月別アーカイブ: 2019年1月

0102 体調が悪い、疲労感が強い、だるさがつよい 無事の第一子、第二子の出産

先般、お話ししていて、あるかたが

「先生のいうこと、信用しているわけではないですけど(^^ゞ、言葉同理になることがおおいから、そのとおりにするんです〜」

私の発言は占いか!ってなもんですが、確かにそうだなあって思います。

いままでの経験から、あなたはこっちを選んだ方がいいと思うねえ〜というアドバイスを結構させて頂いています。で、根拠があるかないかっていえば、もう野生の勘!の領域も多いですね。とくに病院選びや、状況に対する選択の選び方は、「今時の発言提供者側のリスク」を考えた発言と違い、「私があなたの立場だったらこう選ぶね」というアドバイスです。

で、そのアドバイスに順って、いろいろな場面を切り抜けたkさんは、上記の様におっしゃりながら、今回の周りにも大反対されながら、そしてご自身も「うーんこの選択は面倒」と思いながら、私のアドバイスする選択をなさり、結果として「先生の言うとおりにして良かったー」となり、その上での上記のご発言(^^ゞです。まあ、無事に良い経過ならばなんでもいいんですよ。

 

いま、医療関係者、とくにドクターのアドバイスは、慎重にならざる終えない様な気がします。それは社会情勢からはあたりまえでしょう。そんななか、私はなんもしがらみもありませんし、逆に勘と経験という今時にはありえない根拠に基づくアドバイス。ただ、こんなアドバイスが結局、一番その方がご自身の道をこえていくには助けになることが多いって事でもあるのでしょうねえ。

 

さて、そんなところを踏まえて、この症例の方も同じようなアドバイスをして、病院選びをなさり、「子宮を残せました!」につながり、第二子への出産となりました。本当によかった。病院選びをする時点では、そんなにリスクはないんじゃない?普通のところでいいんではという感じでしたが、なんかイヤな予感がして「大きな病院!」とアドバイスさせていただいたことが功を奏しました。

 

症例:31歳の女性、体調が全般に悪く、だるさが強いということで、まず身体の立て直しからはじまり、当院受診後1年2ヶ月ほどたってから本格的な不妊治療を挑戦。妊娠期間中も、前置胎盤や出産時のトラブルなど大変な出来事が数々ありましたが、母子ともに無事にご出産の時を迎えかわいい女の子が誕生しました。

更年期のようなだるさ、疲労感、肩こり

 

妊娠、出産には、『ご本人の生命力』を高めることがとても大事です。

その上で、適切な西洋医学の力強い主導は本当に有難い物だと思いました。

妊娠初期に、なんとなく『この出産は大変そうだ』という予感がし、大きな病院への

受診をお勧めしましたが、その結果、より大きな病院への連携も強まり、出産時の

トラブルも乗り越えられ、子宮を残すことができ、第二子への希望がつながりました。

よかったな、よかったなと私も本当にほっとしています。

その後、無事に第二子も出産。

いろいろなことがあった症例ですが、私もほっと胸をなで下ろしました。

17−2 心血と心陰の病機

さて、続きです。心陽と心陰にわけたときの、心陰の問題。心血と心陰から考えますが、なんかごっちゃ(^^ゞ。

17−2
心血と心陰の病機
・心血不足(虚)
・心陰不足(虚)
・心血瘀滞(実)

1:心陰不足

原因:七情内傷(心労)、心肝火旺(火木)によって心陰を消費→長時間や心陰不足
病態
:陰液不足、流失ー咽喉の乾燥、舌が乾く、舌が痩せる、盗汗
:虚火内生ー五心煩熱
:動悸、心神執拗、虚煩不眠

2:心血不足

原因:出血過多、精血不足
病態
:心神失養ー意識散漫、集中力、思考力の低下、健忘
:血脉空虚ー脈債、弦、無力
:心気失養ー動悸、不安
:顔面失栄ーめまい、顔面蒼白、つやがない

3:心血瘀滞(実ー原因は虚だけど症状に虚がないので実)

主因:陽気不足(心気の推動機能の低下、血行が停滞)、寒邪の停滞(血液を凝固停滞させる)
病態
:軽(狭心症)陽気不足、前胸部痛、不快感、脈が渋る、四肢不穏(一過性、自然回復可能)
:重(陽気不足+寒邪)、前胸部激痛、冷や汗、顔面蒼白、脈渋る、混迷

