不妊・妊娠と鍼灸」カテゴリーアーカイブ

0010:両卵管閉塞の診断からの自然妊娠②(西洋医学的、東洋医学的不妊治療解説)

両卵管閉塞の診断を受けていた方ですが、無事の自然妊娠に至った症例です。

詳しい症例はこちらです。

この中の、東洋医学的な分析について少しづつ解説していきたいと思います。
興味のある方はご覧下さいませ。

不妊治療解説0010

☆1

1)5年間妊娠していない現状の捉え方:

不妊治療の基本として、妊娠を希望してからの期間があります。

この方の場合は、26才で結婚を希望されてから5年間妊娠しないという十分な期間があります。

通常は、20代でしたら2年程度の期間で充分かとはおもいます。30代でしたら1年程度が

目安でしょう。逆に言えば、1年ぐらいは妊娠しなくても当たり前っていえば当たり前なのが

妊娠です。1,2度のタイミングで妊娠しないからと言って大騒ぎする必要もないわけです。

地元の婦人科で検査され卵管閉塞による不妊という診断。セカンドオピニオンでも同様の

結果ですので、両卵管閉塞による体外受精という診断は正しいと思われます。

2)なぜ両卵管閉塞、体外受精しかないという診断を乗り越えて自然妊娠をしたのか?

〜身体の緊張がもたらすこと

しかしながら、この方は結果的に自然妊娠をされています。

これは、卵管造影や検査によって緊張すると卵管が閉塞している状態になって

しまうケースがあるということではないかと私は経験から思っています。

実は、画像診断による卵管閉塞診断後の自然妊娠は長い不妊治療経験を踏まえると

案外あるといえます。つまり、緊張しやすい状況を持った人が、東洋医学的な

身体作りをし、不要な緊張感がなくなることで妊娠するということが

よくあるのです。

これは卵管閉塞という画像診断まで行かないケースでも多々あります。

3)東洋医学的解説

この身体の緊張が強く、卵管が閉塞しているように思える状態がこの方の弁証では、

弁証:気虚 腎虚肝鬱

論治:益気補腎 疏肝理気

腎気を補い全身の気虚を救う。肝気をめぐらせ鬱滞を張らす。

ということが現状をよく現れています。

全身の生命力が不足し(気虚)

その生命力不足が腎気が中心であったので、

気の昇降出入(全身の巡りをスムーズにさせる)の主導となる肝気が鬱滞し

伸びやかな身体でなくなっているということです。

このために、腎気という身体の底力、そして生殖の力を補い、疏肝理気というように、身体全体の気の巡りをよくしていく努力が必要となっていくわけです。

初診時に体表観察にしたがい、寒邪の入り込みを取り除く治療が入っています。風邪の内陥が生命に竿しているとまで考える弁証にはなっていませんが、もしかしたら、この寒邪の入り込みは、この方の腎気に負担をかけ肝鬱を強くしていた一因となっていた可能性も伺えます。

☆2

針灸治療解説

両卵管閉塞、体外受精しかないという状態からの自然妊娠。

弁証論治は

弁証:気虚 腎虚肝鬱

論治:益気補腎 疏肝理気

腎気を補い全身の気虚を救う。肝気をめぐらせ鬱滞を張らす。

ということです。

針灸治療について解説していきましょう。

..鍼灸治療

…初診

1)右合谷、右列缺(ミニ灸)右申脈(ミニ灸)、右陽陵泉、右臨泣(ミニ灸)、

左三陰交、大巨(10)

2)肝兪(ミニ灸)腎兪灸頭鍼、次髎ミニ灸、復溜(ミニ灸)

この方に第一に必要だったのが腎虚です。腎気が補われると、肝気がゆるみ緊張がほぐれることはよくあること。

1)で合谷、列厥、右の申脉とつかっていっています。これはこの方の緊張がもしかして冷えの入り込みとの関係もあるのではといったところも伺わせたことからの取穴です。ただし、右の陽陵泉、臨泣と詰まった感じがでていて、初診時は右半身での取穴になっています。取穴は基本的にざくっとした弁証論治が終わった後、改めて触って決めていきます(初診の切診をするだけでも身体がかわりますから、最終的になにを取穴するかは、いままさに取穴するときにきめます)

つまり、これはかなり気の偏在が強いということを感じさせます。

申脈(BL62):足の太陽膀胱経に所属する経穴。confluence points of eight vessels陽蹻脈の主穴でもあります。

合谷(LI4):手の陽明大腸経に属する経穴

Source pointでもあり、四総穴の一つでもあります。ここは反応の多いところですし、また全身を大きく理気するポイントともなります。今回は肺気を動かし風邪の可能性をとること、身体がリラックスし、気の昇降出入をもつことを狙っています。

