鍼灸・東洋医学と健康」カテゴリーアーカイブ

気楽に使われる”好転反応” それって本当に好転な反応??

刺激量と好転反応と遠隔取穴 

昔から、それっていったい(^^ゞと思っていた言葉に好転反応ってのがあります。
なんらかの施術などの刺激があって、そのあとドーンとおこった症状を

『好転反応です、気にしなくて良いですよ。効いてるって事ですからね』

と説明っていうアレです。
患者さんからときに他所での説明でそう言われたとの言葉が・・。
また、食事療法やサプリなどでもこの説明をいわれたと候ったことが何度も。

私自身はこの言葉があまりにも曖昧で、どんな反応も『よくなるために反応だからOK』ってなニュアンスで使っている感じが多く感じています。
で、私的にそれはちょっと〜ワードです。

以前に、食事をかなり軽めに、動物性タンパク質などを極端に取らない食事という指導を受けていた方が、BMIも18(もともと痩せている)から、16.8まで落ち、その上、健康診断でもコレステロールなどの値がL つまり低いとでているのに、『気にしなくて良いですよ、好転反応ですよ』と説明されて、体重もコレステロールも気にしなくていいって言われてるんですと。

食事の大切さ

イラスト ツボ セルフケア

こういった、軽め食事やタンパク質を葉っぱ系だけにすることそのものを、よいとか、悪いとかの判断は私にはできません。ただ、他の全身状態と組み合わせて、どうもおかしい、基礎的な体力がなくなっている感じがするのならば、ちょっと待ってもいいのかもと思います。とくに、こういう感じに食を絞ると気は高ぶりやすくてテンションがあがり、『軽く動けるんです!』となる場合が多いです。

この軽く動けるを、本当に基礎的な力がついてきて軽く動けるのか、テンションがあがって軽く動けるのかを見極めるのが大事かなと思います。

また、データ的なBMIの動きもどのあたりが許容範囲なのかもざくっとで良いから把握しておきたいと思います。データで見る栄養学BMI22って本当?

同じ患者さんでも、なにかおおきな病的な変化があると、ご自身の許容量がかわります。

以前と同じ程度の刺激量で治療をしたところ、
『治療の翌日にすごく身体が疲れて丸1日経ったらやっと復活です。これって好転反応でしょうか』とご本人。

いやいや、以前の施術はドーンと疲れてしまうことはなかったのだから、今の状態にとっては刺激過多ではないかと思いますよと説明。少し治療の刺激量をおとしての施術に切り替えて、治療後のどんと落ちる感じもなく、スムーズで、治療の効果も良好とのこと。

まあ、このあたり判断は難しいところではあります。
どーんと落ちということを、施術後のその方の生活や、付随しておこっていることなどなどを
勘案して、そのどーんと落ちるを判断する必要があるということです。

施術は何らかの身体の反応をおこしているので、いろんな受け止め方がでるのは事実です。
それを、なんでも好転反応という便利な言葉で片づけてはいけないなあと思うのです。

治療は、方法と刺激量で色々と違います。その調整は案外難しいと私は思います。

刺激量、治療後の変化などを観察し、考察し、すすめていきたいです。

イラスト 養生 お灸 セルフケア

イラスト ツボ セルフケア

ドラッグストア漢方:便秘も下痢も桂枝加芍薬湯の穏やかさ

便秘はなんどかテーマで書かせていただきました。

そしてやっぱりドラッグストアにいくと目につきますねえ。

以前にも書いたのでこちらも→ドラッグストアの棚

https://bigmama-odawara.jp/blog/archives/5180

それから、便秘のセルフケアについては、こちら→https://bigmama-odawara.jp/blog/archives/5103 どうぞ参考になさって下さい。

☆下痢も便秘も対応、桂枝加芍薬湯の穏やかさ。

 

便秘 写真 イラスト 桂枝加芍薬湯 温裏剤

さて、もう一つの便秘薬は桂枝加芍薬湯

これは分類的に言うと温裏剤に属します。

これは箱の説明の通り、腸が過敏で腹痛や下痢になりやすいひとにと箱の説明はあり、目安として便秘と下痢がかいてあります。

(日本薬学会 薬学用語解説より)

桂枝湯は、

桂枝湯
・桂皮:おだやかな発汗・発散作用 温経通腸
・芍薬:痛みをやわらげる 和裏 緩急止痛
・生姜:体をあたためる 調和和胃
・大棗:鎮痛緩和強壮作用 調和和胃
・甘草:緩和作用

