冷え性」タグアーカイブ

5)不妊治療に4大課題と”冷え”(不妊鍼灸セミナー用)

⑤不妊治療における”冷え” まず中心課題が”冷え”なのか考えよう

※スライド1)

妊娠出来ない、高度生殖医療をおこなっても妊娠が成立しないというときには大きく4つの課題に分けて考えます。

これは、まず、東洋医学に基づく四診をしお体をしっかりと拝見していきます。このときにとくに当院では体表観察という観点を大事にしています。東洋医学の四診を越え、現代を生きる方を見ていく観点です。皮膚の質感、中心と末端の差なども考慮していきます。そして食事生活記録をつけていただき、現状をしっかりと把握していきます。

このように分析していくと、”不妊”という状態に、大きく4つの分類が見えてきます。

A:ドーゼの確保
B:血流問題
C:モノ取り込み能力不足
D:モノ不足

A:鍼灸、漢方、食事、休養など身体に対する方向性はOKなのだけど、必要十分な量がなされていなくて、不妊の解決にまで近づけていない症例。”冷え”の訴えがあっても、”冷え”を考えるよりも、いまの方向性での刺激量を大きくしていく必要です。つまり質よりも量が足りていないと言うことです。

B: ”冷え”の問題が根深く、一段掘り下げて”冷え”をアプローチする必要がある症例。つまり”冷え”の原因がもともとの血流の悪さにある症例で手強いです。西洋医学的なアプローチを必要とする症例も多くなります。

C、D お体を拝見すると、滋養が体内に取りこまれていない状態。この場合、二つの観点を用いる必要があります。つまり滋養は摂取しているけど身体に取りこまれていないパターンなのか、滋養そのものの摂取が不足しているのかということです。

C:モノは十分あります、自分の摂取能力不足の症例。

栄養を考え食事を摂取し、漢方ものみ、栄養療法にも通いサプリも色々摂取したけれども、「実にならない」という方です。”冷え”も当然訴えます。身体を温め養う力という生命力そのものが不足しているので、栄養も身体に取り込めず、身体を暖目養うことが出来ない状態です。まず、胃腸の力をひきあげ、滋養を取り込むの能力をアップさせていきます。

D:モノそのものの不足症例

節約レシピをみていると、もやしや粉物が中心であり、とにかく「嵩」を重視。栄養的な観点からはどうしても不足が目立つことが多いです。節約も大事ですが、食事バランスガイドに従って、肉、魚、卵などの主菜をしっかりと摂取することが必要です。この症例では、栄養摂取がよくなったらご主人の健康度がupされました。やはり栄養滋養は大切ですね。

Bの症例が、”冷え”という課題に正面から取り組んだ症例となります。しかしながら、結局どの症例も臓腑の力をアップさせることへつながり、身体を温養する力を上げることが妊娠への道であり、”冷え”も結果的に解決する道であると思います。

不妊治療をしていくときには、この課題分けをまずし、優先順位を意識的に用いて、治療を前に進めていくことがコツだと思います。あれもこれもとしていては、結局どれも中途半端で解決に至るに必要な道が見えなくなるのです。

体表観察とこれまでの状況を踏まえた問診から考え出す不妊治療の取り組み方針をしっかり持つことが、あなたの不妊治療を前に進め、結果につながる道となるのかなと思います。

一緒に頑張って行きましょう。

また、ご自身のことはなかなか自分自身ではわかりにくいものです。

是非、不妊カウンセリングを活用し、相談してみてくださいね。

4)不妊治療における”冷え”と血流(不妊鍼灸セミナー用)

4)不妊治療を通して感じた”冷え”の問題

ここからはちょっと専門的な話しになります。
鍼灸師向けセミナーの内容レベルなので、ご参考までということで読み進んでいただければと思います。

 

”冷え”という言葉が、案外大ざっぱに使われているなと感じるにいたったのは、不妊治療の取り組みを通じてです。

不妊治療困難事例の解決には”冷え”の理解がカギ

困難事例の不妊状態の方は、問題が非常に多く絡んでいる場合があります。”冷え”も、ストレスタイプの”冷え”や、臓腑の温養する力不足、そして西洋医学的に問題としなければならない血液凝固系の問題まで”冷え”というカテゴリーに入ってくるんだなという認識が私の”冷え”への取り組みを変えて行きました。

