食事・食材・食べ物」カテゴリーアーカイブ

食事摂取基準、そのこころを読むー佐々木 敏先生

このところ、「食事摂取基準入門、そのこころを読む」という本を食事ということを知りたくて読んでいました。

やっと読み終わり、プチ感動して朝からもりあがっています(*^^*)

食に関しては色々と言われるところ、ブーム、データなどなどがあります。

食として何がよいのかということは、データーからくるもの、経験からくるもの、そしてその人個人の資質、生活習慣など

様々な要素があって一概には言えません。

私の治療院では、食事生活記録という用紙をかいていただいています。食事や生活指導は基本的にこの紙を書いていただかないと

できないなと思っています。この食事生活記録と体表観察が私の臨床のベースです。

食事記録は「日本人の食事摂取基準」を元に作られた食事の目安となる食事バランスガイドをもとに

サービング数で突き合わせていくことをしています(これはご本人にしていただいています)。この作業によって

ご本人にご自身の食の過不足に気がついていただくことがポイントです。「よい食べ物」を教えていただくのではなく、

自分の生活習慣、そして食習慣の偏り、過不足に気がついていただくことが目標です。

これによって、私の臨床の現場では、食事と睡眠ほど大切なものはないということも

実感します。このことは「食事生活記録と体表観察」の突き合わせから私は考察して行っています。

この本の最後の方の章に、栄養指導の歴史、変遷が少し紹介されています。

ここで明治時代に求められたこと、そして戦後の私たちに求められ、情報提供されたことが記されていて

いまの食事摂取基準ができてきた流れがわかります。

佐々木先生のあとがきに、「栄養学は楽しい学問です。なぜなら、暮らしの中でもっとも大きな楽しみである「食べる」という

行為を通して、人に幸せになってもらうために存在する科学だからです」という言葉にぐっと感動してしまいました。

この本を通じて、栄養学や「よい食」を提案する難しさを痛感しました。ひとつの言葉を出すために

とても丁寧にデーターから出し食事摂取基準があること、その上で個別の過少過大申告の問題もふまえて食を

アドバイスする必要があります。非常に難しく、私にはとても踏み込めませんが、逆に体表観察から

食を変化させたときの状況を知ることはできます。(ただし、鍼灸治療も入ってくるので厳密に食だけの

変化ではありませんが)。

「幸せになって欲しい」これは私の臨床のなかでつねに願っていることです。

そのために、東洋医学の生命観をベースに人を読み解く努力をしています。

ここに栄養学が提唱する「食事摂取基準」に基づいた食と体表観察をベースに「人間を観察、理解」していきたいと

思います。

体表観察から得られた情報と、適切な食事、そして睡眠。

私たちの身体は、私たちの人生を一緒に歩んでいく乗り物です。

乗り物の手入れをして、楽しく人生という道を歩んでいきたいですね。

幸せに、楽しくすごしていけると嬉しいなあって思います。

“>食事摂取基準そのこころを読む

おわりに、に込められた佐々木先生の思いにまたまたちょっと感動です。

シュークルートを作ってみました!

シュークルートを作ってみました。

これは先日の料理教室でつくったもの。

さっそく復習復習

ポイントはサワークラウト。

キャベツの塩漬けの瓶詰めを用意です。

カルディで買ってきました。

400円弱と案外安い!

豚肉を前日に2%の塩と1%の砂糖をまぶしておいておきます。

ツヤツヤ

この豚肉をスライス。ザクザク。

 

ベーコンも同じような塊をお料理教室では使ったのですが

私は薄切りをつかっちゃいました。在庫処分だ!

なべにサワークラウトをいれます。

サワークラウトを鍋に入れたところ

お肉はフライパンで焼き目をつけて鍋に並べ入れます。

お肉に焼き目をいれました。そのあと煮込みますから表面だけでOKです.

 

お教室では一つの鍋で焼いて一旦取り出してから、その鍋に

並べ入れていました。私は手持ちのルクーゼ君がどうだろ?と

思ったので別々で。

ローリエの葉っぱをいれ、残り物の(^_^;)白ワインをいれました。

サワークラウトにお肉をいれ、ローリエの葉っぱ、黒胡椒、白ワインを入れたところ

できあがりの写メを取り忘れましたが、娘達には大好評。

とくにサワークラウトがおいしいらしくて、パクパク。

お肉もなかなかおいしいようで、若い人にはピッタリの料理でした。

オヤヂはこれなんだ?とサワークラウトをつまみながらも、

まあおいしいなと。

できあがりの写真がなくてゴメンです!

