挽肉料理は美味しい。そして洗い物は少なくが吉

ハンバーグが美味しい

挽肉料理は、自分でより作ると美味しいですねえ(^^)

たぶん、挽肉そのものがグレードアップと、材料に工夫ができるってところかなと思います。これは餃子でも同じ。
挽肉そのものを厳選すると味が格段に違います。
もういっその事、ミキサーでつくる?って思っちゃうのですが
そこまでやる気力はなかなか出ません。
お肉屋さんを選んで、『ここの挽肉なら!』ってのを使ってます。

挽肉料理をするときの拘りは、

 1)洗い物を少なくする
 2)大きさを揃える

1)はとても大事。料理をするときに、洗い物が増えちゃうとやる気ダウンです。

ここで活躍するのがポリ袋
挽肉料理に限らず、バンバン使っちゃいます。

こねこねにもポリ袋、粉を振るにもポリ袋、味を混ぜるのにもポリ袋、

何でも使って洗い物を減らします。
ボールの洗い物の数が激減ですよ。

そして2)これがなかなか(^^ゞ。
以前はポリ袋にいれた挽肉を、ウインナーソーセージのように出しながら
成型していたのですが、結構手間がかかります。

そこで、まな板にサランラップを挽き、1度広げて切れ目をいれてからと思いつき、実行。

まあまあかなと思うのですが、今ひとつ均等とか、大きさを揃えるという点では課題あり。

先日、フライパンでタマネギを炒めているときに、このフライパンでそのまま挽肉をこねたらどう??って思いつきました。

これは、炒めたタマネギに、挽肉、たまご、パン粉などをいれた状態。

このまま成型していきました。

ころころとできあがり。このまま焼き上げて完成!

加熱した油は身体に悪い!とは知りつつ、焼いたフライパンに残った油に、ケチャップとウスターソースを足し、ハンバーグソースを作りました。これが美味いんだよ!!

大好きなマリメッコのお皿にのせて、ちょいと飾り付け。

このやり方、いっその事、このフライパンのまま焼いてしまえばという意見もありました。
確かに、成型したフライパンでそのまま焼くのもOKかなあ。あと、いっその事、ハンバーグの形にせずに、そのままお好み焼きの形でやいて、切るってのもありですよね。そうするともっと洗い物も減る? 次回への課題としたいと思います。

それにしても、体に悪いモノは美味い(^^ゞ。ハンバーグ完売です。

便秘のお話。 お灸でセルフケアしましょう。

便秘はやっぱり話題ですね。
よく相談をお受けします。

便秘の鉄板! セルフケア

とりあえず、鉄板は以前に紹介させて頂きました松本アキコさんの本。
基本的なことがしっかりと押さえてあるように思います。
松本アキコさん・小林先生便秘の話し

便秘に付き合う基本的なお話はこちら↑でさせていただきましたので、
詳しくはそちらを(^_^;)

そのうえで、やっぱり便秘は昔からのみんなの悩み事
灸歌があります。

☆灸歌
便秘には大横(SP15)、大巨(ST27) 腹結(SP14)に神門(HT7)
   章門(LR13)、大腸の逾(大腸兪(BL25)

とあります。

この大横(だいおう、SP15)、大巨(ST27) 腹結(SP14)はお腹のツボです。
松本さんの本にもありますが、おなかもみもみってのは、やっぱり効きそうですし、
このツボも効きそうですね。

案外、お腹の中央にツボは集中しています。本の揉むべきポイントはもっと外側なので、少しツボとは違いますね。

松本アキコさんの本で紹介されている、揉むべきポイントに、灸歌のツボをいれてみました。

お灸のポイントは気海(CV6)です。お臍のすぐ下にあります。

このツボは、お腹のパワーアップです。

 

お灸のポイント、気海のツボの使い方

もしお灸をするならば、私はこの1点に多壮灸(たそうきゅう・同じ点に沢山の数のお灸を据えること)をして、それからマッサージかなって思います。

気海(CV6)効きますよ。

 

 

 

 

 

お灸のポイント、神門の使い方

神門というのは、手にあります。


教科書的にはこんな位置→ですが、私はこんな感じでツボをとります。↓↓


手首の尺骨側(腕の骨です)のところ。尺骨頭の骨際を探し、コロコロしているポイントをとります。澤田流というお灸のポイントでもこのコロコロした神門を探すのがコツとされています。

