不妊・妊娠と鍼灸」カテゴリーアーカイブ

セックスレスでの不妊治療対策

不妊カウンセリングをしていると、案外多いお悩みがセックスレスです。

当事者の方々は、誰にも相談出来ず悩みに悩んでと言う方が多いです。
まあ、それはあたりまえ。
子供が欲しいと思っているのに、大前提である性交渉が出来ていないって言うのは
誰にも相談出来ないっていうのもよくわかります。

このあたりは、個人の考え方に大きく選択がわかれるところですね。
どの選択も、間違いとか、いけないってことはなくて、
何を選んでもいいんじゃないかなあって私は思っています。

 

☆ご主人がどうしても性交渉が出来ない場合

あるときご主人がどうしても性交渉が出来ないタイプの方がいらしゃいました。
お話しを候うと、自慰行為はできるということなので、『病院で人工授精などの不妊治療の相談をしてみたら?多くの方が治療を前に進め、お子さんを得ていますよ』とお話ししました。

こういった場合、タイミング法がとることができずに、いきなりの医療介入ということにはなりますが、沢山の方がその方法で、スムーズに治療を進められています。
当事者が思うほど、珍しいことでもなく、根掘り葉掘り聞かれることもなく、
治療は前に進みますよ。

☆ご主人がどうしても病院へ行きたくないという場合

 

ときに、ご主人が『病院へ行くのはいやだ』ということで、医療介入の選択をしないまま、不妊治療が終了することもあります。まあ、このあたりはご夫婦の選択でしょう。

納得出来ればそれも当然アリの選択です。
ただ、奥様が病院受診をして相談してみるのはいいのかなと思います。

ある病院は、人工授精や体外受精などのための事前検査の血液検査は、不妊治療と別の日にさらっと行い、婦人科への通院は奥様だけという配慮をしてくれ、治療が前に進んだケースがありました。

男性側の、『医療介入がいや』という言い方は、ときに、『自分が不妊治療で病院にいくのがイヤだ』ということが問題になっているケースがあります。自分がいかなくいていいなら、不妊治療に協力するという男性も珍しいことではない印象ですねえ。

まあこれに関して、『男性だって病院にいって夫婦で一緒に考えるべき』という正論もありますが、私は最終的には法的、医療的にOKであれば、いいんじゃないのって思います。拘わるのそこじゃないでしょって思うのですよ。
まあ、男心は繊細ですね(^^)。

☆人工授精について

適応についてはこちらをご参照ください

日本生殖医学会 http://www.jsrm.or.jp/public/index.html

最近、人工授精を積極的にするクリニックが案外すくないなと思います。
まあ、不妊治療を開始する年齢が高めで、時間節約のために治療をジャンプupという選択も時にはありでしょう。

しかしながら、人工授精もときに大きな力を発揮することもあります。

自然妊娠に近い形で、低いコストというのは魅力でしょう。

☆人工授精が力を発揮する二つのタイプ

大きく、男性要因の不妊と、セックスレスに力を発揮してくれます。

☆☆男性要因の不妊に効果的

ある患者さんで、男性側の精子が今ひとつという方。3回目の人工授精で濃縮洗浄した精子があまりよくなく、奥様は文句タラタラおっしゃっていましたが、そのよくなかった精子の人工授精で無事に妊娠、出産なさいました。

よくないといっても、自然よりもやはり濃縮洗浄した精子の方がよかったのかなと感じます。

ただ、男性要因の不妊は男性側の健康度upで案外ぽろっと自然妊娠もしますので、ぜひ男性要因の場合は、健康度アップへの努力をしてみてください。睡眠、食事の改善などなどで女性よりもストレートに精子の状態が改善し、妊娠へつながるケースを多く経験しています。

☆☆セックスレスカップルに力強い味方。

不妊カウンセリングをしていて、案外多いのがセックスレスカップルです。

もう、そこは仕方がないとあまり追求しないのも一つの手ではないかなあと思います。二人で納得のいく形であれば、人工授精や体外受精などをセックスレスの問題解決に使うということもありだと私は思います。

☆☆☆そして、シリンジ法。

セックスレスの強い味方となるかなと思います。

これは実はある患者さんがの体験が私の考えを前に進めてくれました。

体外受精を何度も繰り返していらっしゃりましたが、なかなか妊娠せずの状態。病院を変えたところ、そこのドクターがまず『シリンジ法』を進めてくださり購入。なんと1度のシリンジ法で妊娠されたとのことでした。逆子でのご来院で、その途中の世間話で今回の妊娠に関する経緯と言うことでお話しくださいました。

体外受精を何度もして、胚移植を何度もしていたのに妊娠出来ず転院。
転院先のドクターが『今の状況だったら、シリンジ法を試してみたら』と勧めて下さったという
ことなのですよね。私はセックスレスカップルが病院でドクターからシリンジ法を勧められたという話しは初めてで、ちょっと驚きましたが、そのたった1回のシリンジ法が、この方にとっては何度も繰り返してダメだった体外受精を凌ぐ成績ってのが、生殖医療の不可思議なところですよね。

