1:気の巡り。人間理解のポイントだにゃん(気の昇降出入)

さて、東洋医学を学ぼうとするときにポイントとなるのがこの気の升降出入です。

基本的に五臓を主る、肝、心、脾、肺、腎と5つの臓腑のありようをかんがえていきます。
この5つの臓腑は関係性をもち、気の巡りを調整するのです。

そしてこの気の巡りについて、どんな関係性があるのか、しっかり押さえることが
弁証論治を通じた人間理解の第一歩となります。
東洋医学の用語は独特です、言葉として西洋医学と重なりますが、この概念的な使い方が
足をすくわれるところかな。

さて、
上下の位置にあるものとして
1)肺と肝。 肺気は降り、肝気は昇るです。
2)心と腎 これは水と火。火をよくせいし、水を温める。心と腎は互いに助け合います

中焦にあって、昇降の枢紐となります。前段の心肺の気の下降を助けます
3)脾胃 脾は昇り、水穀の整備を輸送。 胃は降を主り水穀の下行を助ける

生命は立ち昇るという命の勢いの有り様です。
4)一源三岐 衝脈を中心として任、督。そして上焦の華蓋としての肺

上記4点がポイントとなります。