このコロコロを狙ってお灸を据えます。
私はダイレクトにここを押さえてマッサージします。

これは気滞という気の滞りをとってくれます。肩こりや頭痛でも気の滞りが主因であればよく効きますので、同じように使ってみてください。便通でもスッキリです。

大腸兪(BL25)というのは背中のツボ。

大腸兪(BL25) セルフケア 脾兪(BL20) 腎兪 気海(CV6)
背中のツボはききますね。他のツボも一緒に使うのもOKです。是非お試しを(^^)

歯の痛みには、歯医者さん! おまけのその②

歯の痛みってのは、やっぱり昔から悩みの種だったんですねえ。
面白いツボを見つけたのでオマケで紹介します。
でも、

まず第一に歯医者さんにいきましょう。
いや、第2も、第3も歯医者さんです!!

 

これは変わりません(^_^;)
その①ものっけておきます。
歯の痛みには歯医者さん!

そして、ここで紹介している手の経穴は基本的に
そのばしのぎのセルフケア 

ということも、知っておいてくださいね。
歯医者さんが怖いとか、嫌いとか、よくわかります。
でも、歯は財産ですよ!! 大事にしましょう。

ちょっと復習もしておきましょうね。

図:

この中の、手三里(LI10)と偏歴(LI6)がよく効くツボとされています。
他に合谷(LI4)は鉄板でおすすめ。

やり方→
熱抜きのセルフケアではこれらのツボを、
鉛筆の芯をあまり尖らせずに、トントンとしましょう。
ここから熱が出ていくというイメージです。
案外効きますよ。
鍼灸治療実際では鍼をつかっていきます。

 

今回はこれらツボに加えてこのツボ。
歯痛のツボ
んーこれはどうかなあ。
まあ、手のひら側にあるので、自分でマッサージもできますかねえ。
やってみてください(^^)

胃腸と土台の力(腎)を底上げして歯を健やかに!

さて、やっぱり一番大事なのは、身体の力upです。歯を養うには生命の土台の力(腎気)を養うことが一番であり、腎気を養うことは全身の余力をつけ、より健康なお身体を作ることになります。

歯だけが存在するのではなく、全身に歯というパーツがあるわけです。
背中の養生のツボをセルフケアでお灸するのが鉄板だと私は考えます。
やってみましょう!

 これら背中のツボを毎日お灸は鉄板の養生となります。
センネン灸でお灸をしましょう。
やってみてくださいね(^^)

不妊治療、保険診療になって。 

不妊治療、保険診療になって。

不妊治療が大きく変わりますねえ。

保険診療の導入によって、よい点も、んーと思う点も沢山あると思います。

年齢制限と回数制限がついた状態だと、
もしかしたら、助成金の方がよかったのではと思っちゃいます。

それは、
不妊治療そのものの不確実性。
人によってのニーズの違い
ホルモン剤に対する個人的な反応の違いの大きさ、
不妊の原因についての個人差などなど
いろいろありますねえ。

いま、大きな課題と感じるのは、助成金であれば問題がなかった、
さまざまな治療法との組み合わせ。

保険適応の場合は、混合診療が認められませんので
組み合わせようとすると、採卵から保険適応外となってしまいますね。

たとえば、
着床前診断と組み合わせると採卵そのものが自費扱いというのは
かなり厳しい判断ではないのかなあなどと思います。
助成金だったら、助成金は受け取ったうえで、
着床前診断の部分だけの負担(それだけでも大きな負担ですが)だったのが、

これからは、採卵からすべて自費扱いですねえ・・・
年齢制限と回数制限のある保険適応というのはうーむと唸らざる終えません。

社会的に、『出産は早く』という圧力を感じちゃいます。
まあ、確かに、早く妊娠して出産するというのは、いろんな意味でまっとうでは
あるのでしょう。

でも、人生それぞれ。

スタートが遅かったり、

困難な課題が出てくる間に時間が・・・というケースもあるかとは思います。

回数制限や年齢制限が全部なくなればいいとは思いませんが、

いまの回数制限、年齢制限は厳しすぎるんじゃないでしょうかねえ。

質問にお答えして:冷え、冷え性への対策。どうしたらいいでしょうか?

冷えということで、このところつらつらと書き物をしています。

ご質問をいただいたので、ちょっとまとめてみました。

鍼灸師さんのセミナー用なので、ちょっと一般の方には用語がわかりにくい
かもしれませんが、冷えに対しての対策として、とても重要で、ポイント満載だと思います。
質問があれば、どうぞ!

