月別アーカイブ: 2021年5月

手相の話 結婚線6:結婚、恋愛にトラブル多発!?

6:恋愛にトラブル多発???

結婚線は小指の下の所に横に走る線です。

で、これに障害線の縦線がザクザクと走り、

格子状の模様を作ると、これは”恋愛、結婚にトラブル多発”警報です。

私は最近、YouTubeの動画で漫画をみるのが楽しみなんですが、

いろいろなパターンで、多いのが友達や兄弟の彼氏、彼女をのっとる。

いやいや、人のものやで〜と思いながらみるのですが、

人のモノだから美味しそうにみえるのもわからないでもないですね。

レストランで、人に運ばれた料理の方が美味しく見えるのは人の常。

まあ、レストランならば、次に来たときに頼めば良いですけど、

これを恋愛に突っ込んではいけません。

どうもこのタイプの人は、

・出会った後のトラブルが多い

・愛情運が凶で愛情傾向に問題

・危険な異性を好きになる

という傾向が強いようですねえ。

ううむです。

こんなときは、まず”理性で乗り越える”ですね。うんうん。

これが効かないのならば、小指をギュッとしたに折り曲げて

結婚線を濃くしましょう。

横線を強くして、運の流れをかえるわけです。

恋愛や結婚、

人生を歩いて行くときの、とても楽しく力強いアイテムです。

でも、それはまっすぐに伸びて、自分の人生と一緒に

二人三脚したいですよね。

あれこれとよそに絡みつくのは、面白いかもしれませんが

長い目で見て、あなたの人生にプラスにはならないのでしょう。

それはご自身でも感じるのではないかしらん。

とにかく、この傾向があるなと感じるのならば、

小指をぎゅっとおり、損得の理性をちょっと働かせて、

自分の中の小さい人にいいきかせてみたいですね。

世の中にたえて桜のなかりせば、春の心はのどけからまし。

桜がなければ春の心はのどかだと。

でも、桜がないとつまんないですよね。

恋愛も一緒。ないとつまんないけど、あってドロドロもまた人生をつまんなくしちゃいます。

さてさて、どうすればいいのやら

オババは皆さんを見守りたいです(^^)

 

 

不妊相談:治療を進める、ご自身で出来ることは?

不妊治療を進めるときには、”年齢要因” ”体外受精” ”病院情報”などなど
気になることがいっぱいです。0310

何をしたら良いのかと迷うことも多いかと思いますが、
案外、日常生活の改善が基本となることがあります。

今日はそんな方からのご相談です。

ご相談:
41才です。不妊治療をし頑張っているつもりですが、病院での治療が進みません。
なにか自分で出来ることはあるのでしょうか?

フルタイムで働いているので、食事も食べているだけで精一杯です。
なにをしたらいいのでしょうか?

ビッグママからのお返事

お忙しいお仕事のなか、赤ちゃんとの出会いのためにがんばっていらっしゃりますね。

お身体を拝見すると、

1)胃腸の力強さが足りない
(右の胃兪、公孫からー大都(SP2)のつっぱり感)
2)ストレス状態がきつい

3)血の道の滞り(瘀血)がある
(舌の右への歪、上焦の細絡やそのまわりの粗、脈の尺弦)

この3点が課題です。

全身の疲労感をとりながら、胃腸の力をアップさせ、気血の巡りを改善させていくことが
ポイントとなります。

ご自身で出来る具体的なポイントとしては

1)睡眠
夜は眠りましょう。
睡眠時間を確保することが不妊治療の第一歩です

睡眠について→

2)食事の改善をしましょう
昨年まではめちゃめちゃで、とにかく食べて空腹が満たされればいいという感じだったのですね。
食事は不妊治療の基本です。

・食事バランスガイドをよくみて、カウントしてみましょう
・タンパク質を食べましょう。
・子宮筋腫が気になるようですので、大豆製品以外でのタンパク質摂取を心がけましょう
・肉、卵、さかなをしっかりと
・果物、乳製品を手の平2つ分とりましょう。

食事バランスガイド

・弁証 脾虚肝鬱オケツ
・論治 益気補脾 疏肝理気 活血化瘀
・治療方針
まず生活改善が第一。その上で、脾気と肝気のバランスを取りながら調整していく。

生活改善というのは、不妊治療では王道です。
逆に言えばここを補ってくれる病院での治療はないのではないでしょうか?

まず取り組んでみましょうね。
きっと前に進むと思います。

治療経過:
初診より4ヶ月で妊娠 無事に出産

鍼灸治療と二人三脚で取り組んだ睡眠食事の睡眠改善のおかげで、赤ちゃんがすんなりとやってきてくださりました。

 

いつも調べていたブログが・・・・、貴重な資料を残したい

東洋医学の調べ物検索をかけていると、よく出てくるページでした。

九峰のブログ

すごい先生って世の中にいらっしゃるんだなあ、
有り難い有り難いなんていつも思っていました。
先日、検索をかけて調べ物をしたときに、
なんとなく、
なーんとなく違和感を感じて、
鍼灸仲間に『このブログの先生ってどなた?』と伺うと、

矢田修先生とおっしゃり、この春に亡くなられたとのこと。

えええええ!と驚いてしまいました。
何か感じた違和感はこのことだったんですね・・・。

勝手にいつまでもこのブログはあり、
更新され、
お話しが伺えると思っていました。

このブログ、消えちゃうのだとしたら余りに残念
ぜひ、ぜひ、残していただきたいです。

こういった個人の方のサイトで非常に深いもの、残される方法はないんでしょうかねえ。

矢田先生 講演

ビッグママ治療室