4)今日の律子 老いと住まい、二階リビングの問題

4)今日の律子 老いと住まい、二階リビングの問題

我が家は二階リビングです。

家を建築当時は、子供達が小学生、私達も30代後半。

仕事場を一階にもうけたので、二階をリビングや居住空間にすることを

躊躇うことはありませんでした。

ただ、84才の律子が我が家にくると、一大事。

とにかく、階段の上り下りにはど根性が必要となっており、そうそう簡単な問題ではありません。

☆二階リビング問題

この二階リビング問題は、先々自分たちにも大きくのしかかってくるだろうなということを

予想させます。

年寄りの家に行くと、『二階なんてほとんど使っていない』ということをよくみみにします。

確かに、何をするにも、台所が二階にありますから、ものをすべて二階にあげる必要があります。

そして、風呂もトイレも二階ですから、水回りの改装も大変です。

この二階リビングを選択したのは、一階が仕事場になっているからです。

二階リビングのメリットデメリット

将来、自分が仕事ができているうちは、二階に上がることも可能であり、二階リビングそのものは問題ないと思います。しかしながら、足腰が弱り仕事が難しくなった場合などは、一階生活も考えたいですねえ。

家を建てるときに、一階の書斎部分に水回り用の配管はしてあります。

ですので、仕事を続けながらも、一階に小さなキッチンをもってきて、風呂以外の生活を二階にするという選択もあるのかなと思います。

二階リビング、昇降機やエレベーターが可能か?

20年ぐらい前、東京で往診をなさっている方について、下町のお家を何軒も一緒に訪問しました。

すると、階段に昇降機がついていました。かなり階段が狭くなってしまいますが、車椅子の方の二階の生活に役立っていると。

階段昇降機

こんな製品があり、ケアマネさんに候うと、設置しているご家庭もあるとのこと。これだったらいいかなーと思い、施工したハウスメーカーに問い合わせをしました。

我が家はヘーベルハウスです。
すると、建築基準法的に階段の幅が足りないと。
うううむ。
我が家の階段の幅、そんなに狭くはないと思うのですが、ダメなんですか・・・。

エレベーターはどこを見回してもつくところがないなということで断念。こういうことは、家を建てるときに考えるべき課題ですねえ・・・。

自宅のメンテナンス、二つの課題

ヘーベルハウスの我が家は現在建築して25年弱、いつリフォームの手を入れるか、母の介護を通じて課題を感じるようになってきました。

家はいつかはメンテナンスが必要です。
このメンテの時に、今後の生活をある程度予想して、必要なことを考えることが大事だと認識しました。そして大きく分けて2つの課題があると思います。

我が家を建てたときの建築日記はこちら。
なつかしいなあ。ぴんくのおうち 

家のリフォーム二つの課題

1)家そのものの外壁塗装や屋根などのメンテナンス
2)老人が快適に生活するためのメンテナンス。塗装は1度メンテナンスをいれています。

 

1)の家そのもののメンテナンス。
ヘーベルハウスの我が家は、メンテナンスは基本的にヘーベルさんでお願いしています。外壁塗装は15年目ぐらいで1度おこなっています。次のメンテは外壁と屋根は必須かなと。

水回りのメンテナンスを考える時期もそうそうに来るとは思いますが、大きく考えを変えて一階に水回りをもってくるか、二階のままの改装にするのかは悩みどころですね。これは2)の部分にも該当してくると思います。1)として考えることも出来ますが、2)の要素を考えずにおこなっては、老い支度としては問題がありそう。

キッチンを一階にもってくることは、家を建築時に多少想定してありました。書斎の部分の部屋に、水回りの配管をしてあるのです(確か(^_^;))

書斎部分にミニキッチンをつくり生活の場に変更することは可能だと思われます。ですので、キッチン移動は慌てずに考えていきたいと思います。老人ホームをあれこれみていると、『居住空間ってそんなに広くなくていいんだ』とも思いますからねえ。

