食事・食材・食べ物」カテゴリーアーカイブ

「カロリーゼロにだまされるな」本当は恐い人工甘味料の裏側 ②

2:「カロリーゼロにだまされるな」本当は恐い人工甘味料の裏側

「カロリーゼロにだまされるな」本当は恐い人工甘味料の裏側
大西睦子

今回は、本の紹介に戻っていきましょう。

第一章「ゼロ」の正体
そもそもゼロではない
「ゼロ」なのになぜ太る?

ここで、ゼロではないというのは栄養表示基準に基づくものです。
表示基準があって、飲みのも100mlあたり5㎉であればゼロ、ノンと示すことができるんですよね。
そしてゼロでナゼ太る?というのは、含まれている人工甘味料に空腹感が増してより食べ過ぎをおこしたr、
甘み中毒になるという副作用があるという説明です

ううむ、恐い。
次の章で詳細が示されています。

第二章
「ゼロ」なぜ太るか?
他にも恐い症状が
 1:ホルモンに作用し、体内に脂肪を蓄える
 2:味覚を狂わせる
 3:コカイン以上の依存性がある。「甘み依存症」
 4:人工甘味料は抑うつ症状や血管系疾患も呼ぶ

さて、1番のホルモン

ここで呼ばれるのは、肥満ホルモンと言われるインスリンやインスリン分泌を促すインクレチンなどのことです。
食事をすると、血糖値があがります。で、このホルモン(インスリン)が出て、余分なぶどう糖を取り除こうとして、
血糖値が下がるのですよね。

余分なぶどう糖は、肝臓や筋肉にためられますが、それにも限界が(^^ゞそうするとつぎには脂肪としてたまりますから、
肥満とつながるわけです。あらら。でもこのホルモンであるインスリンがでないと、高血糖が続いて、血管が痛んじゃいますよね。

もともと日本人はこのインスリンの出が悪いので、食事をしても血糖値を充分にさげることが出来ず、肥満には
ならなくても糖尿病にはなっちゃいます。きをつけないといけないです。高血糖おそるべしですから。

さて肥満ホルモンであるインスリン、人工甘味料でも分泌されるんですよね。
この本では、人工甘味料であるスクラロースを飲んだ時のほうが水を飲んだときよりも血糖値のピークが
高くなり、インスリン分泌のピークも20%高くなるとあります。
日本人にとっては、もともとインスリンの出が悪いのに、こんなことでインスリンを使ってしまっては
インスリンの分泌能力の疲弊という問題にもつながります。

つまり、インスリンは肥満ホルモンだけど、血糖値を下げるという血管を守るホルモンでもあります。
人工甘味料をとると、1)肥満ホルモンであるインスリンが分泌されるので太る。2)インスリンのむだ遣いになって
分泌能力が疲弊、高血糖になり、糖尿病のリスクが高まるということです。

私はこの本を読んでいて、インスリンを悪者のように肥満ホルモンと書いているのに
違和感がありましたが、このように2つ分けて考える必要がありそうですね。

そして日本人にとっては、人工甘味料でインスリンが分泌されてしまい、膵臓が疲弊、インスリンが出ないという
自体の方が問題であり、高血糖、糖尿病というリスクが高まると言うことです。これは肥満以上に恐い話ですね。

血行をよくするビタミンE

血行をよくするビタミンE

ビタミンE 抗酸化作用をもつことと、血行をよくすることで注目されています。
先日、サプリなどの摂取の話を患者さんとしているときに、このビタミンは脂溶性ビタミンだからサプリに偏るよりも
食品で摂取の方がよいのではという話をしました。

そこで調べてみると基本的には過剰症は出現しにくいビタミンのようですが、サプリなどの極端に
偏ったものだと発症するようですね。やはり食というのは、良いものでもそれ一点責めにするよりも
食物そのものから摂取する方が、リスクの軽減、多くの栄養素を幅広く摂取出来るという観点からも
食事からとりたいモノです。
ビタミンE解説 -「健康食品」の安全性・有効性情報 (国立健康・栄養研究所)

