不妊・妊娠と鍼灸」カテゴリーアーカイブ

やっと妊娠が成立した方へのアドバイスその②

妊娠しにくかった人への妊娠中の注意点(妊娠12週を過ぎた人向け)その②

ちょっと長くなりましたので、二つに分けました。

その①はこちら→

このアドバイスはさて、妊娠しにくかった人の妊娠へのアドバイスです。

妊娠初期はまた別の注意があります。これは不妊治療にあわせて書きますね。妊娠12週を越えた方を前提にしていきます。

妊娠しにくかった人への妊娠中の注意点(妊娠12週を過ぎた人向け)

ポイント!:

1:『妊娠しにくかった人は、妊娠中も要注意、安定期などない』

2:”妊娠は、おこってしまったこと(流産、早産)を止めることはできないので、おこらないようにす”

上記が大原則です。

妊娠しにくかった人も、いわゆる安定期に近づくと、妊婦ライフそのものにも慣れてくると思います。そしてあれこれやっておきたいこともあるかとは思います。

でも、妊娠しにくかった人には、安定期などないと思っていただき、『出産したら出来ないからいまやっておこう』というのはやめましょうと私はいいたいです。出産して身二つになったらいくらでもできます。その時でいいと思うのですよ。

さて、具体的にお話ししますね。

1:慣れた仕事を無理ない範囲で。
2:午後の疲れた時間は、無理を重ねない
3:妊娠は、おこってしまったこと(流産、早産)を止めることはできないので、
おこらないようにする
4:高年齢の医療介入度の高い『やっと成立した妊娠』であれば、仕事と、
妊娠のコスパを考えてもらう。
5:まわりは、『継続している妊娠』について、配慮してくれないと自覚し、
自分のことは自分で守る。お腹の赤ちゃんを守れるのは自分だけと自覚する。
6:社会的な無責任な行動となっても、”いま、自分がしなければ守れないもの”が
あることを自覚するのが大事。無責任な人と思われても、
仕事を投げ出して休む必要があるときには、休む。

上記6点がポイント

解説していきますね。

1:慣れた仕事を無理ない範囲で。

いままで慣れていることというのは、頭にも身体にもやりやすい日常です。妊娠したからといって新しいことを始める必要はありません。

慣れたことをいつも通りにする。夕方に疲れたなとか、翌日に疲れが残ったなと感じない範囲でなさることが吉です。

2:午後の疲れた時間は、無理を重ねない

疲れたときに何かを使用と思うと、体力の貯金庫からの引き出しとなります。

そしてその体力の貯金庫が、子宮(女子胞)や臍下丹田の力とよばれる、身体の余力です。

妊娠は、身体の余力でなされます。

身体に余裕があると、妊娠がスムーズで、余力がないと困難になります(その他にもいろいろな事がありますが、ここでは割愛しますね)

妊娠しずらかった人は、もともとこの体力の余力が少ないわけです。そしてやっと授かった妊娠はこの体力の余力で支えられていますから、”他のことにこの余力を使うことが=妊娠が不安定になる”ことに直結してしまいます。

午後という疲れのたまりやすい時間は、休むのが吉です。

3:妊娠は、おこってしまったこと(流産、早産)を止めることはできないので、おこらないようにする

風邪を引いてしまったとします。

風邪はほとんどの場合、睡眠を十分にとって、ゆっくり休むことで自然と回復出来るものです。

しかしながら、妊娠は、不安定になってしまった場合、ときとして残念流れになり、その流れを止められないことも多々あります。

4:まわりは、『継続している妊娠』について、配慮してくれないと自覚し、自分のことは自分で守る。お腹の赤ちゃんを守れるのは自分だけと自覚する。

これは、とても大切です。

私は簡単に妊娠し、出産した人間です。

妊娠が難しい不妊というのがあるのがわかっていても、妊娠をすれば私の経験した妊娠と同じと考えてしまいます。ただ、不妊や不安定な妊娠の方々とよりそううちに、『妊娠の状態って人によってこんなに違うのか!』と実感しています。

