いつもの生活」カテゴリーアーカイブ

打撲がいたーい、漢方

打撲の漢方、鍼灸

大腿二頭筋というのは太ももの裏側の筋肉です。

昔、息子が柔道で打撲。さてさてどうすることかということで、キネシオテープをはり、パイオネックス。弾性包帯という組み合わせで急場をしのぎました。

まあ、この部位の外傷ですので、靱帯の損傷とか、関節の問題などがあまりない。ざっくりな感じでもOKかなという感じです。

以前に漢方医のドクターが、武道家には「治打撲一方+桂枝茯苓丸+芍薬甘草湯」セットを用意しておくとよいですよと仰っていたのを思い出しました。

治打撲一方:打撲の痛みを取る漢方

経皮、丁子、大横、ボクソク、川芎、川骨、甘草の7種類。

経皮とは発散制の生薬で、熱や痛みを発散。大王と、ボクソクは収斂作用によって熱や腫れをさまします。川芎は血液循環をよくし、川骨は止血作用、全体の緩和で甘草が使われていますねえ。

桂枝茯苓丸:瘀血をとる有名な漢方

経皮、シャクヤク、茯苓、桃仁、牡丹皮

桂枝茯苓丸は、瘀血という血液循環の悪さや瘀滞、うっ血を取る漢方として有名です。女性の整理の問題や血の道などでよくつかわれます。

構成生薬は5つ、経皮には発散と胃腸を健やかにする作用が期待されのぼせや頭痛によいともされます。またシャクヤクは痛みをとる代表選手!、茯苓で気分を落ち着け余計な水分を裁き、桃仁や牡丹皮で血液循環の改善を図ります。しっかりと鬱滞した瘀血を動かし取り去ろうという感じですね。

芍薬甘草湯:痛みを和らげる有名選手!

シャッカン湯といわれ(シャクヤク甘草の略ね)、痛みを和らげる漢方として、足の引きつりなどを止める役目が特に有名です。シャクヤクと、甘草だけのシンプルな処方ですねえ。骨格筋の痛みを和らげ、とくに差し込むような痛み(足がつったときか(^^ゞ)に有効と。

3つの漢方処方が出されていますが、生薬として重なるものが多いですね。やはり目標が似ているところにあるのかなっていうところなのでしょうねえ。

EPSON MFP image

医師に聞きたい5つの質問

さて、ヘルスリテラリシーを高めるためにで、復習の続き。

医師に聞きたい5つの質問。

自分で読み返していて、なかなか納得というところです。

ご参考まで。

群星沖縄臨床研修センター長 徳田安春先生のお話しからです。

『ある検査や治療を進められたときに、医師に聞くべき5つの質問があります』と

伺っていて、これはなかなか難しい質問だなと思いました。

1つめ:『この検査や治療は本当に必要ですか?』

2つめ:『この検査や治療のリスクは?』

3つめ:

『この検査や治療には合併症や偶発症はありますか?』

4つめ:

『この検査や治療にもっと簡便なものはありますか?』

5つめ:

『この検査や治療を受けなかったらどうなりますか?』

先生は、5つの質問を聞いた上でご自身の考えを医師に話して医師の意見も聞くのがよいと

仰っています。具体的には、

『先生ご自身だったらこの治療を受けますか?』

『先生のご家族だったらこの検査を受けさせますか?』

この言い方はいいですね。

先生に医師としての責任を求めるのではなく、

リスクも引き受ける覚悟で、家族として自分のこととしたら

どんな選択をなさいますかという参考意見を求めているということですね。

それにしても、面白い先生でした。

放送ですから淡々と語っていますが

もっとお話しを聞いてみたいと思いました。

ご著書などもあられるのかなあ。

と、ぐぐってみると、あるある。いっぱいありあすねえ。

とりあえず一冊買ってみました(^.^)

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=akikoyoneyama-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4307101693&linkId=aff6cfe66f202da40ea64730b558558e&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>