 

となり、この処方を中心にいろいろな漢方薬があります。
胃腸を穏やかに暖めながらちょっとしたバランスで効く方向を作っていくという感じですね。

芍薬というのは筋肉をゆるめ痛みを和らげる作用があります。つまり桂枝加芍薬湯は、身体を温め穏やかな発散作用をもちながら筋肉の緊張をとってくれるわけです。

便秘と下痢、一見すると正反対な症状ですが、どちらも、胃腸を温め筋肉を緩めるというごくごくあたりまえの健康法で効いちゃうよって話しです。

    胃腸をあっため、リラックス。 

まず、基本のキですね(^^) 

外邪から身を守るには、肌肉の厚い充実した肺の力を!肺気の充実を

Zoomをつかった、鍼灸師さん向けセミナーをしています。

今回は、東洋医学を考えるときの基本のキ。
気の昇降出入をとりあげました。
この気の昇降出入は生きている人間を東洋医学的に把えるときに
本当に大切な概念です。

ここをしっかりと押さえずに、沢山の知識だけをバラバラと詰め込むと
ただただ使えない知識の山ができちゃいます(^_^;)。
統合する力こそ、診る、診立てる力だと思います。

ーーーーーーーーーーー

人間の身体はゴム風船(肺気)で括られ、その中に身体は濃淡を持って存在しています。

ゴム風船で括られたその内側には濃淡があり、濃いところは、筋、骨、臓腑など目で見て感じられるところ、薄いところは血液体液や動きなどと把えています。

その濃淡全てが、ゴム風船に括られ、ゴム風船のゴムの厚さが肺気の柔軟な力と重なります。そして人間の生きる意思は肝気が主っています。

☆肺気と肝気

・肺気について

肺気は外界との交流も持っていますが、一括りの人間そのものをみるときには、肌肉としての厚みをもち下向きベクトルを持つ存在ととらえています。

・お高い肺気と安物肺気

ヂィズニーランドで買う風船はゴム部分が厚みがあって弾力があってお高い感じ。選挙の時にもらう風船はペラッペラで薄いお安い感じ。肌肉としての肺気の状態はそんなイメージでみるとわかりやすいと感じます。

・生命力のある生き物とは

たとえばリンゴ。肌肉がしっかりと厚く充実感があるリンゴ(肺気の充実)。そして内側から肌肉へ衝き上げてくる生命力を感じるリンゴ(肝気の充実)。この感じが生きてる度が高い生命のイメージです。

・肝気について

肝気は生きる意思(肝)を持つ存在です。気の昇降出入の中心的存在でもあります。そして、特に上向きベクトルを強くもっています。

・相互の関係

肺気と肝気は、ベクトル(強さと方向性)で、下向きと上向きの関係性を強くもち、命の中で大きな存在感となります。肺気の下向きベクトル粛降と肝気の上向きベクトル昇発は大きなベクトルの組み合わせです。

気の昇降出入 肝心脾肺腎 肝気 肺気 イラスト

☆実際に東洋医学臨床で使う、肺気と肝気

治療において、この肝気と肺気のベクトルは、強さと大きさを意識したときに非常に効きやすいものであり、使い方に注意が必要です。

健康な状態、病態などあわせ、どのベクトルがいまのこの身体に生じ、どのベクトル出しをすることがこの身体に必要なのかを考えることで、一つの治療の中での順番やドーゼを考えやすくなります。肺気は全体を括るゴム風船ですから、下向きベクトルを出しつつ、上向きベクトルを柔軟に受けとめ、内側に返します。また過剰な上向きベクトルを上手にヤカンの穴から水蒸気が噴き出すようにガス抜きが出来れば、健康な状態を保ちやすくなります。

肺気が十分に厚みをもって力強くあると言うことは、身体の防衛ラインが充実しているということです。

病的な状態

上向きベクトルがあまりに強すぎたときに、肺気が傷られてしまう状態ともなります。また、常に上向きベクトルの負担がかかり続ければ肺気のゴム風船は薄くなってしまいます。また肺気の薄さを肝気がカバーしている場合もあります。(生命力の不足をやる気でカバー。気が抜けるとガクッとなる)一時的なカバーにはなりますが、長期的には消耗となってしまいます。