あなたの周りの人が、不安定な妊娠を理解もイメージも出来ないということを、理解してください。

そして、あなたを守れるのはあなただけ であり、あなたのお腹の赤ちゃんを守れるのはあなただけということもよく理解してください。

周りが理解してくれないと嘆いても何の足しにもなりません。

守るのは自分自身です。

5:高年齢の医療介入度の高い『やっと成立した妊娠』であれば、仕事と、妊娠のコスパを考えてもらう。

高度生殖医療は助成金があってもかなりの自己負担があると思います。

また、回数を重ねている人にとっては、100万円以上掛かっている方も多くいらっしゃりますね。以前に800万円以上掛かってやっと妊娠にたどり着いたとおっしゃている方もいらっしゃりました。

そんな『やっと巡り会った妊娠』です。大切にしましょう。

アルバイトやパートが休めないということもあるかと思います。

しかしながら、ここまで系ったお金を考えてみてください。

実は長い間、私は仕事を優先することはあたりまえで、無理のない事だと思っていました。

いまでも、それはあたりまえだとは思っています。

ただ、このあたりまえが通用しない人もいるのを実感としてわかってきました。

妊娠には時間がとても大切です。また年齢要因も大きく係わってきています。

人生の中での優先順位を考え、いまやっと手にした妊娠を大事にしてください。

6:社会的な無責任な行動となっても、”いま、自分がしなければ守れないもの”があることを自覚するのが大事。無責任な人と思われても、仕事を投げ出して休む必要があるときには、休む。

これは、4,5に続くものです。

記憶の中で書いているので、詳細が間違っているかも知れませんが、アメリカで提供卵で50才近くになり妊娠、出産なさった野田聖子さん。

彼女は40才前後にも、前夫の方との間で不妊治療をなさっていました。お子さんを産みたいという思いが強かったんだと思います。その彼女が、妊娠をしたけれど、仕事のために岐阜への往復の中、流産してしまったという記述を読みました。

妊娠はいろいろな不確定な要素がありますから、これが原因という断定は出来ません。ただ、アメリカでの妊娠出産の時には民主党政権下で彼女にとっては肉体的にも精神的にも時間的にも余裕があったのではないかと思います。だから、提供卵、高年齢という非常に厳しい中でも妊娠が無事に継続出来たのではないかと思います。40才の時に同じ条件であれば、もしかしたら妊娠が継続出来た可能性はあったのではと夢想します(あくまでも夢想レベルですけどね。)

野田聖子さんのように、50才前後で、渡米し、提供卵を受けての妊娠というのは経済的に誰もが出来る選択ではないと思います。だからあなたの今の妊娠を大切にして欲しいのです。

妊娠の継続にはどうしても、社会的には無責任な行動となっても、時間的、肉体的な余裕を作り、自分のことだけに集中する必要があることがあるのではないかと、多くの方の妊娠への挑戦をみていて思います。

仕事との両立。確かに大きなテーマです。

ただ、どうしても両立しないこともあるのかなという事も思います。

腹をくくって、休みを取るということも必要な時期があるのかもと思うのです。どうしてものときには、欠勤になってもいいというぐらいの腹を決めると、道がひらけたりします。

両立すればいうことはありません。

でも、どうしても両立しないこともあるのが事実です。

周りに申し訳ないという気持ち、よくわかります。

社会と調和して生きていくのは私達が人間である限りとても大切で必要なことです。

その上で、その上で繰り返します。

どうしても、両立しないときには、自分が何をしたいのかを腹を括る必要があるときがあるのです。

やっと妊娠が成立した方へのアドバイスその①

妊娠、おめでとうございます(*^_^*)

妊娠って言うのは女性にって面白時間だと思います。
お腹の中で、『別の人』が動く感覚ってとっても面白い。
自分の胃腸が動く感覚は分かると思いますが、
人が動くんですよね。

謎の感覚だと思います。

また、おっぱいという赤ちゃんの食料の生産基地にもあります。
私達は牛乳っていう、牛のおっぱいを飲料としていただきますが、
人乳っていう、人のおっぱいを赤ちゃん向きに提供する、