まあ、そのまま煮たって感じです

おほほ

おうちフレンチ シュークルートはおいしいね

シュークルートはおいしいね

昨日はお家フレンチの料理教室。

このところ、料理にがっつりはまっている私は、ワクワクしながらでかけました。

今回のメニューは

1:シャインマスカットと梨の白和え

2:ホウボウのタルタル

3:フルーツと生ハムのサラダ

4;シュークルート

フランスのワインが飲みたくなるラインナップ

白和えも和風の”おかず”っぽいものではなく

コース料理の前菜といった感じ。

シャインマスカットの甘さがひきたつおいしさでした。

ホウボウのタルタル、

タルタルと言えば、ゆで卵をつ撫したものとタマネギをマヨネーズであえて鮭に添えて食べると思っておりましたが、どうも違う。どう違うのかはわかりませんが(頭が固くて理解できません~)、ホウボウの刺身をいろんな食材であえて食べる感じです。おいしいっす。

 

シュークルートがフランスっぽくて興味深いお料理でした。

塩漬け豚を作りそれを一口大にカット。塊のベーコンもカット、ウインナーもいれます。

それをまず焼き目をつけ、そのあとザワークラフトと一緒に煮ます。

なかなかの一品。おいしいですねえ。

ザワークラフトと一緒に煮てたきこむかんじかな、15分程度の時間をかけます。

肉とキャベツをがっつりあえるかんじです。

普段自分では思いつかないような素材に出会える楽しい料理教室です。

あれ?脈がおかしいですねえ。健康診断は受けてますか?のお話し。

あれ、脈がおかしくないかな?

血圧のお話し

ある初診の患者さん。60代後半の女性。

お元気で生き生きと家族を支えていらっしゃる働き者さんです(^^)

私は、東洋医学的な脈をみます。

で、あまり細かいことは考えずに情報の一つとしてみていきます。

(脉診には色々な流派考え方がありますが、脈そのものは、いろんな条件で大きく変わります。この情報一つで章を決めてしまうよりは、情報のひとつとして考えるべきかなと私は思っていますので)。

ふと、「なんかおかしい」と思いました。全身の雰囲気と微妙にあわず、勢いがありすぎて固い感じなのです。

「健康診断は受けてます?」と候うと、忙しくてなかなかと。

会社勤めをしていないと、このあたりは個人の問題なんですよね。

一度健康診断をうけるか、内科は受診された方がよいと思いますよーとアドバイスさせて

いただきました。

その方はすぐに内科を受診され、血圧が160−95あり、降圧剤の服用が始まったと言うことでした。ちゃんと指導を受けられ薬もドクターが考えながら出してくださり継続服用が開始。脉状も落ち着いた感じです。

血圧を安定させた上で、鍼灸による健康管理をしていきましょうねえとお話しさせていただいています。薬で出来ることは薬でしていき、鍼灸も組み合わせることでよりご自身の健康度をupしていただければとても嬉しいですねえ。

血圧の上昇がさほどでもない高血圧の場合は、食事、運動、そして鍼灸を組み合わせることで、薬不要の状態になることも可能だとは思いますし、そういうお手伝いをさせていただいている方も多いのですが、明らかに”早めの対処”が必要な方の場合は、お医者さんとタッグをくんだ生活の方がよいのかなと思っています。

まあ、無理せず、楽しく、継続的にがなによりですねえ。

 

正常血圧はおうちならば上が135,下が85.上と下の血圧の差を脈圧といいます。

この脈圧は年齢があがってくると開いてきて、これが動脈硬化との関連があるとのこと。ううむ、グラフをみると納得ですねえ。

油は奥が深いですねえ。とりあえずオリーブオイルと魚の脂で!

油は奥が深いですねえ。

ちょっと理解が難しいので、一覧表をつくってみました。

やはり難しい(^^ゞ。

詳しくは書物参照のこととして、基本的にはオリーブオイルと魚の脂(両方とも不飽和脂肪酸)をとれ!ってことです。

ただし、不飽和脂肪酸の中のトランス脂肪酸には要注意。

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングは摂取しないほうがよいですね。

あと酸化した油も。つまり加熱してない油がよいです。刺身だ(←手抜き料理に直結で嬉しい)

 

脂質の少ない人は(コレステロールの少なさ)は、皮膚、細胞膜の弱さを体表観察で感じます。体外受精をなさる人でなかなか良い卵が取れないというお悩みでのご相談。健康診断を拝見すると脂質の項目がlow。「これは検診を受けた病院で何か指摘されていないの?」と候うと、病院では食事を極端にすることはやめたほうがいいと言われましたが、食事指導を受けているマクロビオティックの先生には問題なしといわれました」。こういう検査項目の解釈は非常に難しいので、私などが申し上げることはありませんが、皮膚の薄さは明瞭なので、タンパク質は色々な種類を摂取するようにアドバイスはしました。残念ながら、タンパク質は大豆タンパク(具体的には豆腐のみ)を摂取しているので他のモノは採りたくないとのことで、なかなか皮膚はあつくならなかったです。

あくまでも、私は体表観察をしているだけで、皮膚の薄さをみつけたとしても、その原因は推定でしかありません。体質的なものなども大きく関与していると考えられます。しかしながら、食事記録をつけていただき、日本人の食事摂取基準で提言なされている範囲を意識して食事をかえることで、皮膚の状態や体調が改善されたことは一度や二度ではありません。

まとめを作ってみましたが、上手く書けていません。

油脂のまとめ

もっといいのが書けたらさしかえよっと。

油の話しからは逸脱しますが(^^ゞ、食事バランスガイド、なかなかやるなあっていつも思います。

食事バランスガイド