その後、数名の方にこの方法をお伝えしています。ご自身で購入して頂き、妊娠出産に結びついた方もいらっしゃります。病院にいかなくてもいいというのは本当に気が楽なのではいないかなと思います。

ただし、このシリンジ法については、衛生面での問題を生じることもあるようですので、ご自身でよく製品などについては調べて納得頂いた上で挑戦して頂くのがよいかと思います。シリンジを販売しているクリニックもあります。

☆まとめ

不妊治療は医療介入を少なく!ということが大原則です。ただし、セックスレスカップルには、人工授精や体外受精はおおきな助けになります。そんなに悩まず病院で相談してみるのもいいかなと思いますよ。

40代から始める妊活、不妊治療をすすめるコツ。0325

40代から始める妊活、不妊治療をすすめるコツ。

ちまたの婚活YouTubeをみていると、女性に対して辛辣な意見が多いですね。30代になるととたんに女性の婚活市場での価値が低くなるといわれ35歳だと絶望的な扱いになっていて、呆然とします。市場的な見方をすると、男性は年収、女性は年齢と。ううううむですねえ。

まあ人間の価値ということでは、年齢によってよい影響を受けることも多いとは思います。しかしながら、「子供が欲しい」という前提に立つ婚活・結婚の場合いは、女性の年齢は若い方が有利である事実は揺るがしようがないことだと思います。

では、40代の結婚に子供は望めないのでしょうか?

これは私の実感からのイメージですが、女性が10人いると、

       妊娠しやすい     妊娠・出産しにくい

29歳まで   7人         3人

35歳前後   5人         5人

40歳前後   1.5人        8.5人

42歳前後   1人         9人

42歳だって、45歳だって、もともと妊娠しやすい人はいます。
そう言う方にとっては、40代であっても、案外すんなりとお子さんに恵まれると思います。
芸能人でも45歳で産みました〜とか聞きますよね。つまりそういう人にとっては、40代であっても、避妊だってしっかりとしておかなければ、うっかり妊娠してしまうのもあるでしょう。

ただ、42歳前後になると希望してもかなり難しいというのは実感同理だと思います。そしてここに医療介入や不妊治療などの努力がはいり、ひとりでも多くの方が、欲しいと思った赤ちゃんと巡り会い、家族を作るチャンスを広げることができるようにと願っています。

婚活、妊活が厳しいのは事実。
でも、家族のありがたさ、大切さを実感するのも40代

子供が欲しいという気持ちはよくわかります。

今回は40代で結婚し、不妊治療をすぐにはじめるものの、なかなか結果にたどり着かないという女性からの相談です。

☆42歳です、不妊治療が前に進みません。どうしたらいいでしょうか?

42歳女性

女性側:卵巣嚢腫などの既往歴あり、現在は問題ない
男性側:とりたてて大きな問題はない

41歳から不妊治療をしています。
年齢要因も考え早めに体外受精にステップアップしました。
体外受精では、胚盤胞もでき、ホルモン補充周期や、自然周期など色々な方法で移植しましたが、妊娠出来ません。少し着床反応もでましたが、胎嚢はみえずリセットとなってしまっています。

年齢的にもさほど余裕があるとは思えません。
妊娠、そして出産するにはどうしたらいいでしょうか?
なにか出来ることがありますでしょうか?

 

☆前に進みましょう!、不妊カウンセリング 東洋医学的診立て

40歳を過ぎてからの妊娠希望と言うことですね。

すでに、体外受精もとりいれ不妊治療をなさっていらっしゃいますね。自然妊娠を考えながらも、体外受精をすすめていらっしゃることそのものは時間という生殖医療において一番ネックになってしまうことへの対応としてはベストだと思います。

☆☆40代早めの体外受精へのステップアップについて
早めの体外受精へのステップアップ、よいと思います。
体外受精は年齢要因を解決出来る治療ではありません。
しかしながら、より妊娠に対して細かい壁をのりこえ、
なによりも凍結という時間を買うことが出来る手段は、
年齢要因を間接的にですが解決してくれる大きな鍵です。

体外受精がすべてを解決してくれるわけではありませんが、
40代の場合は何かをして最後に体外受精に挑戦するものではなく、
不妊治療の中に早めに取り入れ、凍結という技術を利用し、
他の要因の解決までの時間稼ぎになるよい手段となる場合が多いです。
    「凍結胚は待ってくれます」

しかしながら、スムーズに採卵ができ、胚盤胞もでき、その移植も色々工夫をなさっている。
しかしながらも着床反応はあるものの、治療が前にすすんでいないということですね。
凍結という技術を最大限に活用し、しっかりと時間を有効活用しながら、
妊娠、出産へと前に進みましょう。

☆☆あなたの不妊治療に必要なこと

お身体の状態は、胃腸の機能が少し低下し、身体に不要な湿気(内湿)や血の道の不安定さ(オ血)を感じさせます。この状態にさらに負担をかけるのが、日々の忙しさとストレス状態です。身体の力を底上げし、気血の巡りをよくしていくことを、鍼灸治療とセルフケアを組み合わせやっていきましょう。(腎虚をベースとした脾虚肝鬱瘀血)

☆☆あなたの不妊治療を前に進める4つのポイント!

