不妊」タグアーカイブ

食べられる、胃の調子がよい、あなたの生命力upさせちゃいましょう。

食べられる、胃の調子がよい、あなたの生命力upさせちゃいましょう。

体重の問題は、健康管理には一番大きく、わかりやすい目安ですね。

太りすぎ、痩せすぎ。どちらも問題です。
病的な課題が潜んでいないかを考えたあとは、習慣をかいぜんするということをしっかりと心がけましょう。

☆太った方の不妊治療

さて、不妊治療をしていて、まず問題になるのは太った方です。
排卵障害にはじまり、妊娠したとしてもハイリスクになってしまうため、
そもそもクリニックドクターの意見で不妊治療を受けられないというケースもいままで経験しています。

 

BMIは25以下がひとまずの目安かと思います。それ以上になってくると、妊娠率・出生率の低下流産率の上昇をまねきます。 

そしてBMIが30を越えるとドクターに『体重要因で生殖医療をはじめられない』と言われるケースもでますね。

ただ、これぐらいのBMIの方になると、そこで気持ちが折れてしまい、治療からフェードアウトという方も多くいらっしゃりました。不妊治療よりもまずご自身の健康管理をということなんですけど・・・ううむ。

まあこのあたりをクリニックを変えて切り抜けたケースもありますね。ただ、やはり過度な多すぎる体重(ご夫婦ともの)は、ハイリスクですね。

 

☆瘠せの不妊、妊娠、出産リスク

さて、逆の瘠せは不妊治療のクリニックで体重そのものが問題になることはほとんど聞いたことがありませんが、私の手応えとして、BMIが19.5を越える自然な体重増加で、『あら?妊娠しちゃいました(^^)』などという報告は多く受けています。

また、瘠せの方の場合は低出生体重児が高まります。やはり少しでも適正体重に近づいての妊娠が望ましいですねえ。

☆☆瘠せの方への食事アドバイス。はやねはやおき四回食を!

まあ、瘠せの人には色々な手段がありますが、食事の仕方として私が参考にしているのは、『はやね はやおき 四回食』という本です。

これは幼児の4回食の本なのですが、痩せた人は1度に沢山食べられなかったり、間食が下手だったりするので、
  『自分の内側にいる小さい子供を育てるようなイメージで、
          ご自身も育てちゃいましょう』

とアドバイス。間食タイムを小さな食事タイムと気持ちを切り替えてもらいます。そして『お菓子もアリだけど、小さな食事のイメージでね』とお願いしています。とにかく食べるです。

☆胃のキャパが小さい人への置き鍼、お灸

そして胃のキャパが小さい人は置き鍼、お灸があいますね。

背中の置き鍼は、あう方が多いです。

弱りのでている経穴を中心に、肝兪(BL18)、胆兪(BL19)、脾兪、胃兪(BL21)、そして三焦兪(BL22)か腎兪(BL23)あたりに。合計左右で6個ぐらいはっちゃいます。

『ご飯がちゃんと食べられる、胃もたれを感じなくなった、おなかすく感じが出てきた』。と仰るケースも。まあ鍼灸治療そのものも同時進行ですからその効果もあるとは思いますが、瘠せ、食べれないと言う方には、このペタペタパイオは手応えある治療となっています。ご希望の方はおっしゃってくださいね。

 

セックスレスでの不妊治療対策

不妊カウンセリングをしていると、案外多いお悩みがセックスレスです。

当事者の方々は、誰にも相談出来ず悩みに悩んでと言う方が多いです。
まあ、それはあたりまえ。
子供が欲しいと思っているのに、大前提である性交渉が出来ていないって言うのは
誰にも相談出来ないっていうのもよくわかります。

このあたりは、個人の考え方に大きく選択がわかれるところですね。
どの選択も、間違いとか、いけないってことはなくて、
何を選んでもいいんじゃないかなあって私は思っています。

 

