いつもの生活」カテゴリーアーカイブ

鍼灸osakaに原稿を書きました(^^)

鍼灸師の方々向けの雑誌から依頼をうけあれこれ書いたり、対談したりをしました。

 

前回の鍼灸osaka132 では巻頭言を、そして引き続いた鍼灸 osaka133では「女性が健やかに老年期を迎えるための提言」という対談に参加させていただき、あわせて、症例についての原稿も一本書かせていただきました。

132の巻頭言は、治療院の雑誌コーナーにおいてあるのですが、なんだか患者さんに好評です。私自身の歩んできた思いでとこれからの思いを綴ってみました。なんかかわいいのよね~言っていることが(^^ゞ。

133号のテーマは「女性の健康寿命をアップする」その中での対談のテーマは、女性が健やかに老年期を迎えるためにということでした。

対談も先立ち、他の先生方はどんなことをおっしゃるのだろうかあーって思いまして、こうむら女性クリニックの院長でいらっしゃる、甲村先生が出している「やせ組女子の美人体質になる方法: 本当の「キレイ」を引き出す美意識のヒント」をあらかじめ拝読させていただきました。

その本に出てくる食事に関するお話しが、私自身が治療院でとりいれているものとほぼ同じ。ものすごく共感しました。ご本のきっかけは摂食障害ということですが、「食」に通じるさまざまなことが具体的に、そして私にはよく響く言葉で綴られていて感激でした。そして実際に甲村先生のお話を伺えて楽してワクワクしました。

この対談で、私自身も食の話しをさせていただいています。これはみなさんにいつも説明させていただいているとおり。まず、なにをおいても、「食事生活記録」を書いていただくこと。これが食について臨床の中で取り扱うのならば必須と思っています。そして厚労省が出している食事バランスガイドに基づくカウント。ここからスタートです。

また、対談では2つの症例を紹介させていただき、そして症例の原稿ではひとつの症例を深く掘り下げてお話しさせていただいています。

鍼灸osakaは鍼灸師向けの業界紙ですので、一般の方が購入することもないとは思いますが、治療院においてありますので、気になる方は目に通してくださいね。また133号に関しては伐冊もありますので、ご希望の方は受付にお声をかけてくだいませ。

こちらが最新号


 

一つ前の

占いは、本気で! 肩の荷を降ろしてすすみましょう。

占いが大好きなかたいらっしゃりますねえ(^^)

また、いろいろな雑誌の一コマだったり、

日常的に、星座占いや干支占いなど、私たちの生活に溶け込み入り込んでいますね。

神社にいって引くおみくじも占い。

あれこれアドバイスなどが書いてあり、ふむふむと唸ったり

 

「すごく迷っているんです、占いにでも行こうかと思って」

と、あるかたと占いの話しになりました。

私は占いに対しては心を決めています。

占いは、神様からの言葉を頂く行為ですね。

だれかわからないけど、上にある人の言葉をいただく。

迷って、決められなくて、どうにもならないときに、

言葉をいただいて、道を決める。

そんな行為なんですよね、占いって。

だから、その言葉を私たちは本気で受け取らなければなりません。

右にいくか、

左にいくか、

とても迷っている。

考えても、考えても結論が出ない。

こんなときに、占ってもらったとします。

「右に行きなさい」

と言われたら、必ず右に行く。

いただいた言葉を素直に飲み込んで、行動にうつす。

ここが占いのポイントだと思います。

占いで頂いた言葉を大切にすることが、神様との信頼関係を

築くことになりますから、運もよくなります。

言葉を頂いてから、「えー右には行けない」という気持ちであれば、

もともと占ってもらってはいけない状況なのです。

占いの言葉を裏切ることはとても恐ろしいこと。

せっかく言葉をくださった神様を裏切ること。

右は選べないと決まっているのに占ってもらっているということは

本当に迷ってはいないのです。ただ心を決められないだけ。

つまり覚悟ができないのです。

右も左も選べない、前に進めないというだけなのです。

このときに、素直に言葉を聞くと言うことは、前に進むという

ことでもあります。

言葉を聞けないもう一つの問題は「素直さがない」ということです。

素直さは人生を生きていくときに一番大切なことです。

ぐっと飲み込めないアドバイスを、するっと飲み込むことこそ、

これからの人生を順調に生きていくコツです。

だから、占いから素直さを学び身につけるのがポイント。

迷って、悩んで、ぐじぐじのループ。

それは脳が疲れます。

結論もでず、前に進めません。

その無限ループから引き出してくれるのが、神様の言葉のはずです。

神様の言葉を裏切らないこと

素直な気持ちで言葉をいただくこと。

この心の位置をしっかりと決めること。

覚悟をきめること。

考えること、悩むことは疲れます。

ゆっくり呼吸をして、言葉をいただき、感謝してすすみます。

いらない荷物をおろして、歩き始めましょうよ

鶏肉とナスのだし梅煮

茅乃舎のだしからのレシピ。

いままで、好評だったんだけど、この2回ほどどうも不調。

写真を撮り忘れて(^^ゞ、昨日の残り物になっちゃいました。

出汁の水分が足りないのか、なすを入れすぎか。

鳥の胸肉二分の1に対してナス2本、出汁一袋、水200ミリリットル。醤油小さじ1です。

1)ナスを炒める。

2)1)に出汁、水、梅干し、醤油を入れて軽く煮る。

3)片栗粉をまぶした鶏肉をくわえて5分ほど煮る。

これだけなんですけどねー。

なんか煮詰まっちゃう。

鶏肉の切り方が悪くて、厚すぎるのかな???。

パンフレットから切り取った写真はこんな感じでした。

おいしそう!

朝顔の季節、そしてブルーベリーも食べ頃さ!

ことしは、案外雨の量そのものは少ない感じがしています。

曇っていても、なんとなく湿っている気がしても水やりは欠かせません。

こんなときに、朝顔は難しい。

 

それでも、ぱっちりと咲いてくれました。

一日花らしい明るさ!

 

裏の庭にまわると、ブルーベリーが食べ頃!!

食べながらの収穫です。

おいしいいいいいい!!

こんな感じだったり、

こんな感じだったり。赤っぽいのや緑がかっているのはまだまだ。

大きくなって青さが増したブルーベリーが食べ頃です(*^_^*)

楽しい季節です。

 

 

にんじんの白あえ

人参の白あえというと、佐藤初女さんと思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

森のイスキア、そしておにぎりというキーワードが浮かびます。

私にとっての初女さん定番はこの人参の白あえ。

豆腐をしっかりとゆで水を切ること。

くこ、クルミなどとあえること、

人参をちょっぴり甘めにゆであげることなどがポイントかな。

初女さんはクッキングペーパーなど使わないのですが、私は使わせていただいてつくってます。

でも、抵抗がありますね。初女さんを意識してつくるのならば、やっぱり布巾かな。

 

つやつやな人参。少し多めに作ったので、翌日には肉巻きに使いました。おいしかったあ!

 

ゴマをすると、ぱあっと香りがたちます。やっぱりすり鉢がいいなあ。

そして豆腐の水切り、しっかりと火を通した豆腐を作ります。

 

あえた豆腐美味しい(^^)

最後の写真を撮らずにパクパク食べちゃったので、

こちらのサイトを紹介しますね。

初女さんのお料理