律子と私は24才年がはなれています。

24年後の自分があの状態であれば、24年後に改装は無理です。

ということは、リフォームはだいたい10年後の70才前後に考えをまとめ75才前後ぐらいまでには実行。今後の方針を立てるべきなのかなと理解しています。

まあ、それぐらいだと、まだ私と夫、二人の頭で考えることが出来るのかなと思います。

3)今日の律子 ココファンとのお別れにスイッチオン

3)今日の律子 ココファンとのお別れにスイッチオン

先日、退去の手続きのため、ココファンの所長さんとお話をしました。

2年弱お世話になった学研ココファンです。

私的に非常に信頼ができると感じられた2年間でした。

ですので、移転も学研さんの施設を検討したのですが、グループホームは外出の制限が厳しく、私の家に来て猫にあいたい律子向きではなかったことで断念、その他も距離的に不便だったり、駅から遠かったりで(妹は電車で母のところに来るので)候補からはずれました。

☆寂しさや不安は本人と家族の課題

所長さんとのお話で、

『介護保険の範囲で対応出来るところだったらよかったのですが』とのこと。

やはり、律子が求める物は、介護保険の範囲の外。

不安や、寂しさってのは、あたりまえではあるけれど介護保険ではなく、

本人や家族の課題。

同居してしまうのが一番いいのか?という気もしてしまうのですが、

もともと一緒にすんでおらず、彼女がいま住める状態には我が家はなっていないといういことが律子と同居できない大きな理由です。

我が家が老人向き住宅ではない2つの理由

同居という言葉もちらつきますが、この二つの課題で、足腰が不自由な巨大生物律子が私達の家に住むのは難しそうです。

・風呂トイレすべて二階にある二階リビング
・仕事場が住居と同じ

所長さんの認知症のお話

『認知症がだんだん進んでいくと、いままで出来ていたこと、分かっていたことなどが”わからない、できない”が自分でわかられます。そのことがとても強い不安につながるようですね・・・』と仰っていました。

律子の際限の無い不安は、自分自身の不安からでているんだなと考えると納得理解出来るところです。

もう少し、律子の不安に答えてくれる場を検討する必要を感じました。

認知症への理解が対応を変える

そして、この所長さんの言葉は、私の律子への理解をぐっと高めてくれました。
おかしな事ばっか言って、自分のことばっかりいってと律子に不満が大きくありましたが、
だからといって、いまの律子に私の不満や、律子のおかしい点をぶつけるのは筋違い。

認知機能の低下に理解ができたら、
律子の不安や寂しさによりそって、律子が幸せにいてくれいてくれるようにという気持ちがぐっと前にでました。りっちゃん幸せに時間をすごそうよ。

律子は私がいつくるのかと、連続鬼電なので、こんな張り紙を。まあそれでも連続鬼電ですが(^_^;)。

☆所長さんがいい人なんよお

律子は髙松弁

『いくよ』このことばならば、真ん中にアクセントがあります。

いい人なんよ、ならば、なにアクセント。

その律子が、ココファンの所長さんはいい人なんよといいます。

いったいどこがいい人なんだか、正直私には接点がなかったので、わかりませんでした。

今回、二人でお話をして、居住者の状況によりそうこの姿勢が律子をして、『いい人なんよ』と感じさせるポイントなのかなと思いました。

スタッフも、大勢いらっしゃると思いますが、律子から直接、お名前が出てくる方が3人ほどいらっしゃり、彼女たちをすごく律子が頼りにしていることもよくわかります。

なんとか、ココファンでやってこれたのも、皆さんのおかげだなと思います。

☆往診のドクターのアドバイス

施設にいる律子が、少しおかしなことをいっても、もともと一人っ子で自分中心主義の律子は、『世界は自分中心で囲っている』的な発言が多

 


かったので、いつものそんなものだなとスルーしていました。

しかし、3ヶ月ほど前、往診のドクターから『ちょっとおかしいから、脳神経外科受診を』と指示されました。

日々の動作や理解がおかしいとドクターや、一緒に生活をしている人々が感じられるようになっていたということです。何かを準備するのが遅い、話していて理解が遅いなどかなと思います。これはコロナで長らく会うチャンスが減っていた家族には、いつもの程度という感じで目に映るところでした。

一年ほど前に転倒して受診した西湘病院が脳神経外科で有名でそちらへということで、ドクターからの紹介状をもって再受診。検査などしていただき脳には問題がないという診断がつき、加齢によるものと判断されました。

