不妊」タグアーカイブ

症例:0022 仙骨の冷え、座骨神経痛、不妊、自然妊娠弁証論治(35才女性)

…35歳女性 165センチ53kg 会社員

…主訴

31歳のころから妊娠希望し、病院で検査をし、特に問題がないといわれるものの不妊状態が続いている。

…時系列

20台後半

冬のほうが疲れが残る感じになる。

夕方足がむくむ感じがでる。

31歳病院で検査するも不妊につながる特定の原因はない。

…不妊、婦人科について

初経は12歳、生理の日数は3-4日

生理周期は不安定(26、40、33、28、21、35など)

生理の1,2日前にやる気がでる。

生理痛は、1、2日目がきつく痛みのため夜眠れなくなるのでいつも薬を飲む。

小指大の塊がまじる。

…今一番辛い症状について

冷えが一番辛い

徐々にきつくなり、春、クーラー冬などがつらい、

25歳から30歳ぐらいにはじまっている。

他にパソコンを使っているときに肩こりを強く感じる。

今の症状と同時にでてきたのは、

足のむくみ(夕)

、耳鳴、目の疲れ、朝起き難いこと

…普段の状態について

春、クーラー、冬に体調悪化

普通の食欲で規則的、よくかまないことが多く、いつも食事はおいしい。

ときどき腹がはったり、胸焼けがすることがある。

間食はよくある、飲酒はしない、水分は1100cc以上とる。

口がかわくことがよくあり、口が粘る

大便は1日1、2回。バナナ、軟便、時々付着する

小便は1日7回、ときに白濁

睡眠、寝つきはよい、眠りは深い、寝起きは悪い、

翌日にいつも疲れが残る感じがする。

…切診

….脉診 左尺位不明瞭、右尺沈位から中位にかけて弦緊

….舌診 淡紅から淡白薄白苔、舌裏怒脹なし

….腹診 心下つまり少々、気海抜け、右少腹急結あり

….経穴診

右神門硬結、小さいのがごろごろ、

左霊道、内関、陥凹

右臨泣つまり、

三陰交冷え(右<左)

身柱陥凹

右肺兪陥凹

左心兪やや陥凹

左胆兪陥凹、抜け

脾兪陥凹(右<左)

三焦兪(左は奥に縦の亀裂)

陽関から上仙にかけて冷えこれが仙骨部に続く

右ジリョウつまり

….五臟の弁別

【肝】

パソコンを使っているときに肩こりを強く感じる。

春に冷えが悪化

生理周期が不安定

生理前にやる気がでる、生理痛でいつも薬が必要

生理に小指大の塊がまじる

右少腹急結あり

右臨泣つまり、

左胆兪陥凹、抜け

右ジリョウつまり

【心】

心下つまり少々

右神門硬結、小さいのがごろごろ、

左霊道、内関、陥凹

左心兪やや陥凹

【脾】

水分を1日1100cc以上取る

気海抜け、

三陰交冷え(右<左)

脾兪陥凹(右<左)

【肺】

クーラーで冷えが悪化

身柱陥凹

右肺兪陥凹

【腎】

冷えの症状と同時に、 足のむくみ(夕)、耳鳴、目の疲れ、朝起き難いことが出現

冬に冷えが悪化、疲れが残る感じがする

寝起きが悪く、翌日にいつも疲れが残る感じがする

生理周期が不安定

左尺位が不明瞭、右尺沈位から中位にかけて弦緊

三焦兪(左は奥に縦の亀裂)

