鍼灸・東洋医学と健康」カテゴリーアーカイブ

19−2 脾気のお困り事3つ

さて、脾気のお困りごとは3つにわかれます。

1,陽気虚損
2、寒湿困脾
3,脾陰虚損

1、陽気虚損

メインは陽気の虚損。それほどまでに脾というお釜にとっては陽気が大事なわけです。
この陽気は脾の陽気そのものと、腎の陽気からのバックアップという側面があります。

脾気が虚弱である!(脾気虚弱)

原因:飲食不摂、慢性病、過労、陽気不足

運化失調ー食欲不振、消化不良、腹部膨満感、腹部膨満感、軟便下痢、顔面萎黄、少気舌淡
升降失調ー悪心、嘔吐、ゲップ
脾不統血ー慢性出血 (脾気虚+慢性的な出血)
血便、肌忸 崩漏(生理不順量が多かったり、期間が長かったり。
参考取穴:脾兪、章門、膈兪、気海、血海、足三里、三陰交、太白

中気下陥=脾気虚+内臓下垂、脱肛、めまい

参考取穴:脾兪、胃兪、章門、膻中、気海、足三里、百会


↓(脾気虚損が長く続くと)

脾陽虚弱

原因:脾気虚弱が長く続く、腎陽不足による命門火衰
症状:脾気虚弱+内寒 (脘服冷痛(四肢の冷え、下利清穀)
参考取穴:脾兪、胃兪、章門、関元、足三里、陰陵泉、大都

2,寒湿困脾

原因:寒湿邪気(外邪) 痰湿オケツ(内)→脾の運化低下
症状:運化不利ー食欲不振、消化不良、下痢、脘服脹痛(脘服部のつかえ)大便溏薄、頭重、尾もだるい
舌太白痔、舌質痰胖嫩
:水湿停留ー身体が重くだるい、献体、浮腫、少尿、肢冷
参考取穴:脾兪、胃兪、気海兪、中脘、水分、陰陵泉、三陰交

対策:肩痺益気 昇陽益気、肩痺補中
→補気(にんじん、生甘草、黄耆)
補脾薬(白朮山薬)
補堤薬(柴胡、升麻、黄耆)
温養助運

3,脾陰虚損 これは脾の器そのものの虚損です。東洋医学よりも西洋医学でのフォローがのぞまれるところかもしれませんねえ。

なぜ、私の治療院に来てくださるのか? ビッグママ治療室に行く理由

なんのために、私の鍼灸院にいらしてくださるのか? 鍼灸師の先生から、このような質問をいただきました。

 なぜ米山先生のところには、患者さんが継続的にいらっしゃるのですか?

いやいやいや(^^ゞ   だーーいぶ以前に、副鼻腔炎の治療ならびに経過を書いたところ、「最初の主訴(副鼻腔炎)が治ったのになんで患者さんは、ビッグママ治療室に通い続けるのですか?」という質問なのでした。主訴が治ったら治療も終わりじゃないかというのがその方の意見でした。 私の方こそ逆に疑問(^^ゞ「副鼻腔炎」だけが問題だったら、普通は耳鼻科に行くと思うんですよね。私もそれがよいと思うのです。病院に行けば症状である主訴を解決するのは一番よいと思うのです。 そうではなくて、私のところにわざわざ来てくださるということは、副鼻腔炎もあるけれど、どうも身体全体の問題があり、その中で副鼻腔炎の症状がでているだけだと患者さんも感じているからではないかなと思っています。そしてそのお手伝いが出来ると私も思っています。 私のところでは「副鼻腔炎という症状を出している目の前の患者さん」をまるごと一つの存在として拝見しています。それが東洋医学的な診方をする、当院の特徴です。 つまり、症状として副鼻腔炎がある。そしてそれを踏まえて、 1:現在 今の全身状態はどうなっているのか? 2:過去 今に至る過去からの状態はどうなのか? 3:現状分析 東洋医学的なお体の見立て、主訴の位置づけ 4:どうしたらいいのか? 東洋医学、西洋医学、養生も含んで、目の前のあなたに必要なことはなに? 5:未来 どのような改善がきたいでき、これからの人生をできる限り快適に歩むことの出来る身体であるために、あらまほしき未来についてのお話。 こんな感じで考えていきます。 この流れは、西洋医学で言えば人間ドックを受けて、診断をしてもらい、今後の参考にするという感じでしょうかねえ。それの東洋医学版。治療院として提供できるサービスは鍼灸ですが、患者さんがご自身の選択としては西洋医学も含んで幅広いものが可能です。そういったことを一緒に考えていける場でありたいと願っています。 当院では、主訴も含んだものとして、今のお体の情報をお伺いする問診や、体表観察などの切診をあわせた四診からその方を診立て、治療方針をたて患者さんと一緒に今後の人生を気持ちよく過ごしていくためには、どういったことをしたり、現時点での何を変えて行くことが必要なのかを一緒に考えて前に進んでいきます。 私自身が望むこととして、「身体を診てもらい」、その上で「いまどうなっているのか」を教えてもらい、「どのように気をつけるとよりあらま欲しき状態になるのか」を知りたい、そのために治療院に行きたいという希望があります。つまり「診てもらいたい」が主。そして自分の身体を理解したい。診ることがなくて、何かするだけだったら、肩こりでわざわざ治療院にいかず、湿布でも貼っておけばいいんじゃないかなあって思うのです。状況をみたうえで、鍼灸ではこの手入れを優先するのが一番、肩こりには湿布あたりがいいんじゃないでしょうか?なんていう話しをすることもよくあります。優先順位をつけるっていうのは大事なことなんです  

その肩こりの中心課題は?

