東洋医学から見た人間観察」カテゴリーアーカイブ

22−2 血の病機

22−2 血の病機

大前提(繰り返しになります、しつこいぞー)

「気血津液をそれぞれ分けて語ろうとしているのですが、んーー違和感がでかいです。それはやはり、分けて語ることのあやうさでしょうか?各々の言葉は説得力がありますが、所詮まるごと一つの身体をよく見ようとしたときのことば。とりあえず、言葉をしっかりと押さえたうえで、全部捨て去り、その上でうかびあがるものだけをとりあげていきましょう。」

 

血の問題は大きく分けて4つ。血虚、血熱、血溢、オ血です。

血が足りない、熱がある、あふれる(出血)、血管外に出ていく。

気の問題に比べ症状が急性であることが多いですね。ただ、気血は分けて考えられるわけではなく、場を設定してなにをみているのかをいつも頭にいれるということがポイント。生きているをみているわけですからねえ。

 

 

1)血虚

・精血不足ーー脾胃の虚弱から

・過労(精神、肉体)ーー消費による

・失血ー脾の統血作用

ー肝の蔵血作用

症状ーめまい、顔面蒼白、萎黄、つやがあい、視力の低下、目が乾く、動悸、健忘、不眠、手足のしびれ、生理の量ダウン、月経困難

2)血熱

・温熱が血分へ

・偏食辛味による内熱が血を損す

・七情内傷による内火が血を消費

邪熱抗盛ー発熱、高熱、口渇、顔赤い、便秘、口舌、舌苔黄色

邪熱動血ー鼻出血、歯根出血、喀血、吐血、血尿、皮下出血

邪熱傷陰ー潮熱、咽が渇く、盗汗、舌紅

3)血溢(出血)

肝脾蔵血失調

熱邪ー肝ー劇しい急性出血

脾気虚弱ー脾ー慢性出血

肝の疏泄

人の精神活動、気の升降出入、脾胃の消化吸収

肝気鬱結

暴走

強い急性出血

4)血瘀

(オ血は病因であり、不内外因の一つ)、血瘀は、血管から外に出てオ血を作る課程です

原因

気虚ー推動作用の低下、血行↓

気滞ー停滞ー血行↓

血寒ー凝滞

血熱 津液の消費

外傷

症状 刺痛、固定制、夜間↑(精神関係なし)局所の腫塊、唇舌が紫暗または瘀斑

22-1 気の病機から

22−1 気の病気

 

気血津液をそれぞれ分けて語ろうとしているのですが、

んーー違和感がでかいです。

それはやはり、分けて語ることのあやうさでしょうか?

各々の言葉は説得力がありますが、所詮まるごと一つの身体をよく見ようとしたときのことば。とりあえず、言葉をしっかりと押さえたうえで、全部捨て去り、その上でうかびあがるものだけをとりあげていきましょう。

 

ということで、22−1気の病機

 

気の病機は大きく分けて2つ。

機能の減弱(気虚、期間)と、運行失調(気滞、気逆、気閉、気脱)にわかれます。

さて、気虚は先天の不足、飲食失調、大病急病からの元気の虚弱などになります。

症状としては、精神衰弱、疲れやすい、食欲不振、息切れ、自汗、風邪を引きやすい、舌質淡、脈虚

この気虚が長時間続くことによって気陥の状態になります。気虚の悪化状態です。

気陥(気虚+腹部腸満、内臓下垂)

症状:久瀉、血圧の低下、内臓下垂

 

運行失調は、気滞、気逆つまり滞って止まってるってことです。疏したいねえ。

気滞

原因 七情内傷、痰、オ血

特徴:脹痛、遊走性、発症が精神と密接

気逆

精神の抑鬱 肝→怒りやすい、劇しい頭痛

胃:外邪(寒え) 飲食失調

悪心、嘔吐、ゲップ、しゃっくり

肺 痰、喘息、咳

占いは、本気で! 肩の荷を降ろしてすすみましょう。

占いが大好きなかたいらっしゃりますねえ(^^)

また、いろいろな雑誌の一コマだったり、

日常的に、星座占いや干支占いなど、私たちの生活に溶け込み入り込んでいますね。

神社にいって引くおみくじも占い。

あれこれアドバイスなどが書いてあり、ふむふむと唸ったり

 

