いつもの生活」カテゴリーアーカイブ

カゼに漢方葛根湯って言葉がありますねえ。

カゼに漢方葛根湯という言葉、聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか?
私も、葛根湯の顆粒、持ち歩きのポーチにいれていつでもさっと飲めるようにしてあります。

葛根湯は、葛根湯はhttps://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/001.htmlここでも
解説してあるとおり、カゼとしては有名な薬。
胃腸をあっためて発汗を促し、項や背中の緊張をゆるめ、結果的にカゼが治るという感じです。

葛根、大棗、麻黄、甘草、桂皮 しゃくやく、生姜。

よーくみると、葛湯に生姜とナツメをいれて、それにちょっと発汗を促す麻黄と筋肉をゆるめる芍薬が
入っているのかと理解できるようなかんじですね。

大棗はなつめ、滋養強壮、利尿、痙攣をゆるめたり鎮静作用があったり。つまり緊張による痛みや
辛さを緩和してくれるかんじ。

葛根はくず。葛湯でも使われますね。つまり胃腸を温めるということが主なんです。
暖めて発汗させて、表にとりついた寒邪をぷるぷるプルって払うわけです。
私だったら、うっと思ったらサクッと飲みます。
で、これで効かなかったらこれ以上は深追いはしません。
寒邪がいるいちがもっと深ければ、もう効かないし、
葛根湯で解決できる問題じゃないのかなって考えます。

逆に、カゼかな?という状況ではなくても、後頭部を中心とした頭痛や
肩こりに使うこともあります。
胃腸を暖めて軽く発汗させて筋肉のこわばりを緩める目的で使うわけです。

まあ、麻黄が入っている解表剤ですから、なんども、ナンドも使うと
内側がひからびちゃうよーというところです。

また、葛根湯は、桂枝湯+麻黄+葛根とも言えます。
桂枝湯はさむけ,微熱,頭痛,のぼせ,体力虚弱な人のかぜのひきはじめなどといわれますが、
結局、葛根湯は桂枝湯にがつっと発汗させて取り去る麻黄と葛根をいれているということで
この桂枝湯が穏やかに胃腸をあたため身体を健やかにさせようというメインとなるわけです。

この桂枝湯は、シナモンの良い香り(けいし)、筋肉を緩める芍薬、美味しいナツメ、
甘い甘草、生姜が入った野菜スープなんですよね。

この野菜スープをより強力にしたのが麻黄湯や葛根湯という感じですね。

風邪について:1 やっぱりご飯が大事かな

風邪について

昔はよーーーーく風邪を引いていました。喉が痛いというのも常。あれこれの対策法をとっていました。
それが、
『あれ?風邪って引いていない』
『そういえば、風邪薬のお気に入りあったけどチェックしなくなったなあ』
『喉が痛くなると使ってた喉スプレーもうずっと使ってない』

という感じで、風邪に強くなったなあと思います。
まあ、こんなこと書くと大風邪引いて寝込んだりするので(^_^;)大きな事は言えませんが、
一番の理由は5年ほど前に思うところがあって、食事を改善したことだと思います。
外食中心だったのをやめて、夕飯を中心にタンパク質の主菜を考えた上で、野菜などの
副菜もたっぷり作ります。
ほかの方がみたら大抵こんなに作るの?といわれるぐらい作っています(^_^;)。
これはスタートとなる動機は家族のためだったのですが、
結果的に自分の健康にも非常に役に立ったんだなあと思っています。

食事そのものについて、『この食材がいい』とか『これを食べましょう』というお薦めは
ほとんどないです。
ただ、タンパク質のメインディッシュ。肉、魚を中心に2皿。それに野菜を茹でることを中心に
あれこれ作っていきます。果物も乳製品もとります。あまり食材そのものには凝りません。

細かいことにこだわるよりも、美味しく食べること。種類を増やすことの方が
現実的でメリットがあるように私は思っています。

なんどか写真でもアップしています。

たとえば、これ。ある日の夕ご飯です。
大根の煮物、サラダ、ブリ大根、鮭のタルタルソース。ネギ豆腐、野菜炒め、野菜ときのこの甘酢漬け、
ブロッコリー、きんぴらかな。こんな感じで気が向くまま作っています。作りおきで繰り回す部分もあるのですが、
肉と魚は意識的にいれます。後の野菜は気の向くままかな(^^)

さてさて、話がそれました。
風邪について、少しまとめながら考えていきたいと思います

毎日歩こう! 目標は7500歩。

毎日歩こう!

ふとYouTubeの動画をみていて、歩くことは大事と感じました。
そこで、私のアイホンで過去のデーターをみてみると、
去年の1年間の毎日の平均が5051歩と出ていました。


うーん、思ったより歩いているような、歩いていないような。
とりあえず7500歩!という目標を立ててみました。

振り返って毎日の記録をみると、ポケ活が私の歩行の原動力になっているのが
わかります。いまの一日のスケジュールは

朝:ルーティーンの家事+朝のお勉強タイム
昼:家事+夕飯の仕込み、昼ご飯
夜:夕ご飯の支度と食事、ポケ活30分、お風呂、レアジョブで25分の英会話。寝る

です。この食後のポケ活が唯一の歩く時間になっています。ポケ活でジムバトルを多く始めて
からは明らかに歩く歩数はダウン。つまり止まってしまっているのです。
うーーむ、時間をこれ以上増やすことは出来ないので、仕方がないのでポケ活のジムバトルは
卒業で歩行数アップにします。計測するとだいたい3500歩程度。

