不妊」タグアーカイブ

中医学会 特別講演 その1

『東洋医学で人を診る』弁証論治で読み解く、女性の人生物語-1

2013年 日本中医学会特別講演にて

『東洋医学で人を診る』弁証論治で読み解く、女性の人生物語。
~~妊娠を望む治療から、安産を願う妊娠中の治療、
そして産後のフォローまで~~

 

いまから4年前、鍼灸不妊治療の臨床を通じて、「不妊!大作戦」を出版いたしました。
たった4年ですが社会は大きく変化し、最近では『卵子老化』ということがテレビなどで取り上げられ
大きく報道され始めました。以前は、年齢要因のことを社会的に発言することすら難しい雰囲気がありましたので、
たった4年ですが隔世の感があります。それだけ、いまの『不妊治療』について社会全体で前向きに
考え始めた結果だと思います。

 

当院では、2012年X月一ヶ月間に12症例の高度生殖医療における胚移植の周期に鍼灸治療をおこないました。
この一ヶ月間に胚移植と鍼灸治療を併行しておこなった12症例の方々の背景をみていきます。
年齢は35歳から43歳までで平均39.0歳。
移植回数は1回から10回以上と平均4.75回です。
このように、年齢が高く不妊治療歴が長く何度も、高度生殖医療をおこない胚移植をなさっている方々に対し、
西洋医学的な不妊治療と並行して鍼灸治療を行いました。その結果、この12例のうち、着床は8例(66%)です。1回目心拍確認は5例、最終的に4例が二回目の心拍確認にいたり、無事にご出産なさいました。この4例の平均年齢は39歳、平均移植回数は6.5回です。
卵子老化が35歳から、体外受精での成績が大きく落ち込むと言われる37歳をも越す年齢でのご出産です。

 

東洋医学の門をたたくのは、この12例のように何度も高度生殖医療を行っていたり、高齢、長い不妊治療歴、婦人科疾患を併せ持つケースや、不育症など難治性不妊といってよいのではないかと思われる方々です。

 

この難治性不妊の方々が、無事妊娠し、出産なさるためには、東洋医学の生命観を前提とした弁証論治を通じて、
その患者さんの物語を知ることがとても大切です。物語を読み込むことから、その人の過去~現在を知り、未来に向かって
何が必要かと言うことが明確になってきます。難治性不妊の場合、『不妊』ということだけを取り出して考えるだけでは
突破口が見えないケースが多いと思います。しっかりと正面から取り組む、そのために東洋医学が必要なのです。

 

弁証論治は『東洋医学で人を診る』便利ツールです。四診という、東洋医学で人を診る
ための技術やノウハウを使い、データーをあつめ、時系列にそって東洋医学の生命観にそって過去~いま、未来を読み込んでいくことで、人生の物語を提示し、弁証論治とし身体作りにいかしています。当院でのこの取り組みについて、高度生殖医療を行いながらの不妊治療にいかに貢献できるのか、具体的な位置から検討していきたいと思います。

不妊治療動画:女性の二つのタイプを知って治療を前に進めよう!

動画アップしました:https://youtu.be/2pVn7xPcQN8

不妊治療に携わっていると、すごく不思議なことに気がつきました。

ご本人の体力気力が落ちてくると、生殖がスイッチオンになるひとと、スイッチオフになるタイプがいらっしゃるのです。

このスイッチの切り替わりをしっておくと、不妊治療の作戦を立てるときに非常に有効です。

女性には大きく分けて2つのタイプがあります。

1)身体の余裕がないから子孫を残そうタイプ!

 このタイプは、ご自身の身体に余裕がないと次の世代(子孫)にいきましょう!というスイッチが入る方です。母体側がどうであれ次の世代を生み出そうという身体のスイッチが入っているタイプです。

2)いま生きている自分に余裕がないから、生殖までは手が回らずお休みタイプ

この2)のタイプは、ご自身に余裕がないと生理の周期が伸びたり、なかなか妊娠しなくなるなど、いまが余裕がないから生殖などは後回しでというタイプです。今を生きる自分自身が最優先というタイプです。

このタイプは身体の手入れをして余裕を生むようにしても、ご自身の生命力に囲るために、なかなか生殖の方にがないから生殖までには力が回らないタイプだと思います。

今回の動画では実例をあげて、紹介させて頂いています。

2)のタイプの人は、余力の積み増しをしっかりと女子胞(子宮)の力に注げるように不妊治療の作戦をたてましょう!