   牛さんになるわけです(^_^;)。

初めのうちは苦労するかと思いますが、
そのうち、自然とおっぱいがはり、飲み終わるとおしまいってな
感覚ができてきます。

人乳生産機としてがんばる時期が人としてあるわけです。
牛になったつもりで、楽しんじゃいましょう。
めっちゃくちゃ面白いですよね。

さて、そんな楽しい妊婦ライフですが、

・簡単に妊娠した人の妊娠

       と、

・苦労して妊娠した人の妊娠

この二つは大きく違うなって感じます。

私自身の妊娠経験

私自身の妊娠、妊婦経験をお話ししますね。

私は20代でするすると、妊娠し、出産。そのあとすぐに二人目も妊娠し、出産しました。
もうするするする〜という感じです。
その時であったママ友も、皆さんそんな感じ。

まったく苦労無しの妊娠〜妊婦ライフの話し

 

妊娠がするするするといくタイプが女性の8割を占めると思います。
私もそんな一人。だから、妊娠の苦労も、妊娠中の不安定さも、実感としてもってはいませんでした。そして『苦労して妊娠、出産』なさった方と20年以上お付き合いしていくなかで、この両者の間にはかなりの隔たりがあるし、お互いが実感としてわかりあえるというイメージは持ちにくいだろうなと感じています。

 

生理痛でも個人差が大きい

生理痛一つにとっても、人によって時期によって、『とても動けない』ほどの生理痛であったり、『生理であることなんか忘れていた』というほどの軽い生理であったりしますね。

人の痛みはなかなかわからないというのは、事実だなと思います。

だから、世の中の人は、自分の痛みや辛さはわかってくれないと腹をくくって、自分のことは自分で守るということがとても大切であると私は思います。

妊娠しにくかった人の妊娠へのアドバイス

さて、妊娠しにくかった人へのアドバイスです。
妊娠成立から12週までの初期はまた別の注意があります。これは不妊治療にあわせて書きますね。妊娠12週を越えた方を前提にしていきます。

妊娠しにくかった人への妊娠中の注意点(妊娠12週を過ぎた人向け)

ポイント!:

1:『妊娠しにくかった人は、妊娠中も要注意、安定期などない』

2:妊娠は、おこってしまったこと(流産、早産)を止めることはできないので、おこらないようにする

上記が大原則です。

妊娠しにくかった人も、いわゆる安定期に近づくと、妊婦ライフそのものにも慣れてくると思います。そしてあれこれやっておきたいこともあるかとは思います。

でも、妊娠しにくかった人には、安定期などないと思っていただき、『出産したら出来ないからいまやっておこう』というのはやめましょうと私はいいたいです。出産して身二つになったらいくらでもできます。その時でいいと思うのですよ。

さて、具体的にお話ししますね。

1:慣れた仕事を無理ない範囲で。

2:午後の疲れた時間は、無理を重ねない

3:妊娠は、おこってしまったこと(流産、早産)を止めることはできないので、おこらないようにする

4:高年齢の医療介入度の高い『やっと成立した妊娠』であれば、仕事と、妊娠のコスパを考えてもらう。

5:まわりは、『継続している妊娠』について、配慮してくれないと自覚し、自分のことは自分で守る。お腹の赤ちゃんを守れるのは自分だけと自覚する。

6:社会的な無責任な行動となっても、”いま、自分がしなければ守れないもの”があることを自覚するのが大事。無責任な人と思われても、仕事を投げ出して休む必要があるときには、休む。