私は、肩こりそのものを癒やすことよりも、その肩こりはいまの全身状態の中、どのような位置づけなのか?という理解をすることが一番大事だと思うわけです。たとえば、全身の疲労がきついなか、パソコンなどでがんばってしまい生じた肩こりは、肩こりそのものの対処よりも、全身の疲労を取ることが必要で、その全身の疲労は、胃腸の虚が課題なのか?生命の土台の力が不足なのか、身体を温め養う力が不足なのか、単なる気の滞り偏りなのかを判別するべきかなと思うのです。 単なる気の滞りならば、肩こりそのものを中心に考えていけばOKです。胃腸の虚でパワー不足ならば、胃腸を温め養う治療と、日々のご自宅でお灸をしていただき、胃腸の力を養うようにしていきます。生命の土台の力不足ならば腎気をしっかりさせる治療、身体の冷えが必要ならば温養の治療などなどといった感じです。それは一回の治療で解決出来ない場合も多いのですが、肩こりをおこしてくる背景が改善されれば、そもそも肩こりがおこりにくく、おこっても自然と解決しやすい状態になるわけです。 こんなカラダ作りを私は患者さんと一緒にしていきたいと思っています(^.^) それから、私は自分の行きたい治療院を作っています。 私の治療院の一番のファンは私なんだよね〜〜。こんなところがあったらいいなっていう思いで運営しています。私自身が週に1度は定期的に治療を副院長から受けていますし、ほぼ毎日背中のお灸はやってもらっています。納得できる治療院なのです。うん。

19−1 脾のお困り事。命綱の胃腸の力

19 脾は胃腸の力、この力が滋養を生み全身を潤い養います。生きていくポイントですね

脾気についてはこちら
脾胃の力https://wp.me/p88CT4-qX
食べ物を実にする力:脾胃は後天の本https://wp.me/p88CT4-r1
栄養は一端あげてから散布 :脾は昇清を主るhttps://wp.me/p88CT4-r4

以上についてまとめてあります。
まあ、ようするに、脾というのは、東洋医学で言うところの胃腸の力。そして胃で受け止め脾でこなす。脾はいったん滋養を上に上げそれから散布するっていうところが東洋医学の特徴的なところでしょうか。

さて、病機を考えていきましょう。
脾気の運化、昇清、統血の作用が損なわれていくところから考えてきます。

18-2 肺の病機、肺の器そのものが虚損しています!

肺陰の失調を考えていきましょう。

これは、肺の器そのものが、外邪や内邪で侵されている状態を示しています。
肺を養う肺陰そのものの不足と、内熱によって肺陰が消耗している病態を考えていきます。

18−2:肺陰失調:肺陰不足と陰虚火旺

肺陰不足

原因
1,燥熱邪気(外邪)ー肺に滞り肺陰を消耗
2,七情内傷(内因)ー内火を化し肺陰を消耗

肺陰の滋潤作用低下ー鼻咽喉の皮膚乾燥
肺陰の気道失養ー乾いた咳、痰が少ない、息切れ、声がかれる

陰虚火旺(肺陰虚、腎陰虚(特殊)

虚火上炎ー煩熱、盗汗(夜が中心、重くなると昼も)、不眠、五心煩熱
肺絡の抄焼ー乾いた咳、喀血、痰に血が混じる

18-1 肺の病機、肺気が上げ下げの機能を失った!

肺は大事な臓腑、さて考えていきましょう。

肺は、気を主る、呼吸を主る、宣発粛降、通調水道などの役割があります(詳しくは肺について
そんな肺のトラブル。二つの方面から考えます

肺の病機
18−1:肺気失調
肺失宣降、肺失粛降、肺気虚弱
18−2:肺陰失調
肺陰不足、陰虚火旺

それでは、本日のテーマ、「肺気失調」です。
肺気の大事なポイント、肺気の上げ下げが不調になったということです。

18−1:肺気失調は、この3つ肺失宣降、肺失粛降、肺気虚弱から考えます。

肺の重要な役割である宣発や粛降が出来なくなったり、肺気そのものが虚損している状態について考えます。

肺失宣降

原因:外邪(風寒、風熱)、痰湿、オケツの停留

肺気が宣発作用を失った場合:せき、くしゃみ、鼻づまり、多痰、毛孔の閉塞(無汗、畏寒)

肺失粛降

肺気が粛降作用を失った場合(津液を腎へ送る作用を失っている)
:肺気上逆(気の喘息、胸悶、痰が少ない)
:水道不利(水の喘息、材料不足で尿が少ない、体表を主っている肺気が落ちるので浮腫がおきる)

肺気虚弱

原因
1、肺の宣降機能が長く改善しない、
2、脾胃虚弱による血、気、不足
3,津液代謝の異常ー痰飲、浮腫

肺の機能が低下しているということです、肺気の虚弱は全身の虚弱につながります。

案外、肺気の不調をコントロールするのは難しいです。

肺気を鍛えることそのものが生活を整えるということに直結する事が多いからです。
規則正しい生活を心がけ、生命力の積み増しをしていきたいところです。
また乾布摩擦、日光浴なども肺気を養うには効果的です、つまり皮膚の鍛錬です。

鍼灸では、肺気虚弱を肺兪、身柱、太淵、足三里などという経穴からかんげて見ることも可能です。
これまた全身の気虚を補うということとかなり近い発想になりますね。