頑張って行きましょう!

ビッグママ治療室 https://bigmama-odawara.jp/

ビッグママ治療室ブログ https://bigmama-odawara.jp/blog/

不妊カウンセリング学会 https://www.jsinfc.com/

食事バランスガイド

食事バランスガイド(基本編)

日本生殖医学会

http://www.jsrm.or.jp/index.html

女性の二つのタイプをしって前に進もう

ドミノの採卵、移植を進められ迷っています:不妊カウンセリング0326

ドミノの採卵、移植を進められ迷っています:不妊カウンセリング0326

不妊治療は迷うことの多い治療です。

そして、正解が沢山あるんです。

アンケートのお返事でとある方がこんなコメントをくださいました。

そうなんですよね、迷うことがいっぱいで沢山一緒に考えていきました。
この方はご無事な出産までたどりつけ、本当によかったなと思います。

では、ある患者さんの例をあげながら、不妊カウンセリングの実際をお話ししていきますね。

ご相談:
39才女性、37才の時に1度妊娠するものの化学流産でした。
不妊専門クリニックにて、体外受精、新鮮胚移植をするも着書したが妊娠せず。
今後はどうしたらいいか迷っています。

選択肢:
先ず第一に1度自然妊娠しているという事実です。
このことは案外大きいポイントですね。
体外受精が必須条件ではないのです。

・男性要因を考える
・体調を整えることを考える

この2点をすることで、自然妊娠を狙いつつ、体外受精へ向けての身体作りをしていくという
時間をとります。35才以下の方であれば、この期間を半年-1年とってもよいですね。
この期間で自然妊娠をする方、案外、多いです。

・年齢要因を考える

年齢要因を考えると、どちらにせよ、妊娠そのものが難しくなっていく年齢です。
ココで何もせずにというのは、精神的にも辛いと思います。ですので、採卵をし、凍結胚をつくり
時間稼ぎをするという選択肢もありです。

・病院からの提案。

採卵し、凍結胚を作りましょう。

・採卵の結果
残念ながら、成熟卵がとれず、変性卵と空砲のみ。

・結果を踏まえ次の選択

1度自然妊娠していますし、前回は正常受精し、移植ができてるんだから、そんなこともあるさということで、気を取り直して再挑戦しましょう

・採卵し、再度新鮮胚移植を提案される。

着床しているので、同じ提案なのでしょう。
ただ、採卵するととても緊張なさるのですよね。採卵と移植の周期をわけるのはとても身体は楽です。
もし、複数個とれ、内膜もOKならば移植。そうでなければ凍結するのもよいでしょう。

・採卵し、一個凍結胚(胚盤胞)ができる。年齢40才へ。次の採卵はドミノを提案される。

凍結胚が出来て良かったですね。
年齢的に卵が余り出にくくなっているので、ドミノの提案があったのでしょう。
ドミノというのは、始めにやったような、採卵してそのまま移植するということで、
その採卵が上手く行かなかったら、そのまま凍結胚を移植するということですね。

年齢要因がある、卵がとれにくいということで、採卵を先に進めるための提案だと思います。
ただ、費用などの点を考えると、採卵するならば複数個狙えるように薬をつかうのもよいかと
思います。その場合は内膜が薄くなる可能性から新鮮胚移植は可能性が薄くなりますね。

過去に成功(着床まで行けば治療としては不妊治療としては成功だとは考えられますね。)していることと同じ方法を使うのはよいのではということは、選択肢として充分考えられます。

次の選択肢

・ドミノで胚移植(排卵誘発剤は原則使わない)
・採卵はせずに胚移植
・移植はせずに採卵のみ(排卵誘発剤を使う)