結論:
”冷え”という課題を読み解くことが、問題を解決していく糸口となる。

さて、もう少し細かくお話ししますね。

※スライド2

”冷え”が不妊に影響があるということは、漠然とイメージがわくかなと思います。

確かにそうかなという感じから、もう一歩踏み込んで”冷え”を考えた私のシュミレーションがこの図です。

まず、生理周期そのものから、排卵期、高温期、着床、妊娠判定から妊娠初期の手入れをしっかりすることが、不妊治療に非常に有効であると言う手応えはもっていました。「なかなか妊娠が継続出来ない」「着床障害」「9週の壁が越えられず流産してしまう」これらの訴えが、丁寧な治療を行うことで解決していったのです。

そして、出産を迎えた患者さんからのメールで、

「胎盤が大きいって言われました」

あ「3000㌘越えのしっかりとした赤ちゃんで育てやすいです」

「第一子は妊娠中毒症などでトラブル続きで小さい赤ちゃんでしたが、今回は順調な上、十分の大きさで生まれてくれました」

との声が相次いだのです。

また、不妊治療歴をみていると、「不育症」の検査をした方がよいのではと思えるかたや、第一子の妊娠経過をみると、やはり「不育症が潜んでいるのでは」などと思うことがありました。

そして、体外受精や顕微授精などの高度生殖医療受精を受けている方をみていて、妊娠の継続が難しそうな感じ、着床の問題があるのではと思う方に、不育症の定義をみたしていなくても、不育症の検査を受けることをアドバイスしたりする中で(不育症専門クリニックのドクターに年齢要因がある方や可能性がある方の受診については問い合わせ、了解をいただいております。不育症の要件を満たさない場合は、受診申込時に問い合わせをしてください)、不育症の診断がつく方が多くいらっしゃるという経験を重ねていきました。

体表観察でおかしいな?と思った方に受診を進めて、「あなたには出ないと思ったのにねえ」などというドクターからのコメントを頂きながらも、しっかりと不育症の診断がついた方もいらっしゃります。

この”冷え”と、”血液凝固系の亢進”については、詳しくは

不育症 反復流産、死産、着床障害 杉ウイメンズクリニック

http://www.sugi-wc.jp/index.html こちらのサイトをご覧になり、本も参照していただければと思います。

※スライド3

☆血流の改善と運動がつながらない事への気づき

お体を拝見して、実際に皮膚の状態、温度感を見る中で、「血流の改善」ということが大きなテーマとして浮上してきました。

この血流の改善というと、すぐに

「運動すれば良いですか?」などという質問をいただきます。

確かに、一義的に健康になることに「運動」は欠かせません。血流の改善にもつながると思います。

しかしながら違う!と、お体をみていて思うのです。

運動してます、マラソンします、という方のお腹が冷え冷え。

皮膚の状態が、体幹と末端が違う。あきらかに末端まで滋養が届いていない

妊婦さんで「歩いてきました〜」という方の子宮(女子胞)が血流不足で固いというのを、何人も拝見しました。

こういった状況から、

・西洋医学の必要性
・お体の手入れの進め
・妊娠初期の乗り切り方

などなどを考えるにいたりました。

”冷え”は、血液が巡らず、”その場”を暖め養うことが出来ていない状態です。しかしながら、足先や手先がいつも温かいというのもおかしな話しで、寒いときにはぎゅっとちぢこまり、体温が逃げてしまわないようにするのは大切です。”冷え”をそのまま体幹に持ち込まれても困ります。

つまり、”冷え”そのものよりも、血液が届いて暖め養うことが出来ない状態が結果的に”冷え”という訴えになっているのだと気がついたのです。

そして、
問題は”冷え”ていることではなく、血流がないということ。

また、”どこを養いたいのか”ということを考えない血流対策は、目的をもった治療においては大きな遠回りになりかねないと言うことに気がつきました。

一義的には運動は血流の改善に役立ち、健康度をあげます。

しかしながら、不妊治療などで、子宮(女子胞)の力を養いたいときには、養いたい場処の血流をあげ、暖め養っていくことが必要なのです。

ここが”冷え”という課題から、あなたの問題を解決していくコツとなります。

3) ”冷え”対策の王道、あたため養う温養力

”冷え”には王道 あたため養う温養力up!

