不妊・妊娠と鍼灸」カテゴリーアーカイブ

0001 頭痛、目の奥の痛み、妊娠、出産症例

2019年にいただいた年賀状。
3人のお子さんに囲まれた賑やかな年賀状でした。

初診でいらしてくださったのはもう10年前になるのでしょうか?
流産してからの体調悪化で、「妊娠したいけれど、妊娠どころじゃない」という感じで
ご自身の、頭痛や疲労感でいっぱいでした。

治療の手を入れて、体調が回復なさり、だんだん痛み止めなどの薬の服用も減り、
徐々に体調がよくなるなかで自然と妊娠され、ひとり、ふたりとの出産。

ご自身の体調と向かい合っての長いお時間だと思います。

目の奥の痛みは、頭痛の中でも、「腎虚頭痛」と考えて良いケースが多いです。
つまり生命力そのものが弱り、目という身体の上部で気血が集まり機能を果たす場を
養い続けることが難しくなっている状況なのです。

治療の大きな山は週に二回の治療で約一ヶ月の8診ぐらいで目処がついてきました。

ちょっと書き出してみましょう
初診から週に二回で治療
…1)初診
1)関元(10)ミニ灸(右太巨、右大赫)、右外関+ミニ灸、足三里、復溜灸頭鍼+ミニ灸
2)肺兪(7)
3)(腎兪、左三焦兪)+ミニ灸、中膂兪+ミニ灸 ミニ灸(左絶骨、申脈)

…2)2診
初診治療当日とても疲れてだるかった
翌日起きたら頭が締め付けられるような頭痛がして、夕方すっとよくなった

…3)3診
2診治療後、楽に過ごせた
治療同じ

…4)4診
生理前の痛みがない、生理がきてから左目の奥、左肩の痛み

1)関元ミニ灸(右太巨、右大赫)、左(合谷ー外関)+ミニ灸、右曲池ミニ灸、中注(7)
左目窓、足三里ー左三陰交(灸頭鍼+ミニ灸)、左公孫+ミニ灸
2)肺兪(7)
3)(左胃兪、三焦兪)+ミニ灸、中膂兪+ミニ灸 天中 ミニ灸申脈

…8診ほど経過して
体調がよく、生理前の不調がない。両親も喜んでくれている
この一ヶ月痛み止めを飲んでいなかった。

特別なことはしていませんねえ。
スタンダードな感じで身体の手入れをしていき、無事な経過になった症例でした

症例:http://1gen.jp/1GEN/BENSYO/2007-B1.HTM

 

 

ご相談にお答えして⑤ 落ちこぼれちゃんの卵、無事の出産

☆ ご相談にお答えして ⑤ 

妊娠無事出産:落ちこぼれちゃんの卵

体外受精をしていると、卵のグレードは気になります。
「もう、良い卵はすべて移植しました。全部ダメ、全く着床もしませんでした。残りは落ちこぼれの卵だけ。妊娠する気がしません」

というご相談でした。

私は、「体外受精は、本来目の見えないプロセスの中をビジュアル化し、グレードをつけてくれているだけ。私だってtさんだって、もしグレードがついたらグレード5の落ちこぼれで凍結さえもしてくれない卵だったかもしれないですよね。あくまでも凍結時点でのグレードで確立の話しです。やってみなくちゃわかんないですよ!」とお尻をおしました。

そんなやりとりがあったかたたからのメールです。

…患者さんからのメッセージ

今日戻しに行ってきました~。
長い一日だった・・・。

行きの新幹線が小田原までは順調だったのですが、
今日の人身事故で、そこでストップ。
20分くらいは新幹線の中で待ってみたものの、
復旧には時間がかかるとのことで、そこから
急いでロマンスカーに飛び乗って、新宿着が10:40。(来院指定は10:00)

駅からも走りましたよ~。

でも着いてみたら連絡を入れてあったせいか、
特に何も言われず、血液検査の順番も普通に待って
結局移植も無事にすることができました。ほっ。

帰りは帰りで、またダイヤがぐちゃぐちゃで
なんとか静岡までかえりつきました。

まあ朝からバタバタでしたが、結果的にはなんとか全て無事に
終わりました。あとこれで良い結果が出てくれれば・・・。
今回の受精卵はグレードはやはりとても悪いっていう説明でした。
でも、なんだか、逆にこの落ちこぼれちゃんとご縁があるのかなという
気がしてきました。