☆ご主人がどうしても性交渉が出来ない場合

あるときご主人がどうしても性交渉が出来ないタイプの方がいらしゃいました。
お話しを候うと、自慰行為はできるということなので、『病院で人工授精などの不妊治療の相談をしてみたら?多くの方が治療を前に進め、お子さんを得ていますよ』とお話ししました。

こういった場合、タイミング法がとることができずに、いきなりの医療介入ということにはなりますが、沢山の方がその方法で、スムーズに治療を進められています。
当事者が思うほど、珍しいことでもなく、根掘り葉掘り聞かれることもなく、
治療は前に進みますよ。

☆ご主人がどうしても病院へ行きたくないという場合

 

ときに、ご主人が『病院へ行くのはいやだ』ということで、医療介入の選択をしないまま、不妊治療が終了することもあります。まあ、このあたりはご夫婦の選択でしょう。

納得出来ればそれも当然アリの選択です。
ただ、奥様が病院受診をして相談してみるのはいいのかなと思います。

ある病院は、人工授精や体外受精などのための事前検査の血液検査は、不妊治療と別の日にさらっと行い、婦人科への通院は奥様だけという配慮をしてくれ、治療が前に進んだケースがありました。

男性側の、『医療介入がいや』という言い方は、ときに、『自分が不妊治療で病院にいくのがイヤだ』ということが問題になっているケースがあります。自分がいかなくいていいなら、不妊治療に協力するという男性も珍しいことではない印象ですねえ。

まあこれに関して、『男性だって病院にいって夫婦で一緒に考えるべき』という正論もありますが、私は最終的には法的、医療的にOKであれば、いいんじゃないのって思います。拘わるのそこじゃないでしょって思うのですよ。
まあ、男心は繊細ですね(^^)。

☆人工授精について

適応についてはこちらをご参照ください

日本生殖医学会 http://www.jsrm.or.jp/public/index.html

最近、人工授精を積極的にするクリニックが案外すくないなと思います。
まあ、不妊治療を開始する年齢が高めで、時間節約のために治療をジャンプupという選択も時にはありでしょう。

しかしながら、人工授精もときに大きな力を発揮することもあります。

自然妊娠に近い形で、低いコストというのは魅力でしょう。

☆人工授精が力を発揮する二つのタイプ

大きく、男性要因の不妊と、セックスレスに力を発揮してくれます。

☆☆男性要因の不妊に効果的

ある患者さんで、男性側の精子が今ひとつという方。3回目の人工授精で濃縮洗浄した精子があまりよくなく、奥様は文句タラタラおっしゃっていましたが、そのよくなかった精子の人工授精で無事に妊娠、出産なさいました。

よくないといっても、自然よりもやはり濃縮洗浄した精子の方がよかったのかなと感じます。

ただ、男性要因の不妊は男性側の健康度upで案外ぽろっと自然妊娠もしますので、ぜひ男性要因の場合は、健康度アップへの努力をしてみてください。睡眠、食事の改善などなどで女性よりもストレートに精子の状態が改善し、妊娠へつながるケースを多く経験しています。

☆☆セックスレスカップルに力強い味方。

不妊カウンセリングをしていて、案外多いのがセックスレスカップルです。

もう、そこは仕方がないとあまり追求しないのも一つの手ではないかなあと思います。二人で納得のいく形であれば、人工授精や体外受精などをセックスレスの問題解決に使うということもありだと私は思います。

☆☆☆そして、シリンジ法。

セックスレスの強い味方となるかなと思います。

これは実はある患者さんがの体験が私の考えを前に進めてくれました。

体外受精を何度も繰り返していらっしゃりましたが、なかなか妊娠せずの状態。病院を変えたところ、そこのドクターがまず『シリンジ法』を進めてくださり購入。なんと1度のシリンジ法で妊娠されたとのことでした。逆子でのご来院で、その途中の世間話で今回の妊娠に関する経緯と言うことでお話しくださいました。