痰:肩痺化湿、養心怯瘀
寒:温通信用、怯寒
気滞:行気、養心
瘀血:活血化瘀、養心
痰火:瀉火去痰、安心養心

胸の真ん中に、膻中(だんちゅう)。ツボ話

膻中というツボがあります。

ちょうど胸の真ん中

ある症例で、脾気、肺気を補い全身の気虚を救う、そののちに腎気を補い妊娠への道を開くという目的をたて、
その初診で使いました。(0002)体調が全体によくなるなか、4ヶ月ほどで妊娠、無事の出産へとつながりました。

膻中だけを使ったわけではありませんが、かなり全身の気虚がきつく、アトピーなどの状態も悪化。妊娠どころではないという
状況でしたが、気虚という全身の虚損状態の中、気を張って頑張りすぎていた状況がちょっとの手助けで、ほっとしたのか、無事に4ヶ月ほどで妊娠へとたどりつきました。

1)左湧泉ミニ灸 膻中7 気海10 右内関、左公孫 三陰交灸頭鍼

この組み合わせ、膻中ー気海は任脉という身体の中央を臍(おへそ)を挟んで上下で結びます。

膻中は、気会とよばれ全身の気が会すると考えられています。
使い方によってはとても強烈な刺激になります。
私はこの3つを結ぶようなイメージで、身体の上部に鬱滞しがちな気を動かし、ほっとさせて全身の巡りを
よくする。臍、気海とあわせ使うことでその動きをゆったりとしたものにするというイメージを持って使っています。

鯖の煮付け。魚料理が上手だったらな〜。

近所のスーパーヤオマサさん。
鮮魚のコーナーがすごくいいです。

しかしながら、魚料理ってのは、調理技術の優劣がはっきりでますね。
私は全くダメ。あーこの魚も、この魚もムリムリって思っちゃいます。

魚料理、上手くなりたいっす。

さて、その中で、私にも出来そうと思ったのが鯖の煮付け。
煮付けように切ってもらって(これが凄く有難いサービス。これなくしては始まりません)
おうちに持って帰りました。

6きれにして、塩ふり、湯通し、氷あらいとプロセスを踏んで煮ました。
うまいっす!!

17−1心って大切 心気と心陽の問題

東洋医学では、一人の身体を五臓という肝心脾肺腎という5つの側面から考えていくことができます。

その中での心。


心っていうのは、血脉と神を主っています。

身体は血脉の運行によって生きていますからとっても大切、そしてそこに神(しん)も宿っていると考えています。詳しくはこちら、心は血脉を主る

さて心気と心陽の問題と、心血と心陰の問題に大きくわかれます。
17−1では心気心陽の問題、17−2では心血と心陰の問題を考えます。

17−1
心気と心陽の病機
・心気不足(軽)
・心陽不足(中)
・心陽暴脱(重)
心の実
・心火上炎

17−2
心血と心陰の病機
・心血不足(虚)
・心陰不足(虚)
・心血瘀滞(実)

ーーーーーーーー

17−1
心気と心陽の病機(虚証)
・心気不足(軽)→心気の虚、気虚の症状
・心陽不足(中)→心気虚+内陥(これがあると陽虚)
・心陽暴脱(重)

原因:慢性病、特に脾胃(気血を化生)の問題から心の病
  :急性病、邪気が強すぎると心気の陽を消耗、心陽暴脱

心気不足(軽): 心臓の拍動が弱く(血脉を主る)、心神の鼓舞も弱い(神志を主る)、動悸、呼吸微弱、懶言、精神不振など。

心陽不足(中):血中の温煦、運行が衰弱、寒がり、冷え、前胸部刺痛(おけつっぽい)

心陽暴脱(重):心陽衰弱が過ぎると陰は陽を守らず、突然暴脱。顔面蒼白、多汗、四肢厥冷、血圧下降、脈微、混迷

冷えの軽重:軽(自覚症状:手足冷たい、他人が触ってもひどくない)
      重(他人が触るとかなり寒い感じ)

ーーー

心の実
・心火上炎

原因(火を化す)
:熱邪→外邪である
:虚火→うちから、外から火になる
:情志活動の太過、肝ー疏泄を主るー肝気は動く、その肝気を押さえると太過→化火

心火を引き起こす
→火は心に属す、心は陽臓
→心火は必要なモノ(心火がなければ血液は冷たい、流れない)
心火+火熱は大変な暑さとなってしまう。

心火上炎
1、心神憂動→動悸、心煩、不眠、多夢(火に寒する夢)イライラ、不安
2,上部に影響→顔色赤く、目赤、頭が痛い
3,舌に影響→舌、口の中の回陽、びらん、舌尖紅点、疼痛
4.小腸に下移、小便黄赤、排尿時の灼熱痛