夫婦で体調改善②女性編 自然妊娠への道(0190 0194)

夫婦で取り組んだ体調改善、女性編です
総論(夫婦で体調改善、自然妊娠出産)

まず、奥様が来院されました。

第一子を出産後の養生がなかなかできず、授乳、子育てで一段と疲れがでてしまい、なかなか回復できず、第一子は自然妊娠しているのに、ドクターからは「顕微授精以外では妊娠出来ない」と言われ、追い詰められていらっしゃりました。

奥様が体調がよくなり笑顔が増えたということでご主人も鍼灸をスタート。

ご夫婦での体調改善で無事に第二子の出産につながった症例です。
さて、お話をはじめましょうか(^.^)

不妊カウンセリング:第二子がなかなか授かりません。

第一子は、妊娠を希望して割合と早く授かりましたが、その出産、子育て、授乳と続く日々になかなか体調が回復せず、二人目の子供が授かりません。

3年ほど前から自分たちでタイミングをあわせています。

また、1年半ほど前から 病院でのタイミング指導や人工授精を受けているが、なかなか妊娠しない状態です。

第一子のときにはこのタイミング指導を1回うけただけで妊娠しました。

不妊治療のクリニックでは、ドクターから強く

「ご主人の精子の状態も、顕微授精レベルのひどさだ! 
    一刻も早く体外受精をするしか方法はない」

と断言されてしまっています。

そのドクターのすすめで、生理を整えて体外受精にステップアップをするしかないのかということで薬を飲み始めましたが、気持ちがついて行かない感じで、とても迷っています。

どうしたらいいのでしょうか?

ご相談にお答えして:少し心のゆとり、身体のゆとりを持ちましょう。

第一子を自然妊娠なさっているのに、なかなか妊娠しない。病院のドクターからは自然妊娠なんて無理! 体外受精も無理! 顕微授精しか妊娠する方法はないと断言され詰め寄られていると感じるほどなのですね。

確かに、現在のご夫婦の状態では、ドクターのおっしゃるとおり、「自然妊娠なんて無理、顕微授精しか妊娠出来ない。早く治療を進めましょう」というアドバイスも納得できるところではあります。

不妊治療は選択の幅があります。ドクターの仰ることも間違っているということではなく、今の状態であれば、西洋医学的に考えてこの選択が妊娠に一番早いと言うことだと思います。この考えも納得の出来るところですし、ご自身がやってみようと思われるのならば、ステップアップするという選択もOKではあります。

しかしながら、現時点で全体の体調が悪いということは、そのこと自体で「二人目不妊」につながっている可能性が高いと思います。

ドクターのアドバイスも現状のご夫婦の状況ではもっともなことと思います。ですので、半年ほどしっかりと体調アップのために養生し、それでも妊娠が成立しない場合には、気持ちを定めて、落ちついてステップアップするのもよいかと思います。

当院の経験からもうしあげれば、二人目不妊の場合は、第一子妊娠のときぐらいまで体調を回復させることで、第一子と同じ方法で妊娠なさる方は非常に多いです。また第一子の妊娠中の経過が少し不安定でしたね。妊娠の初期にしっかりとお体の手入れをし、大きな胎盤を作るようにしていくことが、妊娠中の経過をよくし、無事の出産にもつながります。

また、ご主人の事も気になりますね。第一子が自然妊娠で成立していますので、ご主人も養生の手を入れられることで、十分自然妊娠が望めるレベルに回復する可能性はあると思います。

一緒にがんばっていきましょうね。

弁証:腎虚
論治:補腎
<治療指針>
補腎で産後の腎気の弱りをまずは回復させたい。生理前のきつい肝鬱気逆は、腎の根をしっかりさせることで徐々に治まってくるようにしたい。ただ生理前にあまり肝鬱気逆がきつい時には少し理気することも考えたい。補腎と共に肺気も立てることで、肝気を収める華蓋としての役割を果たせるようにもしたい。

治療経過:

初診より週に1度の鍼灸治療、自宅での温灸お灸養生を続ける。
途中からご主人も一緒に鍼灸治療を受診。

16診三ヶ月ほどで自然妊娠

 

不安定だった妊娠経過への対応:
第一子の時が妊娠六ヶ月から頚管長が短くなり切迫早産気味だったのが気になると言うことで鍼灸治療の頻度をあげる。

この妊娠中の対応は、とても大切です。
もともと中気下陥という、全身の気が下向きベクトルを持ちやすい方は、妊娠中も体調をしっかりコントロールしておかないと、下陥気味になります。
基本的には、病院での対応(頚管長を縛るや、子宮の張りをとる)も必須ですが、
案外、『ご自身の体調を整える』 というあたりまえの対応が
効果的なことも多いです。

妊娠中は出来れば医療介入は少なく、薬などを使わない対応ができれば
いいですよね。是非ご相談ください。(ただし、申し訳ありませんが、妊娠中の初診はかなり限定させていただいております。)

