東洋医学から見た人間観察」カテゴリーアーカイブ

let’s understand your whole body condition 東洋医学で人を診る

Instead of thinking about diseases and symptoms, let’s understand your whole body condition.

こちらのサイトの翻訳です。

When trying to find a solution based on your various symptoms, you will need a treatment tailored to each symptom as well as other different treatments.

Your hands hurt, so you need medicine for tendonitis, compress, injection
You can’t sleep, so you need sleeping pills
You have rhinitis, so you need allergic medicine
You have constipation, so you need medicine
You need massage for your stiff shoulders
You need steroid for your asthma
You need immunosuppressant for your rheumatoid arthritis

Western medicine is often more effective. But it is not necessary to deal with all symptoms.

Oriental medicine has been passed down from ancient times. There are many diseases that can be treated effectively through drugs development.

At present , I think that it is necessary to take advantage of Western medical treatment as a matter of course, even while I am focusing on the world of Oriental medicine.

Keep in mind the most important thing.
It is understanding yourself and why you have various symptoms.

I think our bodies are cars and drivers.
Even a small car can drive up the mountain in Hakone and reach the summit if you drive well, and you can enjoy beautiful scenery

But if you put too much pressure on the engine, the car will break down.

In addition, even if the car has an excellent and sturdy 2000cc engine, if the driver’s mood fluctuates, or he is speeding up too much, an accident may occur and gasoline consumption may be severe and fuel may run out. .

What type of car do you have, and what kind of drivers are you?
This “human understanding” is very important information as you walk the path of your own life.

東洋医学からの視点で、人間を診ていきます。

病気や症状を考えるのではなく、人間そのものの状態を理解していきましょう。

様々な症状から解決策をさぐろうとすると、沢山の足し算になります。
手が痛いから腱鞘炎の薬、湿布、注射
眠れないから睡眠薬
鼻炎だからアレルギー対策
便秘だから便秘の薬
肩こりだから整体
喘息にはステロイド
リウマチには免疫抑制剤
様々な症状を、それぞれに対応することも時に重要で必要です。西洋医学が大きな力を持ってくれることも多々あります。
私たちは現代を生きているのですから、メリットのある西洋医学的な治療も当たり前に取り入れることは必要だと東洋医学の世界に軸足を置きながらも私は思っています。
でも、一番大事なことを踏まえる必要はあります。それは、様々な症状を出す、『ご自身そのものの理解』です。
私たちの身体は、車と運転手だと思います。
軽自動車だって、上手に運転すれば箱根の山を登り頂上までたどり着け、風光明媚な自然を愛でることができます。でも、無理を重ねエンジンをブンブン更かすばかりでは車が壊れてしまいます。
また、せっかく車は優秀な頑丈ボディーの2000ccエンジンあっても、運転手の気分の波が多かったり、暴走族であったら事故がおきたり、ガソリンの消費が激しく燃料が足りなくなってしまうかもしれません。
ご自身の車がどんなタイプなのか、そして運転手であるご自身がどのような性質をもっているのか。この『人間理解』がご自身の人生という道を歩む上でとても大切な情報になります。

ビタミンB1の発見から脚気の克服まで:栄養の歴史から⑦

ビタミンB1の発見と脚気の克服〜栄養の歴史

栄養学は近代科学をベースにし、食品分析から三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)の解明がすすみ、のちに、カルシウムや鉄、りんなどの無機成分、そののち20世紀になり、5番目の栄養素としてビタミンが注目されることになりました。

ビタミン、とくに最初に明らかにされたビタミンB1は多くの日本人研究者が貢献しています。明治維新以降の西洋医学を受け入れた後の研究であり、世界に日本の研究が認められるきっかけにもなりました。

明治以降に軍隊という若者の集団生活の中で多発した脚気。これがビタミンB1の欠乏症であるということにたどり着くまでの長い歴史は非常に興味深いものがあります。原因にたどり着くってむずかしいですねえ。

1910年 鈴木梅太郎が米ぬかより杭脚気因子をみつけます。
1935年、玄米や麦飯を食べれば脚気にならないとわかってもやはり白米中心であり、脚気は流行1,2万人がなくなっています。

こののち、脚気が大きく減少するきっかけは、
☆戦争による精米の7分づきへの変更
☆1952年のビタミン強化食品の認可
☆1955年以降の食事の洋風か(畜産品の摂取、米食の低下(パン食などの増加))

ビタミンB1の発見から60年ほどでほぼ克服された脚気。これを長いとみるか、短いとみるか。
病の原因をしり、その対応が取られていく過程にはいろいろなことがあるんだなあと、改めて思いました。

チョークを買ったら書きたくなっちゃいました(^^)

腰痛を手当てしましょう!