体外受精を何度もして、胚移植を何度もしていたのに妊娠出来ず転院。
転院先のドクターが『今の状況だったら、シリンジ法を試してみたら』と勧めて下さったという
ことなのですよね。私はセックスレスカップルが病院でドクターからシリンジ法を勧められたという話しは初めてで、ちょっと驚きましたが、そのたった1回のシリンジ法が、この方にとっては何度も繰り返してダメだった体外受精を凌ぐ成績ってのが、生殖医療の不可思議なところですよね。

その後、数名の方にこの方法をお伝えしています。ご自身で購入して頂き、妊娠出産に結びついた方もいらっしゃります。病院にいかなくてもいいというのは本当に気が楽なのではいないかなと思います。

ただし、このシリンジ法については、衛生面での問題を生じることもあるようですので、ご自身でよく製品などについては調べて納得頂いた上で挑戦して頂くのがよいかと思います。シリンジを販売しているクリニックもあります。

☆まとめ

不妊治療は医療介入を少なく!ということが大原則です。ただし、セックスレスカップルには、人工授精や体外受精はおおきな助けになります。そんなに悩まず病院で相談してみるのもいいかなと思いますよ。

2)力を抜いてリラックスするためのお勧め2選 頭痛、のぼせ、生理痛、足の強い冷え

身体に力が入っているよ、身体上部の緊張ゴリゴリ凝りと、足の冷えを理解してもらうために。

前編はこちら→首肩の凝り、足の強い冷え。いったい身体はどうなってるの?

☆その症状、身体に力が入っている緊張状態だからです。

身体の力が入っている緊張タイプさん。
肩が凝ります、
首がつらいです、
疲れやすいです、
頭痛いです、
頭のぼせます、
背中ゴリゴリです、
腰痛いです、
足冷えます、
足冷たくて血流悪いです

前編でお話しさせていただいた通り、さまざまな症状や体調の悪さは、身体に力が入って気血の巡りが悪くなっている可能性が高いと考えられます。

では、リラックス、力を抜いてといいますが、これがなかなか
簡単ではありませんねえ。
まず、緊張しているということを知ることからです。

☆力を抜いてリラックスするためのお勧め2選

さて、緊張していると言うことそのものを、自覚していない、知らない人も多いです。

緊張してますね、力が入ってますねとお伝えしても、
それがあたりまえの日々を過ごしている方にとっては、あたりまえのことなので、わからないのですね。

”力を抜いてリラックスして下さい”

と、お伝えしてもそもそも力が入っていることに気がつかなければ
リラックスのしようがないわけです。

☆☆①壁をどんなに押しても、壁はみじんも動かない。力一杯押してから脱力

壁ドンというと、美形男子が壁をドンッとやってウルウルというシチュエーションが
浮かびますが、それとはちょっと違う話。

家の壁を力一杯押しても、壁は動きませんね。
手の力をいっぱい入れても動かない。

でも、押している腕をみると、沢山の力を込めて筋肉は緊張し
長く頑張って押していると、気血が巡らず冷たくなってきてしまいます。
そして押して力をいれているので疲れます、疲れちゃいます。

壁は、どんなに力を込めても動かない。
それなのに、壁を押しているあなたの腕は気血が巡らず凝り固まり、疲労します。

壁を押すのをやめてみましょうか(^^)
世界は何も変わらないけど、
あなたの筋肉は無駄な力を使わなくなり、
緊張がなくなり、
凝りがなくなり、
疲労がなくなります。

力をいっぱい入れて壁を1度ぎゅーっと押してください。
そしてその壁を押すのをやめてみてください。
これが力を入れていない状態なのです。

いつもいつも見えない壁を一生懸命おしていると、
押していることそのものに気がつきません。

押してみてから、押すのをやめるこうすると、”力を抜く”がわかります。

あなたは無駄な力を使わず、緊張がとれ、気血の巡りがよくなりますよ。
肩の力を抜いて、一息ついて、リラックスですね。

☆☆②日常化(あたりまえ)にして考えずに行動し緊張からバイバイ〜

★松本アキコさんの本

松本明子さんというタレントさんがご自身の手強い便秘を、小林幸弘先生と取り組んだ本が非常に興味深かったです。

松本明子著「腸をキレイにしたらたった3週間で体の不調がみるみる改善されて40年来の便秘にサヨナラ出来ました!」アスコム出版 2015/5/23松本明子 (著), 小林弘幸