結果はちょうど1週間後の11/1です。
それまで、がんばります。

ではでは。

そしてこの落ちこぼれの卵ちゃんは無事に着床し、出産にいたりました。

…産まれました!
ご無沙汰しておりました!
やっと実家から自宅へ帰ってきました。

出産前はいろいろと本当にお世話になりました。
出産後の詳しい報告もしないまま、時間がたってしまい
申し訳ありませんでした。m(_ _)m

予定日より2週間早く体重2950gの健康なベビちゃんでした。
本当に嬉しかったです。ありがとうございます。
昨日は一ヶ月検診があり、母子ともに順調ですといわれました。

子宮の戻りも良好でドクターからも「優秀です」の言葉をいただきました。
出血もほとんどなくなりました。

思っていた以上に出産も育児も大変で、二人目を今すぐにでもやる気満々、
とは言えませんが、受精卵が待っているからにはお迎えには必ず行くつもり
ではいます。そのときはまたよろしくお願いします。
またもし私の体調が改善されなければご相談させてください。

とりあえずご報告とお礼まで。

いますぐ妊娠の希望はありませんが・・・・・

いますぐ妊娠の希望はありませんが・・・・

こんなメールでのご相談をいただきました

ーーー

35歳の既婚女性です。

いますぐにの妊娠の希望はありません。

生理は毎月来ています。

妊娠できるかどうか不安だったので、婦人科で検査してもらったところ

卵巣からの女性ホルモン、黄体ホルモンの数値は問題がないが、

FSHが高めといわれました。

基礎体温もつけていて一応二層性にわかれていますが

不安定です。

将来の妊娠は大丈夫でしょうか?

とても不安です。

ーーー

将来妊娠できるかどうかは、結局実際に妊娠してみなければ誰にも答えは出せないと思います。

この方の場合は、

卵巣からの女性ホルモン、黄体ホルモンの数値は問題がなかったけど、

FSHが少し高めと。

FSHが少し高めということは、卵巣からのホルモンは現在のところ

正常であるけれども、卵巣自体は少し反応が悪くなりかけているという

ことだと考えられます。

つまり、卵巣の機能低下が起き始めているわけです。

妊娠は、挑戦してみないと、妊娠できるかどうかはわかりません。

子宮の病気があったり、ホルモン的な数値が悪かったりしても

あっさり妊娠できる場合もありますし、

婦人科で「なんら不妊の原因となる要素はありません」と

いわれても、何年もの不妊状態に陥ることもあります。

つまり、妊娠というのは、しやすさ、しにくさの傾向はわかっても

実際に「妊娠できるか?出産できるか?」は、妊娠して出産してみてはじめて

「妊娠出産できる力があった」とわかるものなのです。

非常に困難そうに見えた方が、あっさりと妊娠出産することもたたあります。

それが現実。年齢が高くても同様です。

つまり、ホルモンの数値が悪い場合は、ホルモン剤が必要な場合もあるでしょうし、

人工授精や体外受精ー胚移植などが必要になるかもしれません。

それは、実際に妊娠を試してみないと、誰にもわからないものなのです。

事前にはどんな検査をしても、「必ず妊娠できる身体です」とは

どのドクターでもいえないものだと思います。

不妊のご相談をうけると、検査してもなんら問題がないという方々が、

たくさんいらっしゃいます。事前の検査は、大枠を把えるだけで、実際に

妊娠できるかどうかを占うものではないということは押さえておいていただき

たいと思います。

35歳というと、もし、お子さんを望むならば、先送りにはしては

いけない、先送りには出来ない年齢だと私には思えます。

治療が必要な場合であれば、数年はあっというまにたってしまうことがあります。

妊孕性があきらかに落ちるといわれる37.5歳まであと二年半ですし、

妊娠を挑戦なさる場合、35歳の壁、37歳の壁などという状況もよく見受けられます。

30台の前半と30台の後半はかなり状況が違うと私は思います。

生理がきているから安心とは一義的にはいえます。

でも、生理がきていることイコール妊娠できることでは全くないのです。

御自身の中に、お子さんのことは全く考えていらっしゃらないのなら、

それはそれでよいのですが、もし少しでもお気持ちの中に、妊娠ー出産を考えていらっしゃるのならば、

妊娠に挑戦してみるしか答えはでないと思います。

どんな太鼓判でも実際に妊娠できるかどうかは、挑戦してみないとわからないものですからね。

女性にとって、妊娠の可能性は時間の制約があるのが現実です。

私は、30代後半のかたで、結婚後、数年間子供はいいと思っていたので

避妊をしていました。なんでもっと早く子作りに挑戦しなかったのだろうかという

後悔の声を何度も聞いています。

35歳は妊娠を考える中では大きな壁になります。ご夫婦でよく考えてみてくださいね。

ご相談にお答えして ④ 病院選びで迷っています。

☆ ご相談にお答えして ④

病院選びはとても難しいです。不妊という状態の他に、婦人科的な状態、男性側の問題、夫婦間のメンタル、経済状態。不育の問題などなどと、「その人に会った病院を選ぶ」ということは案外ハードルが高くなります。

