不妊」タグアーカイブ

0102 体調が悪い、疲労感が強い、だるさがつよい 無事の第一子、第二子の出産

先般、お話ししていて、あるかたが

「先生のいうこと、信用しているわけではないですけど(^^ゞ、言葉同理になることがおおいから、そのとおりにするんです〜」

私の発言は占いか!ってなもんですが、確かにそうだなあって思います。

いままでの経験から、あなたはこっちを選んだ方がいいと思うねえ〜というアドバイスを結構させて頂いています。で、根拠があるかないかっていえば、もう野生の勘!の領域も多いですね。とくに病院選びや、状況に対する選択の選び方は、「今時の発言提供者側のリスク」を考えた発言と違い、「私があなたの立場だったらこう選ぶね」というアドバイスです。

で、そのアドバイスに順って、いろいろな場面を切り抜けたkさんは、上記の様におっしゃりながら、今回の周りにも大反対されながら、そしてご自身も「うーんこの選択は面倒」と思いながら、私のアドバイスする選択をなさり、結果として「先生の言うとおりにして良かったー」となり、その上での上記のご発言(^^ゞです。まあ、無事に良い経過ならばなんでもいいんですよ。

 

いま、医療関係者、とくにドクターのアドバイスは、慎重にならざる終えない様な気がします。それは社会情勢からはあたりまえでしょう。そんななか、私はなんもしがらみもありませんし、逆に勘と経験という今時にはありえない根拠に基づくアドバイス。ただ、こんなアドバイスが結局、一番その方がご自身の道をこえていくには助けになることが多いって事でもあるのでしょうねえ。

 

さて、そんなところを踏まえて、この症例の方も同じようなアドバイスをして、病院選びをなさり、「子宮を残せました!」につながり、第二子への出産となりました。本当によかった。病院選びをする時点では、そんなにリスクはないんじゃない?普通のところでいいんではという感じでしたが、なんかイヤな予感がして「大きな病院!」とアドバイスさせていただいたことが功を奏しました。

 

症例:31歳の女性、体調が全般に悪く、だるさが強いということで、まず身体の立て直しからはじまり、当院受診後1年2ヶ月ほどたってから本格的な不妊治療を挑戦。妊娠期間中も、前置胎盤や出産時のトラブルなど大変な出来事が数々ありましたが、母子ともに無事にご出産の時を迎えかわいい女の子が誕生しました。

更年期のようなだるさ、疲労感、肩こり

 

妊娠、出産には、『ご本人の生命力』を高めることがとても大事です。

その上で、適切な西洋医学の力強い主導は本当に有難い物だと思いました。

妊娠初期に、なんとなく『この出産は大変そうだ』という予感がし、大きな病院への

受診をお勧めしましたが、その結果、より大きな病院への連携も強まり、出産時の

トラブルも乗り越えられ、子宮を残すことができ、第二子への希望がつながりました。

よかったな、よかったなと私も本当にほっとしています。

その後、無事に第二子も出産。

いろいろなことがあった症例ですが、私もほっと胸をなで下ろしました。

0002 ストレスで悪化する! 膻中ー内関ですっきり。

ストレスってのは、なかなかやっかいで手強いです。

よーく考えると、同じ出来事でもストレスになる人と、ならない人がいます。
ここが不思議。

ストレスがあるときに、疲労も強いと、がーんと身体がまいってしまうことがあります。
この症例では、ストレスと疲労が引き金で、アトピーなどを引き起こしています。
なかなか手強いストレス!

時系列でお話を伺っていくと、身体に湿気をためやすかったり、むくんでいたりという
内湿の要因がうかがえます。この内湿があるために、身体がストレスでダメージをうけたときに
アトピーという症状になったのかなと思います。

内湿をため込まないカラダ作り。
ストレスなんかにやられないようなメンタル作り。
大事なんですよね。

さて、症例を紹介しておきますね。

アトピーストレスに負けないぞ!

ここでポイントになったのは、膻中ー気海ー内関の組み合わせ。
心の外衛である心包の経絡を整えて、身体の中心をたて、ストレスを解放していきます。
また、中心である任脉を整えることが婦人科的な強さも引き出してくれます。

面白い組み合わせですよね。

『立派な臍の緒!』ご夫婦でがんばった自然妊娠、無事な経過。おめでとうございます。

無事にご出産になった方からメールを頂きました。

分娩時に、助産師さんが思わず『立派な臍の緒』と声を上げられたとのこと、
私も嬉しくなっちゃいました。

なかなか妊娠しない、病院のドクターからは、

『自然妊娠なんて無理。早く体外受精、それも顕微授精じゃないと無理です。ステップアップを急ぎましょう』

と、何度もせかされるなかの来院でした。
経過を伺うと、不妊の状態もさることながら、妊娠中の問題も大きく、妊娠そのものを急ぐよりは
しっかりとカラダ作りをされ、赤ちゃんを自然な形で迎えるほうがよいのではないかとおもわれました。

また、ご主人の健康も大事。ご夫婦での来院をお勧めしました。

そして念願叶っての自然妊娠。
ここからが第2のポイントがスタートしました。

第一子の妊娠中は、早い段階から安静、そして入院となり大変な思いをされています。
やんちゃな上の男の子がいる今の状態ですので、第二子の妊娠に関しては、この妊娠中の経緯がとてもポイントになります。

私は、とにかく妊娠十五週までは頻回に来て!とお願いしました。
最初の時にしっかりと胎盤、臍の緒が出来ると、全体の妊娠が安定し、赤ちゃんも十分成長していきます。

そして前回の妊娠の経過から早期の安静、入院が予想される中、検診中も『充分な頚管長があります』『赤ちゃんも元気です』『問題なし』と続いた妊婦生活でした。

無事のご出産、本当におめでとうございます。
これから賑やかな日々が続きますね。
楽しんでくださいね(*^_^*)