陽関から上仙にかけて冷えこれが仙骨部に続く

…病因病理

主訴は、不妊と、長く続く冷えです。

20代後半から、身体が冷たいという冷えを感じ始めています。

同時に、足のむくみ(夕)、目の疲れ、耳鳴を感じ朝起きがたくなるなどの

症状が出現しています。なんらかの原因で腎気を落としたため

身体を温養する力がなくなり、身体が冷たいという冷えの愁訴につながったものと

思われます。陽関、上仙を中心とした仙骨部の明瞭な冷えや、三焦兪の陥凹、特に右の

三焦兪の縦に亀裂の入った陥凹は腎気の損傷、腎陽の不足を明確にあらわしている

ものと思われます。

仕事でパソコンを使うことが多く、根を詰めるため、身体の上部に気が鬱滞しがちに

なりますが、腎気の弱さのため、一度肝気が鬱滞するとめぐりにくく治りがたい肩こりと

なりがちです。身柱の陥凹、右肺兪の陥凹など肺気の状態の悪さも上焦の気の鬱滞を

助長するものとなっています。

長く続く腎の陽虚肝鬱気味の傾向のうえに、肝気も鬱滞しがちな仕事の継続により、

オケツも生じやすくなり、生理痛、少腹急結、右のジリョウのつまり、薬を飲まなくてはならないほどの生理痛などの状態となっています。舌裏に怒脹がないこと、上背部に細絡がないことなど、明確なオケツの状態とまでは進んでいない可能性も高いのですが、このままの腎陽の不足、肝気鬱滞の継続という状態ではオケツへとすすむ可能性が高く、妊娠の希望も遠くなってしまいます。

腎陽を温煦し、肝気をめぐらせ、オケツ気味に傾く素体を助け、妊娠の希望をかなえたいと

思います。

…弁証論治

弁証 :腎の陽虚 肝鬱

論治 :温腎、腎気の温養、疏肝理気

….治療経過

4ヶ月15診ほどで自然妊娠にいたる。

妊娠中も週に1度鍼灸治療し、無事に女児を出産。

おめでとうございます。

 

「決定版 妊娠レッスン」 放生勲著 ①

”自然な妊娠をしたい” これは誰もが思い描く妊娠へのイメージではないでしょうか?

この本は、そんな方へ、内科医の立場から長年不妊治療に携わっていらっしゃった放生先生からの大きなプレゼントです。

放生先生とは、山下湘南夢クリニックの講演会にてご一緒させていただきました。それ以前より、webさいとを通じ放生先生のお考えは存じておりましたが、直接お話しを伺い、自然妊娠のヒントなどを頂き、大きな妊娠率の向上などにつながったこともあり、非常に尊敬できる先生という強い気持ちを私は持っています。

今回、この文庫化された「決定版 妊娠レッスン 赤ちゃんが欲しい全てのカップルへ」新潮文庫 放生勲 著を私に贈呈して下さるにあたり、放生先生は

「決定版妊娠レッスンは文庫本ですので、お守りになることも愛しました。なりは小さいですが、著者と編集者の高い熱量が籠もった本です。多くの読者の心に響き妊活のバイブルになるものと信じております。」

というお言葉をそえて貴重な本をくださいました。

当院では、そのお気持ちをひとりでも多くの方におわけしたいと思っております。ご希望の方は受け付けまでご連絡くださいね。

また、放生先生が描かれる「不妊治療」の世界をご紹介していきたいと思います。
私が長年の不妊カウンセラーとしての活動を通じ非常に参考にさせていただいている本です。

0102 体調が悪い、疲労感が強い、だるさがつよい 無事の第一子、第二子の出産

先般、お話ししていて、あるかたが

「先生のいうこと、信用しているわけではないですけど(^^ゞ、言葉同理になることがおおいから、そのとおりにするんです〜」

私の発言は占いか!ってなもんですが、確かにそうだなあって思います。

いままでの経験から、あなたはこっちを選んだ方がいいと思うねえ〜というアドバイスを結構させて頂いています。で、根拠があるかないかっていえば、もう野生の勘!の領域も多いですね。とくに病院選びや、状況に対する選択の選び方は、「今時の発言提供者側のリスク」を考えた発言と違い、「私があなたの立場だったらこう選ぶね」というアドバイスです。

で、そのアドバイスに順って、いろいろな場面を切り抜けたkさんは、上記の様におっしゃりながら、今回の周りにも大反対されながら、そしてご自身も「うーんこの選択は面倒」と思いながら、私のアドバイスする選択をなさり、結果として「先生の言うとおりにして良かったー」となり、その上での上記のご発言(^^ゞです。まあ、無事に良い経過ならばなんでもいいんですよ。

 

いま、医療関係者、とくにドクターのアドバイスは、慎重にならざる終えない様な気がします。それは社会情勢からはあたりまえでしょう。そんななか、私はなんもしがらみもありませんし、逆に勘と経験という今時にはありえない根拠に基づくアドバイス。ただ、こんなアドバイスが結局、一番その方がご自身の道をこえていくには助けになることが多いって事でもあるのでしょうねえ。

