太犬走る庭から(園芸通信)」カテゴリーアーカイブ

ビーツの花芽がつきました。蒔いてみようかな、

ビーツの生長

去年の秋に長野の親戚からもらったビーツ。
ボルシチなどのシチューにして頂きましたが、最後の一個は発芽したこともあり、植えてみました。

どんどん成長して、花芽をつけています。

調べてみると、種をとったら春蒔きと、秋まきがあり、このまま上手く行くと5,6月に種がとれ、秋に植えることが出来るかなと思います。

種から育てるのはちょっと自信がないのですが、やってみようかなーと思います(^^)
凄く楽しみです。

NHKの趣味の園芸さいとから、

Q.家庭菜園でも育てられる?栽培のコツは?
家庭菜園でも十分栽培できます。
春まきは3月下旬から5月、秋まきは8月下旬から10月上旬ごろ、60cm幅の畝に1平方メートル当たり堆肥約2kg、化成肥料約100gを入れてよく耕し、列間30cmの2列のまき溝をつくり、2cm間隔にタネをまきます。
2週間に1回、1平方メートル当たり約30gの化成肥料を追肥して土寄せし、本葉6~7枚までに3回の間引きをしながら最終株間を10~12cmにして、根を太らせるのがコツです。

この秋まきに挑戦しようと思います。
いま、このビーツが生えているところはチューリップが生えているので、これを抜いてビーツのミニ畑にしようかなと計画中。

桜草のこぼれ種


庭はスイセンが笑い出しているし、
チューリップも芽を出しています。
どんどん色が出てきて、やっぱり春。
雪柳も白の花をつけてくれています。

今年は物置をつくってしまって、庭がだいぶ小さくなっちゃったけど
やっぱり楽しい。

この写真はこぼれ種で出てきている桜草。

桜草
三時草の鉢からひょいと出てきて花を咲かせてくれてます。
こんな風に生命力あふれる子が好きですねえ。なんか頼もしさで心がなごみます。

桜草ってかれんな感じだけど頼もしい。
こうでありたいですねえ。

社会が騒々しいけど、まあがんばろーっと。

#草花 #桜草 #三時草 #一年草 #庭 #多肉 #庭作り #花 #小田原 #お庭大好き #ビッグママ治療室

枇杷の葉温灸の暖かさ

今年も我が家の枇杷がなりました。

一度、庭に植えてしまったら、がああーーーっと大きくなってしまい、大慌てで

庭植えから鉢植えにしました。

庭に植えるときは要注意です。

枇杷は健康のグッズとして有名。枇杷の葉のお茶や、枇杷の葉を使った温灸が有名ですね。

葉っぱを利用します。ただ、この葉っぱが、近くに大きな木があれば何も問題がありませんが、

なければ入手が困難。鉢植えにしてしまっている我が家の枇杷も、枇杷の葉温灸を使用と思ったら、ちょっと葉数が足りないですね。

 

コレが我が家の鉢植えの枇杷。

それなりの草丈がありますが、葉数は少なめです。葉っぱが大きいので葉数がいらないのでしょうかねえ。それでも、今年はこんなに大きくて美味しい枇杷を収穫できました。

 

おいしかったですよー。

まあ、ほとんどカラスに持って行かれましたが(^^ゞ。

目を出して、1,2年の枇杷がこちら。

こんな感じで簡単に種まきー発芽といけます。

枇杷の葉が欲しい〜と言う方はやってみてくださいませ。

フェイジョアの花がさきました。

 

ブラジルが原産の花木です。

実がなるそうですが、自家受粉はしないので、うちではちょいと無理かな。

少し離れたところにもう一本はあるのですが、そちらはまだ開花していません

 

 

細い枝を伸ばし、その先に花をちょこんとつけます。

ですので、どんどん背丈だけ高くなってしまうので、思い切って剪定し、

樹形を整えた方が、まだ咲いていないんです。

やっぱり選定するときに、花芽をつんじゃっているのかなー。

なかなか難しいですね。

 

 

枇杷の実がなりました。今年こそたべるぞ!

私の庭には、実のなる木があれこれあります。

その中の一つがびわ。

庭には植えちゃイケないとも言われますね。

ですので、植木鉢に植えています。いつでも移動可です(^^)

枇杷の実も食べて美味しいし、身体にも良いモノですが、葉っぱはお茶などで飲用にされたり、

また、乾燥させてお風呂にもいれると湿疹やかゆみに良いといわれます。消炎鎮痛に効果があるとされ、温灸をするときに、間に挟む、枇杷の葉温灸は有名ですね。

私も、そんなことも考えて枇杷の木を一本は確保をしています。

むかーーし大学病院にいるころ、初診の痛みが強いという患者さんが、腰蓑のように枇杷の葉っぱを巻いていたのを思い出します。だいぶお辛かったのかなあと思いますが、服の上から巻いても効くのかなあという疑問も。きっとあの方には何らかの効果があったのかなと思います。

 

枇杷、あと一ヶ月もすると色づくかな。

カラスよりも先に食べるぞ!