いつもの生活」カテゴリーアーカイブ

眠れないお茶?

眠れないお茶

私はもともと寝つきが悪いです。

午後4時以降にお茶やコーヒーなどカフェイン入りのものを飲むと寝付けません。

葛根湯なども同じです。

麻黄が覚醒させる成分となるようです。

寝付くというのは、身体にとって内向きのベクトルが強くなり

気が納まり眠りに入ります。

カフェインや外向きのベクトル、つまり発散させるという感じのタイプのものは、

内向きのベクトルを阻害して、納まりにくくさせ、寝付けないということに

なるわけです。

この黒豆茶、ノンカフェインとあり、眠りにはOKかなと思って飲んでいたのですが、

どうもこのお茶も私にとってダメみたいです。

袋を確認すると、ノンカフェイン。

じゃあ、気のせいか(^_^;)と思ってもう一度飲んでみましたが、

やっぱり寝付けない。

眠い〜うとうとでもパってな感じで、先日はだいぶ苦戦しました。

このノンカフェインのお茶で寝付けなくなること。

やっぱり犯人はこのお茶じゃなくて、なにか他の要因なのかなあ。

それともやっぱりこのお茶かなと漢方に詳しい方に伺ってみました。

すると、ハブ茶っていうのは、ケツメイシ(決明子)主な成分はアントラキノン :エモジン、オブツシフォリン、アウランチオブツシンなど ナフタレン誘導体 :トラクリゾン、トララクトンなど。余り眠くなくなるようなものでもなし。

別の方から、デカフェのコーヒーでも、苦みで覚醒しますよ、味覚でも眠れなくなることは起こりえますとのお話し。ううむ味覚なのかと。

まあ、とにかく現時点では夕方6時以降は辞めておこうリストに入れておこうと思います。

決明子は目を明らかにするといわれ、便通をつけ身体をすっきりさせてくれます。

風味があって大好きなのですが、昼間に飲むことにしようと思います。

紫キャベツのオリーブオイルあえ

昨日、紫キャベツが安かったので食べました。
質問を頂きました。

『私も好きなので作るんですが、うまくいかないんです。昨日はカンタン酢に漬けて時間をおきましたが、どーもパサパサして』と

私のお返事

1)ざくっと千切り。
2)ぱらっと塩をふり、ざくざくと少し揉み込み半日おく。
3)しっとりとしたところで、オリーブオイル、少しの砂糖と酢(カンタン酢みたいなもの)、味をみて塩胡椒ぷらす。
4)ポリ袋で揉み込み真空にして30分ぐらい寝かします。

お昼ご飯は、昨日の残り。ブリの煮物、レンコン、ジャガイモサラダ。それに半分発芽玄米をいれたごはんです。楽しいお昼ご飯です(^^)

おいしーーですよ(^^)M

手相の話 結婚線4:結婚して家族をもつということ

ちょっと間が空いてしまいましたが、手相の話シリーズも続きます。

暦が天の気と地の気をみるものであれば、人の気を見るものは、東洋医学的な体表観察や、

その人そのものをみるということです。手相はそんな分類に入りますね。

これもまた面白い分野です。

さてさて、手相シリーズを続けます。

4:結婚して家族をもつということ

社会の変化によって、結婚しない人も増えました。

結婚して家族をもつという単一の価値観だけが優位であるということも

ありません。

私たちは、違う人生を選ぶことは出来ません。

結婚する人生、

結婚しない人生。

自分で主体的に選ばなくても、結果的に選ぶことになります。

私はもうすぐ還暦になります。

案外人生って短い。もう還暦。

今からだと、子供を産むとか、自分自身の血縁のある家族を作ることはできません。

それが人間、女性の自然な人生の流れでもあるわけです。

20代、30代であれば、いろいろ迷い、考え、悩んだらいいと思います。

ただ、いつまでも 「決めない」 選択をしていると、

ご自身が選びうる人生は歩むことはできなくなってしまいます。

自分で「決めて」前に進んでみる。

当然、相手のあることですから 自分が「決めて」も、

思い道理にならないこともあるでしょう。

ただ、まず自分が「決める」ことをしないと、

前に進まないのです。

時間だけが流れてしまうのです。

結婚してパートナーを持つ、

子供を産む、

家族を持つ

これらは、面倒ごと、やっかいごと、大変なこと満載です。

それでも、まあ、還暦になった私は、楽しいかなと(無理矢理感もありますが(^_^;))思っています。迷っていたら「決めて」動いて、パートナーとの人生を

楽しんでみるのもよいのかと思います。

質問にお答えして:どうして不妊の専門家なのですか? 

質問:どうして不妊の専門家なのですか?

ある方から質問を頂きました。

『先生は自分には子供もいらして不妊でもないのに、どうして不妊の専門家なのですか?』

ふむふむ、確かに。

私自身を知っている方だと、私がさほど子供そのものが好きな『子供好き』キャラではないことをご存じです。

猫と子供だと、やっぱり猫の方が好き。だし、

子供に勉強させるぐらいならば、自分が勉強した方がいい。だし。

まあ、これ言葉だけじゃなくて本当に私の人生そんな感じでした。

学校も、子供が行っていて、先生とお約束しているわけだから、宿題も、持ち物も、行事も、基本的に学校と子供自身のお約束だわね。と、一歩間違うと無視(^^;)に近いような無責任な親だったと思います。

こんな無責任キャラの親である私を育ててくれたのは、多くであってきた患者さんそのものなのです。

私が鍼灸学校卒業後は、成業している鍼灸院に弟子入りしていました。その後3年ほど大学病院で研修研究生としてすごしています。ガチお勉強オタクだったわけです。

そんな日々でしたが、ご縁があって、治療させていただく患者さんが増え、その中に『主訴:頭痛』の方がいらっしゃいました。

頭痛がよくなり、生殖医療を前に進めるということでしたので、WHOの鍼灸治療の守備範囲的には初期の妊婦さんには鍼灸は禁忌というルールがあったので、私は『じゃあ、鍼灸はここまでで』というお話しをさせていただいたところ、『身体がここまでよくなったんだから、不妊にもよいはず』と医療職のその方は仰り、不妊治療と鍼灸を並行させるということが、私の中での不妊鍼灸のスタートでした。

つまり、不妊に取り組んだのではなく、体調を好転させることが不妊治療をスムーズにさせるという流れが私の原点です。

そしてこれはいまでも変わっていません。

不妊は確かに『妊娠がなかなか成立しない』状態であり、病院での検査、治療。場合によっては高度生殖医療なども必要でしょう。

しかしながら、この原点にかえると、

1:自然妊娠を成立させ不妊から卒業していく方が案外多い
2:体調がよくなることで、自信がでて、不妊治療を前に進めることができる。
3:鍼灸治療の介入で不妊治療そのものの成績や前に進む力が益してくる。

ということにもつながることが実感できます。

長年不妊治療と二人三脚させていただく中で、不妊治療のポイント、また相談する人が案外周りにはいない不妊治療のカウンセリングなどもしています。

病院での治療は、『その病院での一番のメソッド』の提供です。ときに、もう少し視点を変えて、『ご自身の力での妊娠』または、『他の病院やメソッドでの妊娠』も視野にいれることで大きく前に進む方も大勢いらっしゃいました。

不妊治療は金銭的にかなりの負担となるケースがあります。お金はとっても大事です。どう使うかについても、あなたにとって最善の道への可能性をアドバイスさせていただき、一緒に考えていきたいなと思っています。

新たな希望が開けますように。