徒然日記」カテゴリーアーカイブ

半年の身体作りがもたらしてくれるものー不妊鍼灸治療

先日、ある方に

『確かに、早く、早くとあせる気持ちはよく分かります。でも半年ぐらい身体作りしていると、その間にぽろっと妊娠する人多いんですよ』

とお話ししました。

これは本当にそのとおりで、

体外受精などの治療をあせっている方で、時間要因に問題のない方には是非、

タイミングとあたりまえの不妊鍼灸治療!

を強くお勧めします。

症例も多くあるのでご覧ください。

体外受精、顕微授精をしても妊娠しない→自然妊娠へ

不妊治療って、原因が分かってた対処、ステップアップで対処が原則なのですが、

ご自身の身体作りをまずやってみることで、その原因があってもなくても。ステップアップで妊娠しなくても結果が出ることがおおくあるんですよね。

また、体外受精でなかなか前に進まない人にもこの半年というのはポイントとなりますねえ。

半年ぐらいの休憩期間に身体作りをすることで、1)それまでの薬剤の影響を排除。2)身体がかわり、卵の質がよくなる  ということが不妊治療を前に押し進めたという感じの方も多いです。

これはざくっとした卵胞発育の図です。

ゴナドドロピンという性腺刺激ホルモン(FSH LHなど)の影響を受けずに成長する段階が120日、その後ゆっくりとその感作性を受け、生理周期になるとぐっと強く影響を受け排卵までたどりつきます。

 

時にこの、生理三日目からだけを重視する方がいらっしゃります。

確かに、ここまでの段階でよい卵胞の発育になっていればそれでよいのかと思います。しかしながら、それまでの体外受精での採卵などが上手く行かないケースはその前の段階を大事にしていただきたいと思うのです。

目先にあせらず、

日々を楽しみながら、

よく寝て、日光をあび、日本人のための食事摂取基準を参考にした食事をとり

楽しく生活することで、案外あなたの妊娠は近くにあるのかもしれません。

私がいままで不妊治療に寄り添ってきた方々は、そういう事を踏まえても、かなり

課題山積みの困難事例の方々です。

それでも壁を崩し、前に進んでいくケースを多々経験しています。

どうぞ、お金、時間、ご自身の体力を使い切ってしまう前に、

ご相談くださいね、一緒に考えましょうね。

 

 

なにかにすがりたい、それは人としてあたりまえのこと。

今日は2021年3月11日、55番目の干支戊午です。
日本人にとって3・11は忘れがたい日だと思います。
おのおのの心の中にいつまでも残るあの金曜日ですね。
月は有明、あと2日で朔となり旧暦の1月も終わります。
新暦と旧暦こんなに日数がずれているんですねえ。
旧暦だと1月は29日まで、そして2月は30日まであります。
でも、大の月小の月と呼んでいるのはどうも新暦のよう・・。
このあたりの暦の調整は本当にわかんねーの世界です。
暦というのはあくまでも、『今』を知るために、様々な座標を用いて『今』を共有しようとしたもの。
これに、月の動き、色々な言葉周り(十干十二支とか、五行とか、27宿とか)をめぐらせ、動物や植物でその栄枯盛衰を描いたり、動かないように見える(だって恒星だからね)星座のなかを動くように見える(だって同じ太陽系にあるからね)月や太陽の動きを、自分という今ここに存在するもののストーリーとして語っているのが『占い』なのでしょう。
東洋医学の世界も、五臓六腑というストーリーツールに体表観察や実際の人間を使った効果効能によって表現されています。実効性においてより具現的な世界が東洋医学ではありますが、距離感を見定めると暦の占いと構造的には同じじゃないかと思ってしまいます。ただ、実際のその人に対する観察がない『占い』の世界が、なぜここまでに信じられるのかは、『言葉にすがりたい人間』の存在なのかとも感じます。
なにかに、『すがりたい』それは人のあたりまえの姿なのかもしれません。
人に、
地域に、
家族に、
宗教に、
言葉に・・・・。
人はすがり、すがられ、そして社会を生きていく存在なのかもしれません。
クリスマスローズが庭の片隅に咲いていました。
毎年ひっそりと私の庭の片隅をホッと肩の力がぬける
スペースにしてくれます。
ありがたいことです。

JALのおせちは飛行機がぶーん!

JALが大好きでJALカードを自分のメインカードにしています。

今年はJALに乗ることもなく(寂しいよ〜)ポイントをどうしようかと思っていたのですが、JALお勧めのお節にしました。すると、人参のかわいい赤い飛行機が!!

 

ああ、早くJALにのって機内食が食べたいよ~。

このお節、とっても美味しかったです。

機内食ってきっと冷凍だろうから、こういったおせちのような

ちまちましたのは、得意中の得意!なんでしょう。

私は機内食のあのチマチマ感が大好き。

エコノミーのでも美味しいのよ〜♪

シンガポールエアのカレー風も美味しかったし、

ハーゲンダッツのアイスも美味しい。

イタリア航空のはしょぼくて悲しかったけど、

JALやANAなどの日本の航空会社とシンガポールエアは私の中で機内食二重丸なのです。

こちらはお節の全体像。

とにかく、早く機内食を食べたいよーそして海外にいきたいよー

にんじんはビタミンAがたっぷり、グラッセにして食べよう

ビタミンACE(エース)は、血流をよくし、免疫力up!に効果的。

さてさて、そんなビタミンエースの中のビタミンAがいっぱいとれるにんじんをご紹介。
そもそも人参は色つき野菜です。
栄養がありそうですよねえ(^^)

このオレンジ色のにんじんにはβカロテンがたくさん含まれています。そして体内にビタミンAとなり、粘膜や皮膚を強くしたり、視力の維持、ガンの要望、免疫の強化、アンチエイジングなどなど、いいことづくめ!