ううむ。

そしてそのあたりから、ぐっと律子の不安発言が多くなり、

ドクターから、『動けるうちに対応を考えた方がよい』と言われました。

私にスイッチが入りました。

コロナがとりあえず納まっている。

律子もそれなりの理解度がある。

施設を変えるならば今だというスイッチが、このドクターのお言葉でスイッチオンです。

遊びにきた、りっちゃんに杖を渡してあげるひ孫ちゃん。かわゆすう。
律子がんばろうね。

今日の律子:両備ヘルシーケア髙松から、学研ココファンへ。

3年前、両備ヘルシーケア髙松にいた律子

2年ほどまえまで、香川県高松市にいた律子は両備ヘルシーケア髙松というサ高住にいました。これはそこから1年ほど前(いまから3年前)に一人暮らしが難しいと言う判断が出た時点で、ケアマネジャーさんが進めてくださった施設で、実は他を検討することも、考えることもなく一択でした(^_^;)。

頼もしい四国髙松のケアマネジャーさん

 

私達律子の家族にとって、香川さんという律子のケアマネジャーさんは、絶対的な信頼できる人物!!でした。妹との会話の中では、もう伝説(^_^;)。このケアマネ香川さんが、律子に会うかもと名前をあげてくださったので、すぐに両備を訪ね契約をしてきました。

神奈川県小田原から通っている私にとって、もう迅速こそ生命線。本当に有難い情報でした。そして両備さんはよかった。

最初にケアマネ香川さんと私達が関わりができたのは、律子が病院に入院し、病院側から夜間の泊まり込み付き添いを求められたときです。

四国の髙松と神奈川県、そんなこと言われても簡単には無理ってな感じですが、病院としては、律子の状態(譫妄状態でなんだかんだとあばれる)からすると当然だったのでしょう。

このときにサクッと、問い合わせるべき看護師家政婦紹介所を予め空きがあるのかも確認した上で教えてくださり、私には涙が著著切れるぐらい有難かったです。

遠方にいる私達にとって、とにかく頼りになる人物でした。

両備ヘルシーケア髙松は広かった

両備ヘルシーケア髙松は、今考えると広い!香川県と神奈川県の違いかも知れませんが、全体に広くてゆったり。部屋も広くてゆったりしてましたねえ。

詳細はわかりませんが、律子のことを気遣ってくださり、快適な1年が過ごせたと思います。また、通っていたデイサービスも非常に気に入っており、律子はご機嫌で過ごしていたと思います。

律子の家からも割合と近く、髙松の築港がみえ、鬼ヶ島がみえ、ゆったりとした施設でした。

緊急事態宣言がささやかれる2020年3月すえ、律子の自宅が売却出来、私の住む神奈川県にやってくることになったのです。

学研ココファンメゾン中里を選んだ理由

 

律子の家の売却の目処がたったところで、私の住む小田原近辺の施設を探しました。

近くの介護事務所さんに相談したところ、気になるところは全部見学にいけ!と言われ、6箇所ほど見て回りました。いろいろな違いが明確になり、候補は2つ。

学研ココファンメゾン中里(サ高住)

SOMPOケアのラビーレ弐番館(介護付有料)

どちらも非常に良いと思いました。

SOMPOケアのよかったのは、知り合いの人が何人か家族がお世話になっている人がいて、食事がおいしい、面倒見がよいという話しを聞いていたからです。だから、実は私の中では第一候補でした。家からも来るまで5分ぐらい、駅からも徒歩圏内で、電車で来る妹にも便利です。

学研のココファンメゾン中里に決めた理由

 

1)デイサービスが充実

ここは介護付有料だと選択の自由がありません。律子は髙松にいるときに整形外科がやっていたデーサービスでかなり身体能力があがりました。トレーニングをしてくれるデイサービスは魅力でしたし、向いていなければサ高住ならば変更も自由ですのでいいなと思いました。

2)近くに大型ショッピングモールがあり、自力でいける

この時点の律子は、頭もしっかりしていてお金の管理もバッチリ。買いたいものも、食べたいものもしっかりあり、買い物も自分で行ける人だったので、すぐ隣にある大型ショッピングモールは魅力でした。

3)部屋にキッチンがあり、洗濯機がおける。

これも大きなポイント。料理が得意な律子はちょこっとしたものは自分でつくれます。キッチンがあるのはいいなあと思いました。

上記3点で、律子はサ高住であるココファンメゾン中里に入居を決め、緊急事態宣言発動の中、スムーズに引っ越しができました。

今日の律子 アンタは何時にくるん?

今日の律子 アンタは何時にくるん?