1)現在通院なさっている病院では、年齢要因が高い方の治療を進める上では少しスムーズさが不足しています。時間をむだにしないためにも、培養室がしっかりしており、実績がある専門クリニックに転院しましょう。

2)採卵して移植ということを繰り返していますが、移植が入ると、もし妊娠がうまく成立しなかった場合に時間が無駄となってしまいます。連続採卵にしてしまうほうが、毎月採卵出来るので凍結胚を貯めるのには時間的無駄がありません。42歳という年齢を考えれば、ある程度の数の胚盤胞を貯卵していくのがよいかと思います。

3)着床するも妊娠が継続しないと言う課題をもう少し明確にする検査をうけてはいかがでしょうか?

4)食事の問題があるように思えます。1度食事生活記録をだしていただき、食事、生活などを妊娠にむけて手を入れていきましょう。

 

☆治療経過

ビッグママ治療室初診

1)右内関(PC6)、右外関(TE5)、右陽池(TE4)、三陰交(SP6)、陰陵泉(SP9)、右臨泣、足三里(ST36)左大都(SP2) 大巨(ST27)(温灸)
2)肺兪(BL13)
3)肝兪(BL18)、右胆兪、胃兪、次髎(BL32)

セルフケア:大巨(ST27)、足三里(ST36) 三陰交(SP6) 右の内関(PC6)、右臨泣
その後、週に1−2回で鍼灸治療継続、毎日の温灸でのセルフケア。

・2ヶ月後採卵ー胚盤胞凍結出来た
・4ヶ月後採卵ー胚盤胞凍結出来た
・6ヶ月後移植、hcg4ー妊娠継続出来ず。
・7ヶ月後移植、hcg2−妊娠継続出来ず
・8ヶ月後移植、胚盤胞を2個移植したーhcg45 P30越え

☆☆妊娠の経過

・5wPが下がり気味になり、鍼灸の頻度アップ。なるべく安静にし出歩かない。
・6w〜7w胎嚢がみえ、心拍もみえるが、Pは不安定。胎嚢周囲がぼやけてみえている。

とにかく安静にし、ほぼ毎日鍼灸をいれる。

・8w 赤ちゃんは元気で、周囲の怪しい影も少しましといわれる。

車での遠出をする予定があるとおっしゃるので、出来ればやめるように提案(説得)(延期)
Pは不安定で経過を細かく見ているが、赤ちゃんは元気で経過
忙しかったり、疲れたりすると、下腹がはり、出血しそうな気がするも、セルフケア、鍼灸、安静などで乗り切る。

無事に3000㌘を越えてのベビちゃんを出産
おめでとうございます。

イラスト ツボ セルフケア

☆☆40代の不妊治療、出産までをふりかえって

40代からの不妊治療は、時間をどう活かすかということにつきます。

今回の症例は、現状を認識し、しっかりと腹を括り、提案させていただいたことはさっさと取りこみ、出来ることは充分に取り組んだ不妊治療だと思います。とにかく提案させていただいたことを実行するまでのスピードが速い!。行動力のある人はすごいって感心しました。

妊娠してからは、その初期がやはり不安定でした。

一般論的には、妊娠の初期は ”普通にしていてよい”。
そのことは理解出来ます。病院の先生に聞いても、ネットを調べてもそうでてくるでしょう。
でも、”普通にしていて” は、壁がたちはだかり、前に進めないこともあるんです。

今回の場合は、その不安定な初期をしっかりとセルフケアし頻度の高い鍼灸でのケアで乗り切れたのではないかと思います。40代の妊娠は ”このワンチャンスを活かす” 事が出来なければ二度目はないこともあります。今回はなんとか壁を越えられて本当によかったなあと思います。また遠距離ドライブを中止てくださったことも大きいです。実は過去に不安定な時期の旅行や遠出でで辛い経験をされた人も多いと思います。

ネットをググれば、「妊娠初期だったけど海外旅行十分楽しめました〜」とか、「ディズニーランドでもへっちゃらでした」という声もおおくみかけます。でも、こうやって書くのは上手く行った方ばかりです、ダメだった方や残念につながった方は誰も声を上げないと思います。

妊娠というのは、女性は卵の孵卵器になるということです。

年齢が高い、流産しやすい女性というのはこのふ卵器の性能がちょっとだけ悪いのです。そういったちょっと不安定な孵卵器の方は安静がとにかく効きます。人によって大きく違うポイントです。
孵卵器の役目が終わり、出産につながれば何も問題がないんです。この短い期間、ちょっとだけがんばってくださいね。

