月別アーカイブ: 2018年9月

モクサアフリカと直接灸

間中善雄先生の灸療法と、モクサアフリカの本 WEB済み

最近、本はなるべくタブレット購入です。先般、旅行にいくので、Kindleのアンタイトルで読み物をさがしていたら、こんな本をみつけ、その中に間中善雄先生が登場。このところ本当にご縁だなあ。

先日、間中先生流としてハイー膀胱(子午の関係)が私の表裏システム(^^ゞというご紹介をさせていただきましたが、臨床的にはあとイオンパンピング(これは私はいままったくやってません)に、刺絡(これは話題が出るだけでその治療院ではみたことがありませんでした)、そして直接灸でした。

直接灸は本当に沢山やりました。とにかくせっせせっせとやりました。
それが間中流かどうかを考える間もなく(^^ゞ、パカパカと。
患者さんの方が慣れていて、初心者不慣れな私に

『数はオレが数えるから、オマエはどんどん灸を入れていけ』と指導が(^^ゞ。

この方はリウマチの患者さんで、頭、背中、下肢と20箇所ぐらい施灸指示がありました。
患者さんとしては、1箇所集中よりも、リズミカルに全身をスタスタと施灸される方がよいようで、
カウントはオレがするからオマエは施灸に専念して、リズムを乱すなという暖かい指示でした。

こんな日々を繰り返すうちに、施灸が自分のものになったかなと思います。

このところは、自分は印をつけるだけで施灸は副院長に任せてしまうことも多くてジグ道してます。
また最近は悲しいことに老眼(^^ゞ、お灸がしっかりと見えませんが、それでも
さくっと出来ちゃうのは勘と経験からでしょうか(よい子はそんなモノに頼らずに、メガネを掛け替えましょう)。

この本は、他に深谷流や原流などなど多くの流派や、病名に対する

臨床における灸療法: モクサアフリカがまとめた、200の疾患に対する日本の名人達の灸治療法 (モクサアフリカジャパン)
マーリン ヤング

うちの枇杷の木です。
枇杷の葉っぱもお灸で有名。
ちょっと前の実がなっている頃です。

これは近所の毒きのこ??

毎日、夜になるとPokemon GOのために散歩三昧。
いやいや、もともと夕食後には散歩をしています。

ずーっと一日でかけないで、引きこもって仕事をしていますので
やはり運動をせねば!と思い立ち、
せっせと夕飯後のウオーキングに取り組んでいるんです。

そこにPokemon GOがくわわっただけ、
Pokemon GOのために歩いているのではありません!
なーんて(^^ゞ

さて、国道1号線のちょっとした空き地に、キノコがポンポンと。
まるで星座のよう!
フェアリーリングですかねえなどというステキなコメントもいただき
ハッピー♬

思わず写真を撮ってインスタへ

こんな感じのキノコが、

こんな感じで並んでいるんです!!

なんか、未知との遭遇(年がバレるね)のようで幻想的でした。

あとからこの写真を見た方が、

『シロタマゴテングタケかな?猛毒です(^◇^;)

似ているドクツルタケだと、致死量は8グラムとか。

身近に自生するのでご注意!』トのコメントを下さいました。

ええええ〜、こんなご近所にそんな猛毒のキノコが???
ちょっとビックリ。

翌日のウオーキングでみてみると、さっぱりと全部撤去!!
やはり危険をご存じだったのか!
また生えてくるんでしょうか?
観察は続くです。

一源三岐の観点からー症例を通じての考察(0023)

「ステップアップして体外受精をするしか妊娠する方法はないんでしょうか?」

初診のときの一番のご質問でした。

妊娠しないという状況に対して、基本的にはステップアップが勧められると言うところだと思います。ただ、それだけが答えじゃないのも妊娠という不思議な出来事。

私は、命は立ち上る陽気だと考えています。
イメージとしてはドラゴンボールの燃えたところかな(^^ゞ。
年代がばれちゃいますねえ、古い古い。

こんな感じです→ドラゴンボール

臍下丹田を人の命の源として考えています。
女性であれば子宮がその位置するところです。
その位置から、生命が陽気となって立ち上る、これが衝脈です。
一源三岐といいますが、源が子宮であり臍下丹田です。そしてそこから衝脈を中心に
体表側を任脉、背骨側を督脉が立ち上ります。
命は立ち昇ります。

