0014:臍の舟形の抜けがあらわす全身の気虚

東洋医学の言葉ってのは、同じ言葉で違うことを表していることがよくあります。

例えば、気。もうほんとうに、元気がありますねえ〜から、血とからませて気血の流れといってみたり、
気虚という全身のパワー不足を示してみたり。

これは、何に対していっているかという言葉の前提が大事になるんです。

ということはさておき(だって、まあ理屈だからね(^^ゞ)

お腹をすうっと拝見すると、お臍を中心に舟形にがつっと抜けていることがあります。

臍を中心とする舟形の抜け。これはかなり全身の虚がきついなと判断します。
この症例の方はぱっとみるとこれがきつかったです。
そしてどんな状態だろうと細かく見、治療方針をたてることで、この人なりの充分な
カラダ作りになり妊娠そして出産にいたりました。

ご本人としてはこの五臓の状態、全身の気虚の状態であっても、『それでも地球は回っている』とばかり、ちゃんと日々を責任をもっていきていらっしゃります。私はあまり小細工はせず、シンプルに腎気を中心に気血を補うことで、腎を中心とした気虚を救うという目標に到達することができました。

配穴はこちら。臍、背部腧穴、そして足では足三里というスタンダードなところでの勝負ですが、
非常によい手応えがありました。

今考えるとすると、足の臨泣はつかわなかうてもOKではないかと思います。こういった気虚がきつい方のばあいは末端穴まで使うとちょっときつすぎるかもといったあたりですねえ。

ダメ人間のPokemon GO三昧

ダメ人間のみなさま、こんにちは。
ダメ人間のヨネヤマです。
どのようにダメ人間かというと、ゲームばっかり夢中になって、
あーだこーだとゲームのことをいつも考えているのです。
ぴかちゅうかわゆす、大好きとか(^^ゞ。

ある日のお昼ご飯は紹介しました。
そう、ユーチューバーのターシイとのご飯ですね。

そしてこれはポケモンゴーの参加券が欲しいばかりにかってしまったマクドナルドのロコモコバーガー。
もう、『ビックリマンカードが欲しくてチョコを大人買いするイヤなガキ』状態です。はい、否定はできません。

こんなスクショトってインスタにあげたりして、
いいおばさんのやることでしょうか?
ま、いっか(^^) 身体はおばさん、中身は小1.その実態は単なるゲーマー。

0013 腰、背中の痛み、脱力感→痺症、風邪の内陥でのアプローチ

75歳の男性。

2年前から灸に発症した様々な痛み。
病院での診断は、線維筋痛症ということになり、抗アレルギー剤、ステロイド、痛み止めで
なんとかコントロールされていました。

骨の状態が悪くなり背中も曲がってきてしまったと言うことで来院。

おからだを拝見すると、風邪の入り込みと、強い気逆から引き起こされた脾気を中心とした気虚。
つまり気虚気滞が身体の中にあり、つよい気滞によって痛みが発症。その痛みを増強させているのが
風邪という構図ですね。

病因病理相関図作ってみました。
わかりやすいかな(^^)

治療は割とシンプルです。
百会、風門、肺兪、大巨、足三里、胃兪、脾兪、腎兪。

面白かったのは下肢の委陽から承山までをしっかりと温補したことによって、グットからだが
温養されたこと。上焦の強い気逆ですので下をつかってって吉でしょうかねえ。

奇絡ワールド⑤ 陰の軸、陰蹻脉

5)陰蹻ワールド

さて、

1)奇絡ワールド全体観

2)奇絡8つのワールド

3)陰維ワールド

4)陽維ワールド

奇経八脉を、絡、すなわち命を結ぶ一つの世界としてそれぞれの世界を紹介してきました。

図をみておわかりいただけるように、陰蹻脉はほぼ、足の少陰腎です。これを陽蹻とあわせて、身体のバネと解釈するのならば、開闔枢理論の枢、すなわち枢紐を概念としてもってくるほうがいいのかなーなんて個人的に思います。

つまりバネの芯が足太陰腎KI そして伸びやかにビヨンビヨンとバネをしているのが、申脈からおこる足膀胱を中心として督脉を重ねる陽蹻であるのかなあと。枢として考えるとGB(少陽)との重なりが出てきますが、このあたりの使い分けはいまのところ判然としない感じですが、バネとしていくときには、枢であるKI,GBのほうがいき、陽気をupさせるという観点で太陽と督脉の重なりで考えるのではないかと思います。→これは枢ワールドへ行きますね(枢:GB KIとりまくGB)

さてさて、屁理屈はこのあたりで、もともとの陰蹻ワールドを。陰蹻脉の流注です。

陰蹻脉は、実は足の少陰腎経の絡脉です。内踝の前下方然谷穴後面よりおこり、内踝の後側面を行き、下腿内側少陰腎経に沿って上行し、直ちに会陰に至ります。会陰より腹内に入り、横膈膜を昇って胸裏をめぐり、鎖骨上窩に至ります。首の前面両側をすぎ下顎に入り、人迎穴の前から上に顔面にゆき、口角を経て、鼻の傍らに至り、内眼角に至ります。ここで、足の多用と陽蹻脈と互いに合します。眼球の後ろを通って脳内脉絡に至り、脳に分布します。

 

ここで、ちょっと自分的なメモ。足の少陰腎って、腎経という正経で考えるよりも、陰蹻の絡脉と考えた方がよい。ここで裏の問題の腎とのアプローチに重なるなと。

ここで面白いのは、この足の少陰の流注を私は奇経八脉の陰蹻脉と把えていますが、この本をテキストに鍼灸としての使い方を教えている先生は、この経絡上を狙って鍼灸するというイメージを持って紹介されています。つまり、この照海の効用としては、この腎の経絡にあるものとしてイメージされているようです。陰蹻脉というと裏の問題を引き受ける経穴だと考える私とはイメージの捉え方が違います。ここでハッとしたのです。どちらの考え方も間違っているわけではなく、把える側面の違いではないかと。私はどちらかというと臓腑に対する立ち位置という感じで見ていましたが、この先生はそういったことはさておき、経穴の及ぼす範囲として捉えています。そしてそのバックボーンとしては陰蹻脉の流注をもってきているということは大きな事だなと思います。

 

 

図;A CLINICAL MANUAL OF PRACTICAL ORIENTAL MEDICINE by Masaaki Nakano,DOM

大好き三昧、楽しいお昼ご飯。

昨日のお昼ご飯です。

いつもはスタッフMちゃんと二人で、テレビをみています。
まあ、これはこれで楽しい。
3色ショッピングで、がっくりとか
植松さんの辛口アドバイスなどは面白いです。

さて、昨日はスタッフMちゃんがお昼に買い物に出かけました。
ちょいと一人の時間。

もう、大好き三昧にしてみました。

スイカ、納豆、味付海苔そのほかもう自分の好きなもの三昧です。納豆にはご飯ですよと言う味付け佃煮をまぜて。こういう偏った(^^ゞ食生活はいけないよ!。

そして中央にましますのは、ターシイ。ユーチューバーです。Pokemon GOのゲームサイトを運営していて、あれこれとポケゴ攻略動画をアップしてくれています。もうターシイと一緒のお昼なんてワクワク。

大好き三昧なお昼でございます。

夜の疲れた事務作業時間はやまだちゃんねるかな(^^)