東洋医学から見た人間観察」カテゴリーアーカイブ

質問にお答えして:大豆蛋白の取り過ぎ???エストロゲンとの関係

子宮内膜症や子宮筋腫と大豆蛋白について質問を受けましたので、私の思うところを整理しておきますね。

女性ホルモンであるエストロゲンに依存して悪化していく疾患がいくつかあります。

エストロゲン依存性疾患と呼ばれます。不妊治療で問題になるのは子宮内膜症や子宮筋腫ですね。

不妊治療をステップアップ的に考えるときには、疾患を治療して原因を取り去ることをするよりも、不妊に直接的に係わるのではなければ、手術や外科的な介入を含んでまずそのままステップアップして、やってみてこの状態が障害になっているようならば、改めてステップダウンという選択になるのかなと思います。この見極めはかなり難しいですね。

筋腫があっても、内膜症があっても、妊娠出産する人は大勢いらっしゃります。

しかしながら、『不妊』の状態である人が、色々検査すると、これら疾患がみつかり、

それが『原因』であるのかと推察されるわけです。

でも、それら原因に介入しても妊娠しない場合もあるし、それらの介入がまた

次なる不妊原因になったりする場合もありますね。

不妊の原因がどこにあるのか見極めることの難しさはここにあるわけです。

ここで、一番穏やかな介入を試みることをお勧めします。

大豆蛋白について期間限定で摂取を控えることです。

不妊治療を見ているとホルモン剤に対しての反応は非常に千差万別、
人によって違うなと思います。

大豆イソフラボンに関しても、非常に反応に個人差があるように思います。

子宮内膜症や筋腫など婦人科疾患でお悩みの方でしたら、3ヶ月程度、がっつりと大豆製品を切ってみることを試してみることはよいのかも知れないと思います。どちらかというと、子宮内膜症のトラブルの方により手応えを感じる方が多いようです。

卵巣嚢腫、子宮内膜症、長らくの不妊と苦しんでいた方が、大豆製品の摂取をやめることでトラブルが軽減、鍼灸治療併行しそのまま2年ほど継続する中で長い不妊治療にピリオドを打つことができ無事にご出産につなげることができたり、程度の差はあれご本人が生理のトラブルが激減したと仰ることは多く経験していますし、病院で嚢腫が小さくなっていましたと言われるともあります。

是非、穏やかな介入ですから試してみてください。

子宮内膜症にはガン化のリスクがあります。このリスクを回避できたということは非常に大きいことだと思います。

また、健康志向の強い方の場合、肉や卵のタンパク質摂取を嫌い、大豆製品にがっつり傾いている傾向の方がいらっしゃいます。なんでもきなこをかけちゃうとか、油揚げ、豆腐ばっかりというのは一見からだに良さそうなのですが、時に問題を引き起こしていることもあります。気になる方は1度がっつりとやめることを試してみるのもよいかと思います。

乳製品はかなり抵抗感を示す方が多いですね。私は子宮筋腫の患者の会で長らく相談役をやっていました。そこで乳製品の摂取が子宮筋腫の改善に役立ったというアメリカでの論文が提示され大きな議論となったことがあります。『実は肉や乳製品をやめていたのに、筋腫や内膜症が悪化していて困っていた』という声が多かったのに驚きました。乳製品の摂取を控えるということが、個人差の問題もありますが、タンパク質の総摂取量が不足につながったり、逆に豆乳を過剰に摂取するというようなことになると、ひどくなるということもあるのかなあと思いました。

このあたり、食の問題と絡んでくるとなかなか難しいのでなんとも言えないところでもありますので、心当たりのあるかたはまず試してみるのがよいかと思います。該当する場合ははっきりと症状が軽減することがあります。

なにごともほどほどです。

日本人のための食事バランスガイドお勧めです。

参考サイト:

食事バランスガイド

症例集からです

子宮内膜症、体外受精に挑戦するも妊娠せず。その後の自然妊娠

エストロゲン依存性疾患

日本産科婦人科学会より

厚労省による大豆摂取に関する情報

子宮内膜症の原因諸説(免疫、アレルギー説も含む)

結婚年齢の4才の差

4才の差は大きいねえ。

2016年の統計で、女性の平均結婚年齢は29.4歳となり、第一子出生時の母の平均年齢は30.7歳でした。まあ結婚して1年半後ぐらいには第一子を出産というところですね。

私は35年ぐらい前に結婚し、その後妊娠出産しました。
このころ、周りでも言われていたのが、
『25才までに結婚して30才までに産み終える』という合い言葉です(^^;)。

で、統計をみると、約30年前の1985年には、これらの数字はそれぞれ25.5歳と26.7歳で、25才までに結婚よりは少し遅めだけど、第一子が20代で産むスタイルではありますね。

