いつもの生活」カテゴリーアーカイブ

葉桜になってきましたねえ。

今日の朝、車ででかけると、もうすっかり葉桜になってしまっていました。

んー寂しい。
そしてもう一週間もたつと、それは緑の葉っぱの木になってしまい、桜ということも
わすれてしまいます。

桜と言えばこの句が有名です。

花の色は うつりけりな いたづらに
わが身世にふるながめせしまに

小野小町が、桜が散るように私の美貌も散っちゃっわねってシニカルにつぶやいている
感じです。

美貌で有名な小野小町
その美貌も若さがあってこそ栄えるもの。
ながめているまにどんどん変わっていくっていう、その時間の移り変わりを
桜の花にたずさえて語ってくれています。

時間が流れていく
桜は、春の訪れを感じ、つぼみを膨らませ、
あっという間に幻想的で魅惑的な盛りをみせ、
ながめているうちに、風に乗って舞いさっていきます。

桜の散り際の良さに心がうごかされますね。
そして、また色があせたとしても、そのあせた色を楽しむような余裕を
小野小町から感じます。

若さなんて、美貌なんて一時のもの。
時の流れをいとおしく思います。

近所のデニーズ。桜の花が綺麗に眺められます

八朔の木のお引っ越し

八朔の木のお引っ越しをしました。

庭に物置をたてることになり、あれこれ悩んで、八朔の木にお引っ越しいただくことにしました。

この木は、亡くなった主人の母が大事にしていた木。
いままでちょっと日当たりが悪いところにあったので、
思い切って東側の日当たりの良い位置に移動してもらうことにしました。

お引っ越しは大変だけど、頑張ってねえ。

庭師さんが三人いらしての大仕事。

時期的にぎりぎり(もっと寒い時期にやるべき)とのことで
急いでの作業となりました。

ガンガンと彫り上げ、
根っこを包み、

新しい位置に大きめの穴をあけて、

しっかりと位置を決めて、

植え込んでいただきました

ネメデールを蒔いてもらい終了!
根や芽がでますように(^^)

お花見女子会、そして食への決心

お花見女子会

去年に引き続きのお花見女子会。様々な年代の女子で楽しく持ち寄りランチです。今回は料理研究家の方が参加してくださり、ぐぐぐっと豪華に!!。 

お魚料理は、エイのひれだそうです。
エイひれというと、居酒屋で食べるあれ(^0^;)しか思い浮かびませんが
フランス料理の定番なんですね。カスベというそうです。
これにケーパーのソースとフェンネル添え。
豪華メインディッシュにみなで感激しました。やはりプロは違う!!!

そして、当たり前のことながら、食は幸せを運んできてくれると感じました。

美味しいの当たり前。
安心してご飯が食べられる当たり前。
そしてその準備をするときの楽しさ。

忙しいにかまけていると、ここを失いがちになります。

桜が連れてきてくれたよいきっかけと感じ、これからはお料理に精進したいと心を決めました。

私の目指すお料理の道は、仕事をしながらの自分が無理なく、そして素材をいかして、
楽しく、美味しく。また、基本的なLineを食事バランスガイドにおき、
偏りなくということを目指したいと思います。

あまりこらず、そのまま焼いたり、煮たりもありだし、
出しパックも、顆粒スープもあり。エバラ焼き肉のタレも、浅漬けの素もあり!!
時短で美味しくです(^^)。

楽しくがんばろっと。

コロッケ、美味しい!

コロッケの夕飯

久し振りの友達(といっても五ヶ月ぶり?)のところに、四国高松のお土産をもって遊びにいってきました。

夕方、時間ある?ちょっと顔を出すね〜とメッセして、なんやかんやのタスクをこなしてから、彼女の娘さんが好きと言っていたシマヒデのえびせんとふりかけのお土産をもってびゅーんと車で到着。

わいわいとしゃべっていて、あっという間の2時間。あらあら暗くなってきたと思ったら彼女が「これもっていって〜ヨネちゃんがくるっていうから作っておいたんだよ〜夕飯のヒトシナにしてね」とコロッケを渡してくれました。

わーいわい。
水曜日の夜9時過ぎに帰り、木曜日は銀行だの市役所だのの一日で夕飯の支度も簡単にとおもっていたところへのプレゼント。わくわくと嬉しくなっちゃいました。

夕飯で一つ食べると美味しい!
料理上手な彼女らしい、優しい味。
パクパクと続けて3つも食べてしまいました(^^ゞ

料理って、ほんとに周りの人を幸せにしますね。
気持ちがさらっとこもっていて、
食べてみると美味しいくて幸せになりました。

ごはん、ごはん。
ふつうのご飯。

楽しくあり、おいしくあり、しあわせであります。

山芋、豆腐とのグラタンにすればよかった(^^ゞ

山芋、いつもトロロにして食べるので、焼いてみようかと思いました。


焼きたては美味しかったのですが、ちょっと時間をおいたら美味しくなくって誰も
食べてくれませんでした(^^ゞトホホ。

やっぱりスタンダードなすりおろしがよいかしらん。
それと我が家で人気なのは、豆腐と一緒にしてグラタンにすること。水をきった豆腐と粗めにすりおろした山芋をまぜ、
とろけるチーズを上に置いてオーブントースターで焼き目がつくまで焚きます。
これは美味しいです(^^)

山芋は、よーく考えると、「芋」なのに生で食べられます。
ジャガイモも、サツマイモも生じゃ食べられないもんね。
これは消化酵素であるジアスターゼを含んでいるからだそうです。

拍子切りにして、味ぽんも美味しいかも(そうすればよかったかも)

山芋の薬膳効果

滋養強壮によいとされています。ジアスターゼを含み、胃腸に優しいうえに、滋養強壮の効果もあるなどなかなかなもんですね。

生で食べられ、やいたり、揚げ物にしたり。山薬(さんやく)ともよばれ、山でとれる自然食です。山のパワーをもらえそうですねえ。