以上です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう少し詳しく解説していきますね。その②に続く

3年にわたるストレス不妊、鍼灸で即解決! 0007

妊娠は不思議なもので、別に取り立てて問題がなくても、精神的なプレッシャーや、ちょっとしたことで糸がからまり、妊娠につながらないことがあります。

本当に不思議です。

今回は、おじいちゃんを中心とする舅姑や親戚からのプレッシャー、非協力的な夫という困ったちゃんを背負った女性からの不妊相談です。

症例はこちら→3年にわたるストレス不妊、鍼灸で即解決! 0007

ご相談

3年前に結婚しました。

舅姑、そして祖母祖父から「早く孫を!」と常に言われています。
『鯉のぼりをいつ買えばいいんだ?』などといわれ、とても精神的に辛いです。

体重も落ちてしまい、30日ぐらいだった生理周期が90日近くになってしまっています。これではかえって妊娠しづらいと思うもののどうしようもありません。

病院へは2年ほど通っていて、基本的な不妊の検査は問題がありませんでした。

ドクターは取り立てて問題がないから、もう少しこのまま排卵誘発などして、様子を見ましょうと言うことです。

夫はまだ一度も病院に行ってくれていませんし検査もしていません。夫の両親や親戚が『早く子供を!』というのに、夫は協力してくれないのです。

ストレス不妊

ストレス不妊

若い頃から肩こりが辛く、目の疲れも辛いです。ストレスで食欲不振と成りご飯が食べられないときもあります。

どうしたら、早く赤ちゃんが授かるのでしょうか

ビッグママからのお返事

子供をというさまざまなプレッシャーで押しつぶされそうですね。
典型的なストレス不妊だと思います。

協力してくれない夫、そして孫、孫とプレッシャーをかけ続ける舅姑!!。
もう、お宅にお邪魔して、「何言ってんですか!!」と申し入れたいぐらいです。よく我慢して今まで頑張ってきました。

ご主人とよく話し合って、いままでご自身の肩だけに乗せてきた不妊のプレッシャーを
半分受け持ってもらいましょう。

結婚して、子供を授かることが許されているということは、本来とても幸せなことです。
その幸せが逆に辛いことになってしまっていますね。

気分転換をして、楽しく生活できる工夫をしてみましょうね。
いままで十分頑張っていらっしゃるので、少し息抜きをしましょう。

治療院でお教えしたお灸を毎日ご自宅でなさってくださいね。
ご主人に手伝ってもらうと楽でやりやすいですし、いままで赤ちゃんの
ことは奥様にまかせっぱなしのご主人にとっても、一緒に考えてくれる良い機会になるのではないかと思います。

お若い二人です、早くコウノトリが来てくれますように!

西洋医学的な不妊治療の方針について

さて、西洋医学的な不妊治療についてですが、結婚して3年。女性側の排卵を誘発するばかりの治療ではめどが立たない段階なのかもしれません。ご主人の検査もすませ、ステップアップが必要ならば考える時期でもあります。

体外受精はまだ考えたくないということ、また年齢的にもお若いですし、とにかく、ストレスがきつい今の身体の状態を改善し、生理が規則的にくる状態にしていきましょう。1年ぐらいは東洋医学で様子をみてもよいと思われます。

生理が規則的にくるようになっても、妊娠が成立しなければ、IVF-ETなどの
ステップアップも視野に入れましょう。

東洋医学的な診立て

・弁証 腎虚肝鬱
・論治 益気補腎 疏肝理気

治療経過:4ヶ月にて自然妊娠〜出産へ

遠方のため2週間に一度の鍼灸治療、毎日の自宅施灸

初診時治療:
列缺ー足三里(灸頭鍼)ミニ灸合谷、列缺 右申脈ー臨泣 三焦兪腎兪(鍼、温灸、ミニ灸)ミニ灸右次髎

3診経過後:生理前のイライラが減少、生理の塊が沢山出た

4ヶ月後、9診にて自然妊娠。妊娠後も1,2週間に一度の鍼灸治療。31歳無事の出産。

☆素早い自然妊娠に至った理由

妊娠を希望して3年あまりの不妊経過でしたが、9回の鍼灸治療をおこない、4ヶ月ほどでスムーズに妊娠出産されました。

ご主人をどうやって病院に引っ張っていこうかと患者さんと二人あれこれ楽しく!考えながらの時間が過ぎるうちに、あっという間にコウノトリがやってきました。それほど「ストレス」や「プレッシャー」というのは、身体に、そして妊娠に悪影響を及ぼすのですねえ。一緒に真剣に!、そして冗談交じりにダンナさんを病院に引っ張っていく方法を考えた日々がなつかしいぐらいです。メンタルやストレスは何事にも大きな影響を与えます。とくに不妊治療で夫が非協力的、そして夫家族からのまごまごプレッシャーというのはたまらないストレスで、この患者さんはその圧力やストレスにめげずによく頑張られたなあと思います。

無事に第一子を授かったあとは、続けて、第二子、第三子とご出産なさいました。
子だくさんを望んだご本人や、同居のおじいちゃん、おばあちゃん、おおじいちゃん、おおばあちゃんのお喜びが目に浮かぶようです。賑やかなご家族なのでしょう。

おじいちゃんも、おのぞみどうりに、鯉のぼりを沢山お庭にあげていらっしゃることだと思います。

☆不妊鍼灸のポイント

不妊鍼灸 0007

不妊鍼灸としては、一番力の出せる、腎虚肝鬱パターンです。つまり、ストレス状態を解消し気の鬱滞をとりのぞき、全身の気の昇降出入をスムーズに行えるようにしていくことが目標です。

経穴解説もいれておきますね。ちょっと専門的ですし、基本的には素直な取穴が第一だと思っています。ご参考まで。

不妊鍼灸 腎虚肝鬱 経穴解説

 

 

卵胞の成長には半年程度の時間がかかります!

