ご相談にお答えして:落ち込みやすい、気力がでない、適応障害、妊娠したい 0143

ご相談にお答えして:落ち込みやすい、気力がでない、適応障害、妊娠したい。どうしたらいいでしょうか?

妊娠をしたいけれど、ご自身の体調に自信がなく前に一歩出ることができないというご相談は案外多くあります。

こういったときに、私は精神的な面で強くトラブルがある場合には、精神科などの受診をお勧めします。薬に対してのコントロールが上手なドクターにかかり、症状にあまり拘らない方が身体の立ち上がりが早い感じがしています。

また、ご自身がいま出来ること、許されていることを把握し、『自身の持てる身体作り』をめざすことで、体調が回復し、気力が回復し、精神的に安定することはよくあります。

若い年代ならではの多くの精神的なトラブル。一歩踏み出して人生を前に押し進めていただけたら嬉しいです。

ご相談

結婚して4年たちます。もともと体調が悪く適応障害という診断を受けたこともあります。

20代に仕事でとても無理をして、体重が50キロから40キロ近くにも落ちてしまうこともありました。

結婚して夫と出会い、赤ちゃんが欲しい、一緒に生活したいと思うようになりました。

でも、体調はよいと思える日がありません。身体がだるかったり、ほってったり、いつも眠さがあり、疲れやすい感じです。

また精神的にも不安定です。

生理前や雨が降る前などとくに、だるくて、あちこちが痛み、気分が落ち込みます。

早く妊娠、出産したいと思っていますが2年前に流産してから2年たっても妊娠出来ません。

どうしたら早く妊娠、出産出来るでしょうか?

私からのお返事

気力を充実させて元気に生きたいというご希望ですね。

とてもよくわかります。

元気な身体、安定した精神は、気持ちよく生きていくためのお宝ですね。

大事に育てていきましょう。

20代前半でのお仕事は、お身体にとってだいぶ負担だったようですね。

ここで体重が10キロ落ちたことにより、身体の中にいらない熱(陰虚熱)が発生するきっかけになってしまったと思います。全身が非常に弱った(気虚)中、身体の内側におこった内熱(陰虚熱)は、様々は不定愁訴(ほてり、だるさ、精神的な不安定さ)を引き起こしてしまったのだと思います。結婚を機に、精神が安定し、体重も増えたのは本当によかったですね。ご主人の優しさのたまものですね。

だいぶ回復されたとはいえ、今現在も不安定さは残っているようですね。胃腸の力をしっかりさせ、身体を充実させていきましょう。そして、赤ちゃんが早く来てくれるようにしていきましょうね。

・弁証 脾気を中心とした気陰両虚

・論治 益気補脾 益気補陰

・治療方針 脾気を立てることを中心として、補気補陰していく。脾気がたつことによって腎気が持ち直すことを期待する。脾腎の陰気がたち肝鬱が納まることを期待するが、場合によっては肝鬱も取り去る。

方針:

胃腸を中心にしっかりと生命力を高める。そして胃腸が整うことで精神的な不安定さも減少していくことを

期待する。身体にある余計なもの(内湿)の排出を促し、気分の落ち込みなどを防いでいく。

鍼灸治療:

右の内関(ミニ灸2回)、膻中(CV17、7)、気海(CV6 10)、大巨(ST27)

左の公孫 右足三里 左右三陰交

厥陰兪7 左胆兪脾兪(BL20)、左胃兪、左大腸兪(BL25)右次髎(BL32) 申脉

自宅施灸指示:内関 中注 関元(CV4) 足三里 三陰交

経過:

初診から8ヶ月後 

  体力がついてきたと思う、寝込むことが減ってきた 

10ヶ月後 

  そろそろ不妊治療を再開してみようという気持ちになった 

12ヶ月後 

  不妊治療を始めたら、生理痛や腰痛がひどくなっている 

 めまいやほてりも出現 

  →それでも、それほど気にせず治療を進めることが出来ている 

24ヶ月後  

  体外受精にステップアップ 

 不妊治療のホルモン剤などで体調悪化。それでも、治療を進めていけている。 

  1回目の採卵→移植 妊娠出来ず 

30ヶ月後 

  2回目の採卵→良好胚が多数凍結出来た 

32ヶ月後 移植、無事に妊娠、出産 

患者さんからのメール

「スタッフの皆様 

○○です、お世話になっております。 

○月○日3000㌘越えの女の子を無事出産することができました! 