30年間に平均結婚年齢は4才あがり、それにともない出産年齢も4才上がったわけです。

この4年は大きいですね。

35才を過ぎると妊孕能が低下すると言われています。これは出てくる卵胞の数をみると明瞭です。卵胞の数が少ないと言うことは淘汰されることが前提の生殖においては、出産に繋がる数も減ってしまうということを意味しています。

また計測することは難しい卵子の質もやはり低下すると言われています。

また、子宮や卵巣などに疾患のある場合も、不妊の要素となり得ます。

ただ、不妊治療に携わっていて、この子宮や卵巣に疾患がある場合は、案外、妊娠ー出産に繋がるケースが多いのです。これは疾患があるゆえに、ご本人が『早く治療を!』と思っていらっしゃるからです。年齢的なスタートが早いわけです。

もう、お節介お婆さんの年齢の私は、若い女性に向かって『早く結婚しなさい』と言いたい気持ちが一杯あります。そして結婚したのならば早く妊娠しなさいってなことも言いたくなります。まあ、言えないけど(^^;)。

今日が一番若い日です!
時間という貴重な資源を上手に活かしていきましょう。
不妊治療に長く携わっていて、ここのポイントを上手く過ごしていくことが
困難ながらも上手く切り抜けるコツだと感じています。

ぜひ、ご相談ください。
お金もとても掛かる治療です。
お金の使い方、時間の使い方、どちらもすごく大事です。
一緒に考えましょう。

手相の話 結婚線4:結婚して家族をもつということ

ちょっと間が空いてしまいましたが、手相の話シリーズも続きます。

暦が天の気と地の気をみるものであれば、人の気を見るものは、東洋医学的な体表観察や、

その人そのものをみるということです。手相はそんな分類に入りますね。

これもまた面白い分野です。

さてさて、手相シリーズを続けます。

4:結婚して家族をもつということ

社会の変化によって、結婚しない人も増えました。

結婚して家族をもつという単一の価値観だけが優位であるということも

ありません。

私たちは、違う人生を選ぶことは出来ません。

結婚する人生、

結婚しない人生。

自分で主体的に選ばなくても、結果的に選ぶことになります。

私はもうすぐ還暦になります。

案外人生って短い。もう還暦。

今からだと、子供を産むとか、自分自身の血縁のある家族を作ることはできません。

それが人間、女性の自然な人生の流れでもあるわけです。

20代、30代であれば、いろいろ迷い、考え、悩んだらいいと思います。

ただ、いつまでも 「決めない」 選択をしていると、

ご自身が選びうる人生は歩むことはできなくなってしまいます。

自分で「決めて」前に進んでみる。

当然、相手のあることですから 自分が「決めて」も、

思い道理にならないこともあるでしょう。

ただ、まず自分が「決める」ことをしないと、

前に進まないのです。

時間だけが流れてしまうのです。

結婚してパートナーを持つ、

子供を産む、

家族を持つ

これらは、面倒ごと、やっかいごと、大変なこと満載です。

それでも、まあ、還暦になった私は、楽しいかなと(無理矢理感もありますが(^_^;))思っています。迷っていたら「決めて」動いて、パートナーとの人生を

楽しんでみるのもよいのかと思います。

質問にお答えして:どうして不妊の専門家なのですか? 

質問:どうして不妊の専門家なのですか?

ある方から質問を頂きました。

『先生は自分には子供もいらして不妊でもないのに、どうして不妊の専門家なのですか?』

ふむふむ、確かに。

私自身を知っている方だと、私がさほど子供そのものが好きな『子供好き』キャラではないことをご存じです。

猫と子供だと、やっぱり猫の方が好き。だし、

子供に勉強させるぐらいならば、自分が勉強した方がいい。だし。

まあ、これ言葉だけじゃなくて本当に私の人生そんな感じでした。

学校も、子供が行っていて、先生とお約束しているわけだから、宿題も、持ち物も、行事も、基本的に学校と子供自身のお約束だわね。と、一歩間違うと無視(^^;)に近いような無責任な親だったと思います。

こんな無責任キャラの親である私を育ててくれたのは、多くであってきた患者さんそのものなのです。

私が鍼灸学校卒業後は、成業している鍼灸院に弟子入りしていました。その後3年ほど大学病院で研修研究生としてすごしています。ガチお勉強オタクだったわけです。

そんな日々でしたが、ご縁があって、治療させていただく患者さんが増え、その中に『主訴:頭痛』の方がいらっしゃいました。

頭痛がよくなり、生殖医療を前に進めるということでしたので、WHOの鍼灸治療の守備範囲的には初期の妊婦さんには鍼灸は禁忌というルールがあったので、私は『じゃあ、鍼灸はここまでで』というお話しをさせていただいたところ、『身体がここまでよくなったんだから、不妊にもよいはず』と医療職のその方は仰り、不妊治療と鍼灸を並行させるということが、私の中での不妊鍼灸のスタートでした。

