不妊・妊娠と鍼灸」カテゴリーアーカイブ

0114)妊娠中、産後も続く子宮内膜症の痛み。弁証論治

子宮内膜症の症例が続きます。
子宮内膜症は、生理と共に悪化する疾患です。
そして、妊娠を早くすることで、子宮内膜症の進行も遅くなりますので
早い妊娠が臨まれますが、逆に子宮内膜症によって妊娠が成立しにくいという
状況も生まれ、なかなか難しい問題となることが多いです。

今回のケースは、卵巣嚢腫の手術もおこなわれ、
子宮筋腫の手術歴がある、
骨盤内臓器の癒着が高度な事例であり、
なかなか解決が難しい状況にありました。
10代からの手術歴ですから、ご本人にとって
長い婦人科疾患との戦いであったと思われます。

幸いなことに、ご本人の努力によって無事に
第一子の妊娠、出産につながりました。

しかしながら、妊娠中も痛みが強く、
出産後も再度痛みの出現があるという状況で、
子育てもお辛い様子でした。

出産後は、ご自身の生命力が落ちるために、どうしても
その方に取って一番のウイークポイントが出現しやすくなります。

抜本的な解決はなかなか難しい状況ですが、
温補補腎という、ゆっくりと温め、生命の土台の力(腎気)をつけていく
鍼灸治療によって、ご本人の辛さの軽減に役立ったようで何よりです。

症例概要→0114
詳しい症例→0114

自律神経失調症 予期不安、ストレスで体調不良。

仕事をして頑張って日々を過ごすなかには、色々なトラブルや試練がありますね。

頑張って、頑張って、疲れたな、もういっぱいいっぱいだなと思っても、
頑張らなくっちゃいけないときもあります。

自律神経失調症と言われる方が多くご相談にこられます。
薬などでなんとかコントロールできても、仕事や日常生活をこなすのがやっとという状況では、草花の美しさも、音楽の楽しさも、日々の楽しさもなんだか遠くなってしまいますね。

東洋医学では、まず、お身体の状態を拝見していきます。
そして一番弱った素体を立て直すことをしていきます。

私たちは人生をはしっていきます。
車そのものが肉体で、精神はドライバーです。
軽自動車であってもその大きさにあわせ上手に運転をしていけば、箱根の山も登れ、高速道路を使って遠方に行くことも可能です。

自分の車を上手に整備して、ドライバーであるご自身の心を健やかに伸びやかにすることで人生という道をしっかりと走って行けるようにと願っています。

この症例は、お身体の状態をよくし、精神的な不安定さが解決したことでするりとご自身の問題であった妊娠しないという状態が解決しました。体外受精などの大きな治療が時により大きな精神的な負担となり悪循環になってしまうことがありますね。人間とはなんとまあむずかしくて、かわいいものかと思います。

健やかな日々がおくれますように。

主訴自律神経失調症、不妊の弁証論治 40歳自然妊娠

ご相談にお答えして③ 不妊治療なんてしなきゃよかった

ご相談にお答えして③

不妊治療を開始し、1年ほどして体外受精にステップアップし、肺移植した方からのご相談メールです。ネットを検索して得られる情報は、自分に必要な情報かどうかがわかりにくいですね。そして不安な心をもっと不安にさせてしまうこともあります。

ネットはほどほどにねえ。

 

ご相談内容

「今日移植に行ってきました。

結果から言いますとあんまし期待できないのかなぁ~って感じするんです。

すぐにネットでいろいろ調べたんですけど、ダメとしか思えないです

そんな気持ちの中、夫にラインしても電話しても捕まらなくて、もうイライラがピーク。

夫にはそんな私の気持ちがわかんないっていうか、つたわんないみたいです。

夫婦のことなのに、夫は真剣にかんがえているのでしょうか?

私だけに押しつけている感じがしちゃいます。

ネットをみてたら、受精卵の質は卵子の質に影響する

となっていて、「えー、自分のせい?」と驚きました。もともと夫の精子の状態が悪くて

体外受精をしたので、私には問題がないと思っていたんです。でもネットの情報で、

”卵があんまりよくないのは女性の問題”となっていました。

ショックでした、私のせいなのでしょうか?

移植後にもらった書類には

発育速度が速いとなっていました。急に速くなったという説明で心配です。

それに割球も不同ありで大きさが不揃いみたいでグレード3。

グレードの1や2もあるのに、3.こんな卵でいいのかって思っちゃいました。

万が一、この卵で妊娠したら、健康な子供がうまれるんでしょうか?