肺気と肝気、相互に仲良くなっていって欲しいです。

そして臨床では非常に使い勝手の良い、効く、効いてしまうベクトルです。

上手につかっていきましょう。

☆昨今の流行性の風邪について。

肺気が充実していると言うことは肌肉があつく、外敵との防衛ラインがしっかりとしていることにつながります。

これは、外邪である風邪にやられにくいということにもつながります。

しかしながら、この肺気を充実させるということは、脾肺の虚が全身の気虚を示すように、充実させるには、裏ステップがいくつもあり、その最後のあらわれとしての肌肉の充実となるわけで、単に肺を補って即充実とはいきません。

お高い肌肉の充実した風船になる道は遠いけど健康のめざすところであるといえますね。

肺気に負担をかけやすい、肝気の調整(つまり心の調整、気持ちを整えること)が、健康法とつながるのも肝気が肺気をいじめ、脾胃をいじめ、自分自身の生きる意思(肝)である美しい姿をもちながらも、自分自身を傷める刃にもなるからです。

昨今のマインドフルネスブームは、この生きる美しい意思であり、気の昇降出入の主役である肝気を上手にコントロールしようという方法です。肝気のコントロールができることは、健康への近道でしょう。

マインドフルネス、やってみましょうよ(^^)

爪のトラブル(巻き爪、爪囲炎)血流アップで改善を

爪のトラブル、こまりますね。

☆爪のトラブルで悩んでいます。

病院に受診をなさり、巻き爪、陥入爪との診断をうけ治療中とのこと。
しかしながら、水に濡れたり、泥水に入るなどの作業があると、
すぐにひどく炎症をおこしてしまい困っているとのことでした。
とくに小さなお子さんがいらっしゃり、プールや田んぼ作業などができないということでのお悩みでした。 巻き爪の症例はこちら

さてさて、爪のトラブルは多いですね。

今回は、爪のトラブル、巻き爪などのことを整理しておきますね。

 

☆トラブルのある爪、巻き爪、陥入爪

巻き爪と一言で言いますが、問題になるのはこのように、巻き爪が皮膚に食い込み陥入している場合です。また巻き爪になっていなくても、爪が陥入し爪囲炎をおこしている場合もあります。

痛みが起きているときに、注意が必要なのは爪囲炎(そういえん)になっている場合です。この状態になり炎症をおこしているのならば、病院受診をお勧めします。病院にて状態を把握していただき、適切な炎症への対処が必要ですね。

その上で、炎症はおこしていなけれど、靴を履くと痛いとか、今回のように濡れることで炎症にすぐにつながりやすいと言ったケースのケアを考えていきましょう。

 

☆爪のトラブルと血行

爪のトラブルをみていると、足が冷えて血行が悪い方が多いですね。
今回のご相談の方も、血行が悪いということは大きな課題でした。

また高齢者に多いというのも、爪という存在が血流に養われて成長していくものであるのに、その血流が悪いと言うこととつながります。
お年寄りの爪は厚ぼったくて、硬くなっています。子供と比べると一目瞭然ですね。

爪そのもののケアは、

・正しい爪の切り方
・保湿
・長さや形のチェック

この3つが中心となりますが、もう一つ、

・爪に血流があるように、指先末端に血流がしっかりと届くように

このことが非常に大きなポイントとなります。

具体的にいえば、

 この足の外側の経絡(足の陽明胃経)と、内側の経絡(足の太陰脾経)をしっかりです。外側で下り、内側をのぼるというイメージです。動きがでると、血行がよくなります。

具体的なポイントはこちらの黄色経絡の刺激です。

 この拇指を中心とするツボをしっかり温養です。具体的には温灸器であたためたり、このポイントにお灸をいれていきます。これはかなり効果的。ツボの名前はこちら

足の青色経絡は、足三里(ST36)というツボにお灸がいいです。そして、冷えがきつい人は、裏内停というツボにもお灸。胃経の裏刺激となります。

 でも、あまりにも冷えていると効きにくくなりますので、事前に足湯などをして血行をあげておくお膳立ても必要ですね。

しっかりと足、指先まで血流を届かせることが爪を守ります。

そして全身の血流があがり、健康度がupします。

爪も柔らかい若いからだであるために、ケアをしていきましょう。

この患者さんも、このケアで足の状態がよくなり、形成外科での処置もうまく出来、無事にお子さんと楽しく田んぼに入ることができるようになりました(*^_^*)

