不妊:相談 治療を休むメリットデメリット8選 ー③

このシリーズは、『不妊:排卵障害でもステップアップしない 自然妊娠 出産』の③回目です、
①、②の目次は一番下にありますのでどうぞご覧ください(^^)

さてさて。

①、②でご相談を受け、鍼灸治療が始まりました。
ご主人の意見を尊重し、とにかく全部薬をやめて身体の手入れをしましょうという不妊カウンセリングでの提案のもと鍼灸治療がはじまりました。

治療経過

・初診より、排卵誘発剤など薬剤の治療はやめて病院での治療は休憩。
・鍼灸治療のみでスタート。
・週に一回程度の治療間隔、自宅施灸は毎日

なんと、5診にて妊娠。
あれだけ頑張った日々があり、薬をつかったりエコーに何度も通ったのに
すべてやめたら妊娠!!
不妊治療アルアルですねえ。

妊娠中も鍼灸治療を継続
20w ひどいむくみが出現
21w 柴苓湯にてあるていど解消、むくみとつきあいながらの妊娠生活。
無事にご出産。おめでとうございます

結果

 初診より2ヶ月ほどで自然妊娠、無事に出産

まとめ

ご主人の「そこまでしなくていいんじゃない〜」というのがいつもの台詞という奥様のお話が印象的でした。

腹を括り患者さんとふたりで、
『とりあえず一切の薬をやめ、病院を休憩してみる』

この選択は、案外スルリの自然妊娠を産みます。それだけ『通院そのものによるストレス』は大きいと言うことですね。

また、『とりあえず一切の薬をやめ、病院を休憩してみる』ということは、次の治療をスタートした場合に、薬の効きが非常によいということも期待できます。よく体外受精で採卵を繰り返している方が、

『1回目は沢山卵が採卵できたけど、2回目、3回目になったらだんだん薬が効かなくなってきてしまいました。』

こんなことをおっしゃる方が多くいらっしゃります。
薬は継続的に使うと効かなくなってきちゃうことがあるんですね。少しお休みするとまた効きがよくなって沢山採卵できたというのはよく伺うエピソードです。

精神的にも、肉体的にも、『上手なお休み期間』はとってもいいことです。
年齢要因的な問題もありますが、考えてみてくださいね

休憩期間のメリットデメリット8選

休憩期間のメリット

  1. 通院というストレスからの解放
  2. 時間的余裕
  3. 負担になっていた薬剤や治療からの解放
  4. 薬などがリセットできるメリット、再開したときに効果upの期待

休憩時間のデメリット

  1. 年齢要因は積み重なる→対策として休憩の期間を決める
  2. 治療が遅れる→何がおくれるのか考える
  3. 休憩をしているうちに、不妊治療のやる気がなくなる
  4. 休んでから2,3年立ってしまうと、年齢があがり、不妊治療が困難事例となってしまう。

まとめ:ステップアップだけが答えではない

多膿疱性嚢胞による排卵障害の場合、体外受精などで誘発し、多くの卵胞を作り、採卵し受精させ凍結胚を作っておくことでスムーズに妊娠ー出産する人を多く見ています。私もステップアップの方が解決が早いかなとは実は思っていました。

ご主人の明確な意思のおかげで、肚をくくって取り組むことができ、自然妊娠へとつながりました。そしてこれは二人目、三人目への自然妊娠ストーリーへと繋がることになりました。

高度生殖医療が身近になると、妊娠しなければすぐにその選択と考えがちですが、なすべきことをまずやってみるという、当たり前の原点を振り返らせていただいたようなきがします。

さて、続きの二人目への挑戦に移っていきましょう
④:第二子への挑戦 メールでの不妊大作戦!