東洋医学には様々な考え方があります。
腰が痛いときに、いたい場所をそのまま治療点と鍼灸をおこない
痛みを軽減するときもありますし、
腰の部位の丁度反対側のお腹のツボを使うこともあります。

急に腰が痛くなるぎっくり腰。
これは腰そのものが弱っているということに加えて、
その弱りを守ろうとして急に気が集まり、集まったことそのもので痛みが
生じているとも考えることができます。

この場合
1)弱った腰そのものを手当てする。
2)守ろうとして過剰に集まってしまった気を少し散らし、過剰な集まりをなくし痛みを軽減する。

この2点が考えられます。
ときに、担がれるように治療院に入った人が、スタスタと歩いて帰った。
こんなエピソードが語られることがあります。
これは主に2のアプローチが功を奏していると考えられます。
つまり過剰に集まりすぎて生じている気(気滞といいます)を散らしている
だけなので、弱った腰にまとっていた包帯をはがしてしまったような状態です。

痛みが引いている間を用心深く過ごし養生していけば、弱った腰も力が出て、
だんだん回復していきますが、この時期に無理をしてしまうと、もっと痛みが強く出たり、
慢性的な痛みに移行してしまったりします。

ぎっくり腰は、腰が弱っているよと言うサインでもあります。
痛みが軽くなったとしても少し用心して過ごすことが大切ですね。

さて、ここに二角明というツボがあります。

このツボはぎっくり腰でよく使います。
こういった症状があるところと遠く離れたツボも、この気滞をよくとってくれ、
痛みを軽減してくれます。
もしぎっくり腰になってしまったら、ここをマッサージなどして刺激するのも
よいかもしれませんね。
私ならば、置き鍼をしておきます。

つらい腰痛、はやくよくなりますように!

栄養と営養 :栄養の歴史から④

栄養と営養 栄養の歴史から④

脚気の歴史で学んだビタミン。この発見は現代栄養学の出発点となりました。
四大栄養素である、糖質、タンパク質、脂質、無機質にくわえて、ビタミン!。

栄養という言葉は、ヒトが食物として栄養素を摂取して生命活動を営むことをさします。

栄:燃えるたいまつ(火)を組み合わせて立てた形を模した象形文字です。さかんに輝く様から栄という文字ができました。草木がさかんに茂ることです。

養:羊と食を組み合わせた文字、やしない育てるの意味。

営:燃え立つ炎と部屋の多い家から周囲にかがり火をたてた屋敷を意味する。ものごとを作る、営むの意味

栄養、営養ということばから、色々な意味がわかります。

現代では栄養という言葉が中心で営養という言葉はあまりなじみがありませんね。

営養ということばは、脾胃論からでたことばで、身体を滋養する意味で用いられてきました。

栄養学の世界では栄養という言葉を専門用語として統一しテイク流れをとりました。

もともと営養という言葉が脾胃論からでたのは、食物を取り入れた胃袋で取り入れられた後天の精が肺に上り全身に散布されるという概念から、営の意図するかがり火の焚かれた屋敷すなわち身体という概念が出発点ではないかと思われます。つまり中心とするものが、食物であれば栄養であり、人であれば営養という言葉を使っていったのではないかと思われます。

中心となる観点で、言葉が違う。
当たり前のようで、あたりまえじゃない。
面白いですねえ〜。

家族で大騒ぎして食べたチョココロネを模したクリスマスチョコ。中はホワイトクリームでした。それにしてもチョココロネは立ってはいけないと思います!

誠実に拝見し、丁寧にしていくこと。

ときにテーマを頂いて講演することがあります。

あるときにいただいたテーマが、『不妊鍼灸治療』女性団体からの依頼だったので、聴講なさる方々は女性が多いのかな?と思っていたのですが、会場に入ると背広を着た男性が多くてビックリ。この会の講演によく出る人が、『いつもと雰囲気違いますよ~』とおっしゃっていたのが印象的でした。オモシロいですよね。

さて、こういった特定のテーマがあると、不妊とか、どこに鍼灸ってな質問を多く頂きます。それはまあそうでしょうけど
私にとってはちと不思議。

一番大切なことは、しっかりと目の前の患者さんをみて、考え、取り組むことです。
不妊が最初にあるのではなく、ただ、まず思い込みを排除してみるが大切。

実技では、モデル患者さんを使って、四診から切診、証立てなどなどをおこないます。
そこでも大切なことは『不妊』を診るのではなく、『目の前の患者さんそのもの』を診る。

皆さんどうしても『不妊』ということに目がいってしまうのですよね。
でも、身体作りをしていくことにおいては、『不妊』という状況自体は中心課題にするようなこと
ではなく、まずシンプルに『診る』ことが大切なのです。そしてその上で愁訴の『不妊』を
あわせ考えるという順番。

この『シンプルに診る』ことが出来ると、不妊だって、妊婦さんだって、間歇性跛行だって
なんだって『自分の力量の範囲で診る』ことが出来ます。

そう、四診という東洋医学の手段を使って自分で情報を取り、分析をし、
方針を立てる。この基本をやらずに、『不妊ってどう扱うのですか?』と聞かれても
ううううーーーっとうなっちゃうばかりです。

『何をすればいいのですか?』と聞かれると、『基本を身につけること!』と
お返事しちゃいます。

そして、『いつか勉強してみたいですハート』というお返事をいただくことが多いです。
いつかっていったいいつ(^_^メ)。

患者さんに対して、『誠実でいること』を私は一番大事にしています。
そのときに、一番大事なのは『基本である診ること』なのだと思うのです。
いつも基本に立ち返りながら、丁寧に、誠実に日々の臨床をしていくよう
改めて心がけたいと思っています。