不妊相談:治療を進める、ご自身で出来ることは?

不妊治療を進めるときには、”年齢要因” ”体外受精” ”病院情報”などなど
気になることがいっぱいです。0310

何をしたら良いのかと迷うことも多いかと思いますが、
案外、日常生活の改善が基本となることがあります。

今日はそんな方からのご相談です。

ご相談:
41才です。不妊治療をし頑張っているつもりですが、病院での治療が進みません。
なにか自分で出来ることはあるのでしょうか?

フルタイムで働いているので、食事も食べているだけで精一杯です。
なにをしたらいいのでしょうか?

ビッグママからのお返事

お忙しいお仕事のなか、赤ちゃんとの出会いのためにがんばっていらっしゃりますね。

お身体を拝見すると、

1)胃腸の力強さが足りない
(右の胃兪、公孫からー大都(SP2)のつっぱり感)
2)ストレス状態がきつい

3)血の道の滞り(瘀血)がある
(舌の右への歪、上焦の細絡やそのまわりの粗、脈の尺弦)

この3点が課題です。

全身の疲労感をとりながら、胃腸の力をアップさせ、気血の巡りを改善させていくことが
ポイントとなります。

ご自身で出来る具体的なポイントとしては

1)睡眠
夜は眠りましょう。
睡眠時間を確保することが不妊治療の第一歩です

睡眠について→

2)食事の改善をしましょう
昨年まではめちゃめちゃで、とにかく食べて空腹が満たされればいいという感じだったのですね。
食事は不妊治療の基本です。

・食事バランスガイドをよくみて、カウントしてみましょう
・タンパク質を食べましょう。
・子宮筋腫が気になるようですので、大豆製品以外でのタンパク質摂取を心がけましょう
・肉、卵、さかなをしっかりと
・果物、乳製品を手の平2つ分とりましょう。

食事バランスガイド

・弁証 脾虚肝鬱オケツ
・論治 益気補脾 疏肝理気 活血化瘀
・治療方針
まず生活改善が第一。その上で、脾気と肝気のバランスを取りながら調整していく。

生活改善というのは、不妊治療では王道です。
逆に言えばここを補ってくれる病院での治療はないのではないでしょうか?

まず取り組んでみましょうね。
きっと前に進むと思います。

治療経過:
初診より4ヶ月で妊娠 無事に出産

鍼灸治療と二人三脚で取り組んだ睡眠食事の睡眠改善のおかげで、赤ちゃんがすんなりとやってきてくださりました。