2)背部兪穴は基本的にみたままの弱りをそのまま取穴していきます。結果的に腎兪(BL23)の冷えが大きかったので灸頭針をいれています。

自宅養生施灸

この方は、遠方であったこともあり、治療が2週に1度しかいれられませんでした。しかしながら、そのことを御自覚なさり、とても丁寧に自宅施灸を棒灸を中心にし、おこなっていらっしゃりました。

自宅施灸はミニ灸と棒灸でおこなっていただき、

棒灸では、大巨(ST27)、関元(CV4)、臍など、お腹を中心に。ミニ灸は列厥、復溜、三陰交、申脉、内関などなど、治療時につかった配穴をそのままご自宅での治療用にしていただきました。

妊娠してからも、妊娠10週まではホルモン値が悪く、いつ流産してもおかしくないという状況でしたが、鍼灸治療の頻度をあげ、ご本人も丁寧な棒灸をおこない、無事に初期を乗り切りました。途中もお腹の張りやすさなど問題が多くでがちでしたが、無事に正規産で3000㌘弱のお子さんを出産。身体の緊張を持ちやすい方は、もともと気が上向きのベクトルをとり安いタイプです。妊娠は胎をまもるために、上向きのベクトルを強くしますので体調不良(つわり、胃の不快感、つきあげ)が強くなりますが、上向きのベクトルを

その後、第二子も無事に自然妊娠し出産。

下焦を充実させることで、身体がリラックスし、気血がスムーズに運行できたことが、妊娠ー出産ー授乳ー次の妊娠にという連携をスムーズにさせてくれたと思います。

また、本症例では、ご本人の棒灸に対する丁寧な取り組みが、私自身に棒灸の力強さを教えてくれる結果となりました。妊娠初期にP(黄体ホルモン)などのホルモン値が悪く、流産の可能性が指摘されるケースでも、多くの症例で無事に妊娠初期を乗り切ることができています。

臍下丹田に気を集めることの重要性、そして気を集めることをしてく道具としての棒灸の力強さを感じます。

 

0010:両卵管閉塞の診断からの自然妊娠①(総論)

両卵管閉塞の診断を受けていた方ですが、無事の自然妊娠に至った症例です。ざっくりまとめてみますね。

詳しい症例はこちらです。

相談:結婚して5年たっても妊娠しないので、病院を受診しましたら、両卵管閉塞という診断でした。これから体外受精の予定です。今後の妊娠、出産に向けてカラダ作りをしたいと思っています。

状況:26歳で結婚するもずっと妊娠しない状況。半年ほど前に婦人科受診。
地元の御殿場での病院で卵管閉塞を指摘され、大学病院でセカンドオピニオンで受診。
両卵管閉塞と診断され、体外受精をする予定。

半年前に卵管造影検査を受けてから、右下腹部が冷たい感じが時々起こるようになってしまった。
病院では心配ないとは言われている。

BMI18.03 痩せ。夏は苦手で立ちくらみが多い。ふくらはぎがいつもだるい。寝つきが悪く寝起きも悪い。生理前の一週間ぐらいから下腹が痛く生理時は薬がないと辛い。

方針:全身の生命力不足が明瞭。またストレス状態が強く気血の巡りも悪いので、生命力を補いつつ、下腹を中心に疏通させ巡りをよくしていく。

ご本人へのアドバイス:

体外受精という明確な方針も決まり、妊娠に向けての身体作りをしたいとのご希望ですね。

体重も痩せ気味で、もともと全体に体力がなく、気虚という全身の生命力が不足している状態です。全身の力不足は気血のめぐりを悪くして、阻滞し痛みなどの原因となったり、妊娠を妨げる要因ともなります。

治療では臍下丹田を中心とした生命力をあげることを第一として、そのうえで、気血のめぐりをよくするように治療していきます。

ご自身の生活の中では、とくに胃腸の状態を健やかにし、食物からのパワーをしっかりと受け止められるように、間食などはやめていただき、規則正しい食生活を心がけてください。体重を増やすことも重要で、BMIが19を越えると自然妊娠する方も多いですよ。

また、足三里など毎日の自宅でのお灸もおすすめします。頑張ってみてください。

経過:初診から5ヶ月後、体調がよくなったところで思いがけずの自然妊娠!

