貴絡ワールド①:生命力の貯蔵庫

1)貴経ワールド:生命力の貯蔵庫。

奇経とか絡脉という言葉、東洋医学をかじっている人にとっては当たり前の言葉です。12正経とかね。でも、この奇という言葉が私的にどうもなじめない。なじめなーーいです。
奇妙とか、不思議とか、めずらしいとか。そんな意味に近い言葉に私には感じられます。

私が感じているこの奇経絡脉は、身体の中心。貯蔵庫のようなイメージです。誰にでもある、身体の奥底の貯蔵庫。この貯蔵庫をしっかりさせることが”体力をつけること”にもつながりますし、土台の生命力となります。だから、貴重な、大切な、大事なモノです。ここで少し私は言葉をかえて、貴経ワールドとしたいと思います。専門家の先生〜は突っ込み処満載でしょうが、まあいいや。言葉のイメージがすんなりと落ちてきました。それでは、はじめます(^^)。

 

ーーーーーーー

東洋医学では、身体の中の状態を独特な生命観で見ています。
五臓六腑と言う概念が基本で、肝、心、脾、肺、腎、胆、小腸、胃、大腸、膀胱 三焦、心包という12の臓腑で考えていきます(五臓のなかに心を包む心包を考えます)

そして臓腑と経絡という概念があり、内臓とその流れる経脉というイメージで捉えていきます。
東洋医学がややっこしいところは、これら臓腑と流れる経脉を同じ言葉で表現していることがあるからです。肝というと肝の臓腑をさしますが、同時に流れている経脉(足の厥陰肝経)という風に流れている経脉をさしている場合もあります。

また、もう一つ、正経と奇経。これもまたまた専門家の間でも議論がわかれるところで、その細かい議論はその道の達人にお任せして(^^ゞ、私としては、普段の生活に使う生命力が流れる臓腑を正経、そして内側で貯蔵庫のように生命の余力をためておくところとしての奇経八脉を考えています。この奇経が私たちの体力貯金というイメージです。

私は、臓腑経絡、また正経の治療に関しては、西洋医学やその他の医療、手当てがよく効くと思います。しかしながら、生命力の貯蔵である奇経八脉の充実が本来は一番大事で、これが私の治療の中心となっています。

ここからは、私自身の考察、まとめとなりますが、貴絡ワールドを私なりのまとめで考察していきたいと思っています。まあ、するっとお読みいただければ嬉しいです。

勇気と素直さは人生を変える大きな力。

勇気と素直さは人生を変える大きな力。

ある患者さん、

初診のときに、身体がぎゅーぎゅーと巡りが悪い感じがつよくありました。

形としては綺麗なんだろうけど、生きて、気血が環っている感じが少なく、

停滞してるという感じ。

補正する下着を着用しているということなので、

「下着は身体を守って保護してくれればいいんですよね。今の状態は、形は整っても、身体そのものは、気血の巡りが悪く息苦しそうですよ。下着を替えてみてはいかがでしょうか?」

こういったアドバイスをさせていただいても、これだけ補整下着をがっちり着ているということは、それなりのお考えがあってのことだと思いました。ですので、まあ徐々に気にしていっていただければよいかなあと思っておりました。

そして一週間後の2診目

ぱっとお腹をみてまるで別人のよう。思わずカルテを見直してしまいました。

非常にきつかった、上腹部(心下)のつまりも半減。

するとご本人が

「先生に言われたから、翌日に下着を全部買い換えたんです」と。

驚きました。

下着を替えた事による効果も驚いたポイントですが、

それ以上にこの方の ”素直さ” に驚いたのです。

いままで、この補整下着を着用してそれなりにご自身の目的があり、

満足があったと思います。

それをあっさり捨てて、かなりのお金を使って替えてみるというのは

かなり勇気のいる行動です。

そしてアドバイスを素直に受け入れる性格がなによりも必要です。

彼女には、勇気と素直さがあったということです。

勇気と素直さは、人生を渡っていくときに非常に大きな力となります。

特に何か目標があるときには大切です。

私は、お身体を拝見して、いろいろなアドバイスをさせていただいています。

そのアドバイスを受け入れるか、どうかは、受取手の課題です。

ある方に、

「あなたの状況では、新しい仕事と、体調の改善を同時進行で進めることは難しいので、まず体調の改善を先にして、目的をある段階まで達してから仕事のことを考えていくのがよいと思いますよ。」とアドバイスしました。

その方は、

「みんな、仕事しながら、治療も同時並行でやって、上手くいってるじゃないですか。だから平気だと思います」

そして、新しい仕事をはじめられました。仕事についても、寒い場処の出入りがおおい仕事は、今始めるにはあまり好ましくないのではと、現在の体調とあわせにアドバイスをさせていただきましたが、それについても、

「私は、この仕事が気に入ったんで」と。

人間は、自分の好みがあります。

その好みを補強する情報はすんなり入ってきます。

でも、好みに反する情報にはなかなか耳を傾けることができません。

そう、耳をなかなか傾けられないのが人間だなと私は思っています。

いま、寒いところの出入りがおおい仕事を、新たに開始するのはかなり負担が強いことが見えていました。それでも、新しいことがしたいというお気持ちはよくわかります。

こういうちょっとチャレンジャーな選択をしてしまうことは、私自身にもありますので、非常に共感ができるところでもあるのです。

それでも、こうやって、”勇気と素直さ”を武器に人生をすいすい乗り切っている方々をみていると、この素直に「すごい!」と驚く経験が、私に勇気と素直さの強さを教えてくれます。またアドバイスを忠実に実行したときの結果も示してくれます。