そこで、ちょっとお勉強。

ビタミンEの働き

・抗酸化作用
・細胞膜の正常維持、細胞の老化予防
・血行改善
・生殖機能の維持

『あたらしい栄養学』吉田企世子 松田早苗監修220ページより
これは食べたいですねえ。

抗酸化成分のひとつ

抗酸化成分のひとつにされていますが、酸化されやすいという特徴があります。
食品の保管は光にあてない、空気に触れさせない、できるだけ新しいものをというのが
ポイント。油に多く含まれますから小さなボトルで使い切りですね。

他の抗酸化成分と一緒に

他の抗酸化成分と一緒にとることで、より強固な抗酸化作用となります。
ビタミンAやC、カロテン類がよいです。青菜などがよいようですね。

具体的な量としては
たとえば、アーモンド100㌘に30.3㎎含まれています。
目安量は30歳から49歳の女性で6ミリグラム。ということは20グラムも取れば目安量は
満たせます。アーモンド1粒は、だいたい重さが1グラム、カロリーは6kcalぐらいのようですから
20粒とればビタミンEはok、120カロリーとなりますね。

1日あたり20粒のアーモンド、これを多いと思うか、少ないと思うかは微妙(^^ゞ。

ツナのオイル漬け缶詰めには100グラムで8.3ミリグラム。これはいいですねえ。
100グラム食べれば一日の目安量が充たされます。

過剰摂取をおこすことのない上限としての耐用上限量があります。これは一日あたり700㎎です。
多いなーと思うヒマワリ油でも100グラムあたり38.7㎎ですので食品で取ろうとすれば
ヒマワリ油を2リットル近く飲むんですか?!!

計算あっているのかなと思うのですが、これはすごい暴挙ですねえ。

逆を言えばサプリなどではこんな摂取が可能になるのですから、
サプリの含有量がいかにバランスが悪いものかを感じてしまいます。

食事に気をつけて、その上に補うものとしてのサプリかなと。

さて、どんな食事にしましょうかねえ。
次はそのテーマで考えてみたいと思います。

ナツメ ザクロ 女性によいのかな??

ある患者さんが、棗のスナックをお持ちになり、

『私は食べても大丈夫でしょうか?』とのご質問。

実はこの方は以前にザクロを『女性によい』ということで積極的に摂取し、
子宮内膜症がひどくなってしまったという経験があるのです。

ザクロは、このサイトでも紹介されているように、女性ホルモンと同じような働きをする
エストロンという成分があり、これが女性によいというキャッチコピーになるわけですが、
エストロゲン依存性疾患である子宮内膜症の場合は、この作用がかえって病態を悪化という事にこの方の場合はなったのかと思います。まあ、このあたりは人によるということもあるとは思いますし、摂取量との兼ね合いもあるとは思います。しかしながら更年期の女性ホルモンそのものが少ない状態の方であれば体調管理に役立つものでも、生理がある時期の女性の場合は注意が必要だなと思います。同様のことは大豆でも起こるケースを体験しています。

わかさの秘密

さて、今回ご質問の棗。

東方栄養新書を紐解きましょう

棗は『気血を補強するために欠かせない果実』とあります。
なんだか身体に良い感じで所ねえ。

ルーツとしての説明に『ナツメは貧血によく胃腸を丈夫にする効能がある「大棗」と言うなで上品の漢方薬として扱っています』と紹介されています。

たとえば有名な葛根湯、入っているのは、葛根(カッコン)、大棗(タイソウ)、麻黄(マオウ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、薬(シャクヤク)、生姜(ショウキョウ)(ツムラ漢方サイトよりhttp://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/001.html)

また、胃腸を整え元気を益すとされる補中益気湯。こちらにも入っています。
人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、陳皮(チンピ)、大棗(タイソウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、升麻(ショウマ)

体質的な相性として、気血両虚の方に向くということ、しかしながら甘味があり、いつもお腹がはって痛みのあるタイプには適しませんとのこと。ふむふむですね。

私はご質問のあった方は、クルミやアーモンドも食べているということなので、その全体量は変えずに、少しナツメも混ぜてみてはどうかなという提案をしました。

ナツメ、とてもよい果実ですが、やはり偏りすぎは少し注意が必要かなと思います。まあ逆にいえば、その偏りをつけるのが医療です。漢方薬で摂取することも多くありますね。この場合はまた少しスタンスを変えて漢方薬として調和の取れた形で処方して頂くのがよいかと思います。