今回の症例では妊娠初期のケアが充分な大きさ(3000㌘越え)の赤ちゃんの出産へとつながったのではないかと思います。このとは赤ちゃんへの大きなプレゼントとなりますね。

いろんな山がありましたが、無事にかわいい赤ちゃんとの生活がはじまりましたね。私もお手伝いすることができて、うれしかったです。

小さい赤ちゃんへのリスク:

DOHaDとは「将来の健康や特定の病気へのかかりやすさは、胎児期や生後早期の環境の影響をうけて決定される」という概念です。私たち昭和大学DOHaD班は、病気になりにくい体質を獲得することをテーマに「胎児期・生後早期からの疾病予防」を目指しています。リンク→

イラスト ツボ セルフケア 応援

着床、妊娠初期をどうすごしたらいいか?安静のすすめ

.着床、妊娠初期をどうすごしたらいいか?安静のすすめ

体外受精で胚移植をしたあとや妊娠初期のすごし方について。

私は不妊治療を20年以上ながらくお付き合いさせていただいています。

☆妊娠初期は『普段と同じ生活でOK?』これって本当?

昨今の病院では、妊娠初期の指導は『普段と同じで良い』が鉄板です。これはその通りで、一般的には妊娠初期は普段と同じ生活でよく、妊娠初期に流産などがおこっても、それは『自然な淘汰』という説明ですね。

これって、本当にそうでしょうか?
一面では事実です。
妊娠初期になにをやっても妊娠が継続する人は継続します。
そしてどんなことをしても、おこる流産はとめられないこともありますね。
それは自然な淘汰だからです。

☆胚移植後や妊娠初期の過ごし方、20年以上の経験の中から

胚移植後、妊娠初期には『普段と同じ生活でよい』というのは大前提です。

その上で、いままでの臨床経験から、『全員がいままでと同じ生活でよい』ということではないと理解しています。

まず、『普段と同じ生活』が人によって本当に違うのです。

動きが少なく、のんびりした生活の方から、活動的で頭を使いストレスフルな生活の方、毎日忙しく疲労困憊の方、さまざまな『普段の生活』があります。

妊娠しない、妊娠初期の流産が続くという方であれば、まず『普段の生活』を考えてみるべきかと思います。

☆医療関係で過去に見聞きしたさまざまな妊娠初期に対する指示

20年以上の経験がありますと、そのときどきの不妊治療のブームも知っています。この不妊治療って、答えが完璧にはでないものです。案外そのドクターの経験や体験からのアドバイスも出ることとなります。

☆☆妊娠反応でたら安静入院や診断書

あるドクターは妊娠反応がでてから、心拍確認まで『安静入院』の指示を出していました。他に細かく生活の制限もなさっていました。「自転車にのるな」「旅行などをするな」「長時間の外出は控えなさい」などなどです。これはそのドクターが『この条件の方が妊娠の継続率が高い』というご経験をなさっていたからだと思います。

また別のドクターは妊娠反応がでたら、希望者にはみんな診断書を出し、会社勤めを休ませていました。これもやはりその方がよいケースが多かったのだと思います。

また、私自身もその方の状況、体表観察、いままでの私のさまざまな経験から、妊娠初期のがっつりとした安静が効くケースがあると思っています。

☆☆緊急事態宣言の引きこもり生活が、安静をもたらしたケース。

2020年はコロナが社会を一変しましたね

コロナが始まった初期の4月は、緊急事態宣言がでて、社会中が安静(^_^;)状態。
この状況でちょうどその4月に妊娠初期で、がっつり安静が効くだろうなという方が複数いらっしゃりました。

それまでは、お仕事が忙しく、なんとか体外受精の治療のために休みをとったので、移植後はかえって仕事が忙しい。休めないという状況でした。

この「妊娠しても安静なんかしてられない」状況はこの方に限らず多くの方でみられます。採卵、移植までの時期に休みをいっぱい取ったから、もう休めないというわけです。

その事情、よくわかります。でも、やっぱり安静が何より効く人はいるんだなあと思っていました。そしてコロナ

『世の中がストップしたので強制的な安静状態、
            働きたいけど、動けない、まあ仕方がない』

という状況。ジタバタするご本人達に、『安静が効くのかどうか試すのは今しかないですよ!!』と説得し
・頭をバカにして、余計なことは考えず
・余計なことはなにもせず
・家事などは午前にまとめる。
・午後は昼寝、のんびりマンガ、アマプラ
・夜は早寝生活


をおくっていただきました。
そして、長らく困難事例であったお二人は、無事に妊娠初期を抜け、出産にたどりつきました。

これは私の中で、『やっぱりな』という思いと、実験したくても出来なかった妊娠初期の安静条件の変更がどれぐらい効くかも教えてくれることになりました。

☆妊娠初期の過ごし方二つのタイプ。

妊娠初期は、
1)安静が効くタイプ
2)からだと気持ちをスッキリさせることが効くタイプ

にわかれます。これは案外わかりにくいのですが、いままでと同じ方法でダメな場合は逆にしてみるのもいいのかなと思います。ご自身の安静とか、ご自身の活動的ってあてにならないので(^_^;)、違うことを試してみるっていう感じでよいかと思います。