★松本アキコさんの便秘歴

彼女は子供の頃からお母さんに浣腸して貰うほどの便秘。幼少時代に習い事などで忙しく便意を無視する生活、くそ真面目で頑張りすぎる事が多い、便秘は非常に悪い状態だったそうです。

★小林先生からの提案

処方されたのは、消化剤と整腸剤に、ガスを出す薬の三つだけ。主治医からの指示も、起き抜けに水を一気飲みする、決まった時間にトイレに行く、便器に座って体をひねる――など、簡単なことばかりだった

この小林先生からの提案を、東洋医学的に分析して考えてみました。

小林先生からの提案は、毎日、決まった生活をするという日常化です。

朝いっぱいの水を飲む→朝ご飯を食べる→毎日トイレに5分座る→寝る前3時間に食事終了→感謝して寝る。

緊張タイプの人は、なんでもあれこれ考えて、緊張しがちです。その緊張が体調の悪化を招きます。考えるせいで気血の巡りが悪くなるわけです。

いちいち考えず、日課としてこなしていけば、肩の力がぬけ、気血の巡りがよくなるということなのです。

無駄な考えは、無駄な壁ドンと同じですね。

そんなのから解放されちゃいましょう!

1)首肩の凝り、足の強い冷え。いったい身体はどうなってるの?

身体に力が入っているよ、身体上部の緊張ゴリゴリ凝りと、足の冷えを理解してもらうために。

☆その症状、身体に力が入っている緊張タイプだからでは?

身体の力が入っている緊張タイプさん。
肩が凝ります、
首がつらいです、
疲れやすいです、
頭痛いです、
頭のぼせます、
背中ゴリゴリです、
腰痛いです、
足冷えます、
足冷たくて血流悪いです

などなど、結局、気血がスルスルと巡っていないと言うことで
いろいろな症状が出ている方がいらっしゃります。
さまざまな症状ですが、その症状は身体に力が入って気血の巡りが悪くなっている可能性が
高いと考えられます。

身体に力が入っている緊張タイプだからでは?

☆人間の感覚センサーは身体の上部に配置

人間は、目で見て、鼻で匂いを感じ、耳で聞き、頭で考えと
身体の上部に沢山の感覚センサーがあります。

当然、身体の上部に気血があつまってくるのですよね。
気血を集めて集中して、この感覚センサーを働かせるわけですが、

時に、過剰に気血が集まり集中しちゃうタイプの方は、
ぐっと力を入れて身体の上部に気が集まりますから、
首肩や頭の巡りの悪さに付随する症状がでます。
そして足腰には巡りの悪さの冷えなどの症状がでます。

冷えが中心として、冷たい、血流が届いていないといった症状です。

☆集まり、滞る。過剰な症状と、不足な症状

気血は暢びやかに全身を巡ることが必要です。

☆気が集まり凝りが生じる

時に、必要なところ、使うべきところに集中するのはあたりまえです。

感覚意識センサーがある身体の上部、つまり首肩、頭に凝りの症状が出やすいわけです。

この時に、凝っている滞りだけをマッサージしたり、動かそうとしても
なかなか動きません。集まり凝りが生じている原因は、
身体の緊張が主因になっていることが多く、この緊張を解いていかないと
全体が巡っていかないからです。