つまり、不妊に取り組んだのではなく、体調を好転させることが不妊治療をスムーズにさせるという流れが私の原点です。

そしてこれはいまでも変わっていません。

不妊は確かに『妊娠がなかなか成立しない』状態であり、病院での検査、治療。場合によっては高度生殖医療なども必要でしょう。

しかしながら、この原点にかえると、

1:自然妊娠を成立させ不妊から卒業していく方が案外多い
2:体調がよくなることで、自信がでて、不妊治療を前に進めることができる。
3:鍼灸治療の介入で不妊治療そのものの成績や前に進む力が益してくる。

ということにもつながることが実感できます。

長年不妊治療と二人三脚させていただく中で、不妊治療のポイント、また相談する人が案外周りにはいない不妊治療のカウンセリングなどもしています。

病院での治療は、『その病院での一番のメソッド』の提供です。ときに、もう少し視点を変えて、『ご自身の力での妊娠』または、『他の病院やメソッドでの妊娠』も視野にいれることで大きく前に進む方も大勢いらっしゃいました。

不妊治療は金銭的にかなりの負担となるケースがあります。お金はとっても大事です。どう使うかについても、あなたにとって最善の道への可能性をアドバイスさせていただき、一緒に考えていきたいなと思っています。

新たな希望が開けますように。

漢方のご相談について 婦宝当帰膠 当帰芍薬散

漢方について

漢方薬についてご相談を受けることが多いです。

私自身も補剤(身体の力を補うタイプの漢方薬)を、20年以上飲んでいます。

ベースを補いながら、状態に合わせて漢方を使うことは非常に役に立つと

思っています。

しかしながら、口から摂取し、胃袋から吸収のルートを取る漢方を考える場合には、

その大前提として食事が大事なことはいうまでもありません。

まず、質の良いタンパク質を!

具体的に言うのならば、しっかりと滋養栄養のある卵を食べることからはじめて見ませんか?

お高い卵は高いです(^^;)

でも、10個で100円で変えることもある卵ですが、6個で500円以上するものは

それだけの価値を有しています。そして逆に考えれば、卵が1個100円であっても、

高い!漢方薬に比べれば非常にお安く、かつ卵はプロテインスコアがほぼ100です。

こんなに、安くて栄養豊富な卵をさしおいて、他に走るのなんぞ〜と言いたくなります。

必須アミノ酸がほとんど全て網羅されている質の高タンパク質の摂取源になるわけです。

ちなみに、タンパク質卵黄には脂溶性ビタミンであるビタミンA、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンK水溶性ビタミンのビタミンB1、ミネラルの鉄が多く含まれ、卵白にはビタミンB2やカルシウムを多く含みます。

もう、とにかく食べましょう。

ということはさておき、

よくご質問のでる漢方薬について少しまとめておきました。

ご参考まで。

婦宝当帰膠・当帰養血精

婦人科疾患では当帰芍薬散が有名です。

当帰芍薬散は、東洋医学で言うところの血を補います。また血行をよくし利尿作用によって余分な水分を排泄させ冷え性や生理不順の改善に役立ちます。

この当帰芍薬散の成分のうち、当帰の量をぐーーーっと多くしたものが、婦宝当帰膠や当帰養血精です当帰芍薬散が1−2割の当帰を含むとされていますが、婦宝当帰膠や当帰養血精は7割以上。かなり当帰中心に補血に力を注いだ漢方ですね。

当帰というのは、子宝をもたらす血や産後の失われた血を子宮に返し子宝に恵まれ産後の不調を回復させるという意味を持つ言葉でもあるように、女性の中心である子宮をやしなってくれる漢方成分です。この当帰をぐーっと増やしたものがこの漢方ですので人気があるのもよくわかります。

いらない水は貯まっていれば冷えにも繋がりますので、その解消も有り難い点ですね。

冠元顆粒

血液サラサラで有名な漢方です。東洋医学で言うところの瘀血(固定制のふる血が貯まりやすい状態)を解消し、血流を予防し血栓を防ぎます。心筋梗塞や脳梗塞の予防として飲まれる方も多いようですね。着床障害、不育症は血液凝固系亢進タイプではおこりやすくもあります。必要な方もいらっしゃるかと思います。ただし、出血に対してリスクがある場合は慎重にしなければなりませんね。

参茸補血丸

気血の補いに身体を底から温める腎陽を補う薬です。鹿鹿の角のことです。強壮、強精、鎮痛などに効果があります。動物生薬の漢方ですね。

効果効能だけを読んでいると、ぜーんぶ飲みたくなってしまうと思います。

ただ、ご自身には何が必要で、どのようにとればいいのか。またリスク回避(私は同一の製品を長期にわたって飲み続けることにはリスクがあると思っていますので、その回避のために少し気を使っています)をしながら、上手につかっていきたいですね(^^)。