投稿者「ビッグママ治療室」のアーカイブ

Let’s eat a good breakfast everyday. 楽しい朝食の習慣化を!

Let’s eat a good breakfast everyday.
And let’s make it a daily routine.

When we look at the picture of the breakfast in a hotel ,
We would always say, “I want to eat that”
Because the pictures are so appealing.

If we eat breakfast like this one, we feel we can start a refreshing day.

As for me I always have my morning coffee at a family restaurant, and the menu here is also appealing.

Many people don’t know what to cook for breakfast,
Because they don’t know what they want to eat.

I feel this situation is lacking in creativity.

I think that creativity can be supplemented by routinization.
Preparing a menu days in advance can make your mornings more smooth.

Morning routine
1: Determine the main protein dish
2: Determine the main carbohydrate dish
3: Always take fruits and dairy products.

In the morning , our brain is still sleeping.
So it is good to decide our breakfast menu in advance .
Let’s start making our morning routine!

朝ご飯をしっかり食べようールーティーン化の勧め

ホテルの朝朝食の写真をみると、『食べたい!』と思わせるものは、やはり
表現力が豊で、いかにも朝をさわやかに始めましょうという感じで、音楽が聞こえてきそうなものです。私は朝のコーヒーをファミレスでと決めているのですが、ここのメニューもやはり表現力勝負という感じがします。

何を作ったら良いかわからない、
何を食べたらいいかわからない。

こういったことは表現力不足なのかなと感じます。

表現力は、ルーティーン化で補えると思います。
ある程度、ルールや決まりを作っておく。朝ご飯などはその好例です。

朝のルーティーン
1:主となるタンパク質のおかずを決める
2:主となる炭水化物のおかずを決める
3:果物、乳製品を必ず取る。

腰痛を手当てしましょう!

東洋医学には様々な考え方があります。
腰が痛いときに、いたい場所をそのまま治療点と鍼灸をおこない
痛みを軽減するときもありますし、
腰の部位の丁度反対側のお腹のツボを使うこともあります。

急に腰が痛くなるぎっくり腰。
これは腰そのものが弱っているということに加えて、
その弱りを守ろうとして急に気が集まり、集まったことそのもので痛みが
生じているとも考えることができます。

この場合
1)弱った腰そのものを手当てする。
2)守ろうとして過剰に集まってしまった気を少し散らし、過剰な集まりをなくし痛みを軽減する。

この2点が考えられます。
ときに、担がれるように治療院に入った人が、スタスタと歩いて帰った。
こんなエピソードが語られることがあります。
これは主に2のアプローチが功を奏していると考えられます。
つまり過剰に集まりすぎて生じている気(気滞といいます)を散らしている
だけなので、弱った腰にまとっていた包帯をはがしてしまったような状態です。

痛みが引いている間を用心深く過ごし養生していけば、弱った腰も力が出て、
だんだん回復していきますが、この時期に無理をしてしまうと、もっと痛みが強く出たり、
慢性的な痛みに移行してしまったりします。

ぎっくり腰は、腰が弱っているよと言うサインでもあります。
痛みが軽くなったとしても少し用心して過ごすことが大切ですね。

さて、ここに二角明というツボがあります。

このツボはぎっくり腰でよく使います。
こういった症状があるところと遠く離れたツボも、この気滞をよくとってくれ、
痛みを軽減してくれます。
もしぎっくり腰になってしまったら、ここをマッサージなどして刺激するのも
よいかもしれませんね。
私ならば、置き鍼をしておきます。

つらい腰痛、はやくよくなりますように!

シチューの計算式

シチューを作りました。
レシピネタは勝間和代さん。人間的にとか、キャラとして好きか嫌いかっていうのは
微妙なんだけど、この人のいっていることは、自分のなかで非常に腑に落ちる。
彼女の提唱するドルコスト平均法も、料理も、お片付けメソッドも
なんか納得。
私の中で、違和感がなくそのまま実行できます。

さて、その中での料理。
シチューを作ってみました。

小麦粉は材料に対して3%
塩分は0.6%
水分は水、牛乳それぞれ20%。

論理的で簡単。

ちょっとダマになったけど、味はすっきり決まっています。
美味しいねえ。

コツとしたら、素材を美味しい物を使うことと、塩を良いものを使うこと。
私は塩は直島のソラシオってのが好きです。
これは髙松の駅でお土産用に買い、ちょっと食べてみたら、美味しい!
塩を美味しいと思ったのは実は初めてでした。

それ以来、ポーチの中にいれて、何か食べるときにちょっとつけてます。
おいしいんだもん。

Onion Gratin Soup

Onion Gratin Soup

I love eating onion gratin soup at the Royal Host.

I learned making onion gratin soup in a cooking school last month.

I try to make it in my kitchen!

I fry onion slowly, and sometimes I deglaze it.

The technique of deglazing is using the brown bit in the pan to add flavor to the onion.

There is quite a taste

2 onions for 4 people.
It is a large amount.
I cook this for a long time.

Then I add the chicken broth , salt, and pepper in the pan.
I top it with a slice of baguette and cheese.
Sprinkle cheese and brown it in the oven.

It is simple and easy.
But it needs time and effort.


This is the onion gratin soup.
It goes well with pork cordon bleu.
It was so delicious (^^)!

健康養生に、お灸で毎日セルフケア

健康養生に、お灸で毎日セルフケア

日本では、足三里のお灸が健康にとても貢献すると昔から言われています。
かの江戸時代の旅人、松尾芭蕉も『三里に灸して旅に出る』というほど、この
お灸は、胃腸を上部にし、足腰をすこやかにし、長旅を支えてくれる効果があります。

下腿の膝下にある前脛骨筋tibialis anterior (muscle)の上端に位置しています。

鍼灸院で灸点をおろしてもらい、温灸や、ミニ灸で毎日刺激するのが効果的です

病気予防や、体力増強といった効果意外にも、むくみや胃腸の症状や、膝の痛みなどにも効果があることがあります。

健康養生法でツボを使うときにはコツがあります。

1)ご自身に効果のあるツボを目的に応じて、全身を診たもらった上で、5−6箇所の
ツボを選ぶ
2)組み合わせたツボに対して継続的に行う
3)最初は1週間後、そのあとは2−3週間ごとに、全身をチェックして貰い、ツボの位置を検討する。

これが、全身の健康を高めるコツです。
人によって、必要なこと、効果が出やすいツボは違います。
間違ったことを長期的に行うことは効果がないばかりか、余計な偏りを強くすることもあります。

私自身、毎日、背中のツボに養生のお灸をしています。ツボはスタッフに毎回選んで貰っています。身体は日々変化しますので、それにあわせるのが大事だと私は感じています。そして継続的に行うのが一番大事。

何事においても、継続は力です。
がんばりすぎずに、がんばっていきましょう。