☆気血が届かないから不足、冷えが生じる

どこかに過剰に集まってしまうと、他の場処では不足が生じます。

特に、全身の巡りというのは、

 山の手線のようにぐるぐるとスムーズに回っていることが必要です。

身体の上部に集まり滞りが生じると、身体の下部では不足冷えが生じます。

足の先が冷えるんですと言ううったえは、肩首の凝りとセットで生じることが多くあります。

これは、山の手線の上の方が滞り電車がギューギューとなってしまっているため、
下の方では不足してしまい、巡らなくなってしまっているのです。

この時に、冷えている足だけを、靴下をはいたり、ホッカイロをはってみても、
私たちの身体は、血流が届いて、暖め養うことが出来なければ一時的な対処療法です。

気血が巡らず冷えが生じている原因は、身体の緊張が主因になっていることが多く、
この緊張を解いていかないと全体が巡っていかないからです。

☆☆気血の巡りの悪さは、便秘、疲労、不妊などさまざまな症状をきつくする

身体全体の巡りをよくすると言う観点から考えると、
首肩の凝りをとり足の冷えをよくするという両者の間には、身体全体の巡りの悪さ、緊張状態があるということが考えられます。一見、冷えと熱感も伴う凝りなのでなので両者の
間に関係があるとは思えないかも知れませんが、結局、気血の巡りの悪さが根本原因なのです。

緊張状態があるので凝りを生じ、不足があるので血流が巡らず冷えが生じます。

身体の緊張状態は単に、首肩の凝りと足の冷えだけではなく、
巡りが悪いと言うことで、さまざまな不健康な症状を出して行きます。

長く継続的にこの状態が続くと言うことは、
便秘や、強い疲労、喘息、リウマチ、生理痛、更年期症状、不妊などなど
本当にさまざまな症状がきつくなる要因になってしまいます。

 

☆リラックスするために考えすぎてかえって緊張

さて、気血の巡りをよくし、身体の凝りをとり冷えを動かすには”緊張”という身体全体の
ストレス状態を解消する必要があります。

このストレス状態(肝鬱、気鬱状態)は、別にメンタル的な要因があるなしにかかわらず生じます。

もともと緊張しやすい人
身体が疲れていて、緊張して何かをやっている人

身体や心に力を入れて日々を過ごすことがあたりまえになっていて、ご本人としては
気がつくことができないのですよ。

重い鉄の鎧を着て日々をすごしているわけですから、
疲れますし、巡りも悪くなります。
重い鎧を脱いで、楽になりましょう。
でも、その重い鎧を脱ぐために、どうしたらいいのかと考えすぎると
どんどん重さが増してきます。

リラックスするためにいっぱい考えて、
より緊張しちゃうという悪循環ですね。

 

どうしたらいいのか?
長くなりましたので、次のページでお話ししていきますね。

40代から始める妊活、不妊治療をすすめるコツ。0325

40代から始める妊活、不妊治療をすすめるコツ。

ちまたの婚活YouTubeをみていると、女性に対して辛辣な意見が多いですね。30代になるととたんに女性の婚活市場での価値が低くなるといわれ35歳だと絶望的な扱いになっていて、呆然とします。市場的な見方をすると、男性は年収、女性は年齢と。ううううむですねえ。

まあ人間の価値ということでは、年齢によってよい影響を受けることも多いとは思います。しかしながら、「子供が欲しい」という前提に立つ婚活・結婚の場合いは、女性の年齢は若い方が有利である事実は揺るがしようがないことだと思います。

では、40代の結婚に子供は望めないのでしょうか?

これは私の実感からのイメージですが、女性が10人いると、

       妊娠しやすい     妊娠・出産しにくい

29歳まで   7人         3人

35歳前後   5人         5人

40歳前後   1.5人        8.5人

42歳前後   1人         9人

42歳だって、45歳だって、もともと妊娠しやすい人はいます。
そう言う方にとっては、40代であっても、案外すんなりとお子さんに恵まれると思います。
芸能人でも45歳で産みました〜とか聞きますよね。つまりそういう人にとっては、40代であっても、避妊だってしっかりとしておかなければ、うっかり妊娠してしまうのもあるでしょう。

ただ、42歳前後になると希望してもかなり難しいというのは実感同理だと思います。そしてここに医療介入や不妊治療などの努力がはいり、ひとりでも多くの方が、欲しいと思った赤ちゃんと巡り会い、家族を作るチャンスを広げることができるようにと願っています。

婚活、妊活が厳しいのは事実。
でも、家族のありがたさ、大切さを実感するのも40代

子供が欲しいという気持ちはよくわかります。

今回は40代で結婚し、不妊治療をすぐにはじめるものの、なかなか結果にたどり着かないという女性からの相談です。

☆42歳です、不妊治療が前に進みません。どうしたらいいでしょうか?