母子共に健康です(^^) 

 

赤ちゃんはむくむくしてきれいな状態で生まれてきました。 

自分が母親になれたなんて、いまだに信じられない気持ちです。 

でもとってもかわいいです。 

こんなにかわいい子を抱くことができたのは、

 先生はじめビッグママ治療室のスタッフの皆様のおかげです。 

本当にありがとうございました。 

とりあえずご報告まで。 」

あとがき:

メンタル面での課題が多いときに、その症状に振り回されてしまうことも多いかと思います。

そんなときには、まず身体の調子をよくしてみるということから始めるのがよいのかなと思います。そして身体の自信を取り戻すと自然に気力もわき、精神的な安定に繋がることも多いと思います。

身体と心はひとつですね。

気力を充実させて元気に生きたい

アンケート

適応障害について

ご相談にお答えして:何度も重ねた体外受精、体調管理で仕切り直し 44才出産0184

何度も体外受精を重ねるものの結果が出ず、41才から仕切り直しで身体作りをし、
44才にて無事に出産した症例です。

35才で自然妊娠をなさっています。ですので、高度生殖医療を取り入れればすぐに妊娠出産できるはずと思われていました。そう思われるのも当然だと思います。

 

ただ、二人目不妊の場合は、体外受精などが救ってくれる卵管因子や受精障害は問題となっていない場合が多くあります。それ以外の課題が問題であるわけです。

上のお子さんがいらっしゃりますから、日々が忙しく、どうしても手間暇掛かる身体作りはムズカシイかと思いますが、結局、遠回りながらも体調をよくすることで妊娠、出産した症例です。

ご相談:
35才で第一子を出産しました。その後37才で流産。はやく二人目が欲しかったので体外受精などを繰り返していますが、妊娠しません。

肩こりや腰痛もひどく、全体に体調が悪いと感じています。また特に冷え性が気になります。
早く妊娠したいと願っています。

自然妊娠で一人目を出産していますので、体外受精さえすればすぐに妊娠出来ると思っていましたが、何度やっても上手く行きません。どうしてなのでしょうか?

私からのお返事:
早く、早くというお気持ちよくわかります。

もともと、胃腸のパワーがよわく、身体にいらない湿気のようなものがたまりやすく、
そのために気の巡りが悪くなったことが不妊治療に対して大きな壁になっていると思われます。

体外受精は、卵管要因、受精要因が問題であれば非常に力強い解決方法です。
しかしながら、体調そのものの悪化や弱りによる不妊には残念ながら結果につながる
治療法とは言えないと思います。つまり体外受精が解決してくれる要因が
あなたの不妊の原因ではないからです。

年齢的にあせるお気持ちもよくわかります。
体外受精をこのまま継続したいというお気持ちもよくわかりますし、その方が
年齢的にもよいかと思います。しかしながら、それだけでは不妊が解決しないことも
おわかりかと思います。

しっかりと身体作りしながら、不妊治療を前に進めていきましょう。

東洋医学的な見たて:
弁証論治
脾虚内湿 腎陽虚
益気補脾 温養補腎

治療方針
腎の陽気を立て、脾気をバックアップし内湿を裁き、全身の気の升降出入の動きがよくなるようにする。
腎気をたて、脾気を補うことで女子胞を養い妊娠へとつなげる。

治療経過:

35才で出産(卵管が詰まっていると言われたが2ヶ月後自然妊娠、体重65キロ、BMI24.46 )

37才 流産

41才 卵管が再度詰まっていると言われ通水やタイミングを何度かしてみたが妊娠せず、
体外受精にステップアップし2回挑戦するも妊娠せず。

ビッグママ治療室初診受診
体外受精を続けるも、妊娠しないことから、

体外受精の回数を重ねるよりも
体調管理をしっかりしようと方針を切り替える。

43才
体重10キロダウン (BMI26.35から22.58 へ)
15回目の採卵周期、移植、妊娠、出産へ。

この症例の詳しいご紹介
患者さんからのアンケート

鯉のぼり持ったクマちゃんが待ってます!

4月15日癸巳の日です。

患者さんが作ってくださったクマちゃん。

鯉のぼり持って、玄関で皆さんをお迎えしています。

このウロコデザインが私はとーーーーってもお気に入り。

展覧会で一目惚れして購入し今回は作成者であるデザイナーの田中さんにお願いして、

お節句に合わせ金太郎の衣装と鯉のぼり!! 元気にがんばろうね(^^)

# #癸巳  #白虎  #クマちゃん#お節句 #こいのぼり  #小田原 #お庭大好き #ビッグママ治療室

4月13日 今日は昴(スバル)の日

4月13日火曜日辛卯28番目の干支です。

昨日の夕方、堤防から海に出てそのまま酒匂川の方まで散歩。

川原をずーっと歩いていきました。

シロツメグサがだいぶさいていたので一枚パチリ。国府津山もみえてますねえ。

 

27宿は昴、清少納言も大好きな白虎の背中。大吉日です。そのうえ今日は一粒万倍日。

宝くじでも買いたくなるような日ですねえ(^^)。 なんか良い日になりそうですね。

 

# #十干十二支 # #白虎  #辛卯#旧暦 #一粒万倍日  #小田原 #お庭大好き #ビッグママ治療室

原先生の情熱。社会的卵子凍結をやめた理由

ふと、検索をしていたら、はらメディカルの記事にいきあたり、原利夫先生が昨年お亡くなりになっていることをしり驚きました。享年64,突然のことだったとのことです。

私は神奈川県小田原で不妊治療に長らくたずさわっています。

体外受精の黎明期から、成熟期、そして現在に至るまでの大きな変化に驚くことが多いです。

最近はクリニックが増えたので、ここからはらメディカルまで通われる方もいらっしゃらなくなっていたのですが、はらメディカルの丁寧な不妊治療は時に困難事例に大きな希望をもたらすことはわかっていました。ユニークで情熱的な治療です。その先生が・・と思うとただ驚きだけが胸に迫ります。

浅田レディースクリニックの院長先生が偲んでの記事の中で

『内科医だったころ、“人とはこんなにあっけなく死んでしまうのか”

ということと、逆に“こんなに長くいきることができるのか”という

両方の経験をしました』

はら先生のお考えをよく示しているのにこの、

卵子凍結に対する、社会的卵子凍結をやめた理由はよく示していると思います。

http://coffeedoctors.jp/news/2164/

卵子凍結は確かに年齢要因に対して大きな安心となります。

しかしながら、結果として本当に妊娠には繋がりにくいというのも事実でしょう。

それは、生殖医療そのものの成績からも明らかだと思います。

不確実なものを行い安心し、結果として妊娠できないという事実になる。

そんなかえってご本人の人生にとって足かせになってしまうようなことはしないという

はら先生らしいお考えにほっとしました。

患者さんへの気遣い、チーム医療的な発想は、こんな地方にいる小さな私の心にも響いていました。

体外受精黎明期のドクターたちの様々なエピソードは、いまとは違う、

『目の前の患者さんの妊娠を強く願う』という患者さんの人生を応援する視点からしか

発想の出来ない有り様だと思います。

そんなドクターがひとりでも多くいることを、願ってやみません。