自然妊娠後10週まではホルモン値も悪く、いつ流産してもおかしくないという状況。鍼灸治療の頻度をあげ乗り越える。無事に自然分娩にて元気なベビちゃんを出産。

結果:両卵管閉塞の診断を受けながらも、自然妊娠ー出産

あとがき:

体外受精の準備をということでしたが、カラダ作りを着実に進める中で、ラッキーなことに自然妊娠と成り、無事にご出産なさいました。

両卵管閉塞という診断の方は、ときにこのように自然妊娠される方がいらっしゃいます。卵管造影などのときに緊張したり、また普段もこのような緊張から妊娠が成立し難くなっているのではないかとも思われます。

気持ちに余裕ができ、体力がつき、腰骨盤内の血流がよくなり、無事の妊娠成立となったのではないかと思われます。

治療院では、お灸の印を毎回治療の度に身体をみながらつけていきます。この方はそのポイントを、丁寧に、丁寧に、棒灸で身体の中心を暖めるような気持ちで養い育てていかれました。こういったことが本当に『効く』のだなあと私も実感しました。

妊娠中も、少し不安定で硬くなることが多いお腹でしたが、この棒灸の威力で無事に乗り越えられました。

よかったですねえ。

 

人生を一歩前に進める勇気を持とう!

12,3年前までは、不妊治療を受ける方の意識として、
不妊治療は35歳まで、遅くても37,8際までという感じがありました。

しかしながら、最近は結婚年齢の遅さも反映してか不妊治療スタートが『40代』なんていうことは
普通です。この普通であるのですが、治療を始めるときにはスピードが必要と言うことは
認識する必要もあるかなあと思います。
ご自身の可能性をより広げるような選択が大事ですね。

教育の中で、『避妊教育』は強く意識されると思います。
でも、『妊娠教育』については意識が薄いかもしれません。

女性の中には、『妊娠しやすい人』と『妊娠しにくい人』が厳然とあって、
妊娠しやすい人にとっては、40代50代になっても『避妊』に注意が必要です。

でも、妊娠しにくい人にとっては、30代から妊娠率が低下し、
35歳、37.5歳で著明に妊娠率が下がる、
40代からは妊娠率の低下に加え著明に流産率が上がるという現実も知っておかなければ、
『年齢要因からの不妊で病院でショックを受ける』ということになってしまうと思います。

ただ、だからといって、「卵子凍結」が解決策になるともいえません。
体外受精などの高度生殖医療が進むことによって、凍結技術が進み、
卵子凍結も夢ではなくなり、実際に、ガンなどの病気によって卵巣に大きなダメージを受けることが
予想されるようなときには、卵子凍結という選択肢は夢をつなぐものだと理解できます。

しかしながら、精子凍結とは違い、卵子という大きな細胞を凍結すること。
また、体外受精などの高度生殖医療そのものの妊娠率がかなり低いという現実を
考えると、卵子凍結が解決策とは言えないと思います。

そう考えていくと、年齢の問題はやっかいです。
また、特に子宮筋腫、子宮内膜症などが絡んでくると、不妊治療はより難しさを増します。
女性の人生にとって、こういうことも啓蒙する必要はあるのではないかと思うのです。
なぜ、ここ10年で意識がずれてきたのでしょうかねえ。
いや、20年でずれたのかなあ。社会の変化なのかなあ。
まあ、妊娠ってのは、パートナーとの巡り会いがあり、
パートナーとの子供が欲しいと思ったことにつながっていくもので、
妊娠だけが一人歩きするものでもありません。

しかしながら、確実に年齢要因ということに影響を受けるものです。

そしてかなり個人差がある問題でもあります。
『妊娠しやすい人』でも『妊娠しにくい人』でも、20代だとさほど問題にならない。
でも、40代になると、、『妊娠しやすい人』と『妊娠しにくい人』では、大きな違いとなります。

個人の問題なんだけど、『妊娠が年齢要因により無理だ』と気がつくのが、
妊娠を望んだときだとすると余りにも不幸と思ってしまうのです。
そんなの自己責任だよっていえばそうなんだけどなあ・・・。
私は知識として了解した上での自分の選択であることが大事なのではって思っています。

そして、決める心も大事ね。
人生を前に進める勇気をもちたいし、
そんな勇気を応援していきたいです。

不妊カウンセラーになりたいんです ②

「先生のような不妊カウンセラーになりたいんです!」という
お電話を突然頂きました。

実はこういったお問い合わせ、案外あります。
んーなにか憧れる要素があるんでしょうかねえ(^_^;)

ということからはじまった不妊カウンセラーになりたいんです①に
続いてのお話し。

前段でお話ししたように

ーー
不妊治療には独特なコツがありますし、また不妊治療ならではの課題があります。そのコツや課題を長年にわたって臨床を通じて感じ、経験を積んできた中から、他の人が苦労したポイントで悩んで欲しくないなあといった観点からのアドバイスが私の中心です。このあたりは臨床経験とペアなのでねえ。
なんとも言い難いです。
ーー