こちらは、長らくの不妊治療の物語になっています。
赤ちゃんと出会うための14年の旅 この中で、病院を変えたことと、移植後の生活の違いが妊娠につながり、出産につながっています。

この症例では、移植したら『お姫様生活』をなさっていました。徹底した安静です。

それが効果を示さず、鍼灸と、諦めを伴った日常生活がかえって身体のストレス状態をとりさり、妊娠ー出産という事へつながったと思います。

☆☆着床したら、妊娠の初期の過ごし方

妊娠初期というのは、このがっつり安静と、身体をすっきりさせ日常のまま、多少の負荷をかけた生活と人によって必要とされる物が違います。

また、安静ってのは人によっては精神的なストレスになり、かえって肝鬱強くなってダメなケースも多いです。このストレスは案外キツい要因となります。リラックスしようとしたら、余計緊張しちゃうってことですね。

コロナによる強制的な安静生活は、自分の意思で休暇などを取るのではなく(このパターンは肝が据わってないと返ってストレスで肝鬱が強くなり妊娠の妨げとなる)、社会がロックダウンなんで仕方がないわねということで、ストレスupせずに安静生活が出来たパターンだと思います。

妊娠初期の過ごし方は、なにをやってもリセットになることもあるけど、案外こういったコツを掴むとスムーズにいくこともありますよ。

一緒に工夫していきましょう
私は「お子さんを欲しい」と望む方には、一人だけでもいいから授かって欲しいと
強く願っています。
一人の子供との関係があなたの人生を大きく変えますからね。
そのチャンスを掴むお手伝いが出来ればと願っています。

不妊相談:よい卵を移植しているのに妊娠出来ません、どうしたらいいでしょうか?0316

不妊治療は、人によって課題となるテーマが大きく違います。

経済的要因だったり、
病院選び、
なにをしていけばいいのかといったことなど、
なかなか的が絞りきれませんね。

今回は、タイミング、人工授精とステップアップし、その後体外受精にすすみ、
良好胚を何度も移植しているのに妊娠しないというご相談です。

こういったケースでは、妊娠歴があり、受精障害がなければ、体外受精そのものがストレスになっている場合も多いので、ステップダウン(高度生殖医療などをやめて、医療介入の程度を低くする)も考えられます。

しかしながら、過去に一度も妊娠したことがなく、受精障害など体外受精で大きく救われる要因があるカップルの場合は、やはり体外受精、顕微授精という高度生殖医療という選択は、間違っていないと思います。

今回は、受精卵がそれなりにでき、胚盤胞もでき、移植をなんどかしているのに、なかなか妊娠しないというカップルのご相談です。

悩むときには、まずこのように、ご自身にとって何が必要か考える必要がありますね。

良好胚移植でも着床のみ。体調アップで妊娠、

☆ご相談:よい卵を移植しているのに妊娠出来ません、どうしたらいいでしょうか?

36歳から妊娠を希望しています。

大きな問題はなかったので、タイミングで1年間、人工授精を半年ほど試したものの妊娠しませんでした。

体外受精にステップアップして、採卵を2回し、いくつもの非常にグレードのよい卵はできているのですが、ちょっと妊娠反応が出る程度で終わってしまっています。

年齢も38歳になってしまい、精神的にもいろいろと考えてしまいます。
どうしたら良いでしょうか?

今までの不妊治療歴
30歳 子宮内膜症がみつかる
35歳 病院でのタイミングを始める1年、男女とも大きな問題はないといわれる
36歳 人工授精を3回おこなう。クロミッド、デュファストン、プラノバール、ゴナールなどを使う
36歳 体外受精を行う、3つ採卵出来た。新鮮胚にて移植→妊娠出来ず。残りの二つは胚盤胞まで培養したが途中で止まってしまった。
37歳 採卵、胚盤胞にて非常によいグレードの卵が2個できた。移植→ほんの少しだけ着床反応があったものの妊娠は継続出来ず。

 

☆ご相談にお答えして:不妊カウンセリング

妊娠をご希望になり、体外受精までステップアップなさっていること。
良好胚ができ、移植もスムースで、着床の反応はでるものの、妊娠が継続出来ないということですね。

年齢要因もあがってきて、早く治療を前に進めたい、出産したいというご希望ですね。
治療を続けられてもう2年、年齢要因もあがってきてしまっていますし、精神的な不安が出てくるのもあたりまえだと思います。
一緒に考えていきましょう。

☆☆胚盤胞まで出来ていると言うことは、自信をもって進もうということです。

胚盤胞まで到達出来る採卵が出来ているのですから、自信をもってすすみましょう。

 現時点で、ちゃんと胚盤胞まで到達出来る卵が出来ていますね。これは非常にありがたいことです。まず、ご自身で確認納得して頂き、不必要な不安を持たないようにされた方がよいかと思います。自信を持って前にすすみましょう。

