず。

いっそのこと、音はいれずに話しちゃった方が良いかなと思って

そうしました(動画部分も短いし)

それから全体で1時間強ほどでしたが

疲れました(^_^;)。仕事が終わった夜に、夕飯の家事を終え、

ウオーキング(食後のルーティーン)をしてから時間に設定したのですが

終わって脱力。いやこのお婆さんには無理な設定。

参加人数を絞って、

1回の時間を短くして、

提供した情報ってかネタを中心に楽しく質疑応答ぐらいが

いいのかもしれませんねえ。

さて、後から参加した方から頂いたメッセージで、

『良好胚を作るためにというあたりの、体表観察ポイントが非常に勉強になりました』といただき、あーそうだなあと。

身体をみるということを、時系列で重ねるときに、どの点が

自分にしっくりくるかということなのですが、私は皮膚の触感での変化、

とくに体幹と末端の変化でみて、その差の埋まりで判断することが多いです。

これが結構手応えありなんですよね。体外受精で卵の質に悩む人に、

この辺りの判断で、『ここでいけ!』とか、『まだまだ』っていうアドバイスができます。

体外受精は本当にお金の掛かる治療です。

そしてどういうタイミングでバツッと力をいれて治療を進めるのか、

どういう状態の時には、『貯め』をしていくのがいいのか、

このあたりの見極めが、経済的な要因と年齢要因という厳しい条件のなかで

成功に導く秘訣なのかなと、改めて思いました。

私の一番の強みは、体表観察で、目の前の人の身体の状態から情報を取り出していくことです。

この情報に、いままでの経験を重ね、少しでもお役に立てる生きた情報提供ができる

臨床家でありたいと思います。

暦や占いが教えてくれるもの。ご縁を大切に。

暦にはまってます。

この暦ってのは謎が多すぎてううむと唸ってしまうところです。

旧暦、太陽暦、西暦などなど調べているといっぱいあって謎に包まれちゃいます。

とにかく、毎年、お墓のある檀家寺さんが下さる暦の冊子に信を置き学んでいこうとおもっています。すべてご縁ですからね。

このご縁ということ。

私たちは、自らの意思で動き、出会い、働き日々をおくっています。

ただそのなかに、ご縁に導かれていると感じることも多くあります。

私はそろそろお年頃(^_^;)。

自分を中心に興味を伸ばしていく時は終わり、示されご縁で結ばれている

事柄を大切にしていこうと思っています。

私にご縁があり、目の前に存在して下さっている方々のために、

私がなにかできることがあればという気持ちです。

また、もう30年以上も住んでいるこの地のご縁も大切に

日々を過ごしていきたいなあと願っています。

それはさておき(^_^;)(←年寄りになると雑談が長いね)

今日は庚子の日です。庚というのは天の気をあらわす十干、子というのは地の気をあらわす十二支です。十二支が動物であらわされているのでイメージがつくようなつかないような感じですが、地の気は種から芽吹き、繁茂し、果実を生じ命をその内側に留めるというプロセスをあらわし、天の気はその地(種)に影響をあたえる自然の変化のありようです。

 

この天の気と地の気の組み合わせを、1日の中で、60日の中で、季節の中で、1年の中で、60年の中で表現していくのが十干十二支の組み合わせです。

暦というのは、今日は何日であるのかという存在を示すタグです。

これがグレゴリオ暦、旧暦、ユリウス暦などなど色々な経緯であり、日本が太陰暦から太陽暦に変更した理由も、逼迫した明治政府の懐事情(給料の支払い数が減らせる(^_^;))などという要因もみあたり、当たり前に『決まっているでしょ』と思っていた暦の奥深さを感じます。

だから、何を主軸にするのかということは、自分自身のご縁を大切にして行ければいいのかなと思います。そしてよいご縁に気づいていけるように日々を誠実に生きることが大切なのかな。

占いの基本は生年月日に置かれることが多いですね。

私がこの日にこの地に生まれたという事をとらえ、私という人がどのようにその自分の人生を

あゆんでいくか。生まれたその瞬間の天の気をうけ、変化の主体である私は生きていくわけです。

よいご縁で紡いでいけるように人生を歩んで行くにはどうしたらいいのかなってあたりが、

占いが教えてくれる言葉であるのかもしれません。

東洋医学の世界にいると、陰陽の言葉、五行の言葉、木火土金水などをあたりまえに使ってしまいますが、いったいなにをもって私たちはその言葉を使って表現しようとしているのか、自分は何をみているのか、立ち返らなくっちゃいけないななんて思って学んでいます。

そしてお身体を診て、統合して、その方の今を伝え、人生がより健やかで楽しいものに

していけるようなお手伝いが出来たら嬉しいです。

暦は面白すぎて(^_^;)まだまだ知りたいことだらけです。

ワクワクだね(^^)