鍼灸・東洋医学と健康」カテゴリーアーカイブ

ストレス、体操で悪化、右足の眠れない痛み。0004 その①

「痛み」という症状は、なんとなく解決してしまうこともありますが、

いろいろな要因で悪化していくこともあります。

私がしているのは『東洋医学で人を診る』ということです。
東洋医学の人間観を使って、
・目の前の方の歩んできた現在にいたる過去
・現時点の分析

上記2点をしっかりみていきます。
そのうえで、生き生きと人生を歩んでいける未来のためにはどうしたらいいのかということをかんがえていきます。

実際の症例から考えていきましょう。

今回の症例は、50代の女性。いろいろなご苦労があり、下肢の傷みが発症。
その後どんどん状態が悪くなり、眠れないほどになっています。

詳細はこちら

☆痛みを悪化させてしまった要因。

この方の痛みを悪化させてしまった要因

・もともとのヘルニア(整形外科診断済み)という器質的な課題
・家族関係のストレス
・仕事のストレス大きなイベントでの疲労
・疲労による体重減少
・足によいということで進められたプールや体操

 

痛みは、もともとの器質的な課題があり、整形外科ではヘルニアと診断され治療を受けてきています。

大きく分けると、

1)器質的な要因(ヘルニア)
2)精神的な要因
3)全身の体力的な要因

この3つともに今回の症例は該当しています。

痛みと言えば、1)の部分は整形外科などでとってくれるレントゲンや画像診断ではっきりと診断がつくぶぶんであり、その診断にもとづき対応がきまります。

ただ、この方の場合は、2)や3)の要因が大きく関係しています。

☆身体の一番弱いところに症状は集中する

痛みを悪化させるストレス、全身疲労があります。

確かにこの症例の場合でも、ヘルニアがもともとあり、整形外科でも手術を進められています。

しかしながら、悪化要因は、ストレスや体重減少など、局所の足の課題はあるにしろそれだけではありません。

精神的な負担や、全身疲労といった全身の弱りが生じることによって、

身体の中の一番の弱点が症状となってあらわれるのです。

この方の場合では、足の痛みの悪化です。
身体の中で一番弱かった足の痛みが症状としてご本人の大きな負担となっています。

 

☆『運動は単なる疲労の積み増し』になることもある

そしてこのケースでは、弱った局所をかえって傷めることになってしまったことが悪化を強く押し進めています。

ときに、

体力がない→運動して体力をつけよう

痛みがある→体操して血流をよくして解決しよう

ということがおこなわれます。

これはまず全身と局所の問題を考える必要があります。

全身がとても弱った虚弱の状態で、運動をしたり、体操をしたりすると、より全身が弱り症状が悪化することがあります。

つまりその方にとって、『運動は単なる疲労の積み増し』だったわけです。

 

☆東洋医学的な解決:胃腸の力を増し、暖め養い痛みを取りましょう。

この方の下肢痛は、東洋医学で言う痺症のカテゴリー。つまりひつこく長く続く痛みとなります。

痛みの原因に身体そのものの弱りなどがあるということです。

局所である右の足だけの問題ではないところに痛みが長く続く原因があるということです。

東洋医学的な証立てとしては

弁証論治:脾虚、経絡経筋の冷え、弱り
治療方針:益気補脾 下肢の経筋経絡の温陽通絡

まず、胃腸のパワーをupさせて、身体の力を充実させます。

その上で、傷めた右足の経絡を暖め養い、力がその経絡に流れるように導きます。

☆5診ほどでぐっとよくなった治療経過

5診ほどで、痛みは非常によくなり、長くあるくことができるようになった。

その後、月に1,2回のお体のメンテナンス的な治療を続行。

よかったですねえ。あまりがんばりすぎないで〜と申し上げましたが(^_^;)

雪かきをしても大丈夫だったと楽しそうにお話しくださいました。

☆ご本人へのアドバイス

”もともと土台のしっかりした丈夫なお体だと思います。
しかしながら、数々の日常的なストレスにより胃腸に負担がかかり、
身体の力を落としてしまったことが、一番の問題だと思われます。

