鍼灸の名人。小田原の間中善雄先生

間中善雄先生の世界

先日、間中善雄先生の資料を多く保管しているオクツ薬局さんを訪ねて参りました。

間中善雄先生は、ドクターでありながら鍼灸を広くなさっていた方です。私が免許取り立て当時(もう20年以上もまえだ(^^ゞ)
はすでに、間中病院の東洋医学研究所はなくなっていましたが、それでもときどき、『間中病院で針を受けてた』という
方と出会いましたし、間中病院にて鍼灸の研修を受けたという先生方も多かったと思います。

治療の始めに血圧計での計測があれば、『あ、そうかな』などと思ったりしたものです。

私の中で、表裏と言えば子午が標準装備になっているのも、そんな間中先生との関係です。
肺といえば大腸じゃなくて膀胱(^^ゞ

資料は本当に幅広く、著作、書道、絵画、多くの本、資料ファイル。医道の日本に投稿した原稿も沢山出てきました。

あまりの量と多さに圧倒された時間が過ぎました。
ふとめにしたのが、奇経図譜。私は花粉症などのアレルギーに全知というツボを使うのですがこの本にありました。
他ではみたことがなかったので、みーつけたっていう感じ。

説明を読むと、主治:頸項痛、全身痛。
取穴は左側完骨穴の直下、約4横刺のところ。
この穴は長針用の穴で、針を進めた後でひびきが下肢のほうに放散すれば穴に当たっている。

私がみたのは全て皮内鍼でした。
うううむ、かなり違う。

やはり本があって、それを臨床におこしデザインするなかで違ってくるんだろうなあ。

自転車でもいけるようなすぐ近くに、これだけの資料が眠っていて
なにもせずにいていいのか。

写真の本は頂いたフランス語版の間中先生ご著書。図が非常にいいです。

小田原って、面白いところだなと改めて思いました。

真夜中の大運動会

子猫のテマリが、夜中の運動会を主催中です。

夜中になると、『目まん丸病』を発病!
そして、部屋中をとびんとびんします。

その生で、私は寝不足。
もうどうにも寝不足です。

おとといは、深夜1時、2時、3時とたたき起こされ、
3時の時には、ハーゲンダッツを食べながら、2匹とじっくり話し合いました。
あんたたちは夜中に遊んで昼間はぐーぐーねるけど
お母さんは仕事なんだよ! ねかせてくれよおおおおと。

でも、昨日も大運動会。
おまけに、私の枕元にきて、のぞきこんだり、
肉球でつっついたり。

かんべんしてください!!

目まんまる病のてまりちゃん

二人の関係はこんな感じですよ。

4:気血の運行 4つの臓腑がかかわります。

4:気血の運行 4つの臓腑がかかわります。

生命はめぐります。巡って動いているのが生命。
その中の中心は気血の動きです。

係わる臓腑は主に4つ。
ん?抜けているのはと考えるとそれは腎。腎はすべての支えとなるわけです。だから表舞台には出てこない。でも支えが大事ね。

さて、循環に関しては4つの臓腑がポイントです。

心:ポンプ、血脈を主る推動作用
肝:蔵血作用、疏泄作用(血液量を調節)
脾:統摂作用
肺:百脈は肺に朝じる 全身に散布する

4つの臓腑の相互作用によって、血が循行し、生命が維持されています。

それは図で↓

3:血は栄養、滋潤、精神活動の物質的基礎。シンプルだねえ〜

さて、気のつぎは血。

やはり忘れてならないのは、一つの命を気血という二つの概念で分けてみようとしているだけと言うこと。気と血2つのものがあって一つの人間になっているのではなく、一つのものを二つの観点からみているっていうことです。ここくどいけど重要(^^ゞ。

この東洋医学の概念の血は、いわゆる血(ち)と似ているような違うような。
基本的に、脈管内の赤い液体で主として食べ物(水穀の精微)からでき外に泄れ出ないようにする作用があると。

作用2つ!
1)栄養滋潤する作用
2)精神活動の物質的な基礎。

そうかってな感じですよね。東洋医学の概念、ちゃーんと色々なことを網羅してあります。精神的な様々な活動を支えるのが血。納得ですねえ。気だけでは動けない空回りしちゃう、その支えとなる血がいるんです。

血の生成にはざくっと大きく二つのルートが設定されています。

1)食べ物を食べて、それが胃腸によって消化吸収され、脈管内に入り生成されるルート。
2)腎精からの相互転化によって生成されるルート。

つまり、食べ物を食べて血になる。もともとのストックである生命力から血になるという概念ですね。

このあたりで難しい言葉が一杯入ってくるのですが、ざくっと考えると、食べ物があって、そこから栄養を取りこんで、体の中では『血』に転換し、脈管を通じて全身に配布。また、生命のストックから『血』に転化ということです。いやゆる血(ち)とはこのあたりが少し違いますよね。

パンダの魅力に、心を鷲づかみされちゃいました①

パンダツアーに行ってきました。

さて、先日、中国のだいぶ奥地、成都までパンダツアーに行ってきました。

これはANAのツアーで、4日間のうち2日は移動時間。そして中二日はたーーーーっぷりパンダというものです。

1日目は2つのパンダの動物園。そして四川料理体験とお食事(パンダ餃子を作ったのだよ)
二日目は飼育体験ということで、パンダ小屋を掃除したり、ご飯をあげたり。そして3万円の寄付を別途払い
パンダとのツーショット(^^ゞ。このツーショットはネットでの発表御法度ということでお見せできませんが、
本当にかわいくて、かわいくて。
パンダに心を鷲づかみされた4日間でした。
ちょっと写真をシェアしますねえ。

1日目の飛行機のご飯。
なんと今回はビジネスクラスで行く成都ツアーだったのです。人生初のビジネスクラスツアー(たぶんもうないかも(^^ゞ(^^ゞ)、座席もゆったり、ご飯も美味しくて涙ちょちょ切れ。ここで感動っす。

もう、この可愛さの塊。かわゆす、かわゆす、かわゆーーーーーーっす。

続くよ〜