月別アーカイブ: 2020年11月

人間が1回の妊娠でひとりしか出産しないのはなぜ? AMHの謎②

人間が1回の妊娠で一人しか出産しないのはなぜ? 

「先生、AMHが1.0でした。私もう無理なのでしょうか?」

39歳の女性からの訴えでした。
年齢が39歳ですので、IVF-ET(体外受精ー胚移植)などの治療を勧めながら
鍼灸治療をしていきましょうと治療を始めた矢先の出来事です。

このご質問に対して、以下の様にお答えしました。
「このホルモンの値は、確かに良い状態、つまり卵巣年齢がわかければ、いろいろな卵巣刺激の方法を
使うことができ、可能性は広げやすいということです。

しかしながら、じゃあ数字がよければ妊娠するのか?といえばわからないとしか
いいようのない数字ですよ。」

私は20年以上不妊治療に取り組んでいます。
その経験から言えば、この数字が1を切っている方でも、大勢妊娠なさっています。
そして逆に、年齢が若くても、この数字がよくても、とても妊娠に苦労し、やはり妊娠に
至らなかった方もいらっしゃります。
この数字だけでは一概にはいえないというのが現状だと認識しています。ご自身の状態を理解するための参考となる数字ではあるけど、この数字だけでは色々なことを判断し得ないのです。

卵巣年齢が若く状態がよければ、生理3日目に出てくる卵胞の数が多いです。
そして人間は基本的に1回の妊娠出産は一人ですよね。
ここで、不思議に思いませんか? 
ニャンコだと3,4匹、ネズミだともっと多いですね。

これは、生理三日目あたりの卵胞が10個あったとしても、一番よい卵胞だけ大きくなり
あとの卵胞は淘汰されていき、排卵時には1つになるということです。

そしてだんだん、生理三日目に出てこの周期にエントリーする
卵胞の数がすくなくなっていきます。
そう、最初にエントリーできる数が減ってくるというわけです。

人間は最終的に1個排卵する生き物です。だから1個排卵してくれれば妊娠は可能です。
逆に言えば、1個でも排卵しているうちは、妊娠する可能性はあるということで、
避妊はしなければならないということです。

まあ、生殖は淘汰とセットです。生理三日目にエントリーしてくる数が多いと言うことは
淘汰が大きいと言うことですので、より妊娠しやすい卵が排卵してくるだろうということは
理解できます。これが若い人は妊娠しやすいということにつながると思われます。

妊娠のことばかり考えていると、AMHが悪いから妊娠できない!なんて思っちゃいますが、
逆に避妊をしたい人がAMHが悪いからあなたは避妊しなくても大丈夫だよなどというドクターは
いませんよね(^_^;)昔から40代後半の自然妊娠はあるのです。

長年不妊治療のおつきあいをしていると、体外受精は年齢要因、
つまりAMHの要因を救わないという実感です。

年齢要因での妊娠挑戦は体外受精が必須ではなく、
自然妊娠への挑戦でも同じ条件であるということです。
実際、自然妊娠でも45歳出産の方はいらっしゃりますし、体外受精でも同じです。

ですので、いつか体外受精をすれば妊娠できるのだから、まあ急がなくてもいいやと
思っている方がいらしたら、それは違うと思います。
年齢はわかいほうがやはり妊娠しやすいという歴然とした事実はあります。
もし妊娠を考えていらっしゃるのならば、一歩前に行動を進めた方が
よいのではないかなと感じます。

ご相談にお答えして:「先生、AMHが1.0でした。私もう無理なのでしょうか?」①

1)「先生、AMHが1.0でした。私もう無理なのでしょうか?」

39歳の女性からの訴えでした。

とあるクリニックにて、36歳の時に強い誘発をうけ、17個もの卵が採れるも結局妊娠せず、
ちょっといやになってしまい、3年ほどお休み。その後、低刺激のクリニックにて治療を再開したものの、
FSHも高く採卵にならないという状況で当院に来院。

年齢が39歳ですので、IVF-ET(体外受精ー胚移植)などの治療を勧めながら
鍼灸治療をしていきましょうと治療を始めた矢先の出来事です。

…AMHって

さて、最近卵巣年齢検査(AMH:Anti-Mullerian hormone)という言葉をよく聞きます。
これはざっくばらんにいえば、卵巣がどれぐらいの年齢なのかを知る検査です。

この数値はなかなか微妙です。
たとえば、同じ39才の人でもこの方のように低い数字の方もいらっしゃれば
10を越える方もいらっしゃります。

これは、卵巣の年齢をさしていて、卵巣の年齢が若ければ確かに妊娠しやすい条件のひとつを
満たしているとはいえます。

しかしながら、じゃあ妊娠できるのかということとは別問題。
逆に言えば、低いなら妊娠はしないのかということも別問題。

このあたりが不妊治療を取りかかる中でややっこしいところです。

先般行った不妊カウンセリング学会講演の中でも話題になりました。

もう少しわかりやすくお話ししましょうね(^^)。

「身体は今をいきている」 ストレスと上手につきあうために 2020/11/27

「今 ここ」  ストレスと上手に付き合うために 

ストレスの多い世の中が続いていますね。
どうしようもならないことなのに、息苦しさを感じてもがいたり、
思い道理にならないことに落ち込んだり。
先に未来に不安になったり。