朝の6時過ぎに電話。

まあ、6時過ぎてるからいいや〜と出ると、

『アンタは今日、何時にくるん?』と。

ううう〜今日はちょいと予定があって、律子のお知らせ冷蔵庫のチラシには、

むかえにいくよ

としてあるのに、無視かよ・・・・と思いつつ、

『ん? 今日来てほしいの?』と聞くと、

『うん、今から下で待ってればいい?』と。

いやいやいや、いまは朝の6時だし。

『午後1時に行くよ、お昼ご飯を食べて待っててね』

『うん、わかった。1時やな』

ガチャン

15分後、電話

『なあに?』ととりあえず聞く。

『今から下にいくから』と律子。

はいはいはいはい、まだ朝の6時15分ですよ。

『まだ朝だからね、昼ご飯食べて午後の1時ね』

『1時?、デイサービスにいくかもしれん』

お、デイサービスの時間がわかってるじゃん。

『うん、それなら、ちょっと顔を見に行くよ』

『うん、わかった』

がちゃん。

なにがわかったんか、よくわからんが、律子がその時納得してくれて、そのとき不安がとれればまあいいかね。

あーのんびりした休日は存在しないのか。

しょーがないね(^_^;)

やっと妊娠が成立した方へのアドバイスその②

妊娠しにくかった人への妊娠中の注意点(妊娠12週を過ぎた人向け)その②

ちょっと長くなりましたので、二つに分けました。

その①はこちら→

このアドバイスはさて、妊娠しにくかった人の妊娠へのアドバイスです。

妊娠初期はまた別の注意があります。これは不妊治療にあわせて書きますね。妊娠12週を越えた方を前提にしていきます。

妊娠しにくかった人への妊娠中の注意点(妊娠12週を過ぎた人向け)

ポイント!:

1:『妊娠しにくかった人は、妊娠中も要注意、安定期などない』

2:”妊娠は、おこってしまったこと(流産、早産)を止めることはできないので、おこらないようにす”

上記が大原則です。

妊娠しにくかった人も、いわゆる安定期に近づくと、妊婦ライフそのものにも慣れてくると思います。そしてあれこれやっておきたいこともあるかとは思います。

でも、妊娠しにくかった人には、安定期などないと思っていただき、『出産したら出来ないからいまやっておこう』というのはやめましょうと私はいいたいです。出産して身二つになったらいくらでもできます。その時でいいと思うのですよ。

さて、具体的にお話ししますね。

1:慣れた仕事を無理ない範囲で。
2:午後の疲れた時間は、無理を重ねない
3:妊娠は、おこってしまったこと(流産、早産)を止めることはできないので、
おこらないようにする
4:高年齢の医療介入度の高い『やっと成立した妊娠』であれば、仕事と、
妊娠のコスパを考えてもらう。
5:まわりは、『継続している妊娠』について、配慮してくれないと自覚し、
自分のことは自分で守る。お腹の赤ちゃんを守れるのは自分だけと自覚する。
6:社会的な無責任な行動となっても、”いま、自分がしなければ守れないもの”が
あることを自覚するのが大事。無責任な人と思われても、
仕事を投げ出して休む必要があるときには、休む。

上記6点がポイント

解説していきますね。

1:慣れた仕事を無理ない範囲で。

いままで慣れていることというのは、頭にも身体にもやりやすい日常です。妊娠したからといって新しいことを始める必要はありません。

慣れたことをいつも通りにする。夕方に疲れたなとか、翌日に疲れが残ったなと感じない範囲でなさることが吉です。

2:午後の疲れた時間は、無理を重ねない

疲れたときに何かを使用と思うと、体力の貯金庫からの引き出しとなります。

そしてその体力の貯金庫が、子宮(女子胞)や臍下丹田の力とよばれる、身体の余力です。

妊娠は、身体の余力でなされます。

身体に余裕があると、妊娠がスムーズで、余力がないと困難になります(その他にもいろいろな事がありますが、ここでは割愛しますね)

妊娠しずらかった人は、もともとこの体力の余力が少ないわけです。そしてやっと授かった妊娠はこの体力の余力で支えられていますから、”他のことにこの余力を使うことが=妊娠が不安定になる”ことに直結してしまいます。