アドバイスの押し売りはしたくないと思っています。

ただ、長年の経験から、「このように選択した方がよりベター」というアドバイスを

個別具体的にさせていただくことは私の仕事だとも思っています。

ご自身の好みや弱点が長年の月日をへて、いまここにある。

これからの未来を変えたければ、今までのパターンをすて、新しい方法の選択をしてもよいのではないでしょうか。

勇気を持って、前に進んでいってください。

さて、この下着を替えた方、体調の変化としては

1)足のむくみが減った

2)生理前なのに体重が増えず、すんなりと生理になった

3)身体全体が軽い

4)夜の下着のあとがなくなった

ということでした。

治療もサクサクと進みました

それにしても、素直な人は行動も早いし、身体の変化も早いですねえ。

ねえ、ネコセンセ!

なすとズッキーニのちょっとしたやつ。

なすとズッキーニの煮物

んーーーーーーーー

もう一品なにを作ろうかと悩みました

登場人物はなす。普段ならば焼いて甘酢漬けなんですが、そのお供となるモノが少ない。お供はなすとズッキーニ。この両者は似たもの同士なので、なすとして扱おうと決心。

そこで。ちょっとピリ辛にして、なすの煮物を作りました。

1)まず、なすを縞模様に。このあとざく切り。ズッキーニもあったので煮たようなモノは一緒でもよいかなと準備。

 

なんか、この縞模様が似合うよね。

夏だ〜って感じで。かわいかったのでパチリ。

 

2)なすとズッキーニを炒めてしんなりさせます。

砂糖大さじ1,酒大さじ2,みりん大さじ2、鷹の爪を入れ炒めます。

3)大さじ2の水で味噌大さじ1をとき、まわしかけます。

できあがり!

歯のトラブル:「これから抜きます」、顎がガクッ。

歯のトラブルは多いですね。

私もむかーーーし、乳子の頃非常に歯が悪く、

当時住んでいた名古屋でライオン子供歯科という子供専門の歯医者さん

(大人の歯医者さんには、うちでは無理と言われてしまった、トホホ)

椅子には固定ベルトがあって、有無をいわさずがっちりベルトされて

治療してもらいます。

ひえーー

あまりにも暴れる子供は網に入れられるという

”絶対に歯科治療をするぞ”という気合いが伝わってくる

歯医者さんです。

おかげで、歯並びがよいです

子供の頃は、歯医者さん帰りに食べさせてもらった

ソフトクリームの思いでしかありません。

子供ってそんなもんか(^^ゞ

さて

とある日の午後、これから(2時間半後)歯を抜きますという30代前半の患者さん。

いままで、歯を抜いた、治療したというあとの治療は多く手がけてきました。

案外好評で、その場で「よくなった」ということが多いことを経験しています。

さて、これから抜く。

なんで?と伺うと、将来の妊娠にそなえてとのこと。歯科医に今のうちに抜いておきましょうと勧められたとのこと。ですので、現時点での痛み、炎症はなし。

右下8番ということなので、見せていただくと、ちゃんと上を向いて生えているので

まあそんなに大変じゃないかと一安心。

口をあけたときに、がくっとなること、口の空きがあまりよくないことに気がついたので、

右聴会に1,右の首筋に2,左の首筋に1個パイオネックス。

これで、がくっとなる感じがへり、口の空きがよくなりました。

1)右合谷、右手三里鍼してミニ灸

左太衝、三陰交、右足三里

2)肺兪ミニ灸

3)左胃兪、左三焦兪、腎兪、次髎

歯を抜き終わったら、右の合谷と曲池にパイオネックスを歯ってねと指示。

翌々日に、メールがきました。

「先日は、親知らずの抜歯をすることを先生にお話ししましたら、特別なケアをしてくださりどうもありがとうございました。

おかげさまで、ほとんど痛みもなく終了し、抜歯後の苦痛も全くなく過ごすことができました。」

とのことで、一安心。

弱った場処を補って、そのあと熱を末端に引くということを考えました。

まあ、この鍼灸治療を受けなくても、スムーズな抜歯でさほど問題のない経過だったのかもしれません。

それはわかんないですねえ。

まあ、とにかくよかったので二重丸。

 

これは、合谷。歯痛に効くと有名です。

サツマイモの飴煮をつくりました。レモン多過ぎ!

サツマイモの飴煮をつくってみました。

お砂糖のかわりに蜂蜜、それに搾ったレモンでおやつ風。

しかーし、レモンを入れすぎた(一個を絞ったので沢山できちゃったんだけど、そのままいれちゃったので)ので、少しレモンが勝ったお味です。いいんだもーんと。

さつまいも1本

蜂蜜大さじ2

レモン1個絞る(これでは多いと思いますので半分でよいのかと)

1:サツマイモをきって、水にさらします。

2:ひたひたの水を入れて一煮立ち

3:蜂蜜とレモンを搾り入れます

4:そのまま10−15分、キッチンペーパーを掛けて煮ます。

 

5:できあがり