「すごく迷っているんです、占いにでも行こうかと思って」

と、あるかたと占いの話しになりました。

私は占いに対しては心を決めています。

占いは、神様からの言葉を頂く行為ですね。

だれかわからないけど、上にある人の言葉をいただく。

迷って、決められなくて、どうにもならないときに、

言葉をいただいて、道を決める。

そんな行為なんですよね、占いって。

だから、その言葉を私たちは本気で受け取らなければなりません。

右にいくか、

左にいくか、

とても迷っている。

考えても、考えても結論が出ない。

こんなときに、占ってもらったとします。

「右に行きなさい」

と言われたら、必ず右に行く。

いただいた言葉を素直に飲み込んで、行動にうつす。

ここが占いのポイントだと思います。

占いで頂いた言葉を大切にすることが、神様との信頼関係を

築くことになりますから、運もよくなります。

言葉を頂いてから、「えー右には行けない」という気持ちであれば、

もともと占ってもらってはいけない状況なのです。

占いの言葉を裏切ることはとても恐ろしいこと。

せっかく言葉をくださった神様を裏切ること。

右は選べないと決まっているのに占ってもらっているということは

本当に迷ってはいないのです。ただ心を決められないだけ。

つまり覚悟ができないのです。

右も左も選べない、前に進めないというだけなのです。

このときに、素直に言葉を聞くと言うことは、前に進むという

ことでもあります。

言葉を聞けないもう一つの問題は「素直さがない」ということです。

素直さは人生を生きていくときに一番大切なことです。

ぐっと飲み込めないアドバイスを、するっと飲み込むことこそ、

これからの人生を順調に生きていくコツです。

だから、占いから素直さを学び身につけるのがポイント。

迷って、悩んで、ぐじぐじのループ。

それは脳が疲れます。

結論もでず、前に進めません。

その無限ループから引き出してくれるのが、神様の言葉のはずです。

神様の言葉を裏切らないこと

素直な気持ちで言葉をいただくこと。

この心の位置をしっかりと決めること。

覚悟をきめること。

考えること、悩むことは疲れます。

ゆっくり呼吸をして、言葉をいただき、感謝してすすみます。

いらない荷物をおろして、歩き始めましょうよ

22 気血津液は、場の設定を意識するのがまず第一

22:気、血、津液の病機

東洋医学では、気虚、とか、血虚。そして肝血虚とか、腎気虚などなど、言葉が案外複雑に絡み合わせてつかわれています。この何気ない言葉の乱用が話しを難しくするのですが、大前提は場の設定です。

この場の設定を意識し、その言葉がどんな場の設定によって使われているのかを考えると、見ててくるものが違ってきます。

ということで、気血津液の病機。

これは、まず気血津液とそれぞれの場で、まるごと一つの身体を3つの場にわけて考えることがスタートです。
そして、この3つと臓腑がいろいろに絡むのでわかりにくくなりますが、どの場を前提として考えているのかということを踏まえて考察していくことが大切だと思います。そうしないと、大きな場と小さな場。違う側面から考えている場を混乱して用いてしまい、目の前の人をしっかりと見ることが出来にくくなります。

さて、3つわけていきますね。レッツスタートです。

22−1 気の病機
22−2 血の病機
22−3 津液の病機

キネシオテープの面白さ

テーピングの講習会

テーピングで有名なメーカーニトリートさんが、治療院で講習会を行ってくださいました。

患者さんも参加OKとのことだったので、テープをするといいかもーと思った患者さんや仕事でテープを売っている現場にいらっしゃる方7人とスタッフふたり。わいわいとの講習会となりました。

ニトリートってニトムズという会社がやっているのですね。会社の説明もあれこれ伺い納得。そしてテープも基本的なところを押さえて説明してくださいました。

さて、テープは予めこちらからリクエストしてあったのでそれにそってのお話しをしてくださいました。

はじめは膝の痛みの方。つぎに大腿骨骨折後の痛みの小学生。どちらもスタートはスポーツ外傷だけど、もう慢性的な痛みに変化。その後、老人の指の痛み、寝違い、肩の痛み、リウマチの手首の痛みなどなど。がーーーーっと沢山のテーマが(^^ゞ。

改めて、筋肉は関節をまたいで走行し、関節は筋肉の収縮(反対側は伸展)によって動き、キネシオテープはその補助をする立ち位置ということが確認できました。ちょっとした手当にこのテープは非常に役立ちます。つまり、「動いていたい」ということは、関節か、筋肉になんらかの問題があるわけです。それがちょっとした弱りや、もう少し補助があればというときに、このテープが役立つわけです。

手当と言う言葉がぴったりのテープです。

ドラッグストアなどでも、テープはあれこれ売っていますね。買うときのコツを一つ。

テーピングのテープは大きく分けると
1)固定するもの→テープの伸がない→ホワイトテープ
2)筋肉を補助するもの→テープが伸びる→キネシオテープ

この2つになります。1)は、スポーツなどの現場で、しっかりと固定して関節への負担をとるもので短時間の使用となります。

日常の「痛み」や「不安定さ」に対応するのは2)のキネシオテープ。関節の動きを主る筋肉を補助するのです。

そしてこのキネシオテープの一番のコツは、筋肉に沿って張り、貼り終わったらしわしわしわーーとなっていること。ここが大切なのです。

はじめは、役割別に切ったモノもあるので、そこからスタートするのもよいかもしれませんね。レッツキネシオです(^^)