胃腸の状態をよくすることが、足の痛みの軽減、全身状態の好転、
季節の変わり目に体調が悪くなってしまってい状態の改善につながります。

食後におなかが脹らない程度の食事量になるように気をつけ、
間食もできるだけ控えるようにしてみてはと思います。
便通がすっきりとすることが目安です。

また、冷えや、弱った下肢に強い負担をかけるのは、症状を悪化させます。
まず冷やさないように注意し、全身状態をよくすることで、痛みの改善を
図りましょう。”

 

 

質問:鍼灸の適応についての判断を教えてください

鍼灸師さん向けのzoomセミナーでの質疑応答

鍼灸適応についての判断についてのご質問をいただきました。
米山としてのお返事をいたしました(^^)

鍼灸治療の一般的な適応は、WHOが定めています。
一般的な鍼灸適応についてはこちらが参考になると思います。

セイリン社鍼灸適応について

鍼灸の適応疾患とされるもの

 神経系疾患
神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー

運動器系疾患
関節炎、リウマチ、系頚腕症候群、外傷の後遺症、腱鞘炎、五十肩、腰痛、骨折、打撲、むちうち、捻挫。

循環器系疾患
心臓神経症、動脈硬化症、高血圧低血圧症、動悸、息切れ

呼吸器系疾患
気管支炎、喘息、風邪および予防

消化器系疾患
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)、痔、胃十二指腸潰瘍、肝炎、肝機能障害、胆嚢炎。

代謝内分泌系疾患
バセドウ氏病、糖尿病、痛風、脚気、貧血

生殖、泌尿器系疾患
膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、陰萎

婦人科系疾患
更年期障害、乳腺炎、おりもの、生理痛、生理不順、冷え性、血の道症、不妊

耳鼻咽喉科系疾患
中耳炎、耳鳴、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、ちくのう、咽喉頭炎、へんとう炎

眼科系疾患
眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい

小児科疾患
小児神経症、夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善

いやいや、久しぶりに見直して、驚き(^^ゞ

こんなに適応疾患があるんですねえ。

さてさて。

実際に患者さんにとっては、「早く問題解決がしたい」ということです。より安全に素早く経済的にメリットがある方法を選択出来るのがベストだと思います。

このために、鍼灸師はある程度の西洋医学的な知識が必須だと思います。

そしてその上で、ある程度の臨床経験も必要ですねえ、鍼灸をするとどの程度よくなったり患者さんにメリットがあるかを掴んでおかねば。

つまり、実際の臨床においては、治療者が何が出来るのか?、それは目の前の患者さんにとってどの様な貢献になるのかということが、その鍼灸院での鍼灸適応のポイントとなると考えます。

たとえば、帯状泡疹

私は体表観察をしていてよく帯状泡疹を見つけます。帯状泡疹について鍼灸治療の話題はよく出ますね。こんな風に鍼をしたとか、こんな風にお灸をしたなどの治療法も話題になりますね。

私は、帯状泡疹について一番大切なのは、一刻も早く内科か皮膚科を受診していた だき、帯状泡疹の薬を服用することだと思っております。

帯状泡疹

早めに対処 帯状疱疹(ほうしん)の症状チェック・治療のポイント

とにかく、早く病院受診することが患者さんにとって大きな、大きなメリットとなると私は考えます。

鍼灸をするって、あちこちの皮膚を拝見します。

ご自身では見ることが出来ない腰や背中の「あやしい感じ、帯状泡疹かも???」を見つけてあげることが私の鍼灸臨床ではとても大事かなって思っています。

鍼灸業界で話題になる帯状泡疹の治療は、帯状泡疹後神経痛の治療が多いのかなと思います。つまり、もうすでにあれこれと時間経過をしてしまっていて、局所の痛みが残っている場合です。こういう場合は、鍼灸治療もよいですね。

また、私の臨床では、その帯状泡疹がおこったきっかけとなった体力の低下、ストレスなどの対処は西洋医学的な治療よりも鍼灸が力を発揮出来ると思っています。

また、私はガンの患者さんの治療は積極的におこないます。ガンそのものをというよりも、その方の生きる力、生命力を 上げることが、全身状態をあげ、生活の質をあげることが多く、ときに非常に大きなメリットをもたらすこともあります。