☆☆ストレスタイプ、リラックスして気の巡りをよくしましょう

 お身体を拝見すると、身体のボディーの部分(体幹)は、それなりに暖かく良い感じです。それに比較して手足は冷えています。そして手のストレス反応のツボががっつり出ています。

 これは、身体の緊張状態があり、気血の巡りが悪くなっているということが考えられます。緊張をゆるめ、全身の気血の巡りをあげていきましょう。このためには鍼灸やお灸でのセルフケアが効果的です。

また、一日のお仕事がかなりハードですね。疲労は身体のストレス状態をアップさせます。疲労を取る、疲労を溜めないというのは大きなポイントですね。

☆☆血流の課題、血の巡りをよくしていきましょう

お身体を拝見していると、この血流の問題は、血液凝固系の亢進の課題をもっているのではないかと思われます。いまのところ病院では検査をすすめられていないようですが、私は、不育症、着床障害などの検査をしてみてもいいのではないかと思います。

☆☆ステップダウンも心の中でアリかもしれませんね。

基本的に、いままで一度も妊娠したことがない。採卵して顕微授精の適応となる場合がおおいということで、体外受精を含む高度生殖医療が最適解ではあると思います。この提案を前提としながらも、体外受精の治療を意識しながらも、自然妊娠を意識した日々をおくることを提案します

今の状況のまま、体外受精を中心にした日々をおくるのはかなり負担が大きいと思います。少し気持ちを切り替え、まず体調をよくすることに意識を集中してみてはいかがでしょうか?。体調が整い、自然妊娠がかなえば自然妊娠、そうでなくても体外受精での治療に大きく貢献出来る時間が過ごせると思います。

治療を休みなく続けて採卵なさっていますね。体外受精や顕微授精などの高度生殖医療受精までステップアップなさっていると、自然妊娠なんて無理と思いがちです。ただ、現状は振りかけ受精でも良好胚ができています。大きな不妊の要因もないとすると、身体の緊張が主因かもしれません。

この場合、採卵をどんどん継続するよりも、一休みしてちょっと心身共にリラックスをお勧めします。

今のご年齢、状況であれば、気持ちがあせるようならば3ヶ月、まあいいやあと思うのならば6ヶ月。この期間は自然妊娠への挑戦であり、体調を整え、体外受精再開時に向けての身体作りでもあります。当院ではこの期間に、それまでの妊娠歴や不妊治療歴がどうであれ、無事に妊娠、出産なさる方がおおぜいいらっしゃります。それほど、緊張や疲労は大きな課題ということです。

また2ヶ月前には、採卵のために卵巣を8つ刺していますよね。これは、ずーっと昔は卵巣のドリリングといって、排卵障害などで自然妊娠しにくい方への一つの治療法になっていました。この効果が期待できるのが約半年間。『この半年間はちょっと病院通いを休憩しながら、体調を整えることも、決して妊娠をあきらめたわけじゃないんだ。』こう考えてみるのもよいのかなと思います。実際に、これで妊娠なさる方もすごく多いんですよ。

年齢要因がだんだん迫ってくる年齢になると、いろいろあせりますよね。

休憩をするのも大事。そしてその休憩を効率よくするのが不妊治療を成功させる鍵です。この体調を整える時間が、結果的に、良好な卵を作ることに貢献し、自然妊娠をする場合もありますし、また自然妊娠をしなくても、体外受精をしてみると、今まで以上にグレードのよい卵がとれ、妊娠につながるという事も多いです。

一緒に前へすすみましょう。

☆治療経過

週に1,2回のペースで鍼灸治療スタート。
2ヶ月後、3ヶ月後、採卵→あまりよい卵ができず。
7ヶ月後、採卵→凍結 よいグレードの卵が出来た
10ヶ月後移植、妊娠→無事の出産

初診時の鍼灸治療
右の外関(TE5)、陽池(TE4)、左大都(SP2)左公孫、両三陰交 右足三里(ST36)
中脘(CV12)、気海、関元(CV4)
肺兪(BL13)、左脾兪、胃兪、腎兪(BL23)、次髎(BL32)
+毎回の治療後にセルフケアポイントを指示

☆着床したら安静を!

