月別アーカイブ: 2017年3月

春のチューリップ

お家にあるもので勝負のお料理教室

.お料理教室

3月23日に第三回目のお料理教室をしました。

まあ、お料理教室といっても、産後ドゥーラの小川さんと二人で、せっせせっせと料理を作る教室です(^^ゞ。

この小川さん。産後ドゥーラというものがどういうものかわからなかったので、1度お試しで我が家に来て頂き、支援のひとつであるお料理を疲労して頂きました。そこで小川さんのお料理力に感心した私が、『もっと料理そのものを習いたい!!』とお願いし、開催に至っています。

料理を習ったり、勉強したりするときには、本をみて『この料理を作ろう』と考え、それにあわせて材料を購入用意し、作ると思います。しかしこの方法だと、実際の日々の料理には今ひとつ役立たないことが多いですよね。なかなかそのレシピが自分の物にならないわけです。

小川さんは、私が適当に買ってきた材料をながめて、
『この鶏肉で塩ドリを作りましょう。そのスープで付け合わせの野菜を蒸し焼きしましょう』とか、私が大量に頂いたネギを前に「どうにかしたいんです」というと、『じゃあ、ネギのマリネにしましょう』と言う感じで、何を作るかが決まっていきます。

そして出来た料理がこれ!
素晴らしいですよね。

メニューです
塩ドリと野菜の蒸し焼き
ネギのマリネ、
ワカメ、油揚げ、タマネギの味噌汁
文旦のジャム
金目鯛の煮付け
アジの塩焼き
大根のきんぴら
茄子とピーマンの味噌炒め
サツマイモの蒸し巾着
ピーマンのおかか和え、
ほうれん草のおしたし
お赤飯

小川さんの指導を中心にしながら、私もガッツで材料をきり、
蒸し、整えてしあげていきました。途中で手間がかかったのは文旦のジャム。
文旦を実だけにするのが大変でした。

このあと、少しレシピをupしますね。

三時草の居候

頂き物の三時草(三時に咲くから三時草だそうですねえ)の鉢に、なぜだか、西洋桜草の種が飛んで花をつけています。

西洋桜草は、結構大きな株ですが、こぼれ種で芽を出し花をつけているのはほんの4,5㎝のものです。先祖返りしていると思われますが、なんだかいじらしいですねえ。ラジオ体操終了、朝はハーブティ。さて、一日をはじめましょう。

球根の季節

球根が花開く季節になってきました

写真は、治療院の入り口植木バチに咲き始めた薄いブルーの球根です。
プシキニア リバノティカ

昨秋に『次の春は球根だ!!』と意気込み、ちょっとお高いサカタのタネのカタログと格闘しました。
カタログショッピングのとほほなところは、大きさのイメージがつかないところです。
いや、これは店頭で買っても同じ。情報が多いという点でカタログの勝ちなはずですが、
どうしても、写真の美しさでセレクトしてしまいがちです。

届いた球根をみて、「ありゃ、こんなに小さいの?」と驚き、
咲いた姿をみて、「綺麗だけど、ちっちゃいな」と思っていたのですが、
だんだん充実して花穂を伸ばし始めると、「案外いいかも」に変わってきました。
人の心は移ろいやすき物よ(^^ゞ。

今年は芍薬をがっつりしこんでいるので、このあとが
楽しみ(のはず)です。

Spring has come, and continue .