選んだ選択肢:
年齢要因もあり、採卵したいという思いもあるが、移植をしてみたい。
採卵はとても緊張してしまう。仕事との兼ね合いで1つの周期に休みをもらうのに気が引けてしまう。
ご主人が、凍結胚があるのに、再度の採卵についてあまり賛成してくれなかった。

選択:採卵はせずに胚移植

結果:無事に着床、鍼灸治療の頻度をぐっとあげ、着床から心拍確認までしっかりと経過
無事の出産

この方にとっては、それなりの卵はちゃんと出来ています。移植後の体調管理が一番必要だったわけですね。採卵と移植を切り離すことで、リラックスして移植が受けられ、移植後の身体のケアも十分出来たので、無事のご出産につながったと思います。

不妊治療はここであげたように、沢山の選択肢があります。
この方の場合、第二子を強く望むという選択肢があれば、移植はせずに採卵のみという周期を
何回かやってみるのも良かったのかもしれません。
ただ、費用的なことも重い負担となりますので、よく考える必要がありますね。

不妊カウンセリング、ご相談、お待ちしております。
一緒に考えていきましょうね。

不妊カウンセリング:足し算発想の不妊治療から、本当に必要なことを求めて 0208

足し算発想の不妊治療から、本当に必要なことを求めて 0208

赤ちゃんが欲しいという気持ち、とっても暖かく、そしてなかなか授からないという切なさに、いつも『どうにかしよう!どうしたらいいのか一緒に考えよう』と思っています。

同じ目標に向かうパートナーがいる幸せ

『私達二人の子供が欲しい』という目標があるということは、ご自身と一緒に同じ目標に向かっているパートナーがいるということです。これは素晴らしく、貴重なことです。人生の大きな課題を一緒に歩くパートナーがいる、その幸せが、『不妊』という言葉の前に飛んで行ってしまわないように、いまある幸せをしっかりと握りしめてねっていつも思っています。

不妊治療は、”何をすればいいのか?” ”どうしたらいいのか?”と足し算発想になりがちです。

それはいまの不妊という状況を、なんとか妊娠、出産につなげたいという切なる思いからです。

この思いに寄り添い、ご自身に本当に必要なことはなにか、どうしたら前に進めるのか。そんなことを考えるのが、当院での不妊カウンセリング、不妊治療だと思っています。

この症例の方は、二人目不妊でいらっしゃりました。

ただ、第一子の経過を伺うと、もう奇跡のように、様々なリスクを綱渡りしての出産。いま妊娠ができていないのは、なにかが『まだだよ、もう少し身体に余裕をつけて安全にいこうよ』と声をかけているのではないかと感じました。

長らくかかった不妊治療となりましたが、無事に、無事にご出産となったこと、本当にうれしく思います。

患者さんによりそい、

生まれてくる命によりそい、

少しでもお力になれるよう、がんばっていきたいと思っています。

二人目不妊、不育症を乗り越えて巡り会った赤ちゃん

ご相談:なかなか第二子が授からず、悩んでいます。

34才で結婚後、すぐに妊娠し、35才で第一子を出産しました。

第一子は、妊娠中毒症を発症し血圧があがり少し早め小さめでしたが無事に出産出来ました。

37才から第二子を希望していますが、なかなか妊娠出来ません。

産後から体調が悪く、冷え性がつらいです。

冷えに弱く、冷えたとき、疲れたときに背中からお腹が痛みます。

この冷え性はどんどん悪くなっている感じがします。

少しのイベントや、季節の変化に身体がついていけない感じがします。

食事はおいしく、空腹感もあり胸焼けがすることはありません。便通の状態もよいです。

トイレは近く、産後から夜トイレにおきます。寝付き寝起きはよいのですが、疲れがのこります。

早く第二子が授かりたいと言う思いと、体調の悪さで、今後どうしたら良いのか悩んでいます。

不妊カウンセリング:ビッグママからのお返事

第二子がなかなか授からないというお悩みですね。

第一子の出産も、いろいろなトラブルはあったようですが、お子さんが無事に生まれ、生まれは小さかったものの、いまでは充分に頼もしく成長しているようで本当によかったですね。