不妊という状態は、その人が生きて行くには差し障りがありません。
逆に妊娠するために、薬を使ったり、手術をしたり、いろいろな介入をしたりと
その人が生きていくためにはなんら問題のない状態を、「妊娠」に向けて
調整するわけですから、やはり苦労がつきまといます。

また、この「不妊」という課題は、
あともうちょっとの努力であっても、
遠い道のりの努力が必要であっても、
この課題の解決が困難な状況であっても、
ただ、状態としても不妊であるだけです。

ここが解決への道筋をみつける困難さとつながるわけです。

あともうちょっとの工夫、少しストレスを解決すれば
するっと解決する状況であるのに、ヘビーは手術などをしてしまう。

高度生殖医療が必要ではなくて、身体のシンプルな休養が必要なのに、
高額なちりょうのためにかえって忙しい日々をおくり、休養ができず
高額な治療が失敗に終わってしまう。

年齢要因的に、受精卵を貯めた方がよいのに、とにかく移植してしまう。

逆に、まず移植してみればいいのに、様々な思惑や不安な心から
移植をせずに採卵ばかり繰り返してしまう。

これらみんな、ご自身の不妊に何が必要なのかという観点での
整理考察そして相談がなされていないので、遠回りしたり、もったいない
選択をしたりという混乱が生まれています。

ここを整理するのが私の考える不妊カウンセラーです。
不妊カウンセラーにはいろいろな立場の方がいらっしゃります。
当然、不妊経験者の方で当事者ならではの観点からの
カウンセリングを行う方もいらっしゃるでしょう。
それぞれかなと思います。

ですので、当院に不妊カウンセラーになりたいというお問い合わせをいただくよりも、私も所属し講師としてお話しをさせていただいている「不妊カウンセリング学会」の方にお問い合わせし、入会、学びをなさるのがよいのかなと思います。いろいろな立場、職種の方がいて、非常に面白い学会です。

写真は、2020年 11月28日(土)
不妊カウンセリング基礎講座
【WEB開催(ZOOM)】 「不妊治療の基礎を学ぶ」

zoomで収録のちょっと変わった講演となりました。
写真はご一緒させていただいた先生方と。
元々は東京のホールでの開催でしたが、コロナ下で急遽zoomとなり
大慌ての準備でしたがなんとか無事の講演となりました。
コロナで制限があり、辛いこともあるけど、いままでしたことのない
経験ができることもあり、とても楽しいですね。


 不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー
 不妊カウンセリング学会 講師
        ビッグママ治療室 米山 章子

不妊カウンセラーになりたいんです①

不妊カウンセラーになりたいんです①

「先生のような不妊カウンセラーになりたいんです!」という
お電話を突然頂きました。

実はこういったお問い合わせ、案外あります。
んーなにか憧れる要素があるんでしょうかねえ(^_^;)

不妊治療に携わって長い年月がたちました。

20年以上前には、高度生殖医療そのものが珍しく、
大学病院が中心の時代。
そのほかに、新宿の加藤レディースクリニックや山王病院などが
専門的に特化した病院という位置づけだったと思います。
他の病院では、まだまだ取り入れることそのものが
出来ていない状況。

それから長い時を経て、
女性の結婚、妊娠を希望する年齢そのものがどんどん遅くなり、
不妊治療、高度生殖医療などが当たり前になってきました。

35歳という一つの壁がありますが、この壁に対する認識も
時代と共に、
そして考える年代と共に変わってきたと思います。

30年以上前は、35才になると、病院のドクターが『不妊治療の終了宣言』をなさいました。
よくもわるくも、一つ踏ん切りがつく出来事だったのではないかと思います。

15年ぐらい前までは、不妊治療は40才までと患者さんの中でも認識されている
方が大勢いらっしゃりました。

現在(2020)では40才をすぎて、43才ぐらいからでも不妊治療をスタートする方が
いらっしゃり、こちらとしてもそのような方のためのフォロー(やはり少し
特別なコツが必要です)をしています。そして44才、そして47才と出産なさった方もいらっしゃります。

不妊治療にあるお金をかければいいっていうものでもない独特なコツ。
また不妊治療ならではの課題があります。
そのコツや課題を長年にわたって臨床を通じて感じ、経験を積んできた中から、
他の人が苦労したポイントで悩んで欲しくないなあといった観点からのアドバイスが私の中心です。
このあたりは臨床経験とペアなのだと思っていますので、
不妊カウンセラーになりたいというご希望に対して私はなんとも言い難い思いを持ちます。

続きはその②で。

 不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー
 不妊カウンセリング学会 講師
        ビッグママ治療室 米山 章子