妊娠反応が出たときに、とにかくこの1ヶ月安静を!とお願いしました。
病院では、『普通にしていてよい』という指示が誰にでもなされますが、
人によって安静が必要な方がいらっしゃります。
いままで着床するけれど継続出来ないという要因があります。
とにかく1ヶ月安静にしてみてください<(_ _)>

安静としっかりと鍼灸治療にくわえ、セルフケアのお灸、温灸をおこない、無事に妊娠初期を超え、ご出産なさりました。

あとがき

無事にご出産、赤ちゃんを迎えることが出来て本当によかったなと思います。

不妊治療をすすめていると、妊娠しないからという理由でステップアップされ、体外受精へ。胚移植しても妊娠しないから繰り返す。グレードが悪いから誘発方法を変えてみるなど、無限ループに陥ってしまうことがありますね。

こんなときに、『不妊の原因は?』『病院を変えたら?』『もっと検査してみては』『薬があわないのでは?』ということも当然考える要因にはなります。しかしながら、その部分を追求しすぎて悪循環に陥ってしまうことも多々あります。

 妊娠にはあたりまえの淘汰のプロセスもありますし、またシンプルに健康状態がよいと妊娠しやすいということもあるかと思います。

考え込まずに、一歩引いて、『妊娠』とか、『不妊治療』にだけ注目するのではなく、体調全般をあげていくということが、結果的に、不妊治療を前に進め、結果につながる治療となることができるのかなと思います。逆に言えば、体調が悪ければ、前に進まないのも不妊治療なのです。

また、ご自身について、『何が一番の課題なのか』をいったん医療的な不妊治療だけからの視点から引いてみることも大事だと思います。案外、気がつかないポイントに道が開けるヒントがあります。

アンケートにお答えして

妊娠12週のアンケートにお答えして。
アンケートへのご記入、ありがとうございました。

採卵をしていて、いままでのよりも、数が増え、グレードがあがっていけたこと、よかったなあと思います。血流をあげ、セルフケアのお灸も取り入れて継続、努力なさった結果だと思います。

また、食事を改善出来たことも大きな要因だと思います。どうしても、日常はいままでの習慣の延長になってしまいますが、カウントしてみることでご自身の過不足が可視化され、3食取ること、果物を取ることもできたことが、体調をupさせることにつながったのかなと思います。

不妊治療は案外、スケジュール的なこと。どういう優先順位をもってすすむのがよりベターなのかを考えることも、ワンチャンスを活かす事になると思います。

私のアドバイスを素直に取り入れてくださり、一緒に治療を進められたこと、そして結果につながったこと。私もとっても嬉しいです。よかったですねえ。

『妊娠できない理由』を探すのではなく、『妊娠するための方法』を探していこう!0213

妊娠するための方法を探そう!

不妊治療をしていると、ドクターから『妊娠できない理由』をいろいろと説明されることがあります。

その説明は、確かに『そうだ』と頷けるものではあるのですが、
『あなたにとっての最適解』となり、『あなたの妊娠が成立するため』に一番必要な道を提示してきているとは限りません。

人工授精をしてみた

妊娠できない

年齢要因があるのでしょう、ステップアップしましょう。

確かにそうだとは思います、この流れもひとつの正解ではあるのでしょう。
ただ、過去のご本人の状況、今の状況などを勘案すると、ステップアップが必要ではなく、
他の要因へのアプローチが必要であり、その上でステップアップも考えていくということが
必要だったりします。

 

ただ、漫然と『妊娠できない理由』から、不妊治療をステップアップしながら継続しているだけでは無限ループに陥るが如く混迷してしまうことがあります。
時間とお金がかかる不妊治療だからこそ、
しっかりとご自身の『妊娠につながるための努力』をして欲しいと思うのです。

解決策を探そう原因ではなく、解決策を探しましょう!そして前に進みましょう。

今日はそんな、Mさんのご相談です。
症例:
自然妊娠したけど流産。不妊不育からの出産

ご相談:39才です、なかなか不妊治療が前に進みません。どうしたらいいでしょうか?

35才、36才の時に自然妊娠したものの心拍が確認できず流産となってしまいました。
その後、なかなか妊娠しないので、大学病院で不妊治療の相談をしました。

ドクターからは、過去に自然妊娠をしたことがあるので、ステップアップとして人工授精を勧められ6回行いました。しかしながら、妊娠できませんでした。

そこで、体外受精ならばということで、さらなるステップアップをしましたが、卵胞刺激を注射でしっかりと行い、ホルモン補充周期にて凍結胚盤胞を移植をするものの、全く妊娠すら成立しません。こんな状態ならば、自然妊娠したときの方が良かったような気もします。

体調そのものは、別に気になることはありません。

不妊治療のドクターからは、
・不育症の検査でも原因はみつからない
・AMHが低い
・採卵しても卵がとれない
・移植しても化学流産ばかり

上記のことから、『年齢や卵の質の問題』『卵子の質が悪い』だから妊娠できないのだと言われています。まだ凍結胚が1つありますので、それを移植する予定です。

なんだかこのままでは妊娠、出産できる気がしません。
妊娠するにはどうしたらいいでしょうか?

不妊カウンセリング;妊娠するための方法を探しましょう!