☆正しい爪の切り方

https://www.maruho.co.jp/kanja/makizume/column/prevent/009

☆爪切りについて、貝印サイト

https://www.kai-group.com/products/tsumekiri/trouble/makitsume/

貝印さんの爪切り、やっぱりいいですねえ。買いたくなります。

 

参考文献:解剖経穴図 森修太郎著 医道の日本社

妊娠中の吐きづわり・悪阻を軽減させたい!楽になるための対策方法を 解説!(症例:0330)

ーーー
・つわりの時、吐いても全然スッキリしない!
・お腹減ったら気持ち悪いし、食べても気持ち悪いのが治らない!
・安定期に入っても、吐き気が続いてずっと苦しい!助けて!
ーーー

ある程度赤ちゃんが大きくなり、吐きづわりが辛くなっている方は多いと思います。
そのような方は「吐きづわりの軽減方法がネットに様々載っているけど、結局どれを試せば軽減できるの?」と困っているのではないのでしょうか?

私は1996年から不妊専門クリニックを開業し、12万件以上の臨床を行ってきました。
その中で吐きづわりの傾向・対策を見つけることができました。

そしてこの記事では、迷わずこれを実践すれば回復できる吐きづわりの軽減できる対処方法を解説していきます。
この記事を読めば「吐きづわりになってしまう理由とつわりから解放できる方法」が全てわかります。

結論「休む・寝ること」「身体そのものの力をつけていくこと」が大事になっていきます。

つわりとは何か?

 

つわりとは「赤ちゃんをしっかり支えるための動き・反応」です。決して病気ではありません。

赤ちゃんを抱えているお母さんは、身体の下からしっかりと赤ちゃんを支えるように上向きのベクトルが強くなります。
上向きベクトルは赤ちゃんを守るための動きですので、ある程度のつわりは仕方がないところです。
胎盤がしっかりと出来上がれば過度の上向きベクトルは不要となり、妊娠11-14週当たりでつわりもおちついてきます。

参考:上向きのベクトルとは?

ベクトルとは、五臓にどのような関係性があるのかを示す、方向性と大きさのことを指します。これは東洋医学における考え方です。
詳細は以下の記事を参考にしてください。

1:気の巡り。人間理解のポイントだにゃん(気の昇降出入)

吐きづわりが起こる理由とは?

吐きづわりが起こる理由は、
「食べる下向きベクトル < つわりの上向きベクトル」と上向きベクトルが過剰になっているためです。

胃腸は上から食物が入り、下に向かって消化吸収されていきます。食べるとつわりが一旦治まるのは、食べ物が上から下へという下向きベクトルが出るからです。しかしながら、つわりの上向きベクトルが強いので、上向きベクトル過剰となりそれが吐き気につながっていきます。

また上向きベクトルが過剰になる要因は「身体が疲弊していること」「身体が弱っていること」が大きいです。身体が疲労状態にあると、赤ちゃんを守らなくては!という上向きベクトルが強くなり、つわりも辛くなっていきます。

参考:つわり、妊娠中は便秘も起こりやすくなる。

つわりの時期は便秘にもなりやすいです。
理由は吐きづわりと同様に
「便通の下向きベクトル < つわりの上向きベクトル」

このように、上向きベクトルが過剰になっているためです。
便通の下向きベクトルで身体から排泄を行ないます。上向きベクトルの影響を強く受けると便秘がちになります。

吐きづわりを軽減させる方法3選

吐きづわりで悩んでいる人へ、楽になるための方法を解説します。

まず「休む・寝る」

先にも説明しましたが、上向きベクトルが過剰になる要因は「身体が疲弊している」ためです。
まず「休むこと・寝ること」に取り組み、なるべく疲労をしない生活を心がけていきましょう。夕方につわりが辛くなる人はとくに『休みたい』という身体のサインだと思ってくださいね。

あまりにもつわりが辛い場合は「病院へ受診を」

あまりにもつわりがひどく、水分も取れないという状況であれば、病院を受診し対処方法を相談してください。
点滴や入院など、なんらかの軽減方法を得ることができます。
また、病院で対応してもらっているという安心感はとてもつわりによいですよ(^^)

参考:鍼灸治療という選択肢は有効か?

