お尻の悩み、病院にまず行ってみよう!

痔、西洋医学的な課題 2019/06/05 アップ済み

痔といえばその前に便秘が。

機能性の便秘と、器質性の便秘があります。つまり動きが悪いか、なにか物理的に問題があるかですね。

【出血がある】

「ち、血が出た~」というと驚きますねえ。出血って普通ではおこらないことですから、まず病院へ。私がお勧めして受診して大腸ガンだったという方が何人かいらっしゃりました。皆さん気がついていても怖いんですよね。

出血の原因はやはり肛門周囲が切れているということで、裂肛、外痔核、内痔核など肛門近くの病変。また便に血が混じるという感じだと大腸の問題が考えられますね。

【痛い!】

肛門が痛いときは、炎症や絞扼されたなんらかの症状があるのかも。腫れて痛いならばやはり手当を!。またストレスなどで絞れる痛みが急にやってきて和らぐ場合は筋肉の痙攣の可能性もありますね。ちょっとゆっくりしましょうよ。

【お尻に違和感が】

肛門からイボのように飛び出しちゃって・・というご相談も多く受けます。とりあえず押し込むと引っ込むようならば初期の段階。でも、だんだん引っ込まなくなるし、出っぱなしなったり、下着とすれていたかったり。内痔核が原因だったり、痔瘻や裂肛という場合もありそう。だんだんお尻問題が深くなっていきますねえ。

そんなこんなを繰り返していると、肛門周囲が晴れて痛くなったりして。肛門周囲膿瘍という状況。

痔の方のお話しを候っていると、かなりひどいなあという感じで、『大腸ガン』の問題もあるので、

『早めの病院受診を!』とお勧めするのですが、なかなか腰が、いやお尻が重いですね。

肛門科でお尻をみせるのは、歯医者さんで歯をみせるのも同じ。

とにかく病院にいきましょうよ。

先日、20年来の痔の悩みの女性が肛門かを受診されました。かなりひどい状況であるようですが、投薬や軟膏でおちついてきているようです。一歩が踏み出せずにいる方も多いと思いますが、一歩はあなたのためになりますよ。