午後という疲れのたまりやすい時間は、休むのが吉です。

3:妊娠は、おこってしまったこと(流産、早産)を止めることはできないので、おこらないようにする

風邪を引いてしまったとします。

風邪はほとんどの場合、睡眠を十分にとって、ゆっくり休むことで自然と回復出来るものです。

しかしながら、妊娠は、不安定になってしまった場合、ときとして残念流れになり、その流れを止められないことも多々あります。

4:まわりは、『継続している妊娠』について、配慮してくれないと自覚し、自分のことは自分で守る。お腹の赤ちゃんを守れるのは自分だけと自覚する。

これは、とても大切です。

私は簡単に妊娠し、出産した人間です。

妊娠が難しい不妊というのがあるのがわかっていても、妊娠をすれば私の経験した妊娠と同じと考えてしまいます。ただ、不妊や不安定な妊娠の方々とよりそううちに、『妊娠の状態って人によってこんなに違うのか!』と実感しています。

あなたの周りの人が、不安定な妊娠を理解もイメージも出来ないということを、理解してください。

そして、あなたを守れるのはあなただけ であり、あなたのお腹の赤ちゃんを守れるのはあなただけということもよく理解してください。

周りが理解してくれないと嘆いても何の足しにもなりません。

守るのは自分自身です。

5:高年齢の医療介入度の高い『やっと成立した妊娠』であれば、仕事と、妊娠のコスパを考えてもらう。

高度生殖医療は助成金があってもかなりの自己負担があると思います。

また、回数を重ねている人にとっては、100万円以上掛かっている方も多くいらっしゃりますね。以前に800万円以上掛かってやっと妊娠にたどり着いたとおっしゃている方もいらっしゃりました。

そんな『やっと巡り会った妊娠』です。大切にしましょう。

アルバイトやパートが休めないということもあるかと思います。

しかしながら、ここまで系ったお金を考えてみてください。

実は長い間、私は仕事を優先することはあたりまえで、無理のない事だと思っていました。

いまでも、それはあたりまえだとは思っています。

ただ、このあたりまえが通用しない人もいるのを実感としてわかってきました。

妊娠には時間がとても大切です。また年齢要因も大きく係わってきています。

人生の中での優先順位を考え、いまやっと手にした妊娠を大事にしてください。

6:社会的な無責任な行動となっても、”いま、自分がしなければ守れないもの”があることを自覚するのが大事。無責任な人と思われても、仕事を投げ出して休む必要があるときには、休む。

これは、4,5に続くものです。

記憶の中で書いているので、詳細が間違っているかも知れませんが、アメリカで提供卵で50才近くになり妊娠、出産なさった野田聖子さん。

彼女は40才前後にも、前夫の方との間で不妊治療をなさっていました。お子さんを産みたいという思いが強かったんだと思います。その彼女が、妊娠をしたけれど、仕事のために岐阜への往復の中、流産してしまったという記述を読みました。

妊娠はいろいろな不確定な要素がありますから、これが原因という断定は出来ません。ただ、アメリカでの妊娠出産の時には民主党政権下で彼女にとっては肉体的にも精神的にも時間的にも余裕があったのではないかと思います。だから、提供卵、高年齢という非常に厳しい中でも妊娠が無事に継続出来たのではないかと思います。40才の時に同じ条件であれば、もしかしたら妊娠が継続出来た可能性はあったのではと夢想します(あくまでも夢想レベルですけどね。)

野田聖子さんのように、50才前後で、渡米し、提供卵を受けての妊娠というのは経済的に誰もが出来る選択ではないと思います。だからあなたの今の妊娠を大切にして欲しいのです。

妊娠の継続にはどうしても、社会的には無責任な行動となっても、時間的、肉体的な余裕を作り、自分のことだけに集中する必要があることがあるのではないかと、多くの方の妊娠への挑戦をみていて思います。

仕事との両立。確かに大きなテーマです。

ただ、どうしても両立しないこともあるのかなという事も思います。

腹をくくって、休みを取るということも必要な時期があるのかもと思うのです。どうしてものときには、欠勤になってもいいというぐらいの腹を決めると、道がひらけたりします。

両立すればいうことはありません。

でも、どうしても両立しないこともあるのが事実です。

周りに申し訳ないという気持ち、よくわかります。

社会と調和して生きていくのは私達が人間である限りとても大切で必要なことです。

その上で、その上で繰り返します。

どうしても、両立しないときには、自分が何をしたいのかを腹を括る必要があるときがあるのです。