ーーーーーーーーーーーーーーー
このシリーズの目次を出しておきますね
不妊:排卵障害でもステップアップしない 自然妊娠 出産
①:不妊:排卵障害でもステップアップしない。自然妊娠プロローグ
②:ステップアップは了解しない夫との不妊治療
③:不妊:薬をやめて不妊カウンセリング鍼灸治療での自然妊娠
④:第二子への挑戦 メールでの不妊大作戦!
⑤:海外での不妊治療事情 PCOS  クロミッド
⑥:不妊:相談 海外での不妊治療、どの様に進めたらよいでしょうか?
⑦:不妊:相談 基礎体温表の手がかり 排卵検査薬の難しさ
⑧:不妊:相談 妊娠しました! 800ドルの超音波エコー
⑨:日米カナダの妊婦健診事情 出生前診断
⑩:海外妊婦健診事情 出産報告

スタートしましょう。

私の目指す道:Wisdom – the correct way you use your knowledge

私の目指す道:Wisdom – the correct way you use your knowledge

レアジョブレッスンを続けてもう長年(^_^;)、『そんなに続けているならペラペラでしょー』と言われると言葉につまりますが、ペラペラにはなりませんのでご安心を。

私の先生選びの基本は、35才以下の若い男子!いやスッキリした選考基準ですねーおばさんパワー全開です。

さて、昨日のレッスンの彼(先生じゃなくて彼っていっているところで動気不純全開です)

この名前はどういう意味があるのですか?

と伺うと、祖父母のスペイン名から取った名前と。

へーと感心し『あなたは同じ方法で自分のお子さんにこの名前をつけたいですか?』と伺うと、

『自分はPriestになろうと思っているので子供はもたないです』とのお話し。おーそういう道を進まれているのですねと自分の全く知らない世界を教えていただきました。

その道のために、哲学を学んでいると言うことなので、哲学って3つのワードで表現するとなんですか?(ってとんでもない質問だ)

1.Wisdom

2. Knowldge

3. Study

とのこと。知識があるだけでは、WISEではないと。

なにかすごく納得しました。

私は勉強したいです、勉強が好き。でもそこにあるのは知識を広げることではなくて、もっともっと人間理解がしたいということ。この道にかなり近いのではないかと思いました。

そしてWisdomってなあに?と伺うと、

Wisdom – the correct way you use your knowledge

知識を使うための正しい道のりってことでしょうか?

なんか、すごく目が覚めた25分でした。

1.Wisdom

2. Knowldge

3. Study

不妊:相談 二人目不妊の成功の鍵はこんなに単純!その1 0090

二人目不妊の成功の鍵はこんなに単純!

二人目め不妊で悩まれて来院される方多いです。
どうしても、なんで妊娠しないの??と悩み、不妊クリニックに受診すれば、『大きな問題はないが、妊娠しない期間がある程度あるので、体外受精をしてみましょう』という提案になると思います。

 

二人目不妊の悪循環

『なんども体外受精を繰り返し、良好胚を移植しましたが妊娠しません』
という方のなんと多いこと!
ここに二人目不妊の解決の鍵があります。つまり医療介入が必須ではないのです。

『なかなか妊娠しない』
   
 『病院にいく』
   
 『原因不明
  ↓
『高度生殖医療を試してみましょう』
   
繰り返す体外受精:妊娠しない

こうなるのはわかるのです。これしか提案できないと思います。つまり原因不明でも妊娠しない。さてどうするといったときに病院での提案はステップアップです。つまり高度生殖医療を試してみましょうという結論です。

二人目不妊:焦りのパターン3つ

1)早く妊娠したい、上の子との年があいてしまう。
2)一人は簡単に妊娠したから、医療介入すれば簡単に妊娠できるのでは?
3)こんなに強い医療介入すれば、私の不妊などたちまち解決するはず

こんな風に思って、どんどん高度生殖医療にお金を注ぎ込みます。しかしながら解決しない状況。どうしたらいいのでしょうか?。

私が長らくの経験から言える二人目不妊の解決方法をご紹介します。

二人目不妊:解決のたった一つの答え

『一人目のお子さんを妊娠したときの
気力、
体力に回復させる』

これがたったひとつの解決する大きなのポイントです。ここを解決せずに多くの医療介入を用いても本当にお金が湯水のように流れていくだけです。

 

