月別アーカイブ: 2018年12月

15-3 痰の塊が病気の原因そのものになるもの。痰飲

15−3 不内外因:痰飲

不内外因のひとつに痰飲があります。不内外因は、内因でも外因でもないものとされます。痰飲は、水液の代謝の中でできてた病理産物であり、痰飲そのものが病因となる状態であるものです。

痰:はきだすもの(有形)
無形の痰→瘰癧、腫塊、粘調性があり身体のあちこちに分布
飲:岐伯、身体の局所に分布

肺:通調水道、宣発と粛降から津液の輸送を担い、痰が停留しやすいところです。貯痰は肺ですね。

病に致る特徴

:腸間にたまると、腸鳴音がアップ
胸脇に蓄ると、胸脇腸満、咳、脇痛
横隔膜にたまると、胸悶、咳、喘息、胸部浮腫、仰向けにねれない
皮膚(筋肉と皮膚) 水腫(浮腫よりもつよい)、無汗、身痛


:肺にたまると、肺は貯痰の像、咳、多痰、喘息、
心を阻害すると、心血の流れが↓、胸悶、動悸
胃にたまると、胃の和降↓、悪心、嘔吐、胃脘脹痛
頭を犯すと、精陽不振→めまい
乳房にたまる→乳房腫塊、脹痛
経絡筋肉に留まると、痰核(リンパ結節、焼き鍼)、肢体麻痺、半身不随
咽喉にたまると、咽中に拘束感→梅核気(精神的原因)
心竅に迷走、痰呆、神志失調、混迷

注;頭は諸陽の会、精明の腑
脈は滑、苔は膩

健やかな胃腸の動きがあり、肺気がしっかりと働いて水液の輸送をおこない、腎の気化作用によって排泄がスムーズであれば痰飲が生じることはありませんし、また逆に、痰飲を解消して行くにも、不内外因として形成された痰飲を取り除くというよりも、この3つの臓腑の働きを活発にして痰飲をけしさり、生じなくしていくということがカラダ作りの基本となっていきます。

その上で、形成された痰飲の状況が独立的に悪い場合は、西洋医学外科的アプローチが奏功することもあります。どんな選択肢が「いまの健康状態」に必要であるのかはしっかりと見極める必要があると思います。痰飲を外科的に取り除いても、痰飲を引き起こす状況がそのままであれば、身体の状況が好転しません。肺、脾、腎の健やかさがのぞまれるところです。

15−2 働き過ぎも、病気の原因。

15−2 不内外因:働き過ぎ 労逸失調

14で病因(内因、外因、不内外因)
15で、そのなかの不内外因を考えています

さて、働き過ぎについて

過労は、元気を損います。働き過ぎは身体によくないよってことですねえ。
昨今のニュースでも、「過労死」などと取り上げられていますが、東洋医学の世界では
昔から病因の一つとしてこの働き過ぎをあげています。

また、単なる過労だけではなく、精神的な過労も病因としています。

過度な精神負担は、心を病みます。心血を損します
過度な重い悩みは脾を損します。脾の運化機能に影響がでて、食欲不振やお腹の張った感じ、下痢がおこります。

過度な思慮も働き過ぎになるんですね、そして気血の流れが停滞し、脾胃に影響し、胃腸の運化機能を停滞させます。

 

長時間労働削減にむけた取り組みってのが厚生労働省のサイトにあります。

太古の昔から、働き過ぎは問題で、いまもなお同じ課題はありますね。

まあ、生きている時間を何に使うか、

働く時間っていうのはなんなのか、

考えてみなくてはいけませんね。

厚生労働省働き過ぎガイドライン

ツボの話:上の問題を、下で取る 胃のツボ、やる気のツボ

足の甲には沢山のツボがあります。

今回紹介するのは、足の厥陰肝経のツボ太衝と足の陽明胃経のツボ陥谷。肝は生きる意思やる気を見わすツボ。がつっと上に昇って目がキラキラやる気満点ってわけです。そして上から下へ降りてくる経絡が足の陽明。胃腸の経絡です。有名な足三里がある経絡です。このツボ2つお隣同士にあるんです。面白いよね。