妊娠の可能性は低いと思いながらも、逆にコレで妊娠したらと不安がつのります

こんなことならば、移植しない方がよかったんじゃ

ないかとも思えてきてイライラ。

なんだか、不妊治療なんてしなければよかったのかもなんて思い始めていて

今の私はぐちゃぐちゃです。

どうしたらいいんでしょうか。涙がでてきちゃって止まりません。

..私からのお返事

こんばんは

私はいつも思うのですよ、

○○さんも、私ももしかしたら、グレード3かもしれないですよね。

いやいや廃棄されちゃうような、もっともっと低いグレードかもしれない。

ただ、その時期に誰も見た人がいないからわからないだけですよね。

私はいままでに、グレード1でも、かすりもしなかった人を

沢山見ていますし、

捨てる寸前のグレードの卵ちゃんが、ちゃんと着床し、妊娠し、

無事に生まれている沢山の例をみています。なんら心身に問題なくネ(^_^)

だから、あくまでも、妊娠に対する確立の話なんですよね。

グレードが高いほうが妊娠の確立が高い。

でも100%じゃないんですよ。

グレード1でもダメなときはだめ。

そしてグレード3でも、100%ダメじゃないんですよね。

上手くいくときはうまくいくと。

この確立ってくわせものです。

だって、80%の確立で妊娠しますって、いったって、

80%の妊娠がおこるわけではなくて、0か100かの

どっちかですよね。いいグレードでも何度やってもダメな人は

ダメなんですよ。

発育速度って、受精卵になってからでしょ。

発育速度が速いのは、とてもいいことです。

あとは、もうそれは今回のみためなんだから、仕方のないことですよ。

もしかしたら、グレード4かもしれない私たちが文句をいうことじゃないんです

よ~。

妊娠はご縁だからね。

グレードのいい卵だって、

自然妊娠だって、

障害や問題のあるお子さんは生まれます。

これもまた自然のなりゆき。

また、目に見える、目につく障害だけではないいろんなことが

子供を育てるというなかでは当たり前におこります。

芸能人の人たちがテレビで子供のために涙を流し、謝っていること、よくありますよね。

誰もが一生懸命うみ、育て、がんばったけど道を曲がって進むことは

あるんですよね。親になると、道に曲がった子供そのものよりも、

その道に寄り添っていた親の気持ちの方がよくわかります。

って、いろんなことがあるのが、子供をもつということです。

だから、こんなことあれこれ考えても、疲れるだけですよ~。

とにかく、神様にまかせて、あとは待つだけ。

まあご縁があるのならば、賑やかな道をいくのは悪くないって思います。

それにしても、

ネットは禁止だ!!(*^^*)

余計な情報見てもしょうがないですよ~。

そうそう、いままで2例、東京の有名(^^ゞ某クリニックの先生が超音波をみながら「ダウンなどの可能性がある」といわ

れた妊娠をなさった方がいらっしゃいます。

おふたりとも、「産むつもりなので検査はしません」ということで、検査などをせずにご出産になりました。

そして、どちらともなんら問題のないお子さんでした。

あくまでも、確立や可能性ってそういうもんです。

さあ、ねましょう!!

よいご縁がありますように。

..お返事

早速の返信ありがとうございます。

やっぱり先生にメールしてよかったです・・(T_T)

結局は縁なんですよね・・・

でももし私が「ダウン症の可能性がある」と言われたら

検査もするだろうし、クヨクヨ悩むだろうなぁと思います。。。

何も検査しないで出産した人はスゴイと思います。

私だったら悩むだろうなあ、悩んで悩んでつかれちゃいそう。

もしかしたら、私はそれほど子供が欲しくないかもっておもったり。

まあ、とにかく、先生の言葉を胸に留めつつ

あまり期待しないで待ってみます。

まだ主人がかえってこなくてイライラしてくるのですけど、

もうとっとと寝てしまおうと思います。

あさって治療に伺います。

また相談に乗ってください・・・<(_ _)>

おやすみなさい

ご相談にお答えして① 先に凍結卵を作るべきか、不妊治療の進め方

ご相談にお答えして①

採卵、凍結、自然妊娠。不妊治療の進め方

質問:

先日は初めてお伺いしましたが、

ビックママで診てもらえてとても心強く、今後は通って妊娠できる体に近付いていきたいと思ました。

今後の不妊治療の進め方について質問させてください。

鍼灸治療と平行に、来月より体外受精の治療を進めていく予定でしたが、米山先生の初診の診断は半年~1年は鍼灸をして体づくりに専念し、自然妊娠が難しい場合には体外受精をしてみてはどいか。とのご指導を頂きました。 

夫と話し合い、先生のアドバイス通り、まずは体づくりをして土台がしっかりしたら時期をみて体外受精に挑戦しようと思います。

そこで採卵について質問させてください。

ビッグママのHPに年齢が若いうちに採卵だけでも先にして凍結しておく方もいらっしゃり、良い方法であると紹介されていました。

私も来年は33歳になので自然妊娠が難しい時の事を考え、少しでも質の良い卵子を残しておきたいのですが、どんなタイミングで始めるのがベストな選択でしょうか。

土台がしっかりするのを待ってから採卵した方が良いのか、

それとも来月より採卵を初め凍結だけでもしておいた方が良いでしょうか。

少し長くなりましたが、どうぞご指導を宜しくお願いします。

..お返事

> 私も来年は33歳になので自然妊娠が難しい時の事を考え、少しでも質の良い卵子を残しておきたいのですが、どんなタイミングで始めるのがベストな選択でしょうか。

年齢が採卵の条件をよくする要因の一つであることは確かです。

しかしながら、身体の状態がよいということも、採卵の条件をよくすることのひとつになります。

このときに、身体の状態が好転することを待つこと自体が、年齢リスクをあまりにもあげてしまう場合は、早めに採卵し、凍結保存という手段もあるのではないかというのが、私のhpに書いた文章の意味です。私の治療院には、30代後半、40代の方が大勢いらっしゃいますからね。