ときどき、「私がこの状況だったら病院を変えちゃうな」とか、「んーここは病院は変えない方がいいと思うなあ」など、
あくあでも、”私自身が、この状況の当事者だったらどう選ぶ” という視点でのアドバイスになりますが、相談に乗って欲しいという方には、一緒に考えるようにさせていただいています。

良いご縁があって、道が前にすすみますように。

病院を変えてみましょう

妊娠しても継続しないという不育の状態にある方からご相談を受けました。
不育の問題は、一般の婦人科で検査できる範囲では「問題なし」であっても、
専門病院では、「クロ」となるケースを多く見てきました。

東洋医学的な視点に立ち、私が体表観察させていただいくなかで、
大きな違和感を感じるケースでありながら、「検査で異常がありません」と
言われる方には、「専門病院へいってみては?」とお勧めしています。

そんな「病院をかえてみては?」とアドバイスさせていただいた方からのメールです。

..患者さんから
こんにちは

先日は夫婦ともどもありがとうございました。
魚国でお昼を食べ、お夕飯はマカロニマーケットへ行きました。
パスタがおいしくて感激!パンのコーナーはもう終わっていて今度はもう少し早めに行っておいしそうなパンを物色したいと思っています。
いろいろ教えていただいて楽しい休日を過ごせました。

ところで、 本日ようやく先生がすすめてくださった○○病院へ行ってきました。
午前10時に受付をして病院を出たのは午後4時過ぎ。

簡単な問診のあと内診と血液検査。内診の結果、子宮筋腫があるらしく、来月の半ばにMRI検査をするとの事でした。とりあえず、MRIの予約をいれ、今後、いつどんな検査をするかの説明を受け、今日は一回目の血液検査をして帰ってきました。
次は生理中でもいいからと低温期の検査、そして高温期に検査、それから主人と私と二人の血液検査。その他もろもろ予定表をもらったのであさって持って行きますね。

問診と内診をしてくれた先生は年配の偉い先生だったみたいですけど、なんだかとても感じがよく、某病院のの若造みたいに(高齢、高齢)と連呼することなくてきぱきと脇に控えた助手なのかなんなのかわからないけど別の男性の先生に検査や今後の指示を与え、私にも簡単に説明してくれました。

びくびくし通しだったけど、一番気になっていた卵巣には問題がないようでほっとしました。

気になっていたことが解決できたような手応えがありました。いってよかったです。

とりあえず、第一歩を踏み出せたような感じです。
米山先生に背中を押してもらえたおかげです。
ありがとうございます。

(注:このご相談は2011年の時点のものです、この病院は現在ではシステムを変えてしまっているので、上記の通りではなくなってしまっています。病院も刻々と変化するという感じですね)

0114)妊娠中、産後も続く子宮内膜症の痛み。弁証論治

子宮内膜症の症例が続きます。
子宮内膜症は、生理と共に悪化する疾患です。
そして、妊娠を早くすることで、子宮内膜症の進行も遅くなりますので
早い妊娠が臨まれますが、逆に子宮内膜症によって妊娠が成立しにくいという
状況も生まれ、なかなか難しい問題となることが多いです。

今回のケースは、卵巣嚢腫の手術もおこなわれ、
子宮筋腫の手術歴がある、
骨盤内臓器の癒着が高度な事例であり、
なかなか解決が難しい状況にありました。
10代からの手術歴ですから、ご本人にとって
長い婦人科疾患との戦いであったと思われます。

幸いなことに、ご本人の努力によって無事に
第一子の妊娠、出産につながりました。

しかしながら、妊娠中も痛みが強く、
出産後も再度痛みの出現があるという状況で、
子育てもお辛い様子でした。

出産後は、ご自身の生命力が落ちるために、どうしても
その方に取って一番のウイークポイントが出現しやすくなります。

抜本的な解決はなかなか難しい状況ですが、
温補補腎という、ゆっくりと温め、生命の土台の力(腎気)をつけていく
鍼灸治療によって、ご本人の辛さの軽減に役立ったようで何よりです。

症例概要→0114
詳しい症例→0114