 ご自身の鍼灸が何が出来るのか、よく理解し、患者さんのニーズにどのように応えられるのかを、患者さんと一緒に考えていくのがよいのかなと私は考えています。

ビッグママ治療室 https://bigmama-odawara.jp/

ビッグママ治療室ブログ https://bigmama-odawara.jp/blog/

ドラッグストア漢方、お灸でセルフケアお灸:尿でのお悩みいろいろあります。

ドラッグストア漢方、お灸:尿でのお悩みいろいろあります(^^)

『ときどき膀胱炎になっちゃうんです!』

というお悩み伺うことがあります。

まあ、どっぷり膀胱炎になっちゃったら、お医者さんにいって、

しっかりと治すことが大事です。中途半端ではだめですよ〜。

そんなしっかりした膀胱炎までいかないけど、

なんかちょっとオシッコの時に違和感があるとか、

排尿痛や残尿感があるなんて時がありますね。

私はそんなときに、この猪苓湯という漢方を1つ飲みます。

お勧め漢方:猪苓湯

2つまで飲んで効かなければ病院いきだなと思っていますが大抵1つか2つ飲むところで、水分を多めにとってお灸もしてと言う感じでケア出来ています。

お灸のケアは

お腹のツボの水道(ST28)、中極

中極

足のつぼ、湧泉、三陰交、懸鍾(けんしょう三陰交

 

この三陰交と懸鍾というツボは足の裏表という感じでツボがあります。

しっかりと反対側に向けて通じろーという感じでやってみてください。

この二つの組み合わせで、解毒穴としての使い方もできます。

こんな感じかな。

ちょっとしたケアで快適に過ごせると楽しい日々がやってきますよ(^^)

猪苓湯の漢方方剤解説を少ししておきますね.

猪苓湯:猪苓9 茯苓9 沢潟9 滑石9 阿膠9

猪苓湯

下腹におきた水と熱邪の停滞を、水を捌くことと、陰分を養うこと、熱をとることで解決していこうという処方です。

この猪苓湯に、陰分を養い活血する作用のある四物湯が合方された、猪苓湯合四物湯も有名です。水と血との治療につながり、慢性化した症状にたいおうできますね。

漢方は東洋医学の知恵です。

信頼できるドクターに相談しましょう!

ご参考まで

湿気の病をお灸で軽やかに リウマチの1−4気端灸の勧め

慢性関節リューマチは、一昔前と違って本当に薬が発達していますね。
昔の様な極端な変形や、生活の質を落としてしまうような
問題はかなり減っているのかなと思います。

東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター

しかしながら、自己免疫疾患という 『上手に付き合っていくことが大切』 な病気ですから、
薬で関節の変形などのリスクを軽減しながらも、ご自身の生命力をupさせる体調管理をしていくことは、とても大切かなと思います。

湿気の病と梅雨の付き合い方

さて、この梅雨の季節。

やっぱり身体が重い、指がスッキリしないというお悩みはあると思います。
これはリウマチに限らず、内湿という身体の中に湿気があるタイプのかたでは
様々な症状をひきおこしていますね。

『湿度が高いと頭痛がするんです』
『湿気があると体調が悪くて』
『気圧が下がると身体が重くて』
『気圧が上がっても下がっても身体が疲れます』

などなど、湿気や気圧に敏感に反応しちゃいますね。

身体の内側に『内湿』という内側の湿気があるせいです。

基本的に内側の湿気があるわけですから、身体に除湿機をかける必要があります。
これは脾胃(胃腸の力)をupさせて、身体のいらない湿気を排除させる力を
Upさせることが基本です。曲池(LI11)や足三里のお灸を毎日定期的に行うのは
とてもよいですね(*^^*)

また、特にこの時期、手足先が重いと言うこともあるかと思います。
そんなときには、指の親指と薬指、第一趾と第4趾の指先にお灸をいれます。

1−4気端穴
これは出来れば直接灸がよいですね。ちょんちょんとお灸を入れます。

すると、この写真のようにこの線から先の部分がとくにすっきりとして、
指の動きがよくなります。


内湿の排除がちょっぴり出来たわけです。

梅雨の時期、少しでも軽やかに過ごしたいですね。

不妊:新陳代謝の調整で妊娠率up、流産率↓のお話し

不妊:TSH甲状腺刺激ホルモンでわかる、新陳代謝の調整のお話し。

ある患者さんが、伊藤病院を受診され、パンフレットをもらってきました。

写真:
伊藤病院

伊藤病院はむかーしはこのパンフレットの類いがとても充実していました。病院に行くのは面倒だけど、東京の原宿だから楽しいしと仰りながらパンフレットを私にも見せてくれる方が大勢いらっしゃりました。ふむふむなどと読ませていただいてわかりやすさに納得。