第一子の妊娠時には途中から安静入院となり妊娠中もほとんど胎動が感じられないという厳しい状況が続いたが、今回の妊娠は非常に安定しており、「胎動ってこんなにすごいんだ、赤ちゃんってこんなに動くんですねえ」という奥様の言葉が印象的でした。

無事のご出産、おめでとうございます。

まとめ:夫婦での体調改善で自然妊娠への道

「ドクターは、自然妊娠は絶対に無理とおっしゃり、精子の運動率も下がる一方で、私も自然妊娠は無理かも・・・とココロのどこかで思い始めていました。本当に体調がよくなることで妊娠ってできるんですねえ」
そう仰っていたのがとても印象的でした。

今回の妊娠では途中で入院などのトラブルもなく、出産もスムーズ。前回の妊娠は途中で安静入院となり妊娠中もほとんど胎動が感じられないという厳しい状況が続いたのですが、今回の妊娠は非常に安定しており、胎動ってこんなにすごいんだ、赤ちゃんってこんなに動くんですねえという奥様の言葉でした。

助産師さんが赤ちゃんを取り出したときに「立派な臍の緒!」と仰ってくださったとのこと。お母さんの努力のたまものだと思います(^^)。

無事のご出産、おめでとうございます。

これから家族4人、賑やかなせいかつがはじまりそうですね。

不妊カウンセリング:夫婦で体調改善①、自然妊娠への道(0190 0194)

夫婦で取り組む不妊治療

不妊治療は夫婦で取り組むものだと言われますが、現状は女性が頑張る側面が多いですね。

この症例では、女性側の要因に加え、男性側の要因についても病院でドクターから

「男性要因で自然妊娠は絶対です、顕微授精しかありません」

と仰り、実際に精子の運動率も検査のたびに下がる一方で、奥様もご自身で、
「自然妊娠は無理かも・・・とココロのどこかで思い始めていました」と仰っていました。

そして妊娠後
「本当に体調がよくなることで妊娠ってできるんですねえ」
とも仰っていました(^.^)

信頼関係が大切

私は、患者さんにご縁があったドクターのお言葉は信じたいと思っています。そして基本的に患者さんがそのドクターとの信頼関係がより深まるようにと配慮しながら発言しています。その方が患者さんに採ってメリットがあると信じているからです。

しかしながら時に、ドクターご自身が患者さんの事を考える余り、早く!早く!とあせりすぎていらっしゃらないのかなと思うことがあります。

横浜方面での老舗クリニックを受診されていらっしゃりましたが、ここはご夫婦で少し”心の休憩”をとり、身体の調子を上げることをお勧めさせていただきました。

そして、この休憩期間にご夫婦そろって体調がよくなり、お二人の幸せな笑顔が増えての妊娠。そして出産、

本当によかったなあと思います。

不妊カウンセリングの勧め!

不妊治療は迷うことばかりだと思います。
初めての出来事、
経済的なこと、
社会的なこと(保険の適応など)
原因(不妊要因)と、結果(妊娠)につながりはあるのか
真の原因はなにか?

妊娠しないというときに、病院を受診すること、病院でよく相談すること。
これは本当に大切だと思います。
まず、状況を知ることですね。

ただ、不妊という状況は案外、病院受診した状況だけでおこっていることではなく、
生殖というあたりまえの淘汰の中にある出来事だったり、
ちょっとした健康度の低さであったり、
本当の意味でタイミングが悪いだけであったり、

いろいろな要因がありますね。
そして妊娠っていうのは、本当に病院で治療 が唯一の答えではないことも多いんです。

あなたの妊娠に必要なことを一緒に考えましょう

それが不妊カウンセリングなんです。
当院は鍼灸院ですが、不妊カウンセリングをするばあいは、鍼灸ありきではありません。
まず、現状を考える。その上でなにがベストなのかということを一緒に考えることが
不妊カウンセリングです。

 

さてさて、話しは症例に戻ります。
男性側と女性側少し分けてお話ししていきますね。

夫婦で不妊カウンセリング・シンプルに体調あげて自然妊娠女性編 0190 0194 

夫婦で不妊カウンセリング・シンプルに体調あげて自然妊娠男性編 0190 0194

グラタン、グラタン、リベンジグラタン♪

グラタン、グラタン リベンジグラタン

クックパッド先生をみながらグラタンを作りました。

ジャガイモを水にさらさずに作ることで、そこからグルテンがでるので、

小麦粉は入れなくてもokと。

ふむふむと作ってみました。

ジャガイモは薄切り、人参、キノコもいれました。
ガラス容器にいれて、オーブントースターで15分。

うーむ、これはいわゆるグラタンではなく、グラタンスープ(^^ゞ。

でも、美味しかったです。

どうも、ジャガイモからのグルテンだけではとろみはでず。

完成写真は撮り忘れ(^^ゞ

 

かぶをいただいたので、グラタンリベンジ。

今度は、カブを切って、ビニール袋にいれ、小麦粉と塩を入れてバシャバシャ。

バターで炒めて、途中で牛乳を足しました。

ふと、コーンも入れても美味しいかもとか、人参もと思って追加。

ガラス容器にいれて焼きました。

今回はちゃんとグラタン!