42歳女性

女性側:卵巣嚢腫などの既往歴あり、現在は問題ない
男性側:とりたてて大きな問題はない

41歳から不妊治療をしています。
年齢要因も考え早めに体外受精にステップアップしました。
体外受精では、胚盤胞もでき、ホルモン補充周期や、自然周期など色々な方法で移植しましたが、妊娠出来ません。少し着床反応もでましたが、胎嚢はみえずリセットとなってしまっています。

年齢的にもさほど余裕があるとは思えません。
妊娠、そして出産するにはどうしたらいいでしょうか?
なにか出来ることがありますでしょうか?

 

☆前に進みましょう!、不妊カウンセリング 東洋医学的診立て

40歳を過ぎてからの妊娠希望と言うことですね。

すでに、体外受精もとりいれ不妊治療をなさっていらっしゃいますね。自然妊娠を考えながらも、体外受精をすすめていらっしゃることそのものは時間という生殖医療において一番ネックになってしまうことへの対応としてはベストだと思います。

☆☆40代早めの体外受精へのステップアップについて
早めの体外受精へのステップアップ、よいと思います。
体外受精は年齢要因を解決出来る治療ではありません。
しかしながら、より妊娠に対して細かい壁をのりこえ、
なによりも凍結という時間を買うことが出来る手段は、
年齢要因を間接的にですが解決してくれる大きな鍵です。

体外受精がすべてを解決してくれるわけではありませんが、
40代の場合は何かをして最後に体外受精に挑戦するものではなく、
不妊治療の中に早めに取り入れ、凍結という技術を利用し、
他の要因の解決までの時間稼ぎになるよい手段となる場合が多いです。
    「凍結胚は待ってくれます」

しかしながら、スムーズに採卵ができ、胚盤胞もでき、その移植も色々工夫をなさっている。
しかしながらも着床反応はあるものの、治療が前にすすんでいないということですね。
凍結という技術を最大限に活用し、しっかりと時間を有効活用しながら、
妊娠、出産へと前に進みましょう。

☆☆あなたの不妊治療に必要なこと

お身体の状態は、胃腸の機能が少し低下し、身体に不要な湿気(内湿)や血の道の不安定さ(オ血)を感じさせます。この状態にさらに負担をかけるのが、日々の忙しさとストレス状態です。身体の力を底上げし、気血の巡りをよくしていくことを、鍼灸治療とセルフケアを組み合わせやっていきましょう。(腎虚をベースとした脾虚肝鬱瘀血)

☆☆あなたの不妊治療を前に進める4つのポイント!

1)現在通院なさっている病院では、年齢要因が高い方の治療を進める上では少しスムーズさが不足しています。時間をむだにしないためにも、培養室がしっかりしており、実績がある専門クリニックに転院しましょう。

2)採卵して移植ということを繰り返していますが、移植が入ると、もし妊娠がうまく成立しなかった場合に時間が無駄となってしまいます。連続採卵にしてしまうほうが、毎月採卵出来るので凍結胚を貯めるのには時間的無駄がありません。42歳という年齢を考えれば、ある程度の数の胚盤胞を貯卵していくのがよいかと思います。

3)着床するも妊娠が継続しないと言う課題をもう少し明確にする検査をうけてはいかがでしょうか?