最近はメインのパンフレットの他1,2種類があるのみだそうです。ちょっと寂しいですね。まあ時代の流れ、インターネットや本で読んでねということでしょうね。

もうだいぶ前、体外受精でながらく日本一有名と言われる新宿の加藤レディースクリニックに通っていた患者さんが、『伊藤病院に行くように言われました』ということをおっしゃり、だんだん不妊治療をする人にTSHを測りコントロールするというメソッドが確立していったように思います。この新宿のクリニックでのやり方を横から20年ぐらい眺めていますが、統計的なデーターを集め、確立すれば広げていくという感じがします。

あ、ヨネばあちゃん、少し思い出話を。

以前に、移植時のPは十分と言うことでホルモンを何ら補充せずに移植し、4,5回移植してもダメという方がいらっしゃりました。当時の加藤レディースクリニックでは、『不要と思われるものは足さない』という方針が明確。でも、今でも思い浮かぶのですが、その人の基礎体温表の高温期は、胚盤胞移植時がピークになり、あとはするっと下がる方だったのです。今では標準的にデュファストンがでるようですが、当時は『その当日のPが10以上あれば足さない』何度かクリニックを変えては?と申し上げたのですが、その方はやはり体外受精ならばKLCがよいというご家族の意見もあり、何度か採卵ー凍結胚移植を繰り返したものの、一度も着床しないまま、治療そのものを終了されました。良好胚が出来ていたので、今ならば着床障害や、ホルモン値の課題をもう少し強く助言できるのになあと時にその方のお顔を思い浮かべます。このお話はKLCで伊藤病院の話題が出る前の出来事です。だいぶ古い話しになります・・・。高温期

 

さて、この甲状腺は、食事に含まれるヨウ素を材料にして甲状腺ホルモンを合成しています。この甲状腺ホルモンは新陳代謝の過程を刺激したり、促進したりします。また妊娠中の胎児の脳も含めた身体発育にも大きく関与します。

この甲状腺ホルモンが一定の値をキープできるようにするのが、脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)です。つまりこのホルモンが甲状腺を刺激してホルモンの分泌を促すわけです。

ホルモンって、身体の中では

刺激ホルモンが分泌→本体のホルモンが分泌される

こんな流れです。

つまり甲状腺刺激ホルモンであるTSHが高いと甲状腺から出ているホルモンが足りないというわけです。

 

このパンフレットの中にある、妊娠を考える方、妊娠初期の方のTSHを2.5以下にコントロール維持することで流産を減らすということが、統計をとるうちにはっきりしてきたのかなと感じました。さすが加藤さま!(と、多くの方が呼んでいますね。私もそう思うことがたびたびあります)。実績を踏まえての前進なのでしょう。

TSHの正常値

 

甲状腺の機能低下と流産、早産の関係も明確なようで、妊娠してからもこのコントロールを行ってもらう方が最近は多くいらっしゃります。以前はわからなかったことが、検査項目になり、わかってきたということかなと思います。発展していることがいっぱいありますねえ。

 

さて、ヨウ素は、体内では作られず食物から摂取するミネラルです。ただし、逆にヨウ素を過剰に摂取すると甲状腺ホルモンが減ってしまいます。ヨウ素を含む食品は注意です。

 

ヨウ素で注意するのは昆布です。昆布はダントツにヨウ素が多いです。昆布の食べ過ぎには注意ですね。昆布だしも控えるのがよいかと思います。また改装が好きならばひじきはちょっと控えましょう。

昆布

のり、わかめ、めかぶ、もずくなどの海藻は制限する必要はないです。
ただし、イソジンのうがい薬はヨウ素が含まれていますので、使わない方がよいとのことです。

日本人は海藻類が大好きです。この中で、ヨウ素に注目した場合は昆布の摂取を控えると言うことが大事です。

妊娠を考える方。不妊治療中の方。甲状腺が気になる場合にはこの伊藤病院で1度見ていただくのもよいかもしれません。朝一番で初診の門をくぐれば、お昼までには結論がでて全て終了ってな感じで帰ってくる方が多いですよ。ご参考まで。