ピロリ菌、除菌しました。

ピロリ菌の除菌をしました

昨年末、以前から興味のあった、栄養解析を受けてみました。
患者さんで受診されている方が結構いらっしゃり、栄養を実際に身体の結果としてどうなっているのかという視点から考えるということが面白そうと思ったからです。

血液検査の結果をみると、いわゆる基準値を超えたものはありませんでした。そしてその中で予想外のピロリちゃん陽性で、まずここからスタートですとのこと。

栄養解析そのものは、やはり軸足がサプリ処方に向いていて、食事指導というのはやぱり難しいのだなとも感じました。栄養を、食事から変えていくとなると、結局生活指導ということになってしまい、それはかなりハードルが高いのでしょうと。それだったら明瞭になった栄養不足をサプリで補う方が手っ取り早いのかな。

しかしながら、やっぱり食事とも思います。
このあたりはいままで、患者さんで栄養解析を行った人の実体験や、今後の自分の体験なども踏まえて考えていきたいと思います。

さて、私のピロリちゃん。
実は私はいままで胃カメラをしたことがありません。
ドクターによると、いままで数十年ピロリちゃんを飼ってきた胃なのだからやはり
胃がんのリスクはあるので、胃カメラしなさい!!と。

トボトボお家に帰ってきても、どうもその気になれません。
だって、胃カメラマズそうなんだもん。
それが、健康診断で胃酸の数値がひっかかり、引導を渡され胃カメラやり、
ピロリ除菌のお薬も飲みました。


そして約3ヶ月後、ピロリ除菌がちゃんとなされているかの確認検査をして晴れて合格!
長年人生を共にした(いつからでしょうかねええ)ピロリちゃんとお別れして、
これからはノンピロリ生活です。

ノンピロリで一番変わったことは便がすごーくすっきりとしたこと。
オマケにぷかぷか浮いて、もうお手本にしたいような(^^ゞよい便なのです。
お医者さんにいうと(山近記念クリニックの杉田先生)
『みんないろんな事いうけど、関係ないね~』とのとこt。
まあ、ピロリ除菌と直接的な関係はないのでしょうけど、
私にとってはピロリ除菌が腸内環境をよくしたということは言えるのかなと
思っています。

昨今、ピロリ菌のメリットとしての胃酸の抑制や食道がんに対してはメリットがある
という見解も見受けられます。まあ、いてもいなくても、私たちのまわりには
沢山のリスクがありますね。ご縁があったことを受け入れて、
自分自身の生活も見直しながら、楽しく日々を過ごしていきたいと思います。

料理:何を作ったらいいのかわからない!!-③

けさ、送り火をしました。
お盆も終わりですね。
ご先祖様も、牛にのっておかえりになったでしょうか?

さてさて、
この料理何を作ったらいいのかわからない!!シリーズも3回目。
このシリーズ、続くのかどうかわかりませんが、とにかく
一緒に悩みましょう。

私がメインディッシュとして、どんなものをつくっているのか
この2,3ヶ月書きためたメモレシピから拾ってみました。

作りおきであげてあるのは
ネギマリネ、マリネ(タマネギ、パプリカ、きゅうりなどなど)
ポテトサラダ
茄子の揚げ浸し
きのこのオイル煮
人参の白和え
コールスロー
インゲンのごまあえ
さっちゃんのスペアリブ
カレーピクルス
キュウリの保存食
じゃこのふりかけ

仕込み料理としては、

煮豚、
鳥の甘酢煮
肉巻きロール
餃子
春巻き
ポテトグラタン

仕込み料理のなかでも、煮豚、鳥の甘酢煮、肉巻きロールは頻回にでてきますねえ。
餃子は、時間があるときのレジャーのような感じ。ドラマを見ながら沢山作って
冷凍します。

もう少し、レシピの幅を広げたいですねえ。
とくに、魚料理が下手くそで、焼くだけパターンが多いです。
まあ、無理せずに出来る範囲で。
そして少しずつ美味しいが広がるといいなあって思っています。

みんな、がんばりましょうねえ。