4)食事の問題があるように思えます。1度食事生活記録をだしていただき、食事、生活などを妊娠にむけて手を入れていきましょう。

 

☆治療経過

ビッグママ治療室初診

1)右内関(PC6)、右外関(TE5)、右陽池(TE4)、三陰交(SP6)、陰陵泉(SP9)、右臨泣、足三里(ST36)左大都(SP2) 大巨(ST27)(温灸)
2)肺兪(BL13)
3)肝兪(BL18)、右胆兪、胃兪、次髎(BL32)

セルフケア:大巨(ST27)、足三里(ST36) 三陰交(SP6) 右の内関(PC6)、右臨泣
その後、週に1−2回で鍼灸治療継続、毎日の温灸でのセルフケア。

・2ヶ月後採卵ー胚盤胞凍結出来た
・4ヶ月後採卵ー胚盤胞凍結出来た
・6ヶ月後移植、hcg4ー妊娠継続出来ず。
・7ヶ月後移植、hcg2−妊娠継続出来ず
・8ヶ月後移植、胚盤胞を2個移植したーhcg45 P30越え

☆☆妊娠の経過

・5wPが下がり気味になり、鍼灸の頻度アップ。なるべく安静にし出歩かない。
・6w〜7w胎嚢がみえ、心拍もみえるが、Pは不安定。胎嚢周囲がぼやけてみえている。

とにかく安静にし、ほぼ毎日鍼灸をいれる。

・8w 赤ちゃんは元気で、周囲の怪しい影も少しましといわれる。

車での遠出をする予定があるとおっしゃるので、出来ればやめるように提案(説得)(延期)
Pは不安定で経過を細かく見ているが、赤ちゃんは元気で経過
忙しかったり、疲れたりすると、下腹がはり、出血しそうな気がするも、セルフケア、鍼灸、安静などで乗り切る。

無事に3000㌘を越えてのベビちゃんを出産
おめでとうございます。

イラスト ツボ セルフケア

☆☆40代の不妊治療、出産までをふりかえって

40代からの不妊治療は、時間をどう活かすかということにつきます。

今回の症例は、現状を認識し、しっかりと腹を括り、提案させていただいたことはさっさと取りこみ、出来ることは充分に取り組んだ不妊治療だと思います。とにかく提案させていただいたことを実行するまでのスピードが速い!。行動力のある人はすごいって感心しました。

妊娠してからは、その初期がやはり不安定でした。

一般論的には、妊娠の初期は ”普通にしていてよい”。
そのことは理解出来ます。病院の先生に聞いても、ネットを調べてもそうでてくるでしょう。
でも、”普通にしていて” は、壁がたちはだかり、前に進めないこともあるんです。

今回の場合は、その不安定な初期をしっかりとセルフケアし頻度の高い鍼灸でのケアで乗り切れたのではないかと思います。40代の妊娠は ”このワンチャンスを活かす” 事が出来なければ二度目はないこともあります。今回はなんとか壁を越えられて本当によかったなあと思います。また遠距離ドライブを中止てくださったことも大きいです。実は過去に不安定な時期の旅行や遠出でで辛い経験をされた人も多いと思います。

ネットをググれば、「妊娠初期だったけど海外旅行十分楽しめました〜」とか、「ディズニーランドでもへっちゃらでした」という声もおおくみかけます。でも、こうやって書くのは上手く行った方ばかりです、ダメだった方や残念につながった方は誰も声を上げないと思います。

妊娠というのは、女性は卵の孵卵器になるということです。

年齢が高い、流産しやすい女性というのはこのふ卵器の性能がちょっとだけ悪いのです。そういったちょっと不安定な孵卵器の方は安静がとにかく効きます。人によって大きく違うポイントです。
孵卵器の役目が終わり、出産につながれば何も問題がないんです。この短い期間、ちょっとだけがんばってくださいね。

今回の症例では妊娠初期のケアが充分な大きさ(3000㌘越え)の赤ちゃんの出産へとつながったのではないかと思います。このとは赤ちゃんへの大きなプレゼントとなりますね。

いろんな山がありましたが、無事にかわいい赤ちゃんとの生活がはじまりましたね。私もお手伝いすることができて、うれしかったです。

小さい赤ちゃんへのリスク:

DOHaDとは「将来の健康や特定の病気へのかかりやすさは、胎児期や生後早期の環境の影響をうけて決定される」という概念です。私たち昭和大学DOHaD班は、病気になりにくい体質を獲得することをテーマに「胎児期・生後早期からの疾病予防」を目指しています。リンク→

イラスト ツボ セルフケア 応援