では、ご質問

「冷え部分と全体の対応の仕方」ですが、この「全体」って何を指してますか?
(内臓?子宮?身体全体のこと?)

 

不妊鍼灸

不妊鍼灸 セミナー

(不妊鍼灸講義ノートより)

☆冷えの部分という言葉はなにをさすのでしょうか?

冷えの部分って言うのは、足先だったり、子宮(女子胞)だったりという、パーツをイメージしています。全体ってのは、身体を温め養う力、東洋医学で言うところの脾腎の力(胃腸の力)をイメージしています。

1)カイロはそのばしのぎ。でも、そのばしのぎが大切な時もある。

足先が冷えているので足先という部分の冷えだけに対応しようとしてカイロなどをあてても、血流という動きがなければその場を暖めているだけです。 冷えを解決するには、暖かく養う血をその場処にもっていく、『血流』という動きを出すことが大事です。

とても寒い野外にいるとか、どうしても足先が冷たいと辛くて眠れないなどというときの、対処療法としては、その場を暖めるカイロなどを使うことはアリです。外邪(外からの敵)である、外からの冷気から身体を守るためにはアリです。

しかしながら、冷えを根本的に対応する血流は作れないので、これはジリ貧の対応。

 

2)どこかに集まれば、他は手薄になるのが、血流の常。解決策は?

足先という部分に冷えの対応をしようとして運動や足を動かすということを積極的にすれば、足先という部分には血流が届き冷えの解消がなされます。

しかしながら、逆に体幹部にある子宮(女子胞)などの部分は手薄になります。手足末端にいってしまって、不足しちゃうわけです。

つまり、どこかに集まれば、他が手薄になるということ。
子宮(女子胞)という部分で見ても、
全身という観点からみても同じです。
いわゆる気血両虚タイプで弱っちい人の場合、どこかにエネルギーが集まれば他が手薄になるということをよく踏まえるのがポイントです。

  どこの血流を改善したいのか焦点をあてるのが大切!。

 

3)血流がどこかに集まれば他は手薄。ご飯を食べると眠くなるわけ

冷えという言葉から離れますが、血流が集まると言う意味では
・食事をすると胃袋という部分に血流があつまる。
・頭を使うと頭という部分に血流が集まる。

安静ということが、一時的であれ効果的なのは、弱った部分にあつまりそこを修復することに集中でき、他の動作や労働にエネルギーをもっていかれないということです。

4)足の交代温冷浴のよさについて

足の交代温冷浴は、血流という動きを、足先を刺激することで、足腰という足というパーツ、腰(下腹部、子宮(女子胞)あたり)の血流をよくするという効果がみられます。

足を運動で使うと、運動という作業にエネルギーがとられますが、温冷浴はその心配もありません。活用して下さいね(^^)。血圧の課題がある人にも効果的ですよ、

 

5)体幹と四肢、中心と末端 東洋医学の考え方の中で。

子宮(女子胞)を部分という言葉で使うときと、体幹という臓腑の力が存在するところという感じで使っているので、わかりにくさがでますね。

これは、体幹と四肢ということを、中心と末端という感じでとらえているからです。体幹というのは、肝心脾肺腎の臓腑の力があるところで、底力みたいなイメージ。そして手足というのは働き動くところというイメージで使ってあります。

 

☆不妊治療での冷え対策ポイント

子宮(女子胞)という部分の特殊性は、五臓の中にはないけど、体幹にあり、次世代を養うときには非常に重要であるけれど、普段の「生きていく」ときには、優先順位をさげられてしまうという位置にあるということです。

つまり、体重が激減するほど本人に生命の危機があるとき(急激なダイエットなど)、機能を停止(生理を止めて)して他の臓腑を優先するようなスイッチが入ります。

これが不妊治療をするときにはとても障害となります。

その人の生命力の振り分けではあるのですが、妊娠したいときには問題となります。
妊娠スイッチが入りにくい、優先度があがりにくい子宮(女子胞)にいかに血流を持っていくかがポイントになるわけです。

4番目にあげてある、「ETするなら、季節や状況を考慮」というのは、
胚移植の状況を選んだ方がいい人がいるということです。

大多数の人には関係無くても、難治性不妊になってしまっているような方には
身体に負担のない季節の方が妊娠しやすい人がいるのは事実ですね。

これを見極めることが、前に進まない困難事例を一歩前に進めることになります。