鍼灸治療ではベクトルの調整を行うことができます。
ただし赤ちゃんを守るために働いている上向きベクトルは必要な動きですので、このベクトルの直接対応はしません。
例外として過度な上向きベクトルになっている場合は、身体そのものの力をつけるための手立てをすべきです。
鍼灸治療を取り入れ、上向きベクトルと上手に付き合えるように調整していくことが可能です。
ただし、このベクトルを意識して治療していくことは非常に微妙な調整となります。ついつい『つわりという症状をとること』を優先した治療になってしまう場合が多いです。つわりなど、妊娠初期の対応に経験のある鍼灸師さんにお願いしてくださいね。

つわりが長く続いてしまう場合も「身体そのものの力をつけていく」

時に出産のころまでつわりが続き、身体の疲労感が強いまま出産になってしまうケースがあります。
身体の状態が悪いままの出産は、より体調の悪化を招き産後のトラブルにつながりがちです。
出産時までがご自身の身体を余裕ある状態にし、出産を迎えましょう。体調アップを最優先で生活していくことが大事です。

実例:辛い吐きつわりが楽になった症例

つわりが辛い・吐いてしまう・食べられない状態から、診療・治療したことで改善した実例を紹介します。

症例 (0330)
吐きつわりで体重減少、鍼灸でつらい症状が緩和(39歳出産)

年齢:38歳
妊娠:9週目
状態:
吐きづわり:妊娠8週を過ぎた頃からつわりがきつくなり始めた。現在吐きづわりが治まらず、そのせいで3kgも減少した。
嘔吐:食べられない状態なのに、何か食べると吐いてしまう。
頭痛:一日中頭痛もつらく、とくに夕方から悪化する。横になると楽になるが、動いていると悪化する。
疲労:子供も小さく面倒を見ている・仕事もしている・つわりと重なり、疲労いっぱいとなっている。

東洋医学的診立て

体重も3キロ減っているため、お体の疲労感が強いと予想します。
動いているとより悪化する頭痛も、お体の疲れによって強くなっているのかと思います。
身体の力を少し補うことで、体調を良くした方が良いと考えます。

弁証論治

弁証:腎虚肝鬱瘀血 肝脾不調和
論治:益気補腎 益気補脾

治療方針

身体の底力である腎気をアップさせることを第一とします。
そして脾気をあげ、体調を整えます。
上向きベクトルは赤ちゃんを支える動きですので仕方がありません。なるべく休養をとるように指示します。

治療経過

(初診)
以下の鍼灸治療を行いました。
・お灸:右外関・陽池
・鍼+お灸:足三里・陰陵泉
・パイオネックス:右内関
・棒灸:中注・臍・関元
・鍼+お灸:脾兪・腎兪・次髎

(治療後)
適宜鍼灸治療を行なったことで、結果吐きづわりが減り、食べられる状態に戻りました。
また頭痛も一日中から夕方だけになり、だんだん痛みも無くなってきました。

(出産まで)
以下の鍼灸治療を行いました。
・棒灸、お灸、鍼:大巨 関元 臍 脾兪 胃兪 三焦兪 腎兪 次髎

(最終結果)
無事出産することができました。

院長の所感

鍼灸治療をくわえることで、なんとか体調を安定させ、辛い症状が緩和できました。
つわりだけではなく、むくみや疲労感、身体の冷え、お腹の張りなどにも鍼灸が効果的だったようでよかったなあと思います。

上手に妊娠ライフとのお付き合いをされた結果、スムーズな出産となりよかったと思います。

家族皆さんが妊婦さんを支えて、産まれてくる赤ちゃんをとても楽しみになさっていました。ステキな妊婦さん、ご家族のありよう。応援が出来てよかったです。

そして赤ちゃんの誕生を心待ちにしているお子様のお話とても楽しかったです。妊娠中を一緒に寄り添い過ごせたこと、とても嬉しかったです。
賑やかな生活がはじまりそうですね。赤ちゃんを中心としたご家族の楽しい日々。応援しています。

まとめ:吐きづわりを軽減させるには、身体の力をつけることが重要!

 


つわりは赤ちゃんを支えるための正常な動きです。しかし辛い思いをしている方もたくさんいらっしゃいます。

過度なつわりになっている方は、「身体が弱っている」ことが原因で辛くなっていることが多いです。吐きづわりでも同様です。
「休む・寝る」「身体の力をつける」ことができれば、吐きづわりを軽減できます。

身体の力をつける場合は、鍼灸治療も一つの手です。必要に応じて診療相談することをおすすめします。
辛い症状を緩和させて、上手な妊娠ライフを目指していきましょう。