二人目不妊の解決:妊娠パターン3つ

二人目不妊の方は多くの場合、一人目と同じ方法で妊娠します。

・一人目が自然妊娠であれば自然妊娠。
・一人目が男性事由であれば人工授精などの介入 健康改善
・一人目が体外受精、顕微授精であれば体外受精顕微授精

となるケースがほとんどです。一人目の時以上に医療介入が必要なのは、なんらかの病因が加わった場合だけです。

一人目は順調に妊娠し、出産したのに、何らかの課題によって体力を低下させてしまったり、女子胞力という子宮の力を落としてしまったために、二人目不妊となてしまっているわけです。この場合は、高度生殖医療が必須ではなく、まずご自身の『体力回復』『女子胞力回復』が必要なことです。

二人目不妊で悩むあなたへのメッセージ

この体力、気力の回復は、お子さんがいるハードワークな状態であるとなかなか解決ができません。しかしながら、もしお金を不妊治療に投入しようと思っているのならば、このご自身の体力気力の回復にお金を使いましょう。時短家電、調理法のスピードアップ、託児を頼むなどなど、自分の体力気力を回復できるお手伝いアイテムは不妊治療だと思って使ってみましょう。体調があがると気持ちもあがって、前向きになります。体外受精の30万円一回分を自分の体力気力回復に使ってみよう!そんな発想で取り組んでみてください。

それでは、具体的なご相談にいきましょう→その2へ

 

不妊:相談 二人目不妊の成功の鍵はこんなに単純!その2 0090

二人目不妊の鍵ーその1はこちら

相談:二人目の妊娠を希望して1年以上たちます。なかなか妊娠しません。

第一子の出産後から体力が落ちてしまった感じがしていますます。
生理前のイライラや気持ちの悪さ、胃がムカムカする感じが出現しています。
腰痛もひどく朝が一番辛く夕方からもひどくなってきて動くのがつらいです。

すぐにでも第二子をと願っていますが、もうすでに1年以上たってしまい、私は32歳になってしまいました。どうしたらいいでしょうか?

 

ビッグママからのお返事:急がば回れ

早く二人目が欲しいというお気持ち、とてもよくわかります。第三子まで考えていらっしゃると言うことで第一子二子は早く産み終えたいというあせる気持ちがつのりますね。
二人目不妊の解決には、第一子を妊娠なさったときの体調を思い出していただくことが一番のポイントです。

産後からの体調悪化や、胃のムカつき、腰痛などが解決するころに、きっと自然な訪れがあるのではないかと思います。

また、現在32才でいらっしゃるのである程度の期間(半年以から1年程度)は自然妊娠への挑戦でよいと思います。しかしながら、『あせる気持ちが抑えられない、早くしたい』というお気持ちが強ければ、半年程度の期間をおき、体力の回復をしっかりとなさったうえでのステップアップもよいかと思います。

体力の回復をしないままにステップアップをし、体外受精などの高度生殖医療を取り入れてもなかなか結果に繋がらない方々を多く見てきました。それは、体外受精が救ってくれるキャッチアップ障害や受精障害などが二人目不妊の主たる要因ではない場合が多いからです。ですので、これらの挑戦においても、体力回復をしてから挑戦するということが大切であると思います。

アドバイスのポイント

1)第一子の出産前の状態まで体力の回復をはかる。
2)胃腸をしっかりさせ全身の生命力をアップさせる。
3)あるていど生命力がアップしたら生命の土台の力(腎気)に力をいれ腰痛の変化を目安に体調の改善をはかる。
腰痛の状態と、子宮の女子胞力はリンクしています。ご自身の状態の目安としてくださいね。

経過:体力回復の道のり〜妊娠、出産

32歳 初診 週に1度程度の鍼灸と 週に2〜3回の自宅でお灸
33歳 1年後 第一子妊娠前の状態まで体力が回復。腰痛もよくなり、体重も第一子妊娠時の50キロとなる。一人目出産後の産後不調であるイライラ、胃のムカつきも減少
33歳 初診から1年4ヶ月後に自然妊娠 無事に3000グラムオーバーの女児を出産。
結果:
1年4ヶ月後に無事に自然妊娠、出産。

まとめ:二人目不妊解決のコツ

二人目不妊の治療ポイントは第一子の妊娠時の状態に体力などを戻すことです。今回のケースでは産後に悪化している腰痛と落ちてしまった体重に注目し体重の回復と、腰痛の改善がみられたころより、基礎体温表も非常にしっかりとした高温期を示し、1年4ヶ月で無事に妊娠の成立、ご出産となりました。

