いつもの生活」カテゴリーアーカイブ

ニャンコ先生による、厳しいキッチンリフォーム監視ーその2

ニャンコ先生による、厳しいキッチンリフォーム監視。

ニャンコ先生による、厳しいキッチンリフォーム監視は続いています。

前編はこちら→ニャンコ先生によるリフォーム工事監視

ビルトインタイプの食器洗い機。

私はどうしても、キッチンの右端にしたかったのですが、

いまどきのキッチンの食洗機はすべて中央。

うーんそれはちょっと〜ということで、

工務店さんが、枠をオーダーで作ってくださり、

食洗機を右端にしつらえました。

表面の加工はどっちの色でと赤と黒のパネルを見せられたので、

「ミニ風のストライプで!」とリクエスト。

「もう〜米山さんだから仕方ないなあ〜」と手間暇かかる加工をしてくれました。

赤のストライプの位置を測っている職人さん

猫 イラスト

傍らに座り、ふむふむと納得しているニャンコ先生

猫 イラスト

そして、やっぱりこのLINEは上から下までまっすぐにねと指示出ししているニャンコ先生。

猫 イラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

途中でもっとヨロシクねとゴマをすりだしたニャンコ先生は動画でご覧くださいませ(^^)

完成したキッチンはこちら。

キッチン

ミニクーパー風のかっちょいいデザインの食洗機となりました。

山下技研さん、ありがとう!
大満足です(^^)

不妊治療は確かに大変、でもいまある幸せを見失わないで!

 

幸せな今を見失わないで!

 

私が不妊治療をなさっているカップルをみて思うのは、

お互いに共通の目的をもって、頑張り、いたわり合える人と手をつないでいるという現実です。これは妊娠するしないにかかわらず、そういったパートナーがいるというのはとっても幸せなことです。

お二人の生活を候っていて、
 『あーご主人はこの奥様のことを本当に大事に思っているなあ』
 と感じる事がよくあります。いいなあ(^^)わくわくと(^^)

この幸せなことに、『妊娠出来ない』ということで、全部がふっとんでしまうのはとても勿体ないことだと思います。

不妊治療の場合は、一般論として年齢要因は大きくのしかかりますが、ちょっとした工夫や、その人にあった養生をすることで妊娠がぐっと近くなることがあります。

人生を共に歩んでいくパートナーがいるという幸せ

 

お互いをいたわり合い、努力し合い、より健康になる道筋で妊娠、出産をへて、子供さんと一緒の人生を歩むことが出来たらステキだなと思います。

そして、もしも子供さんが授かることがなくても、よいパートナーと巡り会った幸せを感じ、人生を共に生きていくことができたら、それはそれでとっても幸せなことだと思うのです。

妊娠したいというご希望に向かって進むのが不妊治療です。
私は子供が欲しいと望む皆さんに、ひとりでもいいから、とにかく子供が授かって欲しい。
そのために、どうしたらいいのか、その方にとってのベストを一緒に考えていきたいと思っています。

そして、妊娠してこの人との子供を授かりたいんだという一つ手前のことも

時々思い出して、あせらず、立ち止まらず、前にすすんでいきましょうね。

自分の今手の中にある幸せは、ついつい見落としてしまいます。
そして手の中にないことばかりあたまの中にいっぱいになりがち。
それでも、時々手のひらをみて、今あなたの手にある幸せも感じてみて下さいね。

イラスト ツボ セルフケア

 

餃子の皮は餅粉入りか否か、餃子へのあつきラブラブ

昨日いったスーパー

すごく良い感じの豚挽肉がありました。
挽肉は、やっぱり買う店を選びます。肉を選びます。
そしてうーん良い感じと思いました。

パッと浮かんだのはハンバーグ、でも、合い挽きをみると、買いたいと思えない感じ。
やはり豚挽肉か・・・そうなると選択肢は餃子一択。
餃子を作るとなると、午後の予定がかなり圧迫されます。
うううむ、でもでも、だってこの挽肉が私を呼んでます。

ということで、挽肉800㌘、生姜、ニラ、ネギ、椎茸。皮を100枚分。

私は餃子の時に、キャベツや白菜を入れません。代わりにネギをガンガン切って入れます。
それにニラが一把。生姜は新生姜があったので細かくみじん切り。椎茸もひょいひょい。

そして、オイスターソース、卵2個、中華スープの元。
餃子はここでしっかりと味をつけた方がおいっしっすよん。

今回のテーマは皮

私は実はもち粉入りの皮が今ひとつ好きになれません。
どーも、モチモチしていやなんだもん。
ただ、値段も倍するこのもち粉入りの皮、いつもあるんですよね。定番。
やっぱりこちらを指示する人も多いのかということで、
家族の意見を聞いてみることにしました。75は普通の皮、25はもち粉入り。
このモランボンの皮は私の中では合格点のメーカー。皮も色々なメーカーがありますが、
そのメーカーによってかなりできばえが違います。
好みをみつけたいですねえ。

さて包みます。

 

ぱーっと並べ、サクサクと置いていきます。

この方法が一番早い。

 

 

 

最初の25個はそのまま冷凍しました。パッドに並べて、冷凍庫へ。

だいたい固まったらビニール袋へいれて空気を抜いて保存。

 

で、ここで、冷凍作業とか、保存作業が入って写真を撮るのを忘れました(^^ゞ

夕飯では、やはり薄皮に軍配があがりました。一部『もち粉がいい』っていう意見もありましたが、多数派が薄皮だったので、これからも薄皮で行きます。100個の内、35個を消費。65個を冷凍しました。冷凍餃子もうまいんだな〜(^^)

形成外科の先生、すごおい!

