鍼灸・東洋医学と健康」カテゴリーアーカイブ

膝の痛み〜膝の筋肉が大事だよん その②

さてさて、膝の続き。

膝にとって一番大事な筋肉を主動作筋っていいます。
つまり膝という関節をメインで動かしてくれる筋肉。
これは太ももの前面にある、かの有名な大腿四頭筋。

4つの筋腹があって、ひとつになって膝蓋骨前面につきます。
つまり、筋肉が腱になって骨をまたいで、こっちの骨とあっちの骨に
くっつくので関節が動くわけです。

4つの筋肉は、それぞれ名前がありますが、ポイントは2つ、前面の大腿直筋と、
内側の内側広筋です。膝の内側の筋肉がしっかりとしていないと、お年頃の女性によくある
膝内側の痛みが出現しがち。

筋肉を鍛えるときには、鍛えている筋肉を意識することが大事です。
太ももの筋肉、とくに正面と内側はちゃんと働いているか意識してやっていきましょうね。

太ももの筋肉のトレーニングを2つです。太ももを意識しましょう。

膝の痛みが強い人は、膝の関節自体はあまり動かさないでOKなBのトレーニングが
最適です。タオルをぎゅーっと潰します。

膝の内側も大事。
足の間にクッションやボールを入れて、ぐーっと内側に押しつぶします。
プッシュ、プッシュ、プッシュ!


頑張って筋肉をゲットしましょう(^^)

膝の痛み やっぱり筋肉が欲しい〜その1

膝の痛み、やっぱり筋肉だよねえ。

お年頃になるとよくある主訴は「膝の痛み」です。

急性期(痛くてしょーがない時期)は、ある程度安静にするしかない時期です。
とくに炎症がおこっているときには、深追いはせずに安静ですね。

でも、安静にしていると、筋肉が弱ります。
筋肉弱ると、膝が悪くなります。
いたい!!

ということで、ボチボチなところで、膝のトレーニングは必須ですね。

5つのパートにわかれます。

①ストレッチしましょう。
膝の周りの筋肉、腱、靱帯をのばします。

寝っ転がっても、座ってもできます。

まず、ストレッチしてがんばりましょうねえ(^^)

「もっと早く相談すればよかった」のお声から。不妊カウンセラーとして。

「もっと早く相談すればよかった」のお声から。不妊カウンセラーとして。
不妊治療の進め方、迷ったときにご相談下さい

不妊カウンセラーとしての仕事をしてもう20年以上たちます。

不妊治療は、もともと「不妊」というそのものの状況が不確かなことであるという前提があります。
また自費の領域であるため、非常に多くの考え方があります。
医療介入についても、倫理的な問題、技術的な問題、そもそも必要なのかどうかといったあたりまで
非常に多くの選択肢があります。

原則は、”なるべく医療介入をしない” ということです。

医療介入は、必要以上に畏れる必要はありません。
しかしながら、強い医療介入をすれば早く結果が得られるものでもないということは
心に留めておくべきではないでしょうか。

体外受精胚移植の治療は、1周期辺り7%の生産率といわれています。
これはどんなに歴史があり経験豊富な有名クリニックがおこなったとしても、そうかわるものでもなく、
新しいクリニックでもさほどがた落ちする数字でもないようです。

この裏には、有名クリニックでは他所で複数回の治療を行っても結果が出なかったかたが
多く選ばれているということも起因していると思います。

逆にいえば、35歳以下で体外受精などが初めての人が多ければそれだけ見かけ上の数字はあがりやすいわけです。

不妊カウンセラーとして私が患者さんから頂く言葉で一番多いのは

「もっと早く相談すれば良かった」というお声です。

本当に多いです。

ですので、
・治療をぐいぐい進めて、金銭的に選択肢がなくなってしまう前に。
・誰にも相談できず、どのような選択をしたらいいのかわからなくなったら。
・なにからはじめていいのかわからないときは。

ぜひ、まず、ご相談下さい。

私は東洋医学に身を置く鍼灸師です。
自然な妊娠へのお手伝い、また身体作りについてはお身体を拝見して相談をお受けします。
また、西洋医学的な問題。高度生殖医療の問題などは、長年の経験から
どの様な選択をしていくのが、経済的に、時間的に一番最短の道であるのかを
一緒に考えることができます。

以前に、とある実績も経験値も高い不妊クリニックの理事長先生から、

「東洋医学の方々は、自分の所で抱え込んで、無理だとなってから送ってくる。でもそれでは年齢的に遅すぎるケースが多い。先生(米山)は、素早く送ってくださるのでそこがいい」

というお言葉をいただいたことがあります。

私は、目の前の患者さんにとって、最善の道を一緒に探したいといつも願っています。

あなたにとっての最善・・・・
迷って、
わからなくて、
困ったときはご相談くださいね、
一緒に悩みましょう、考えてみましょうね。

let’s understand your whole body condition 東洋医学で人を診る

Instead of thinking about diseases and symptoms, let’s understand your whole body condition.