マイクロバイオームの話し。果物はそのままの形で食べましょうという話し。

沢山の種類の食品を、そのままの形で食べましょうというお話

さて、NHKのラジオで、「ヘルスリテラシーを高めるために」という放送で紹介された

群星沖縄臨床研修センター長 徳田安春先生のお話し続き、マイクロバイオームの話しです。

これは、なかなか難しいけど、人は一人で生きていない。いろんな微生物の助けをうけ、そして助け(微生物が生活する場として)相互に生きているとのこと。

そのマイクロバイオームの話では野菜や果物はそのままの形で食べるのがよいとのこと。

マイクロバイオーム自体の理解は難しかったのですが、『野菜や果物はそのままの形で食べる』というのは理解できました。特に果物はイメージがしやすい。ジュースじゃなくてそのままね(^^)

また、これは別の出所ですが、果物は100パーセントジュースで飲むと血糖値がパンッとあがりますが、果物そのものの形で食べるとそういった血糖値の上がりが少ないです。350グラムまでの果物の摂取を糖尿病の方が摂取した実験でも血糖値の変動を悪化させる要因にならなかったとのお話です。このお話は佐々木敏先生。大好きな先生です。こんなサイトを見つけました。http://wedge.ismedia.jp/articles/-/13802?page=2

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/13855

さてさて、マイクロバイオームの話しに戻りましょう。

マイクロバイオームというのは、痩せや肥満と密接すると。

つまり、同じカロリーを摂取しても痩せる人と太る人がいる。その違いは腸内にある

細菌の違いで、体の中にある膨大な数の細菌が,マイクロバイオームというまとまりを

つくり、私たち体の細胞とやり取りをしながら生理機能をコントロールしやせたり太ったりという結果につながっているということです。

この分野、ちょっと調べてみると。体と体内の細菌の状態というのは一体感があるという

ことがいわれていて、なんだか面白いです。また別の機会に学んでみたいですねえ。

人間は心とカラダがある。そして外界があるという感じですが、その中に外界でありながら

密接に影響する細菌叢がある。この細菌は人によって違う。細菌叢まで私たちの

体かな(^^)。

って、一年たって読み直してみても、マイクロバイオームってぜんぜんわかっていない私(^^ゞ。わははは。とりあえず、なんでもたべよっと。

写真は、治療院の庭にあるキンカン。今年は大豊作。どうぞキンカン摘みにやってきてくださいませ。

高松空港のお茶。うまだしがよいです。

毎度毎度の高松空港。一体私は何往復しているのでしょうか(遠い目(^^ゞ)

カードラウンジのフリードリンクのうち、このお茶が一番好きです。

美味しいの。

 

そしてもう一つ、高松空港で印象的なのが、ダイソンの乾燥機

なかなか印象的ですよ。

減塩の話し。ヘルスリテラリシーを高めるためにから。

さて、もう一つ面白かったお話の再掲です。

NHKのラジオで、「ヘルスリテラシーを高めるために」という放送で紹介された

群星沖縄臨床研修センター長 徳田安春先生のお話し続き、減塩のことです。

減塩はよくいわれますね。でも、お塩のきいた食事はおいしい。

減塩は、体に良いということを具体的に、

1㌘の減塩を国民全体でおこなうと、循環器系の疾患が1万人減る。

2㌘にすると2万人減る。

うーむ具体的。減塩は当たり前だけど大事ですねえ。

減塩で女子栄養大学のレシピで取り上げられていたのがキノコのオイル煮。

これは

1)キノコをガバガバと鍋に入れる。

私はえのき、しいたけ、マイタケ、エリンギ、ブナシメジなど安そうなものをガンガン入れちゃいます。

2)ケーパーをいれる。

うちのダンナさんはこれが好きだそうです。好きっていうようなものか?と思いますが、まあ好きって言うんだからいれます。

3)アンチョビを適当に

4)適当なオイルをいれます。菜種油かな。こないだは米油で作ったら、今日のは上手いっていっていましたねえ。だいたい1カップ

これで、15-20分ほど蓋をして蒸し煮という感じにします。うちのダンナさんは「おら、これが好き」と抱えて食べてます。

私は・・・・。