そしてこの立ち昇る命をしっかりとさせることが、次の世代を生む妊娠につながるといことです。

この症例が面白いところは、素体的には、二便睡眠とも以上がなく、問題はないのだけど、
化学流産が腎気の損傷をおこし、一源三岐の力がよわまったため、全体の気の巡りが悪くなり、
不妊状態が継続しているところです。

鍼灸でその悪循環をちょっと手入れしてあげることが、悪循環の輪からの脱出となりました。

症例解説:

症例
一源三岐の観点から肝鬱の強さが、脾胃、腎へ強く影響を与えるタイプである。

とくに、二便食欲などに脾胃への負担は出ていないのに、背部ユケツの脾兪、胃兪は抜け、足三里も亀裂があり、右の脾募がある。梅雨時季節の変わり目の体調の悪さも肝鬱から脾気への影響をうかがわせる。
これが衝脈、任脉の養いを少なくし、奇恒の腑である子宮への余力を注ぐことができにくくさせている可能性がある。

また、もともとの腎気の弱さも、子宮への支えの弱さとなっている可能性もある。
肝鬱をとき、衝脈を暢びやかにし、腎気を助け、子宮へと注ぐ力の増大を図りたい。

症例を通じ、学ぶことが出来、感謝ですm(__)m

妊活ラジオに、山下湘南夢クリニックの培養師さん登場!

こんな情報を山下湘南夢クリニックの方からいただきました。

こういったラジオ番組があるんですねえ、知らなかったです(^.^)
ラジオ好きの私としてはチェックチェックです。

そして高度生殖医療では重要な位置を占めながらもなかなかその存在がわかりにくい培養師さんからのお話が聞けるという情報です。楽しみですねえ。

私は、山下湘南夢クリニックを患者さんにお勧めする事が多いです。
非常にスムーズに高度生殖医療を進める技術、そして長くこの治療に携わり
圧倒的な症例数をもち本当に信頼できるという理由の他に、培養室の実力が高いというのもお薦めポイントです。

その山下湘南夢クリニックの培養師さんのお話が聞けるとなれば、もうぜひぜひですね。

#妊活 #ラジオ #山下湘南夢クリニック #高度生殖医療 #不妊治療 #ビッグママ治療室
ーーーーーーーーーーーーーーー
ラジオ出演のお知らせです。

高度生殖医療研究所室長の中田がFM西東京「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ~」に出演します。
胚培養士について、当院が開発した技術・製品についての内容となります。

放送 :9月2日(日)、9日(日) 
    9:40~
再放送:金曜日 22:00~

http://842fm.west-tokyo.co.jp/program/ninkatsu/

札幌に行ってきました。美味しい朝食から締めパフェ、回転寿司!

ちょっとお仕事で札幌に行ってきました。

講演をして、多くの方の前でお話しさせていただくのは
ちょっと緊張(^^ゞ

普段は患者さんと1対1

でも、講演では、スライドを作って
あれこれ説明しながら
自分がイチオシと思えるところをお話しします。

やっぱり緊張しますねえ

まあ、講演のことはさておき(そのうちまとめを作りますね)
美味しい札幌でした。

ホテルは、朝食美味しいランキング三位という
センテュリーロイヤルホテル札幌駅前

朝食が美味しかったです!

が、しかし!

夜の活動が元気すぎて朝食が堪能しきれませんでした(^^ゞ。
だって、札幌はジンギスカン、美味しい魚介類、そして締めパフェ。

散々飲み歩いたあげくに、パフェですぱふぇ。
もう何年の食べたことのないパフェ。

これを、夜中の12時頃に食べました。
すごく華やかで美味しい。
でも、夜中の12時にこれって(^^ゞ。
朝食が食べられるわけがありません。

まあ、楽しい旅の思い出です。

それにしても札幌すごいと驚きました。

朝食で美味しかったのはこのソフトかつげん。

ヤクルトみたいな飲み物ですが、
北海道に来たらのんじゃいます(^^)
おいしいっす。

さてさて、この食生活。
反省の日々を過ごしております、はい。

締めパフェ、楽しかった!