うーーーん、これだけだと、どうしても7500は無理です。

夕方ふとみてみると、こんな数字。
まあ家の中ではアイホンをもってあるいていませんので、完全に正確ではないですけど
目安にはなります。朝昼のルーティーンだけだと、歩いてないですねー。

私の家から近所の公民館まで歩いてみると、往復で5,6分ですが歩数で1000歩ぐらい行きます。
一日1,2回でもいいので、これを追加して平均歩数の増加に繋がるか様子をみることに
します。

また、近所にあるマクドナルドまで歩いてきました。片道で1500歩。往復すれば3000歩の確保が出来ます。
爽健美茶が100円なので、これをニンジンにして歩こうかなー(目の前にニンジンがぶら下がらないと行動がなかなか起きないタイプなのです(^_^;))

とにかく、”習慣化”が全てだと思います。
どっかにルーティーンで歩く歩数を増やすことを落とし込まなければ、この目標数の7500は
達成できません。

どうなることやらですががんばるぞ!

やってきたこと、やっていきたいこと。

やってきたこと、やっていきたいこと。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年はねずみ年、ぴかちゅ!の年です。
楽しい一年となりそうですねえ〜わくわく。

さて、ずっと鍼灸院をさせていただいております。
ときどき、『どっかを押せばずばっと治るツボありませんか?』と患者さんに聞かれます。
鍼灸歴も長くなってきて、後輩にもあれこれと聞かれることも多くなってきたのですが、
その中にも、この手のぱっとやってぱっと治る事を求める質問を多く頂きます。

確かに、私自身、1回の治療で症状を改善できるような状況にあるときには、そのようにすることも
ありますし、みなさんの貴重なお時間を使ってきて頂いているのですから、最大限の効果を考えながら
治療を組み立てているのはいうまでもありません。

しかしながら、人にとって一番大事なポイントはどこなのか? どうやっていくことなのかという
事が本当は一番大切です。

私は、『人を診る』ことが自分のテーマです。鍼灸とか東洋医学とかあまり関係なく、人を診るのが
凄く面白い。で、その人を診るための手段としての東洋医学的な手法(四診とか弁証論治)は
使い勝手がよく人間理解がしやすく、『人を診る』ことがより楽しくなります。

一発で治る鍼灸も、上記『人を診る』ために使った弁証論治があれば、この人にとって
人生を歩んでいく上で何が必要なのかもわかります。今回の治療だけではなく、あなた自身にとって
一番必要なモノはどういったことなのかを一緒に考え、提示させて頂きたいと思っています。
まあ患者さんが納得してくれるかどうか別ですが(^_^;)

この人間に対する理解がなければ、鍼灸の方向性もないと私は思っています。だから私自身の興味もあり、鍼灸の方向性を決めるこのやり方がベストだと思います。

その上で。遠隔診の研究も続けていきます。この観点は今後も自分の臨床の力をあげ、
いままで漠然と使っていた開・合・枢理論や子午などがシステマチックに
使えるようにしていきたいと思っています。
バラバラだったホモログの考え方もあわせて、重ね、一体としてみるときに空間的なイメージを使えます。
これはオモシロい!。

この遠隔鍼の私が今のところ感じる欠点は、それぞれがバラバラで、
説明のための説明をしすぎている点と、特効穴的なところに頼りすぎているところ。
これは『人を診る』という観点からの弁証論治的な見方をベースにすることで
この問題点を十分補えるという実感があります。(っていうか、生命観を用いて全身的にみる
発想をベースにしないと遠隔診は逆により難しいって気がします)

やっぱり、一番は『人を診る』こと、ここが大きなポイントです。
人を診るということをしておけば提示できるアドバイスも広がります。
症状をみるのではなく、『人を診る』です。
人生が楽しく、充実したものでありますように(^^)

今年もよろしくお願いします(*^^*)

英語の時制、現在完了形から。

昨日のレアジョブレッスン。beforeを使った言い方で現在完了形を使った方が良いと言われたことから、話がはずみ、英語の時制についての挑戦となりました(^_^;)。12もあるのよ!。

一つ一つ私が頭で必死に考え作った文章に先生が時制を書き解説。

I have a pen(1.simple present tense)
I had a pen(2.simple past tense)
I have had this pen.(3.present perfect tense)
I had had this pen.(4.past perfect tense)
I have been having this pen(5.present perfect progressive)
I had been having this pen.(6.past perfect progressive)
I am having a pen(7.present progressive)
I was having a pen.(8.past progressive)
I will have this pen(9.simple future)
I will have had this pen(10.future perfect)
I will have been having this pen(11. future perfect progressive)
I will be having this pen(12.simple future progressive)

それにしても英語って面白いねえということでぺちゃくちゃ。
日本語もそんなに時制なんて気にしないだろうし、タガログ語(フィリピン言語の一つ、フィリピンには沢山のダイアレクトがあるのよ)でもやはり時制はそれほどシビアではないと。

アジアじゃ時制はいい加減??よい加減?

言語ってのは文化だなとつくづく思います。
ですので、単に英語を習うというよりも、日本という文化をしっかりと理解し、
英語を使う人の文化も理解していくことが大事かなと。

おもしろいっす(^^)
来年も、きっとレアジョブで英会話つづけるだろうなーー。

#レアジョブ #時制 #自然 #猫 #花 #小田原 #お庭大好き #ビッグママ治療室