鍼灸・東洋医学と健康」カテゴリーアーカイブ

let’s understand your whole body condition 東洋医学で人を診る

Instead of thinking about diseases and symptoms, let’s understand your whole body condition.

こちらのサイトの翻訳です。

When trying to find a solution based on your various symptoms, you will need a treatment tailored to each symptom as well as other different treatments.

Your hands hurt, so you need medicine for tendonitis, compress, injection
You can’t sleep, so you need sleeping pills
You have rhinitis, so you need allergic medicine
You have constipation, so you need medicine
You need massage for your stiff shoulders
You need steroid for your asthma
You need immunosuppressant for your rheumatoid arthritis

Western medicine is often more effective. But it is not necessary to deal with all symptoms.

Oriental medicine has been passed down from ancient times. There are many diseases that can be treated effectively through drugs development.

At present , I think that it is necessary to take advantage of Western medical treatment as a matter of course, even while I am focusing on the world of Oriental medicine.

Keep in mind the most important thing.
It is understanding yourself and why you have various symptoms.

I think our bodies are cars and drivers.
Even a small car can drive up the mountain in Hakone and reach the summit if you drive well, and you can enjoy beautiful scenery

But if you put too much pressure on the engine, the car will break down.

In addition, even if the car has an excellent and sturdy 2000cc engine, if the driver’s mood fluctuates, or he is speeding up too much, an accident may occur and gasoline consumption may be severe and fuel may run out. .

What type of car do you have, and what kind of drivers are you?
This “human understanding” is very important information as you walk the path of your own life.

東洋医学からの視点で、人間を診ていきます。

病気や症状を考えるのではなく、人間そのものの状態を理解していきましょう。

様々な症状から解決策をさぐろうとすると、沢山の足し算になります。
手が痛いから腱鞘炎の薬、湿布、注射
眠れないから睡眠薬
鼻炎だからアレルギー対策
便秘だから便秘の薬
肩こりだから整体
喘息にはステロイド
リウマチには免疫抑制剤
様々な症状を、それぞれに対応することも時に重要で必要です。西洋医学が大きな力を持ってくれることも多々あります。
私たちは現代を生きているのですから、メリットのある西洋医学的な治療も当たり前に取り入れることは必要だと東洋医学の世界に軸足を置きながらも私は思っています。
でも、一番大事なことを踏まえる必要はあります。それは、様々な症状を出す、『ご自身そのものの理解』です。
私たちの身体は、車と運転手だと思います。
軽自動車だって、上手に運転すれば箱根の山を登り頂上までたどり着け、風光明媚な自然を愛でることができます。でも、無理を重ねエンジンをブンブン更かすばかりでは車が壊れてしまいます。
また、せっかく車は優秀な頑丈ボディーの2000ccエンジンあっても、運転手の気分の波が多かったり、暴走族であったら事故がおきたり、ガソリンの消費が激しく燃料が足りなくなってしまうかもしれません。
ご自身の車がどんなタイプなのか、そして運転手であるご自身がどのような性質をもっているのか。この『人間理解』がご自身の人生という道を歩む上でとても大切な情報になります。

Do Moxibustion on ZUSANNRI and go on a journey

Daily self-care with moxibustion

Let’s do daily self-care to stay healthy.

It has long been said that moxibustion in Zusannrishizuri is very good for health.

Famous poet Matsuo Basho from the Edo period also said:

“ Do Moxibustion on ZUSANNRI and go on a journey ”

Moxibustion strengthens the stomach and intestines and makes your legs strong.
It has the effect of supporting a long journey.

Zusanri is located at the upper end of the tibialis anterior (muscle).

To be effective, Moxibustion may also help with swelling, gastrointestinal symptoms, and knee pain.

So get a moxibustion score at an acupuncture clinic. Let’s do moxibustion every day.

The following are tips when using acupoints in the health care.

1) Ask an acupuncturist (expert) to choose a point for moxibustion.

2) It is important to perform moxibustion continuously every day.

3) Have the acupuncturist select the points again.
A good start is once a week and then once a month.

Here are the tips to improve your overall health.

Necessary points and effective points are different for each person.

Doing the wrong thing in the long run is not only ineffective, but also makes you worse.

As an acupuncturist, I do moxibustion every day

The points are selected by my staff every time.

In any case, continuity of treatment is esential.
Let’s do our best, but not too much.

腰痛を手当てしましょう!

東洋医学には様々な考え方があります。
腰が痛いときに、いたい場所をそのまま治療点と鍼灸をおこない
痛みを軽減するときもありますし、
腰の部位の丁度反対側のお腹のツボを使うこともあります。

急に腰が痛くなるぎっくり腰。
これは腰そのものが弱っているということに加えて、
その弱りを守ろうとして急に気が集まり、集まったことそのもので痛みが
生じているとも考えることができます。

この場合
1)弱った腰そのものを手当てする。
2)守ろうとして過剰に集まってしまった気を少し散らし、過剰な集まりをなくし痛みを軽減する。

この2点が考えられます。
ときに、担がれるように治療院に入った人が、スタスタと歩いて帰った。
こんなエピソードが語られることがあります。
これは主に2のアプローチが功を奏していると考えられます。
つまり過剰に集まりすぎて生じている気(気滞といいます)を散らしている
だけなので、弱った腰にまとっていた包帯をはがしてしまったような状態です。

痛みが引いている間を用心深く過ごし養生していけば、弱った腰も力が出て、
だんだん回復していきますが、この時期に無理をしてしまうと、もっと痛みが強く出たり、
慢性的な痛みに移行してしまったりします。

ぎっくり腰は、腰が弱っているよと言うサインでもあります。
痛みが軽くなったとしても少し用心して過ごすことが大切ですね。

さて、ここに二角明というツボがあります。

このツボはぎっくり腰でよく使います。
こういった症状があるところと遠く離れたツボも、この気滞をよくとってくれ、
痛みを軽減してくれます。
もしぎっくり腰になってしまったら、ここをマッサージなどして刺激するのも
よいかもしれませんね。
私ならば、置き鍼をしておきます。

つらい腰痛、はやくよくなりますように!