”冷え”には王道として、臓腑の力をつけるということがポイントです。

ストレスタイプと、臓腑の弱りタイプに分類をしましたが、

結局、ストレスタイプの”冷え”が問題であっても、根源的に”冷え”の問題に対応して行くには、臓腑の力がつき、気血の滞りとなるストレス状態(肝鬱状態)を引き起こさないようなカラダ作りが必要なのです。

冷えた末端である手足への対策

冷えた末端、冷たい手足は、基本的に保護するという観点での対策で十分だと思います。つまり、手足末端が”冷え”できつく感じるのは、外因(環境要因としての”冷え”)に影響を受けやすいからです。

まず第一に環境要因を受けにくいカラダ作り、自分自身を温め養う(温養)力をアップさせるという王道が求められます。

そして、現時点の環境要因に対する対策としては、保護すると言うことで十分でしょう。

あまりにも末端がひえすぎていると、中心の力がそこに派遣されます。つまり冷えた末端を暖めるために力が使われてしまうわけです。この消耗を防ぐために、手袋や靴下などで保護する。外出などで寒いところに行くときにはカイロなどを使うのもよいかと思います。あくまでも、暖める事が目的ではなく、保護するといった観点です。

お腹のカイロを推奨しない理由

・”冷え”には、基本的に血流が必要です。つまり、暖かい血液をそこに運び暖め滋養する力が血流です。冷えていることそのものが問題ではないので、発熱するものは、防御的な意味以外では使わないということの考え方がここにあります。

お腹も保護するという目的ならば、カイロなど発熱をするものを使うのではなく、小さめのフカフカハンドタオルなどを下腹にいれてみてください。十分保護され、暖かさを感じられると思います。

”冷え”対策としての交代温冷浴

私が”冷え”対策として一押しなのは交代温冷浴です。手足末端の暖かい刺激、そして冷たい刺激の繰り返しは、その場の血の動きをだします。この動きこそが全身の血流改善となります。特に足の交代音冷浴は、足腰、骨盤内臓器の血流改善に非常に陽綱かを発揮し妊娠につながった多くの症例を経験しています。
  冷えた足をあたためるだけではなく血流をupさせる温冷交代浴は冷え改善にとても効果的だと思います。

”冷え”対策まとめ

さて、”冷え”対策についてまとめておきます。

ちょっと専門用語ありなんですが、ご参考まで。

・交代音冷浴をする(血流の観点から)
・生命力、脾、腎の陽気↑、臓腑を養う(全体の養いの観点から)。
・子宮(体幹)の負担にならないように末端(手足)を保護する。
・ET(胚移植)するなら、季節や状況を考慮
・仕事で他に生命力を持っていくとダメ。なるべく仕事はオフがベター。
・末端への負担を減らす。温浴する。
・発熱するものを当てない
(暖かいそのものが大事じゃなくて血流があることが大事)
→血管を育て血流を持ってくる

・胚移植、妊娠したら
     →末端と中心の問題を間違えないこと

2)”冷え”の二つのタイプ。 冷えてる場所に振り回されない!!