 

私はこれらを一つ一つバラバラに考えるよりも、足にある経穴をひとくくりにして、上部との関係を考えると面白いかなって思います。ツボのやり方本をみても、上の症状を下で取るっていう感じが多いです。

 

この理由は、上の症状を上でとろうとしても取れないから(^^ゞ。

まあ、上の鬱滞を、上を使って疏通させるってのはできます。でも、上が鬱滞していても、下の力不足や全体の巡り不測だとそこからいじらないと上手く行かない。これを下を取ることでうまくいくケースが多いんですよね。面白いです。

15−1 飲食の偏りは、内因でも外因でもない!

15−1 不内外因:飲食の問題、働き過ぎ

15で不内外因の面白さをお話ししました

 

東洋医学の病因の分類おもしろいなーと思います。精神的なありようは内因、つまり自身の心の問題、寒さ暑さなどは外因(外からの問題)そして内因でも内因でもない不内外因ってのが設定されています。

 

飲食の問題(飲食失調)は不内外因。つまりその行動があかん!っていっているわけです。

行動・・・その人の状況や考え方によって選ばれれる方法。つまり自分で選んでいる(選ばされている)わけで変えられる余地があるってことですね。さて、まとめ。

暴飲暴食や偏食は身体を痛めます。
→生、冷たいモノ:脾胃の陽気を犯します、下痢や腹痛、冷えとなります
→辛み、厚いモノ:胃気を損します、口が渇き、口が苦くなり、目が赤くなり、痔、便秘となります
→甘み、油っぽいモノ:ひのうんかに負担となり肥満や瘡瘍を作ります
→苦み:皮膚や毛髪が枯れます
→辛いモノ:脈が渋り、顔色が暗くなります

食べ物の不摂生、身体に大きな影響をもちますね。食事というのは個人の生活とのも密接であり、それぞれの文化でもあるかとおもいます。食事バランスガイドを参照し、ご自身の偏りを認識してみましょう。
食事バランスガイド

飲食不摂のアイキャッチ画像、ポケモンにしました。
かわいいけど、このドーナッツを毎日食べたら・・・
きゃーーー飲食不摂です(^^ゞ

なぜ、私の紅白歌合戦の当たり券がやってこないのか???

クリスマスですねえ、いかがお過ごしでしょうか?

私は今日は眼鏡屋さんに新しいレンズのついたメガネを取りに行きます。

2度目の遠近両用の挑戦です。

遠近両用だと、野外ポケ活に便利じゃないかなあって思うんですよね。

手元もしっかり見えるし、遠くも見える。

まさにポケ活レンズ!!安全な歩行!

 

ということはさておき、

ことしも紅白歌合戦に行きたくて30枚だったか50枚だったか(忘れた)ほどはがきを出しました。そしてこの結果がコレ。

 

 

ううううーーーーーーーーーーーーーーん

なんか今年は当たる気がまんまんで、はずれ券がきても、そのうちあたりがくるさーと

待っていましたが、こない。あーあ。外れ。

 

12月31日の夜は紅白歌合戦に行くはずだったのであけてありました。

だって、今年はユーミンやせいこちゃん、サザンまで出る今年の紅白。

キタサンブラックのオーナーさぶちゃんだって出るのに。

それなのに私には当たり券がこない!!

やっぱりおうちで年越しそばを食べながら見て、

11時45分になったら近所の神社にいって参拝、

豚汁のお雑煮を食べてお寺さんへハシゴという流れは変わらないのですねえ。

もし紅白にあたったら渋谷から小田原までどうやって帰ろうか考えてたのに。

いつもの年末がやってきまする。