お身体を拝見すると、問診では胃腸の問題がないようでしたが、食物から滋養を受け取り全身に頒布する力をしめす脾胃のツボ(公孫、大都、三陰交、脾兪など)の弱りが明瞭です。そのうえ、冷えの入り込み風邪が身体のなかに停滞している(風邪の内陥)があり、この停滞が非常に強い身体への負担となっています。

胃腸の力不足、風邪の内陥がおこってしまうのは、生命力の底力である腎の力が不足しているためです。

この腎の力は女子胞(子宮)の力を支えますし、全身の生命力を支えます。

早く第二子をというあせる気持ちはよくわかります。

ただ、ご自身もお気づきのように、このままの体調で妊娠されても、非常にきつい状況であるのは明瞭ですね。

もう少し体調をよくすることと、下記しました不育症の検査をお勧めします。体調を改善して、前に進みましょう。

☆不育症の検査をお勧めします。

出産した病院にて不育症の問題はないとのことでしたが、

・手足のきついひえ(実際に冷たい)
・妊娠初期の黄体機能不全
・赤ちゃんが小さめ
・妊娠高血圧

上記既往がありますから、1度不育症の専門クリニックを受診されてはいかがでしょうか?私はお身体を拝見して、不育症と診断される可能性が高いと思います。第二子の妊娠を無事に安心して経過するためにも検査をしておいた方が良いかなと思います。

・弁証 脾腎陽虚 肝鬱 風邪の内陥
・論治 温養補脾補腎 疎風散寒
・治療方針 先ず第一に風邪の内陥をとる。このために脾腎の陽気をたて、全身状態をよくしていく。

ビッグママ治療室初診から出産までの経過

(漢方は専門の漢方クリニックでの処方です)

鍼灸:大巨(ST27)、関元(CV4) 右外関ー右臨泣 足三里、三陰交 肺兪、大椎、脾兪、腎兪(BL23)、三焦兪、次髎(BL32) など。公孫、大都(SP2)、拇指丘

漢方薬:苓桂朮甘湯で水滞はコントロールできるものの、脾陽虚のために軽く疏肝しながら補うことのできる桂枝人参湯を服用。

不育症クリニック不育症と着床障害と診断される。生理の出血が終わった時点でアスピリンを服用。妊娠した場合35週まで飲むようにと指示を受ける。

体調の変化が大きく、とくに8月は辛いと言うことが明瞭なので、9月妊娠、5月出産を目指してみてはとアドバイス。

採卵して、それなりの良好胚はとれるものの、なかなかスムーズな妊娠にはつながらず、不妊治療のクリニックを途中で変更し、複数回の採卵、胚移植ののち、10月胚移植で妊娠。妊娠高血圧にもならずに無事に経過。無事に6月正規産にて3000㌘オーバの元気な赤ちゃんを出産。

 

無事ご出産の報告と不妊治療を振り返って

第一子の妊娠は奇跡のような感じだったなあと思いますとご本人が何度もいわれるように、本当に長い第一子、第二子と二人のお子さんと出会うための旅でしたね。

なかなか妊娠しないと言うことで、高度生殖医療にステップアップされましたが、それですんなり治療が進むわけではなく、ご自身の体調との兼ね合いが非常に難しい状況は続きました。

しかしながら、

・上のお子さんとの生活を上手に楽しむ
・ご自身の体調と良く付き合う
・色々な事があっても、少しずつでも前に進む

そんなことが結局、妊娠につながり、不安だった妊娠生活も無事に過ごすことができ、出産へとつながったと思います。

妊娠中も、不育症のケアを東洋医学と西洋医学の両面から行い、しっかりと大きな胎盤を作ることを目指し、養生ケアをおこないました。3000㌘近い十分な大きさの赤ちゃんが生まれたとの出産報告を伺ったときは本当にうれしかったです。

二人のお子さんに巡り会われたとこ、私も奇跡のようだと感じました。
不妊治療は、なにか私達にはわからないなにかに、導かれているような気がすることがあります。そんな導きの手を感じさせる症例でした。

多くの人に支えられ、導かれての妊娠。無事なご出産、心からお喜びもうしあげます。

難治性不妊どうにかしたい! 飢餓状態って妊娠しやすくなると聞きましたどうでしょうか?

