月別アーカイブ: 2019年7月

腰椎2番と肘の関係 ホモログの考え方

ホモログという考え方があります。

よく、足裏マッサージなどで全身が足裏に投影されていると考え、ここが肺とか、ここが頭とか説明がのっていますよね、あれです(^^ゞ。

同じ考えを、全身の色々なところで使うことが出来ます。

あるYouTubeの動画をみていたら、面白い説明がありました。

腰椎2番の(L2)のLineは、肘のLineと同じとして、腰から上に流れる膀胱経絡が肘から末端につながる肺経絡と関連があるとし(これは子午の関係です)その説明をなさっている動画でした。

背中の腰背部痛を、肘から先前腕のツボを使って直そうというわけです

もうちょっと説明をいれますね。
これは、L2(腰椎2番)のところと肘のところが同じであり、そこから上(頭側)にいくのと、手を高く上げてアッパーというのが同じということを示していました。
私は、この動画をみていて、イメージの使い方が非常によくわかりました。
私の中で、手の末端というのは、下に行くというイメージをもっていて、肘から指側にいくこととが、体幹ではどっちの方向になるのかが、わかりづらかったのでした。

 

動画でおっしゃっているのは、子午関係である肺の経絡と、膀胱の経絡の関係性。つまり肺ー膀胱での説明。これは間中善雄先生もよく使っていた空間的な取穴です


膀胱経の症状がL2のLineよりも上にあがれば、肘よりもアッパー(つまり末端)を取穴してくという説明です。ここに足があったら、逆側の脾のLineをつかい、膝のLineが同じようにL2であり、アッパーというのが末端である足先にいくのだろうと理解しました。
動画の世界、なかなか面白いです。
YouTubeの有料会員になってしまいました(^^ゞ

 

餃子大好き、タイムレース!

餃子、大好きです。休日に時間があるなと思うと、せっせと作って冷凍。

なんという幸せ、安心感。

手作り餃子の冷凍があると、今日の一品サブメインで迷ったというときに

大活躍してくれます。

さて、餃子といえば、一番の難関は包むこと。

これが手間がかかるので、普段の料理の中では出てきにくい要因です。

時間と手間がかかるからねえ。

ということで、どれぐらいの早さで包めるのかをやってみました。

大好きなモランボンの皮。一袋26枚入り。もち粉なしで挑戦してみました。

 

一回目が8分49秒。そしてだんだん早くなりますねえ。

26個でだいたい9分弱か。100個で30分強あれば包めるって事ですね。

それから、最近気に入っているのはポリ袋活用。

今回の餃子も、普段はボールに入れて作っていきますが、

ポリ袋やラップを利用して、なるべく洗い物を減らす努力をしました。

 

これは大正解。作り終わったあとの片付けがスムースで非常に気が楽。

お料理はハードルをいかに低くし、いかに種類を増やし、いかに自分の

手間をかけることをいとわないで出来るかがポイントだと思います。

楽しんでがんばろーっと。

 

#モランボン #包む #餃子 #料理 #保存食 #手作り #ご飯 #小田原 #食事 #ビッグママ治療

にんじんの白あえ

人参の白あえというと、佐藤初女さんと思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

森のイスキア、そしておにぎりというキーワードが浮かびます。

私にとっての初女さん定番はこの人参の白あえ。

豆腐をしっかりとゆで水を切ること。

くこ、クルミなどとあえること、

人参をちょっぴり甘めにゆであげることなどがポイントかな。

初女さんはクッキングペーパーなど使わないのですが、私は使わせていただいてつくってます。

でも、抵抗がありますね。初女さんを意識してつくるのならば、やっぱり布巾かな。

 

つやつやな人参。少し多めに作ったので、翌日には肉巻きに使いました。おいしかったあ!

 

ゴマをすると、ぱあっと香りがたちます。やっぱりすり鉢がいいなあ。

そして豆腐の水切り、しっかりと火を通した豆腐を作ります。

 

あえた豆腐美味しい(^^)

最後の写真を撮らずにパクパク食べちゃったので、

こちらのサイトを紹介しますね。

初女さんのお料理

夏?のガーデンシクラメン

冬の外庭に欠かせないガーデンシクラメン

原種系で強くてたくましい、冬の寂しさをしっかりとフォローしてくれます。

そしてい7月なぜか咲いています???