流産、残念でしたね。
自然妊娠をする力があるのに、念のためにとステップアップしておこなった人工授精や高度生殖医療の体外受精や顕微授精などを行って、凍結胚盤胞を移植するところまでしているのに、妊娠すら成立しないと言うことですね。

なんだか無限ループに落ちてしまっているようで、どうしたらいいのかわからないというお悩みはもっともですねえ。

東洋医学では身体の状態を五臓の関係性から考えていきます。肝心脾肺腎の五臓です。
一本の木にたとえれば、肝という木が脾腎の大地に根ざし、心肺の天空に枝葉を伸ばし気持ちよさそうに揺らいでいるというイメージです。脾というのは胃腸の力で、脾胃という二つのセットでも考えます。

健やかな木

いまのお身体の状態は、ご自身で気になるところがないという状態ですね。ただ、東洋医学的な観点から生命の状態を考えると、子供の頃からのひどいアトピーや、検査で引っかかる程度の血尿など、もともとの素体に脾胃の弱さ、そして胃腸の力をバックアップする腎の弱さがあるようですね。この脾腎の大地の弱さが、いま一歩、不妊治療が前に進まない原因になっていると思われます。

とくに、腎気というのは、身体の力の余力です。そして女子胞(子宮)を支える力ともなります。全身の生命を支え、とくに女子胞(子宮)を支えていくわけです。妊娠は身体に余力があって初めて成立します。まず余力をつけていきましょう。
腎気を大切に!

また、精神的なストレスというよりも、不妊治療のいろいろな事が肉体的なストレスにつながり、気の巡りを悪くしているようにも思います。

・弁証 論治
腎虚肝鬱

・治療方針
腎気を流産前の状態まで戻していく。
血流の悪さを腎気の回復肝鬱の解消で狙っていく。

あなたの妊娠に向けての提案

【現状の認識】
・過去に自然妊娠しているということは、妊娠に必要なキャッチup、受精、着床などに対する大きな問題はないということなので、自身をもって前向きに進みましょう。

【現在の問題点】
・自然妊娠をしているのにもかかわらず、人工授精、体外受精などで妊娠が成立しないと言うことは西洋医学的な課題が、ご自身にとっての一番の課題ではないという事です。東洋医学でいうところの、女子胞(子宮)を支える全身の生命力の支えとなる腎気の低下によって、生命力が落ちたために妊娠が成立しなくなっている可能性が高いです。

・腎気の低下が問題であるとすれば、一番の課題は、西洋医学的な費用のかかる治療を繰り返すことではなく、自分の生命力をあげることです。

・年齢要因が、かなり不妊治療には不利な年齢になってきています。”治療を急ぎ”ましょう

【不妊治療について】
・基本的に自然妊娠が狙える方ですが、年齢要因が厳しくなって言っているので、”より妊娠の確率をあげるため”に西洋医学的な治療も、自然妊娠を狙うことと並行して積極的におこなう時期と思います。

時間的に急いだ方がよい現時点では、大学病院での不妊治療は不向きと思います。転院を考えましょう

・大学病院にて不育症の検査は済んでいるということですが、もう少し踏み込んだ詳細な検査を行った方が良いかと思います。

・凍結胚があと1個あるといことは、大事なお宝があるということです。自信をもって前に進みましょう。

妊娠までの治療経過

週に1,2回の鍼灸治療。
自宅施灸;陰陵泉、三陰交、大巨(ST27)、関元(CV4)、腎兪(BL23)、次髎(BL32)

4ヶ月後:めまいなどの症状の回数が減ってきた。凍結胚を移植するー妊娠せず
5ヶ月後:転院 採卵するも移植できず。凍結胚する
6ヶ月後:再度採卵する、新鮮胚での移植。新鮮胚盤胞を移植できた。
7ヶ月後:無事の妊娠、鍼灸治療の頻度を1日おきにする。
9ヶ月後:体調不良、仕事に休みをもらってとにかく安静にする。鍼灸治療継続。
14ヶ月後:出血があり安静入院
16ヶ月後:出産 3000㌘弱のかわいいベビーの誕生

妊娠中のアンケート→私に合った治療のすすめ方をアドバイスして頂けたことが、妊娠につながったと思います

まとめ

病院での検査は、充分に行ってくれてはいたと思いますが、西洋医学的な観点からのコメントなります。

いまの不妊が、西洋医学的な観点からのアプローチで解決できない場合は、無限ループに陥るようなことになってしまいます。

『目の前の患者さんの不妊をどう解決していくか』という総合的な視点でのアプローチが不妊治療ではとても大切なのです。

 

ドクターの仰るように、
”不育症でも原因はない、AMHが低い、採卵しても卵がとれない、移植しても着床しないのは、『年齢や卵の質の問題』”

というお言葉は、正しい言葉ではあると思います。

でも、目の前のあなた自身の不妊を解決するためには、それだけでは不足しているかなと私は思います。

過去に妊娠歴があり、着床だってしている人の不妊をどう前に進めていくかということが、
とても大切なポイントになるわけです。

『妊娠できない理由』を探すのではなく、『妊娠するための方法』を探していくことが大切だと私は思うのです。

一緒にがんばってこれて、本当にうれしいです。
ご主人、御母様とも赤ちゃんとの時間を楽しんでいるようですね(^^)
なによりです!

赤ちゃんがやってきた