ゆう子さんからの質問です。飢餓状態

 

このご質問は時々頂きます。飢餓の国々は子だくさんというイメージもあいまって、この質問がでてくるみたいですし、断食やファスティングが身体によいということからも、お勧めされることも多いのでしょう。

女性には二つのタイプがあることを理解ししよう

わたし女性のタイプにはふたつあります。

1)余裕がないから次の世代で!タイプ。

 このタイプは、ご自身の身体に余裕がないとかえって次の世代にいきましょう!というスイッチが入る方です。母体側がどうであれ次の世代を生み出そうと身体のスイッチが入ります。

2)余裕がないから、生殖は少しお休み

 このタイプは、ご自身に余裕がないと生理の周期が伸びたり、なかなか妊娠しなくなるなど、いまが余裕がないから生殖などは後回しでというタイプです。

私がお身体を拝見するに、Yさんは、2)の余裕がないから生殖までには力が回らないタイプだと思いますよ。

 

女性には二つのタイプ! 手強いのは、2)余裕がないから生殖は少しお休みタイプ

このタイプは、つまり自分優先の身体。

ちょっと生命力の余力をつけても、生殖にはまわらないのです。
つまり、身体作りをして余力ができても、まず自分の足りないところや、
いま、自分がやっていること(仕事だったり、考え事だったり)に、生命力が
つかわれてしまうわけです。

つまり、お金をちょいと稼いでも 日々の生活にお金を回していくことが優先されますので、
なかなか貯金が出来ないタイプなのです。
貯金しようとしても、お金を握りしめて遊びに行っちゃう。

貯金を使わないようにしないと、不妊に必要な女子胞力upにつながらないわけです。

 

1)余裕がないから次の世代で!タイプ。

飢餓状態になると生殖にスイッチがはいるのはこのタイプなのかもしれません。

この余裕がないから次の世代でタイプは飢餓状態になると生殖スイッチタイプとはいえるでしょう。つまり母体自身が食糧危機的な状態なので、次にスイッチということです。

あなたがそのタイプであるかどうかはわかりません。
また、確かに食糧危機の国が子だくさんには見えますが、そういった国で子供が授からない
と言う方も多いのではないかと思います。

噂で自分自身がやるべき事を間違わないで!

飢餓状態や、身体にセーブをかける状態でガンガン生理が来るタイプ。

スンナリ妊娠が成立すれば、それはそれでよいでしょう。

しかしながら、スンナリ行かず、長期にわたった場合、悪循環となります。

卵の質の低下、生命力の低下、抵抗力の低下、母体の質の低下

難治性不妊への道になってしまいます。

☆食べ過ぎの改善は必要ですが、飢餓状態が必要なのかは私には疑問です。

結論!

充分に余力をつけないと、女子胞までまわってきません!

十分な刺激量、
十分な養生が
あなたの不妊治療を、結果のでる不妊治療にしていきます。噂で自分自身がやるべき事を間違わないで

ビッグママからの難治性不妊の鉄板7選!

チェックしておくことを7つあげておきます。これは鉄板ですよ!

・不妊治療において、自分がどのような状況か客観的に知る

 (年齢、婦人科疾患、妊娠歴、生理の状態、男性側要因)

・いままでの不妊治療歴からの有効なこと、無効なこと、するべきこと

・一般論や、そのクリニックでの提案だけではなく、他の選択肢を考える

・男性側要因

・婦人科疾患(筋腫、内膜症など)、甲状腺、血液凝固系、不育、血液凝固系

・クリニック選び

・確率論だけで選択しない

自分自身のチャンスを広げるにはどうしたらいいのか?を考える。