『漢方や鍼灸は私の不妊治療に必要ですか?』〜質問にお答えして

ご相談にお答えして。

漢方や鍼灸がご自分に本当にあっているのかわからない、判断基準が知りたいというご質問を頂きました。
私の考えを書かせていただきますね。

東洋医学の世界では、漢方を投与する、鍼灸をするという前に、
 1)まずその方のお身体の状態がどうなっているのかという把握を行う(四診)
 2)四診の上で、その方にとって、どういった方向性に進むのが望ましいのかを考える。
   (治療方針の決定)→不妊カウンセリングをあわせおこなう
 3)治療方針に従って、どのような鍼灸治療の組み立てをするのかを考える

 この3つのステップが必要です。

不妊だから漢方を飲む、不妊だから鍼灸治療をすると言う前に、『今、どのような状態なのか』を把握することがとても大切なのです。自分自身で自分の状況を客観的に判断することはなかなか出来ないことです。東洋医学の四診を通じてみることで、ご自身ではいまま自分自身では気がつかないウイークポイントなどが発見できることもよくあります。

不妊治療の場合は治療方針の決定において、東洋医学的なお身体情報のほか、年齢要因、西洋医学的な要因、いままでの不妊治療歴などを踏まえ、総合的に『どのような選択が妊娠という結果に一番近いのか』という観点から考えていくことがとても大切です。

私の治療院ではこの不妊カウンセリングを踏まえ、鍼灸治療ならば、このような貢献が期待できるのではないかということを、患者様それぞれ、個別具体的に考えていっております。

また、不妊カウンセリングの結果、場合によっては、鍼灸治療よりも、西洋医学的な不妊治療を優先すべきこともあるかと思いますし、並用した方がよいのではと思える場合もあります。また、私は鍼灸の専門家ではありますが、鍼灸よりも漢方を優先した方がメリットがあるのではというタイプの方には、漢方医、漢方薬局などの受診をお勧めする場合もあります。

不妊によい、赤ちゃんが出来るという情報はたくさんありますね。鍼灸も、漢方も、サプリも、運動も、あれもこれもとバラバラに考えるとどんどん足し算になってしまい、逆にストレス状態になったり、時間を無駄にしてしまう場合もあります。

鍼灸や漢方があうのかあわないのか、と言う前に、『貴方のいまの不妊状態に必要なのはなにか?』ということを東洋医学の四診を通じたお身体の情報集めを踏まえ考えていくことは、とても役立つものだと私は思っています。そしてこの情報に基づいて、いま、目の前にいる○○さんに『どんな鍼灸治療が必要なのか、効果が期待できるのか』ということを治療者と一緒に考え、提案してもらう必要があるかと思います。

西洋医学的な不妊治療、鍼灸、漢方、サプリ、運動などがバラバラとそれぞれ独立した状態で『不妊によい』ということで足し算されるのではなく、ということを考えることが一番大切だと思います。

現状を把握し妊娠するためにはどのような選択がよいのか一緒に考えさせていただいております。

この、どんな鍼灸治療を展開するのかということを私は治療家として考え、患者さんに提案させていただき、ご納得いただいた上で施術をしております。

私は鍼灸師ですので、治療方針の決定に従って、鍼灸治療ではこういったことが出来るというお話をさせていただきますし、場合によっては、鍼灸よりも優先するものがあるのではないかというお話しをさせていただいています。まず、相談して下さいね。

整体の先生はなぜ「このままじゃ歩けなくなる」の類のことばかり言うのか?

整体やカイロ。私も昔だいぶお世話になりました。

私は中学時代からのひどい腰痛持ち、整形外科は沢山。
そして他の民間療法も沢山試しました。

この方の

”整体の先生はキツイ人で、「このままじゃ歩けなくなる」の類のことばかり言われウンザリした。”

このお気持ち、すごくわかるのですよね。
それと同時になぜこんな「このままじゃ歩けなくなる」というような台詞がでてくるのかもわかります。

なぜこんな「このままじゃ歩けなくなる」というような台詞がでてくるのか

確かに、”形、形態”を見るという観点から考えると、
ここが理想の形と歪んでいる
もっと反るべきだ、もっと倒れるべきだなど
そしてこの形のままではもっと歪みがきつくなり、歩けなくなるに
つながるのでしょう。

私も多くのこういった助言を受けてきました。

自分自身が東洋医学的な世界に身を置くようになって思うのは、形は結果。

確かに90歳のおじいさんが結果によって歩けなくなることは
おこっているのでしょう。でも、この結果はある意味「人間としての自然の流れ」です。

私が彼女をみて思った現時点での問題点は、気の上逆でした。
その気の上逆を調整するときに土台の力(腎気)もやはりつけていくことが大事です。
この土台の力(腎気)をつけようという方向に考えているのが整体の先生の
仰ることですね。でも、たぶん、仰ることとやっていることは違います。
ここが私が長らく東洋医学をやって自分なりに得た結論です。

土台の力(腎気)をつけることは地道なことです。
そしてこれが必要ということもよくわかります。

ただ、治療においてこの問題に軸足を置くべきか(ゆかりさんの場合、80才になったらおこるかもしれませんが、36才の現時点では一番の課題ではないですね)を検討し、土台の力(腎気)をつけるのであれば、私自身が患者として言えることは、整体よりも、漢方、お灸温灸、日常生活指導のほうが効果的だということです。

整体の先生が仰っているのは人間としての自然の流れ。

そして私たちが把えなければならないのは、人間としての自然の流れを踏まえた上での
現時点での課題です。

こんなところが、患者道(^^ゞが長い、米山の実感です。