そういった心の思いは誰にでもあります。そしてこの心の思いが
人間を新たなよりよい世界を築くべく原動力にしていたのでしょう。

不安があるからこそ、不安に対処し、安全な行動をしたり、より便利な方法を模索する。
そんな当たり前をしてきたからこそ、人間は技術と共に前に進んでいます。

ただ、この心の思いは、ときとして、心を暗くし、不安にし、身体の健康までも
むしばみます。ストレスが体に悪いなどと言いますが、そのとおりですね。

そんなストレスの強い世の中。
心の有り様を少しスッキリさせておくと過ごしやすいのではないかと思います。

それは、「今 ここ」を生きているということを自覚し、感じることです。
マインドフルネスや瞑想にも通じるメソッドです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「今 ここ」ー身体は今を生きている。

今、この瞬間に私は生きています。
過去でも、未来でもなく、今この瞬間に生きているわけです。

私には思考があります。
思考は未来を考え、過去を思います。
未来を不安に思い、過去の出来事に苦しみます。
すると、あたかも、いま不安があるように思い、いま苦しみがあるように認識してしまいます。
私の思考によって未来や過去に思いをはせることが、「今 ここ」に生きている私に
あたかもいま不安があり、いま苦しみがあるようだ誤解し、心を乱し、
身体の気の昇降出入のベクトルに負担をかけ乱してしまいます。

過去を思い、未来に思いをはせることは生きる意思を持った私たちにはとても大切です。
なぜならば、過去の経験を踏まえ、いまを認識し、あらまほしき未来への
道をどのように進むのかを選び実行するためです。進展進捗のある人生を歩むために、私たちには思考が必要なのです。

しかしながら、「今、ここ」そして「この瞬間」を生きている私には

いま実際に過去の苦痛にさいなまれているわけでもなく、

未来の不安が「今 ここ」で現実にあるわけでもありません。

それは思考が作り描いている世界です。
心がこの思考の作り出している世界に苦しみ、不安に思うことで
身体の気の昇降出入に影響し健康への負担となります。

思考が作り描いている世界を勇気をもって実際に歩んでいくのが人間の人生です。
しかしながら未来への前向きな理想であっても、
「今 ここ」を生きる私には執着となり心乱すものでもあり、
心乱すことは身体の気の昇降出入に影響を与えます。

「今、ここ この瞬間」には苦痛も不安もなく、
「今、ここ この瞬間を生きることが許されている」ことを受け止めたとき、
身体の気の昇降出入は思考の鎖から解き放されます。

思考の呪縛を認識しながら、解き放されることも許されていることを認識する。

これが、「今 ここ この瞬間を生きる」ことを認識し、
「今を生きている」ということではないかと
私は考えます。

小アジのあげたん
うちのユタキチ君のソウルフードです。

晴れ時々占い ④ 親指の示す力 

晴れ時々占い ④ 親指の示す力 

いいねボタンのあの親指
とーっても気になります

親指ってのは特別な指
短く、太く、力強い指です。

まっすぐ伸びた曲がらない親指
それは現実的な強い意志を表します。
お金にシビアです。
いかにも、ですね。

そしてぐっと後ろにそる親指
これは衝動性を表します。
また浪費家でもある。

言葉が浪費家といわれると、否定的な感じがしますが
閃いたときにさくっと使えるということも
お金には大事なこともあります。

これはキロの手相の書という本の中にあル言葉です。

親指が反る人に対して、浪費家ということをお金や時間に関して後先考えないということと、
人間関係を気づくことや新しい環境に対して順応性が高くどのような社会に放り込まれても
すぐになじんでいける。とあります。

コミュニケーション能力の高さということですね。逆をいえば、お金をぱっと津川萎えない人は
コミュニケーション能力という柔軟性が必要な部分には弱いと。
関節の硬い親指の人には現実的で強い意志と決断力という言葉と、
用心深く秘密主義でひとつのものへの拘りも強く不屈の精神で目的を達成しますとあります。
なんかちょっと暗い感じかな(^_^;)。

指が反ると言うことと、コミュニケーション能力をあわせ考えると、絡みつく能力が反る人には
あり、まっすぐな人は人に絡みつかず意思を貫き通すって感じですね。

お金は使うべきところで使わなければただの紙切れ。
それをどのように使うか、そして使わないか。

いまを生きる強さをあらわす親指は、
あなたの根底に流れる意思と理性をあらわしていますねえ。

人間をみるためのシンプルなツール

太極から、両儀、四象、八卦の図。

この八卦がいろいろな解釈を生み、鍼灸でも多くの方が語っていらっしゃります。

この図がスタンダードな太極から八卦です。

そして、小田原で有名な間中善雄先生が易と鍼灸という小雑誌の中では、この四象の解釈が違う図が展開されていました。
私の管理しているFBのグループで質問させていただいたところ、結局は間中先生がもとの参考となさった本から考えを広められており、意図的にその(間違った)解釈を使っているのではという結論を得ました。

うーーーーーーーんとうなってしまいますね。
そのあと、色々なところで易の論をみましたが、この八卦を独自に当てはめているものも見受けられました。
こうなってくると、易の八卦について、書かれた成書をそのまま鵜呑みにすることはできず原点に戻れということになります。しかしながら、易を読み込むということはそれだけで大きなテーマですし易そのものに興味がなければ意味がないですね。
ということで、私は東洋医学の基本としての八卦を押さえるという程度にしておきたいと思います。振り回されてもしょうがないのでねえ。
東洋医学は、人を見るツールを色々用意されています。そのツールがあまりにも複雑であれば、ツールの解釈に精魂が傾けられることになります。
私は目の前の人間を見るためにツールを使いたいので、シンプルなツールがよいなあと思います。
八卦そのものはシンプルなツールです。

易の繋辞伝に、
「易に太極あり、これ両儀を生じ、両儀は四象を生じ、四象は八卦を生ず(易有太極、是生兩儀、兩儀生四象、四象生八卦)」とあります。ゆっくりとかみしめたいですね。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』