”冷え”てる場処が問題とは限らない

”冷え”という訴えは、なかなか難しいです。

「足先が冷たいんです」という訴えがあっても、その方の課題が「足先」にあるとは限りません。

身体の緊張が原因で、結果的に足先が冷えるだけであったり、

身体を暖める力がないために、足先が冷えていたり、

本当は、問題とすべき”冷え”ではないのに、ご本人が”冷え”ていることを気にしすぎているだけだったり。

ご本人にとって、”冷え”は現実だとは思いますが、”冷え”の言葉が示す中身は案外人によって違うので、本当に問題にすべき”冷え”なのかを考え、その上での分類が必要です。

”冷え”の分類

”冷え”の東洋医学での二つの分類+1

”冷え”に対して、東洋医学的には、

1)気血の巡りが悪くて冷える。(肝鬱の”冷え”)

2)身体を温め養う力がなくて冷える(陽虚の”冷え”)

3)気にしすぎ

大きく二つにわかれます。
3)の気にしすぎは、本当は課題ではないレベル、つまりあたりまえの日常的なレベルであるのに、身体のことに注目し始めて、「気にしすぎている」ということです。”冷え”は確かに課題となりやすい注目ポイントですが、気にするあまりに過剰になるのは本当に取り組むべき課題がわからなくなったりすますね(^^)

さてさて。

1)は人前で話しをしようと緊張すると、さっと手が冷たくなったりすることがありませんか?こんな風に、緊張で気の巡りが悪くなるタイプの”冷え”です。いつも力が入っていたり、身体の緊張があったりすると、巡りがわるくなります。これによって、気の滞りがあり、血のとどこおりとなり、”冷え”となります。

緊張をとってあげることで、するする〜と問題解決するタイプです。

2)は暖める力そのものが足りないタイプです。胃腸の力が弱く、食物から栄養を取り込めず身体を温め養うことが出来ないタイプや、胃腸の力をバックアップする底力が足りないために胃腸の力を発揮することができずに、身体を温養する力が出ないタイプであったりもします。火力そのものが弱いので、しっかりと身体の建て直しが必要となります。

”冷え”は末端がとくに気になると思いますが、全体をみて、何をすべきかはよく考えてしくべきです。基本的に中心の(臓腑の力)をつけることで、末端の問題(手足の冷え)は解決していくということが王道です。

しかしながら、あまりにも手足が冷たいと、そちらに生命力がもっていかれてしまいます。この中心と末端の兼ね合いも、カラダ作りの時には考えなければなりません

カラダ作りとしては、以下がポイントです。

王道としての
・生命力、脾腎の陽気をあげること。

手足末端をどう考えるかの観点からは、
・子宮、体幹の負担にならないように末端(手足を保護)

 

”冷え”の取り組みについては、3)でお話ししますね(^^)

1)”冷え”は注目の的!? 何が問題なのか考えよう。

冷え取り、冷え対策、

”冷え”は多くの人の注目の的ですねえ。

私は患者さんの”冷え”という訴えを素直には受け取りません!

それは、ご自身の訴えがかなり曖昧なのです。

たとえば、不妊とか、体調が悪いと言うことがあり、身体に注目するようになってから、”冷え”が気になった方。

もともと”冷え”がきつく、その”冷え”の状態からトラブルが生まれている方。

”冷え”といっても、その言葉がさしているものは、かなり違います。

”冷え”の条件

私が注目する”冷え”の方の条件は

・あきらかに触れたときに冷えている、体幹との差が大きい
・季節先取り、季節おそい
・他の人に比べて、一足先に”冷え”が進行
・足など芯から冷える感じがする(実際にふれると芯から冷えている)
・あかぎれ、しもやけができやすい

こういった芯から冷えるタイプの冷え性はなかなか手強いです。

このタイプで問題となってくるのは、

1)血流の悪さが引き起こす問題
2)血液凝固系の亢進が引き起こす問題
3)もともとの臓腑の力の弱さから、身体が温養出来ていない問題

妊娠の希望があれば、流産歴などとあわせて不育症のチェック※1もしたいところです。

”冷え” だけに注目するのではなく、いったいどうして”冷え”がでるのか?それは身体全体にとってどういう課題なのかということを考えていく必要があります。

もう少し”冷え”について深掘りしていきますね(^^)!
お話は続きます。

※1について
”冷え”の観点だけから、不育症のチェックをうけるのは、他の観点(不妊治療歴や、年齢など)をあわせて考える必要があると思います。不育症という概念は、その定義があり、定義を満たしてのちの不育症の検査という流れです。この観点は続きの不妊治療と”冷え”のところでおはなししていきますので、参考にしてください。