ここで出てきたビタミンAこれは脂溶性ビタミンです。
つまり油に溶けるビタミン。
だから人参の生スティックにしてたべるよりも、
グラッセやしりしりなどにしたほうが
より栄養が取りこみやすいのです。

ということで、作ってみたのが人参のグラッセ。

作り方は人参2本 調味料(固形スープ半分、砂糖大さじ1,塩少し、ローリエ、水2カップぐらい)

1)皮をむいても剥かなくてもOK、面取りをしてもしなくてもOKだと思います。
ざくざくっと切ってかぶるぐらいの水と共にいれて、煮立ったらざるに。
ココまでのプロセスはレンチンでもいいですね。

2)なべにオリーブオイル(あるいはバター)を入れて人参を入れて、調味料をいれて
一煮立ち、中火にして15分で出来上がり。

沢山作って作りおき。
バターは固まるから、作りおきの時にはオリーブオイルがよいかもねえ。

自己分析が必要??? ドットをつないで人生を前に進めよう!

自己分析が必要?? ドットをつないで人生を前に進めよう!

受験や進学、就職ということがちらつく時期になってきましたね。
今年は、コロナの影響があり、よりいっそうの緊張を強いられる感がありますね。
はあ、なんにせよ、”普通”の日がなつかしい。

ところで、
子供から大人になるとき。
誰しもが、はじめは仕事をしたことがありません。
だから何の仕事がしたいのか決められないと。

幼稚園で、「ケーキ屋さんになりたい」とか「お花屋さんになりたい」という声が聞こえるのは、
自分の身近で、とてもあこがれる気持ちをそのままに表現したのかなと思います。

就職活動を支援する方の中には、そこで自己分析や、自分探し、自分見つけが必要と
お話しをなさります。

んーーー
まあね、自分がわかれば、自分がどんな仕事にむいているのかわかりますね。
そりゃソーダとは思います。

ただ、自分が本当にやりたい仕事ってのは、自分が頭の中で考えている
夢想時代に決められるのでしょうかねえ。

私自身は、小学校の時にステキな先生がいらして、「先生になりたい!」と思っていました。
でもこの夢は、私自身の「自分の疑問はさておき人の疑問に寄り添う心。
わからないという人に、何度でも寄り添う気持ち」が
とても必要な職種である教員には私はむいていないとわかります。
私は人の疑問につきあうよりも、自分自身の探究心が勝ちます。

だから、自分自身を知るというテーマはその職業が求められる資質とかさなるかという
点では大事なことでしょう。

でも、人に寄り添える資質がある人が、教師がやりたい仕事かっていうと、そこには少し
懸隔があると思います。その人がやりたいこと、興味深いとワクワク出来ることと、
目の前の仕事が短絡的に結びつけるのは、一つのことだけをむすびつけてしまい、仕事にまつわる
その人の向いていない点がでてきたら、「こんなはずじゃない」となってしまいます。
雇用されて仕事をすることを選ぶのならば、その雇用する側のニーズに応えるという
覚悟が必要ですよね。仕事とやりたいことを直結するのはちょっと危険かもと。

さてさて、では、私は人生のやりたいことに関しては
スティーブンジョブスのドット理論を押します。

いつかドットが繋がるかもしれない
それは運だ。

そして、運はただ転がっているのではない
運をよくするための努力が必要。
その努力の方向性を見定めるのに自己分析が必要というのならば納得

ただ、努力し続けられる資質方向性がどこにあるのかということを
みつけるのが自己分析なのかななんて思います。

オモシロい!と感じた事へ継続性のある努力。
それがどっとをツナグコツかもしれません

これが、仕事として、マネタライズできれば幸せなことだと思います。
でも、ご自身を支える経済的に支えるということと、この自分がわくわくしてやりたいことは別であっても
よいんじゃないかなと思います。そしてえここを切り離して、ワクワクすることを追求し続けることで
いつかドットがつながり、仕事になるのかもしれません。

私自身は、この世界に入るときに、
「人間が知りたい」と思っていました。
そこで、近くで身体のことを学べるところならば何でもいいいやーと思い立ち、
見渡せば自転車でいけるところに神奈川衛生学園という鍼灸あん摩マッサージという3つの資格が取れる学校がありました。
資格や鍼灸に興味があったのではありません。
とくに、鍼灸など受けたこともなかったし、だいたい身体に針刺すなんてありえん(^_^;)ト思っていました。
でも、私の「人間が知りたい」というテーマには充分答えてくれる場でした。

もう一つ、知りたかった

「どうして整体師さんとか、治療の世界にいるセンセは「なおる、なおる、10回通えば、この歪みが取れれば治る」

などと簡単にいうんだろう? 
そんなに簡単になおるんだったら、
世の中に整形外科なんかなくなるし、
病院だっていらない。
痛みで苦しむ人もないはず。
なんでこんな台詞が簡単に出てくるんだろう?」

この疑問にも、学校を卒業し、大学病院での3年の研修研究生として過ごす時間でだんだんわかってきました。

鍼灸学校に行くことが、資格をとって鍼灸の仕事をしたいという目標ではまったくなかったので
学校卒業後も、大学病院で3年、鍼灸専業の治療院や有名先生をあつめた治療院で1年という時間を
修行小僧モードで過ごすことができました。この経験は今の私の臨床にとって本当に大きな事です。
でも、よーく考えると、学校3年、大学病院3年、治療院修行1年の合計7年! 
まあ、ドットは全て繋がったのでよしとしましょう(^^)