年齢要因がさほど問題のないところでしたら、身体の状態をよくすることは採卵の条件をよくすることにつながりますので、まずからだの状態をよくしてから採卵に臨みたいところです。

さて、この年齢要因ですが、私が採卵を急ぐようにとお勧めするのは、だいたい37才以上の方の場合です。気になさる人だったら35才ぐらいかな。また、初めてのIVF-ET(体外受精ー胚移植)は、35才までにというのも、お勧めするところです。

いまの○○さんの年齢だったら、身体作りをして、血流をよくすることが、採卵の状態もよくすると私は思いますよ。

採卵自体も、身体の負担にはなりますから、今のご年齢ではあまりあせってあれこれ考えるよりも、すこしづつ確実に出来ることを勧めることがいいのではないかと私は思います。

昨日、40才のIVF-ET(体外受精ー胚移植)挑戦中の方が、卵巣調整中の周期にぽんっと自然妊娠なさいました。私のところにいらっしゃるまでにも、すでに数回IVF-ET(体外受精ー胚移植)をなさっていたので、「私の年齢でも、身体を整えたら自然妊娠なんてあるんですねえ」とびっくりなさっていましたよ。妊娠って、不思議ですねえ。この方は40才の自然妊娠であり、このときにすでに凍結胚ができていたので、第二子への希望が大きくつながる結果となりました。これもとても大事なポイントとなります。現時点で30代前半で、生み終わった時点で35才未満ならばまず素直に自然妊娠を考えてよいかと思います。

それでは。

ご参考まで。

治療経過:

初診後3ヶ月ほど週に1-2回のペースで鍼灸治療を継続、無事に自然妊娠。体外受精は必要なくなりました(^^)よかったですね。

排卵誘発剤を使うコツ、ストレスを解消していきましょう!

ストレスは、妊娠したいという方にとってとても重要なポイント。

ストレスがよくないとわかっていても、なかなかコントロールできるものでもありません。
ストレスを軽減するというのは、妊活に限らず、健康維持にはポイントになりますねえ。
さてさて。

 

諦めた途端に妊娠した、
旅行に行って妊娠したなどというのは、ストレスからの解放が
直接的に妊娠につながったというよい事例なのです。
東洋医学的には、肝鬱を払って妊娠!!ってなところでしょうか。

 

この方は、二年にわたり、漢方治療や、排卵誘発剤を使った人工授精などを中 心とした西洋医学的な治療をうけられ、もう一段のステップアップが必要なのか な?というところで、当院にいらっしゃいました。

排卵誘発剤などを使うと、沢山排卵します。とくに、それまで使ったことがな い人の場合だと反応がいいですね。値段も他の治療よりも比較的安価なのと、設 備のない病院でも出来るといった要因で、この時期を漫然と長く過ごされる方が いらっしゃいます。この方もそうですね。

私は、こういった人工授精などで結果が出ない場合、漫然と長く薬を使うこと は反対です。薬の効きが悪くなってしまい、そのあとの治療に影響がでますし、 ご本人の身体もまいってしまいます。あるていどの目安で、薬をやめ、身体を整 え、ステップアップしたほうがいいのではと思います。

この方の場合は、身体を整えようねとお話している間に、あっさりと妊 娠されました。それまでくり返していたタイミングや人工授精では妊娠しなかっ たのに、面白いですね。

典型的な、ストレスが妊娠にブレーキをかけていたという感じですね。こういった ストレス不妊が鍼がきく一番のタイプでもあります(*^^)v。

 

ストレスというと、なにか精神的な負担とばかり考えがちですが、東洋医学で はもう少し広い概念で把えています。まあ、身体が緊張しやすい、気血のめぐり が滞りやすいといった感じで考えていただいていいのではないかと思います。

この方の場合は、ストレス状態に対して身体の土台の力をつけることと、スト レス状態そのものを緩和させていくということを念頭において治療を進めていき ました。不妊も、頭痛も根っこは同じだろうという見立てです。

治療をすすめていくことで、身体の土台の力がつき、ストレス状態も緩和され、 頭痛が楽になり16診で妊娠にいたりました。

また、今回は、タイミング法をしっかりと順守していただきました。LHサージを 使うやり方です。市販の排卵チェッカーですね。これは使い方にちょっとしたコ ツがありますが、上手に使うと効果的です。きちんと排卵があるかたならば、人 工授精や病院での排卵誘発といった手段をとらなくてもご自宅で出来ることもありますね。この方が気楽に対応できる場合もあります。もちろん病院に行った方がいい場合もありますから、ケースバイケースですが、こんなやり方もときにはアリだと思います。

偏頭痛、8回の人工授精のあとの不妊、自然妊娠出産