 

あれこれみても、開花時期は10月中旬~4月中旬となっています。

いま7月下旬。

んーなんでだー。

この鉢は冬に咲いたモノで一度は葉っぱばかりになりました。通常であれば、このあと葉っぱが全部落ちて球根だけになり夏越え。寒くなってくると再び・・・なんですが、今年の異常気象でしょうかねえ。花芽も結構ついています。ま、かわいいからいっか。

 

#原種系#ガーデンシクラメン#草花##開花時期#一年草##多肉#庭作り  ##小田原#お庭大好き#ビッグママ治療室

勇気と素直さは人生を変える大きな力。

勇気と素直さは人生を変える大きな力。

ある患者さん、

初診のときに、身体がぎゅーぎゅーと巡りが悪い感じがつよくありました。

形としては綺麗なんだろうけど、生きて、気血が環っている感じが少なく、

停滞してるという感じ。

補正する下着を着用しているということなので、

「下着は身体を守って保護してくれればいいんですよね。今の状態は、形は整っても、身体そのものは、気血の巡りが悪く息苦しそうですよ。下着を替えてみてはいかがでしょうか?」

こういったアドバイスをさせていただいても、これだけ補整下着をがっちり着ているということは、それなりのお考えがあってのことだと思いました。ですので、まあ徐々に気にしていっていただければよいかなあと思っておりました。

そして一週間後の2診目

ぱっとお腹をみてまるで別人のよう。思わずカルテを見直してしまいました。

非常にきつかった、上腹部(心下)のつまりも半減。

するとご本人が

「先生に言われたから、翌日に下着を全部買い換えたんです」と。

驚きました。

下着を替えた事による効果も驚いたポイントですが、

それ以上にこの方の ”素直さ” に驚いたのです。

いままで、この補整下着を着用してそれなりにご自身の目的があり、

満足があったと思います。

それをあっさり捨てて、かなりのお金を使って替えてみるというのは

かなり勇気のいる行動です。

そしてアドバイスを素直に受け入れる性格がなによりも必要です。

彼女には、勇気と素直さがあったということです。

勇気と素直さは、人生を渡っていくときに非常に大きな力となります。

特に何か目標があるときには大切です。

私は、お身体を拝見して、いろいろなアドバイスをさせていただいています。

そのアドバイスを受け入れるか、どうかは、受取手の課題です。

ある方に、

「あなたの状況では、新しい仕事と、体調の改善を同時進行で進めることは難しいので、まず体調の改善を先にして、目的をある段階まで達してから仕事のことを考えていくのがよいと思いますよ。」とアドバイスしました。

その方は、

「みんな、仕事しながら、治療も同時並行でやって、上手くいってるじゃないですか。だから平気だと思います」

そして、新しい仕事をはじめられました。仕事についても、寒い場処の出入りがおおい仕事は、今始めるにはあまり好ましくないのではと、現在の体調とあわせにアドバイスをさせていただきましたが、それについても、

「私は、この仕事が気に入ったんで」と。

人間は、自分の好みがあります。

その好みを補強する情報はすんなり入ってきます。

でも、好みに反する情報にはなかなか耳を傾けることができません。

そう、耳をなかなか傾けられないのが人間だなと私は思っています。

いま、寒いところの出入りがおおい仕事を、新たに開始するのはかなり負担が強いことが見えていました。それでも、新しいことがしたいというお気持ちはよくわかります。

こういうちょっとチャレンジャーな選択をしてしまうことは、私自身にもありますので、非常に共感ができるところでもあるのです。

それでも、こうやって、”勇気と素直さ”を武器に人生をすいすい乗り切っている方々をみていると、この素直に「すごい!」と驚く経験が、私に勇気と素直さの強さを教えてくれます。またアドバイスを忠実に実行したときの結果も示してくれます。

アドバイスの押し売りはしたくないと思っています。

ただ、長年の経験から、「このように選択した方がよりベター」というアドバイスを

個別具体的にさせていただくことは私の仕事だとも思っています。

ご自身の好みや弱点が長年の月日をへて、いまここにある。

これからの未来を変えたければ、今までのパターンをすて、新しい方法の選択をしてもよいのではないでしょうか。

勇気を持って、前に進んでいってください。

さて、この下着を替えた方、体調の変化としては

1)足のむくみが減った

2)生理前なのに体重が増えず、すんなりと生理になった

3)身体全体が軽い

4)夜の下着のあとがなくなった

ということでした。

治療もサクサクと進みました

それにしても、素直な人は行動も早いし、身体の変化も早いですねえ。

ねえ、ネコセンセ!