妊娠を考えるときに、女性の身体の仕組みを理解しておくことはとても大切なことです。

女性にとって妊娠にとっても大きな比重をもつのは卵子です。

卵胞の発育はとても不思議です。

よく、女性は生まれたときから卵子をお腹の中にもっていて、ご自身の年齢と卵子の年齢は一緒などと言われます。

しかしながら、排卵するのは、毎月1つの卵子。

その一つが選ばれるシステムを私達女性はもっているのですねえ。

卵胞の発育について

 

原始卵胞を私達は卵巣にかかえています。

これは休眠状態の卵胞のことです。この原始卵胞が、活性化して、発育卵胞(一次卵胞、二次卵胞)へと変化します。

原始卵胞から120日(ゴナドトロピン感受性ナシ)で前胞状卵胞まで

前胞状卵胞から75日(ゴナドトロピン感受性低い)で胞状卵胞へ

胞状卵胞から14-20日で(ゴナドトロピン感受性高い)で成熟卵胞へ
書物によって多少の差があるのは、やはりいろんな日数のケースがあり、幅があるということなのかなと理解しています。
だいたい、6ヶ月かけて卵胞は成長し生理三日目を迎えるようですね。

長い旅ですねえ。

皆さんのお悩みを候っていると、生理周期にまつわるものが多いですよね。
生理前にお腹が張って便秘で辛いとか
生理痛がひどくて、腰も頭も痛いとか。
また、排卵痛、高温期の辛さなどさまざま。

通常は月経周期にまつわるトラブルが多いので、こんなに長い期間かけて卵胞が成長し生理3日目を迎えているとは気がつきません。

 

生理三日目の数値が不妊治療で大切なわけ。

生理三日目が大切なのは、この時点で胞状卵胞の数が非常に重要だからです。
つまり、排卵に向けて最終的な淘汰のプロセスを踏める卵胞の数がどれぐらいあるかということです。

エントリーしてくれる卵胞の数が多ければ、結果につながる卵子と巡り会う確率も高くなるということです。

 

このお話はなかなか興味深かったです↓

卵子の生涯発育と FSH, AMH, AFC の役割

また、排卵してくる卵はあるのだけど、採卵し受精卵を作る段階で卵子の状態が悪いというお悩みは良く候います。このように長い周期で成長してくるのだと言うことを理解して体調を整えたいですね。

卵子の質にいどんだ症例

当院での症例です、東洋医学的なお体の手入れでの卵の質改善に取り組みました
卵の質はよくなるのでしょうか

この症例では、なんども体外受精を繰り返すものの、「卵子の質が悪い」「胚移植出来る受精卵が出来ない」というお悩みから出発して、妊娠、出産までたどりついている症例です。ご参考まで。

 

30代ではよい卵が作れず、40才から2年かかって身体作り43才47才出産
長い不妊治療、40歳からの身体作り43歳、47歳出産)

こちらの症例も、30代の後半から始めた体外受精、よいグレードの卵ができず、妊娠に至らないという状況から2年かけての「よい卵作り」43才の時に第一子、そして残った凍結胚で47才での出産となりました。ご参考まで。

体外受精で卵の質が悪いと言うときには、まず不妊カウンセリングを!