8月の上旬の出来事。

注意しなくちゃと思いつつ、冷凍の肉を切っていてざっくり。
痛いという感覚もなく、パッと見ると左の中指から血が・・・
指の先端をガツッと切ってしまいました。

肉は皮一枚でくっつき爪も無事。
でも出血がなかなか止まらず、救急外来を問い合わせると、小田原市内の外科担当の病院は、
『脳の出血以外ダメ』とのこと。
結局、受け入れていただける、ちょっと遠い市外の外科へ。

昭和レトロな病院で、
おじいちゃん先生が「あー縫わなくて良いね」とヨードチンキで消毒してなにやらして包帯。
明日も来てと言われ、次の日も。
この日もヨードチンキ+何やら止血のガーゼして包帯で、明日も来てと。

ううむ、行くのはやぶさかではないのだけど、遠い。
ということで思い切って近所の形成外科に。
ここのおじちゃん先生は、私の中でかわった先生ランキング上位だけど好きな先生。

先生は「薬は?薬は?何も飲んでないの????」といいながら、
張り付いてしまったガーゼを湿らせながらコジコジと。
とれない、とれないとつぶやき。
何度も何度もチマチマととれない、とれないとつぶやき。

私は心の中で、「もういっそのことバツッと引っ張ってもよくね?」と思いながら、指を出しぐっと痛みに耐えてました。

ごじごじごじごじ。
決してびりっとはやらず、ごじごじごじごじと湿らせて取っていきます。

傷があらわれて、
「あーなんで外科行ったの」
「いや日曜日で救急の指示が・・」というと、
「僕いたのに」とつぶやき風。

いやいや先生日曜日にいらしても救急はつながらないんじゃないっすかねえと思いながら、先生のつぶやきは続く「これだから小田原の救急は・・」つぶやきつぶやき。わかりました次回スパッと指を切ったら先生のお家のドア叩きます(ウソです(^^ゞ)。

先生は、指先に茶色の厚いゴム板みたいなのをくっつけ、成型し、薄いテープで何重にも。外科に比べて驚くほど丁寧で、傷をただの怪我をみるというよりも、大事な大事なところという感じで扱っていらっしゃります。

「先生、丁寧なんですねえ」と、つぶやいてしまうと、
「僕はいかに傷をキレイに治すかが大事なの・・」と。

そうかあ、傷が治ればOKも十分理解出来ます。
でも、以下に傷をキレイに治すかという観点だと話しが違うんだなあと納得。

お盆休み中、テープをもらい、頑張って保護しました。先生の強引に決して引っ張らないってのを見習って、テープも丁寧に、丁寧にはがして、丁寧に付け替えをしました。

みなさん、刃物は注意です~。

そして、傷の治りという点で、形成外科の先生(とくに小田原のかわったおじいちゃん先生)は、すごいなあと感心したヨネ婆ちゃんでした。

実はこの先生がなさった巻き爪治療の患者さんの爪を診たことがあります。
すごく綺麗で、ご本人もこの手術以降痛みが一切ないと。
きっと、こんな風に、丁寧に、丁寧に爪をみてくださっていたんだなあと
想像。
ちょっとだけ風変わりな先生ですが、傷への愛が伝わってきます。
この巻き爪の患者さんと、『この先生、患者さんと話しするって言うより傷と話ししてたよね』というと『そうそう!』と。

丁寧に、丁寧にの姿勢は私の学びにもなりました。

茄子と鶏肉と梅干しのさっぱり煮、夏のおかず

茄子と鶏肉と梅干しのさっぱり煮、夏のおかず

鶏肉のおかずは、美味しくて食べやすくオマケにコスパもいいですねえ。

うちの食卓にもよく登場します。

この梅干を入れたさっぱり煮は

人気のメニューです。
むかーし買った茅乃舎だしのパンフレットについていたレシピが元です。
このレシピでは確か茅乃舎だしを使い(当然ですね(^_^;)、それに醤油を足していましたが、
めんつゆでもOKかなと思います。
梅干しも美味しくてパクパクです。

let’sトライ

簡単に言えば、

1)茄子を大きな拍子切り→炒める

2)そこに出汁(めんつゆを水で割る、あるいは出汁+お醤油)と梅干しで一煮立ち。

3)片栗粉を薄くまぶした鶏肉を入れて5分煮る。(鶏肉に火が通るまで)

こんな感じです。つまり茄子を炒めて、煮汁を入れ煮立たせ、そこに鶏肉を入れて煮るです。

まず、茄子を炒めて、薄めためんつゆをこれぐらいいれます。

 

 

 

 

 

梅干しもいれて、煮立たせます。

 

 

 

 

 

煮立ってきたら、食べやすい大きさに切った鶏肉に片栗粉をパタパタして、そっと入れます。

わーっと煮ていきます。鶏肉は分厚いところがあると火が通りにくいので、自信がなかったら切って火が通ったか確認を。

蓋をして5分ぐらいを目安に煮ます。
我が家の夏の大人気メニューです。

うちのダンナさんは、好きなだけパクパク食べる人、
何度言っても、梅干しを多めにパクパク。
バランスよく食べてよね!