 

さて、そんなところを踏まえて、この症例の方も同じようなアドバイスをして、病院選びをなさり、「子宮を残せました!」につながり、第二子への出産となりました。本当によかった。病院選びをする時点では、そんなにリスクはないんじゃない?普通のところでいいんではという感じでしたが、なんかイヤな予感がして「大きな病院!」とアドバイスさせていただいたことが功を奏しました。

 

症例:31歳の女性、体調が全般に悪く、だるさが強いということで、まず身体の立て直しからはじまり、当院受診後1年2ヶ月ほどたってから本格的な不妊治療を挑戦。妊娠期間中も、前置胎盤や出産時のトラブルなど大変な出来事が数々ありましたが、母子ともに無事にご出産の時を迎えかわいい女の子が誕生しました。

更年期のようなだるさ、疲労感、肩こり

 

妊娠、出産には、『ご本人の生命力』を高めることがとても大事です。

その上で、適切な西洋医学の力強い主導は本当に有難い物だと思いました。

妊娠初期に、なんとなく『この出産は大変そうだ』という予感がし、大きな病院への

受診をお勧めしましたが、その結果、より大きな病院への連携も強まり、出産時の

トラブルも乗り越えられ、子宮を残すことができ、第二子への希望がつながりました。

よかったな、よかったなと私も本当にほっとしています。

その後、無事に第二子も出産。

いろいろなことがあった症例ですが、私もほっと胸をなで下ろしました。

0002 ストレスで悪化する! 膻中ー内関ですっきり。

ストレスってのは、なかなかやっかいで手強いです。

よーく考えると、同じ出来事でもストレスになる人と、ならない人がいます。
ここが不思議。

ストレスがあるときに、疲労も強いと、がーんと身体がまいってしまうことがあります。
この症例では、ストレスと疲労が引き金で、アトピーなどを引き起こしています。
なかなか手強いストレス!

時系列でお話を伺っていくと、身体に湿気をためやすかったり、むくんでいたりという
内湿の要因がうかがえます。この内湿があるために、身体がストレスでダメージをうけたときに
アトピーという症状になったのかなと思います。

内湿をため込まないカラダ作り。
ストレスなんかにやられないようなメンタル作り。
大事なんですよね。

さて、症例を紹介しておきますね。

アトピーストレスに負けないぞ!

ここでポイントになったのは、膻中ー気海ー内関の組み合わせ。
心の外衛である心包の経絡を整えて、身体の中心をたて、ストレスを解放していきます。
また、中心である任脉を整えることが婦人科的な強さも引き出してくれます。

面白い組み合わせですよね。

『立派な臍の緒!』ご夫婦でがんばった自然妊娠、無事な経過。おめでとうございます。

無事にご出産になった方からメールを頂きました。

分娩時に、助産師さんが思わず『立派な臍の緒』と声を上げられたとのこと、
私も嬉しくなっちゃいました。

なかなか妊娠しない、病院のドクターからは、

『自然妊娠なんて無理。早く体外受精、それも顕微授精じゃないと無理です。ステップアップを急ぎましょう』

と、何度もせかされるなかの来院でした。
経過を伺うと、不妊の状態もさることながら、妊娠中の問題も大きく、妊娠そのものを急ぐよりは
しっかりとカラダ作りをされ、赤ちゃんを自然な形で迎えるほうがよいのではないかとおもわれました。

また、ご主人の健康も大事。ご夫婦での来院をお勧めしました。

そして念願叶っての自然妊娠。
ここからが第2のポイントがスタートしました。

第一子の妊娠中は、早い段階から安静、そして入院となり大変な思いをされています。
やんちゃな上の男の子がいる今の状態ですので、第二子の妊娠に関しては、この妊娠中の経緯がとてもポイントになります。

私は、とにかく妊娠十五週までは頻回に来て!とお願いしました。
最初の時にしっかりと胎盤、臍の緒が出来ると、全体の妊娠が安定し、赤ちゃんも十分成長していきます。

そして前回の妊娠の経過から早期の安静、入院が予想される中、検診中も『充分な頚管長があります』『赤ちゃんも元気です』『問題なし』と続いた妊婦生活でした。

無事のご出産、本当におめでとうございます。
これから賑やかな日々が続きますね。
楽しんでくださいね(*^_^*)