誠実に拝見し、丁寧にしていくこと。

ときにテーマを頂いて講演することがあります。

あるときにいただいたテーマが、『不妊鍼灸治療』女性団体からの依頼だったので、聴講なさる方々は女性が多いのかな?と思っていたのですが、会場に入ると背広を着た男性が多くてビックリ。この会の講演によく出る人が、『いつもと雰囲気違いますよ~』とおっしゃっていたのが印象的でした。オモシロいですよね。

さて、こういった特定のテーマがあると、不妊とか、どこに鍼灸ってな質問を多く頂きます。それはまあそうでしょうけど
私にとってはちと不思議。

一番大切なことは、しっかりと目の前の患者さんをみて、考え、取り組むことです。
不妊が最初にあるのではなく、ただ、まず思い込みを排除してみるが大切。

実技では、モデル患者さんを使って、四診から切診、証立てなどなどをおこないます。
そこでも大切なことは『不妊』を診るのではなく、『目の前の患者さんそのもの』を診る。

皆さんどうしても『不妊』ということに目がいってしまうのですよね。
でも、身体作りをしていくことにおいては、『不妊』という状況自体は中心課題にするようなこと
ではなく、まずシンプルに『診る』ことが大切なのです。そしてその上で愁訴の『不妊』を
あわせ考えるという順番。

この『シンプルに診る』ことが出来ると、不妊だって、妊婦さんだって、間歇性跛行だって
なんだって『自分の力量の範囲で診る』ことが出来ます。

そう、四診という東洋医学の手段を使って自分で情報を取り、分析をし、
方針を立てる。この基本をやらずに、『不妊ってどう扱うのですか?』と聞かれても
ううううーーーっとうなっちゃうばかりです。

『何をすればいいのですか?』と聞かれると、『基本を身につけること!』と
お返事しちゃいます。

そして、『いつか勉強してみたいですハート』というお返事をいただくことが多いです。
いつかっていったいいつ(^_^メ)。

患者さんに対して、『誠実でいること』を私は一番大事にしています。
そのときに、一番大事なのは『基本である診ること』なのだと思うのです。
いつも基本に立ち返りながら、丁寧に、誠実に日々の臨床をしていくよう
改めて心がけたいと思っています。

0001 頭痛、目の奥の痛み、妊娠、出産症例

2019年にいただいた年賀状。
3人のお子さんに囲まれた賑やかな年賀状でした。

初診でいらしてくださったのはもう10年前になるのでしょうか?
流産してからの体調悪化で、「妊娠したいけれど、妊娠どころじゃない」という感じで
ご自身の、頭痛や疲労感でいっぱいでした。

治療の手を入れて、体調が回復なさり、だんだん痛み止めなどの薬の服用も減り、
徐々に体調がよくなるなかで自然と妊娠され、ひとり、ふたりとの出産。

ご自身の体調と向かい合っての長いお時間だと思います。

目の奥の痛みは、頭痛の中でも、「腎虚頭痛」と考えて良いケースが多いです。
つまり生命力そのものが弱り、目という身体の上部で気血が集まり機能を果たす場を
養い続けることが難しくなっている状況なのです。

治療の大きな山は週に二回の治療で約一ヶ月の8診ぐらいで目処がついてきました。

ちょっと書き出してみましょう
初診から週に二回で治療
…1)初診
1)関元(10)ミニ灸(右太巨、右大赫)、右外関+ミニ灸、足三里、復溜灸頭鍼+ミニ灸
2)肺兪(7)
3)(腎兪、左三焦兪)+ミニ灸、中膂兪+ミニ灸 ミニ灸(左絶骨、申脈)

…2)2診
初診治療当日とても疲れてだるかった
翌日起きたら頭が締め付けられるような頭痛がして、夕方すっとよくなった

…3)3診
2診治療後、楽に過ごせた
治療同じ

…4)4診
生理前の痛みがない、生理がきてから左目の奥、左肩の痛み

1)関元ミニ灸(右太巨、右大赫)、左(合谷ー外関)+ミニ灸、右曲池ミニ灸、中注(7)
左目窓、足三里ー左三陰交(灸頭鍼+ミニ灸)、左公孫+ミニ灸
2)肺兪(7)
3)(左胃兪、三焦兪)+ミニ灸、中膂兪+ミニ灸 天中 ミニ灸申脈

…8診ほど経過して
体調がよく、生理前の不調がない。両親も喜んでくれている
この一ヶ月痛み止めを飲んでいなかった。

特別なことはしていませんねえ。
スタンダードな感じで身体の手入れをしていき、無事な経過になった症例でした

症例:http://1gen.jp/1GEN/BENSYO/2007-B1.HTM