少し長くかかりましたが、よかったよかったと患者さんと二人小躍りしました。どの当たりでステップアップに踏ん切るかは難しいところですが、今回のケースでは、体力が回復し、体調がupされていくことをご自身が納得実感されたために西洋医学的な不妊治療はせずに時間をすごし、そののちの自然妊娠となりました。

実際のケースでは年齢要因と不妊の原因と思われることを考慮の上、考えるとよいかと思います。なにがなんでも自然妊娠がよいとは思いませんが、お膳立てをする(体力回復をする)ことなしに、ステップアップをしてもお金だけが消えていくということになりがちです。

ビッグママ治療室

あせらずいきましょう! ご相談おまちしております。

人の話を聴く:アドラー心理学 岸見一郎先生の聞き方。

ステキと思う人はみんな人の話を聴くのが上手!

私の尊敬するIさん、一緒にお話ししているだけで楽しくなります。
彼女のステキさの秘密に、『人の話を聞くのが上手』ということがあるんじゃないかなって思います。言葉を受け止めてくれ、共感してくれ、一緒に楽しくぐいぐいきます。そして彼女の楽しい世界に引き込まれます。

ステキな人だなって思う人を頭に浮かべると、彼女が真っ先に浮かんでくるのですが、次々浮かぶ面々はやはり『人の話を聴く』のが上手だなと思います。私に一番足りないところでもありますし!

傾聴を感じたアドラー心理学の岸見一郎先生

傾聴っていう言葉がありますが、この傾聴を『これか!』と感じたのは、むかーしむかし、アドラー心理学のセミナーで、岸見先生の話の聞き方です。

岸見一郎先生
https://kishimi.com/

大坂の会議室で、岸見先生は講師でした。正面の講義用の椅子に座り、会場から出た質問を聞いていらっしゃりました。この聞く態度が、質問者の質問を『興味を持って聞く』という態度そのものだと非常に印象深かったです。

このセミナーはアドラー心理学の基礎コース。内容は覚えていないのに、岸見先生のその聞き方だけが私にインプットされました。あ、これだ。

この傾聴の気持ちは私に一番かけていることだと思います。

私は自分の興味のまま、面白さのまま、生きています。
そしてこの仕事の場が、この興味のまま見るということとぴったりあうので、
それはそれでOKなのですが、傾聴の間合いがないまま身体を診るという面白さの世界にひとりでぶくぶくぶくと沈んでいっていたりして。

☆『人の話をよく聴く』は世界を広げる

さて、さて、そんな人の話を聞かず、自分の世界に潜り込むという私がいうのもなんなんですが、人の話をよく聴くことは世界を広げます。

私自身で言えば、問診のスキルとつながり、人をよくしるということにつながっていきます。

通常の世界であれば、聴くということは、相手の情報を得ることと、話している人を理解することで、信頼関係が築きやすいということがあるのです。

お悩み相談:『私は人の話を聞けないんです』にお答えして

先日、『私は人の話が聞けないんです』というお悩みをいただきました。ちょっとしたコツをお伝えしますね。

1;相手をそのまま受け入れる

人それぞれです、どうしても自分の価値から相手をみてしまいますが、とりあえず聴くときには、『そのまま受け入れる』という気持ちが大切。これが聴くの第一歩ですね。

2:相手に興味をもつ

岸見先生の聞く態度で一番感じたのがこのポイントです。『あ、岸見先生は質問者に興味をもって聴いていらっしゃる』この態度が質問者が話しやすい雰囲気を作っていました。相手に興味をもつのは大切ですねえ。あたりまえなんですが、わすれがちです。

3:相手の話を全部理解できると思わない

相手の話は、ときに宇宙人の世界のように理解できないかもしれません。それでもいいと受け入れるという気持ちを持つのが聴くコツかなと思います。

人の話しを聞くということを書いていて、一番に頭に浮かんだIさん。地方に行かれてしまって今では直接お話しするチャンスがありません。また会いに行きたいな〜(^^)。飛行機に乗っていっちゃうぞ!

リラックス