まとめです。体外受精をしているかたで、「卵の質が悪い」という方は、何度も採卵を繰り返したり、病院を変えてみたりと多くの工夫をなさりながら高額の治療を継続しているケースを多くお見かけします。

確かに、採卵の方法を変えたり、病院を変えたりすることで課題が解決することもあります。しかしながら、どうにもならず金銭的な限界が来てしまうケースも多々あります。

是非、金銭的に行き詰まってしまうまえに、不妊カウンセリングを受けて頂けたらと私はいつも思っています。

鍼灸師向け不妊鍼灸セミナーでのお話です。

不妊:相談 『卵の質をあげてからの二人目出産まで』③0032

不妊:相談 『卵の質をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?』①

ご相談:
30才の時に卵管狭窄と言うことでFTの手術を受けました。その後妊娠をしないのでステップアップし、体外受精や顕微授精などの高度生殖医療を繰り返していますが、妊娠できません。


卵の質と真正面から向かい合った不妊治療、無事に第一子の出産を成し遂げることができました。

 

卵子の質はよくなるのでしょうか?→①、②へ
治療の提案

治療の提案 治療頻度 治療方針

この提案をしっかりと守っていただき、無事に第一子の妊娠ー出産

治療経過

初めてよい卵ができるまでの、治療経過

1)週に2回の治療院での施術
2)毎日の自宅でのお灸
3)散歩などの運動、
4)お肌が綺麗になると言われている時間である10時から2時の睡眠
5)食事バランスガイドに従った、食事の改善

などを実行、無事に「グレードのよい卵」がとれ、第一子の出産とつながりました。

治療経過

治療経過

初めてよい卵ができるまでの、治療経過

さて、そこから続きの物語です。

出産から1年三ヶ月後、再初診。

残った凍結胚

残った凍結胚 お宝

BMIが16台にまで体重低下。
出産後、仕事やそのほかいろいろなことがあり、とても忙しかった。
腎虚を中心とした気虚が深くなっている。
一時期は体重が42キロまでになってしまった(前回妊娠時50キロ)いま45キロ。
患者さんへは体重がせめて3キロほど増えてから、不妊治療を再開するようにアドバイス。
以来週に1回の鍼灸治療を開始。

1年後、体重も戻り、体調も良くなったので、前回採卵してある凍結胚盤砲を移植
無事に妊娠。

残った凍結胚

無事に3200㌘越えのベビちゃんを出産(37才)

・二人目の出産について、
一人目の妊娠時まで体調を戻すと言うことは非常に大きなポイントです。このケースでは、出産後に体重が大きく減ってしまうほどの体力的な負担があり、ご本人は移植を希望なさっていましたが、「お宝の凍結胚盤砲なのだから時期を選びましょう」とお話しし、体重がもどるところまでまっての胚移植となりました。

長らくの不妊治療でした。
数々の採卵を重ねてやっとできた、2つの良好胚で二人のお子さんを授かり、よかったなあと思います。

治療を振り返って

20代から始まった不妊治療。体外受精を繰り返すも、『卵子の質が悪い』ために治療が進まず妊娠できないという状況でしたね。

この『卵子の質が悪い』と言う状況のなか採卵で使う薬剤を工夫をしたり、いろいろな方法を取り入れ毎月のように採卵の周期に入りがんばっていらっしゃいました。しかしながら、やはりドクターの仰るとおり、『卵子の質』そのものが悪いという改善は体外受精や顕微授精などの高度生殖医療受精を繰り返すことだけでは無理だったと言うことなのかなと思います。

『卵子の質が悪い』というときには、西洋医学的な発想の治療は少しお休みしてよいと思います。

そして、ご自身の生命力upということに全集中がよいです。このご自身の生命力upをどのような形で行うのがよいのかということは、なかなか自分自身で自分がわからないということがあるので、不妊カウンセリングを受けたり、体表観察というお身体を見る方法にて1度アドバイスを受けることを強くお勧めします。

同じ事を繰り返していては、前に進みません。そして時間が一番大切な不妊治療において、時間の無駄使いをしてしまうのです。

 

『初めてグレードのよいと言われる受精卵が出来ました!』

というご本人の踊るような言葉をいまでも思い出します。
地道な、地道な努力を続けてこられたからこその言葉です。

結局、数限りない体外受精の中で、たった二つできた『グレードのよい受精卵』でお二人のお子さんが授かり、お母さんになりました。

ご本人の、迷いのない努力のたまものだと思います。そして努力の方向を間違えないことが大切です。

 

卵の質をあげるには② 

卵の質をあげるには①

 

ビッグママ治療室

日本産科婦人科学会 登録データ集