これは昨日の夕飯。

鮭をメインにしながら、孫ちゃん用に骨付き鶏肉を焼きました。

グラタンに野菜炒め。

昨日からのタルタルソースに野菜の甘酢漬け。

残り物の魚もあり。

これにレタスサラダ。

グラタンがちゃんとグラタンでおいしかったあ。

あ、味噌汁も今日はあり合わせオンパレードでダイコン、なめこ、タマネギ。

まあ、とにかく、ありものたべて、元気にいこう!

グラタンがなんとなく、手応えを感じるようになってきました。

基本は、材料のバター炒めに小麦粉を足し、最後に牛乳で伸ばすですね。

味付けは塩だけで十分美味しいっすよ。焼き目がつくのでそれも満足度upです。

ホワイトガーデンは続く。姫ウツギ

ホワイトガーデンは続く

庭は、色を決めるといいなあって思っています。

私のメインテーマはホワイトガーデン。

白い花に憧れちゃうのよ〜。

さて、自分的マイガーデンのトップシーズンは

白のモッコウバラ、白のジャスミン、そして白の藤の4月初旬。

それが一段落ついた後ですねえ。

紫蘭は紫が中心ですが、時に白も。

いいのよねえ。

そして、いまはこのウツギが白い花をさかせてくれています。

名前がでてこない〜と思い、iPhoneをぐぐって、アプリを購入。

すごくいいですねえ。年間に2900円だけど、役に立ちそう!

一年間は使って見ようと思います。

爪のトラブル(巻き爪、爪囲炎)血流アップで改善を

爪のトラブル、こまりますね。

☆爪のトラブルで悩んでいます。

病院に受診をなさり、巻き爪、陥入爪との診断をうけ治療中とのこと。
しかしながら、水に濡れたり、泥水に入るなどの作業があると、
すぐにひどく炎症をおこしてしまい困っているとのことでした。
とくに小さなお子さんがいらっしゃり、プールや田んぼ作業などができないということでのお悩みでした。 巻き爪の症例はこちら

さてさて、爪のトラブルは多いですね。

今回は、爪のトラブル、巻き爪などのことを整理しておきますね。

 

☆トラブルのある爪、巻き爪、陥入爪

巻き爪と一言で言いますが、問題になるのはこのように、巻き爪が皮膚に食い込み陥入している場合です。また巻き爪になっていなくても、爪が陥入し爪囲炎をおこしている場合もあります。

痛みが起きているときに、注意が必要なのは爪囲炎(そういえん)になっている場合です。この状態になり炎症をおこしているのならば、病院受診をお勧めします。病院にて状態を把握していただき、適切な炎症への対処が必要ですね。

その上で、炎症はおこしていなけれど、靴を履くと痛いとか、今回のように濡れることで炎症にすぐにつながりやすいと言ったケースのケアを考えていきましょう。

 

☆爪のトラブルと血行

爪のトラブルをみていると、足が冷えて血行が悪い方が多いですね。
今回のご相談の方も、血行が悪いということは大きな課題でした。

また高齢者に多いというのも、爪という存在が血流に養われて成長していくものであるのに、その血流が悪いと言うこととつながります。
お年寄りの爪は厚ぼったくて、硬くなっています。子供と比べると一目瞭然ですね。

爪そのもののケアは、

・正しい爪の切り方
・保湿
・長さや形のチェック

この3つが中心となりますが、もう一つ、

・爪に血流があるように、指先末端に血流がしっかりと届くように

このことが非常に大きなポイントとなります。

具体的にいえば、

 この足の青ラインの経絡(足の陽明胃経)と、黄色ラインの経絡(足の太陰脾経)をしっかりです。外側で下り、内側をのぼるというイメージです。動きがでると、血行がよくなります。

具体的なポイントはこちらの黄色経絡の刺激です。

 この拇指を中心とするツボをしっかり温養です。具体的には温灸器であたためたり、このポイントにお灸をいれていきます。これはかなり効果的。ツボの名前はこちら

足の青色経絡は、足三里(ST36)というツボにお灸がいいです。そして、冷えがきつい人は、裏内停というツボにもお灸。胃経の裏刺激となります。

 でも、あまりにも冷えていると効きにくくなりますので、事前に足湯などをして血行をあげておくお膳立ても必要ですね。

しっかりと足、指先まで血流を届かせることが爪を守ります。

そして全身の血流があがり、健康度がupします。

爪も柔らかい若いからだであるために、ケアをしていきましょう。

この患者さんも、このケアで足の状態がよくなり、形成外科での処置もうまく出来、無事にお子さんと楽しく田んぼに入ることができるようになりました(*^_^*)

☆正しい爪の切り方

https://www.maruho.co.jp/kanja/makizume/column/prevent/009

☆爪切りについて、貝印サイト

https://www.kai-group.com/products/tsumekiri/trouble/makitsume/

貝印さんの爪切り、やっぱりいいですねえ。買いたくなります。