こちらのサイトの翻訳です。

When trying to find a solution based on your various symptoms, you will need a treatment tailored to each symptom as well as other different treatments.

Your hands hurt, so you need medicine for tendonitis, compress, injection
You can’t sleep, so you need sleeping pills
You have rhinitis, so you need allergic medicine
You have constipation, so you need medicine
You need massage for your stiff shoulders
You need steroid for your asthma
You need immunosuppressant for your rheumatoid arthritis

Western medicine is often more effective. But it is not necessary to deal with all symptoms.

Oriental medicine has been passed down from ancient times. There are many diseases that can be treated effectively through drugs development.

At present , I think that it is necessary to take advantage of Western medical treatment as a matter of course, even while I am focusing on the world of Oriental medicine.

Keep in mind the most important thing.
It is understanding yourself and why you have various symptoms.

I think our bodies are cars and drivers.
Even a small car can drive up the mountain in Hakone and reach the summit if you drive well, and you can enjoy beautiful scenery

But if you put too much pressure on the engine, the car will break down.

In addition, even if the car has an excellent and sturdy 2000cc engine, if the driver’s mood fluctuates, or he is speeding up too much, an accident may occur and gasoline consumption may be severe and fuel may run out. .

What type of car do you have, and what kind of drivers are you?
This “human understanding” is very important information as you walk the path of your own life.

東洋医学からの視点で、人間を診ていきます。

病気や症状を考えるのではなく、人間そのものの状態を理解していきましょう。

様々な症状から解決策をさぐろうとすると、沢山の足し算になります。
手が痛いから腱鞘炎の薬、湿布、注射
眠れないから睡眠薬
鼻炎だからアレルギー対策
便秘だから便秘の薬
肩こりだから整体
喘息にはステロイド
リウマチには免疫抑制剤
様々な症状を、それぞれに対応することも時に重要で必要です。西洋医学が大きな力を持ってくれることも多々あります。
私たちは現代を生きているのですから、メリットのある西洋医学的な治療も当たり前に取り入れることは必要だと東洋医学の世界に軸足を置きながらも私は思っています。
でも、一番大事なことを踏まえる必要はあります。それは、様々な症状を出す、『ご自身そのものの理解』です。
私たちの身体は、車と運転手だと思います。
軽自動車だって、上手に運転すれば箱根の山を登り頂上までたどり着け、風光明媚な自然を愛でることができます。でも、無理を重ねエンジンをブンブン更かすばかりでは車が壊れてしまいます。
また、せっかく車は優秀な頑丈ボディーの2000ccエンジンあっても、運転手の気分の波が多かったり、暴走族であったら事故がおきたり、ガソリンの消費が激しく燃料が足りなくなってしまうかもしれません。
ご自身の車がどんなタイプなのか、そして運転手であるご自身がどのような性質をもっているのか。この『人間理解』がご自身の人生という道を歩む上でとても大切な情報になります。

Do Moxibustion on ZUSANNRI and go on a journey

Daily self-care with moxibustion

Let’s do daily self-care to stay healthy.

It has long been said that moxibustion in Zusannrishizuri is very good for health.

Famous poet Matsuo Basho from the Edo period also said:

“ Do Moxibustion on ZUSANNRI and go on a journey ”

Moxibustion strengthens the stomach and intestines and makes your legs strong.
It has the effect of supporting a long journey.

Zusanri is located at the upper end of the tibialis anterior (muscle).

To be effective, Moxibustion may also help with swelling, gastrointestinal symptoms, and knee pain.

So get a moxibustion score at an acupuncture clinic. Let’s do moxibustion every day.

The following are tips when using acupoints in the health care.

1) Ask an acupuncturist (expert) to choose a point for moxibustion.

2) It is important to perform moxibustion continuously every day.

3) Have the acupuncturist select the points again.
A good start is once a week and then once a month.

Here are the tips to improve your overall health.

Necessary points and effective points are different for each person.

Doing the wrong thing in the long run is not only ineffective, but also makes you worse.

As an acupuncturist, I do moxibustion every day

The points are selected by my staff every time.

In any case, continuity of treatment is esential.
Let’s do our best, but not too much.