」タグアーカイブ

便秘のお話。 お灸でセルフケアしましょう。

便秘はやっぱり話題ですね。
よく相談をお受けします。

便秘の鉄板! セルフケア

とりあえず、鉄板は以前に紹介させて頂きました松本アキコさんの本。
基本的なことがしっかりと押さえてあるように思います。
松本アキコさん・小林先生便秘の話し

便秘に付き合う基本的なお話はこちら↑でさせていただきましたので、
詳しくはそちらを(^_^;)

そのうえで、やっぱり便秘は昔からのみんなの悩み事
灸歌があります。

☆灸歌
便秘には大横(SP15)、大巨(ST27) 腹結(SP14)に神門(HT7)
   章門(LR13)、大腸の逾(大腸兪(BL25)

とあります。

この大横(だいおう、SP15)、大巨(ST27) 腹結(SP14)はお腹のツボです。
松本さんの本にもありますが、おなかもみもみってのは、やっぱり効きそうですし、
このツボも効きそうですね。

案外、お腹の中央にツボは集中しています。本の揉むべきポイントはもっと外側なので、少しツボとは違いますね。

松本アキコさんの本で紹介されている、揉むべきポイントに、灸歌のツボをいれてみました。

お灸のポイントは気海(CV6)です。お臍のすぐ下にあります。

このツボは、お腹のパワーアップです。

 

お灸のポイント、気海のツボの使い方

もしお灸をするならば、私はこの1点に多壮灸(たそうきゅう・同じ点に沢山の数のお灸を据えること)をして、それからマッサージかなって思います。

気海(CV6)効きますよ。

 

 

 

 

 

お灸のポイント、神門の使い方

神門というのは、手にあります。


教科書的にはこんな位置→ですが、私はこんな感じでツボをとります。↓↓


手首の尺骨側(腕の骨です)のところ。尺骨頭の骨際を探し、コロコロしているポイントをとります。澤田流というお灸のポイントでもこのコロコロした神門を探すのがコツとされています。

このコロコロを狙ってお灸を据えます。
私はダイレクトにここを押さえてマッサージします。

これは気滞という気の滞りをとってくれます。肩こりや頭痛でも気の滞りが主因であればよく効きますので、同じように使ってみてください。便通でもスッキリです。

大腸兪(BL25)というのは背中のツボ。

大腸兪(BL25) セルフケア 脾兪(BL20) 腎兪 気海(CV6)
背中のツボはききますね。他のツボも一緒に使うのもOKです。是非お試しを(^^)

セルフケアのお灸:更年期、養生、健康up

更年期のセルフケア、お灸をしよう!

☆☆更年期からの身体作りのコツ

ちょっぴり衰えが見え始めた土台の力(腎気)と、

衰えをカバーするかのように頑張って生きる意思(肝)である気を張っての生活。

この腎気と肝気の二人三脚が老年期を支えていきます。

器(腎気)の大きさにあわせ、上手に気を張り、気張って生きる老年期の姿がそこにあります。

動画はこちら

動画で説明しているツボに少し追加してお話ししますね。

 手のツボ 曲池(LI11)、合谷(LI4)、

 足のつぼ 足三里、 三陰交、復溜(KI7)

 背中で、首の付け根のツボ 大椎(だいつい)

 背中のツボ 脾兪 腎兪(BL23) 次髎 胞肓(BL53)

 

腕のツボ:合谷、曲池

この二つが腕のツボです。

合谷(ごうこく)はとても有名なツボです。

身体全体の気の巡りをよくしてくれます。

便秘、頭痛、歯痛、なんとなく不調。合谷にお灸しちゃいましょう。

曲池は肘の外側。私はこの曲池に組み合わせて足三里を考えます。

この組み合わせは陽明経という多気多血つまり多くの気と多くの血が存在する経穴の要となるここは、空間的に考えている取穴ともなります。

また、ここに腎兪を組み合わせて考えると、腎という腰椎2番、臍の高さを空間的に肘、膝で取穴していくことにもなり、身体の土台の力をつけるという発想にもつながります。

 

配穴:組み合わせで考えるより効果が出るツボの使い方

 

ツボは1つ1つの役割で考えることもできますが、

組み合わせでより効果を出すこともできます。この考え方を配穴といいます。

私が治療院で患者さんに行うならばこれに、お臍も組み合わせ温灸などをして

効果をより強くしていきます。つまり土台の力(腎気)を育てる配穴として

腎兪、曲池、足三里と考えていくわけです。

足のつぼ:足三里、三陰交、復溜

下肢の経穴です。足三里は松尾芭蕉でも有名ですね。

芭蕉は奥の細道の出発にあたって、

『予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。もゝ引の破をつゞり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先心にかゝりて、住る方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、

 草の戸も住替る代ぞひなの家』

有名な奥の細道の序章です。

この芭蕉の、『ああ、旅に出たいという』浮き足だった感じがいいですねえ。

片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず
身体はおじいちゃん、心は少年の未来少年コナンならぬ、いにしえおじいちゃん芭蕉!
って、話しがそれました(^_^;)。

復溜(KI7)は少陰腎のツボ『腎虚すればこれを補う』とされる有名なツボです。

三陰交という肝、脾、腎の三つの経絡が交わる要所とも近く組み合わせてパワーアップです。

背中のツボ 脾兪 腎兪(BL23) 次髎 胞肓(BL53)

最後に背中のツボです。

背中のツボは養生にものすごく効果的です。

脾兪、腎兪、次髎とあげましたが、基本的にはその方の弱ったところをみつけて、

8-10個ぐらい選びます。

手足と違って自分ではやりにくいのが欠点ですね。

治療院では、印をつけて、ご家族にやっていただいたり、シールをはって

ガイドにして、ご自身でやっていただくようにもしています。

これらツボを参考にしていただければと思います。

肝兪、脾兪、腎兪、大腸兪、次髎です。

お灸はこんな感じでしてくださいね。

肩の前面の痛み、膝の内側のツボにお灸しよう。

☆飛躍的な薬物療法の進歩がある慢性関節リューマチ

慢性関節リューマチで悩む方は多いかと思います。

現在は、薬物療法が非常に発達していて、関節の外科的手術なども減り、治療の進歩が著しい病気のひとつdす。

そうはいっても、リウマチでの内服薬は、全身に効いてしまい『なるべく薬を少なくしたい』という思いを持つ方も多いですね。

私は薬そのものはやはり使っていただきながら、体調をあげ、生活しやすくなるようにと願っています。

 

☆リウマチ、いつもの痛みに加えて肩の痛みの出現

さて、今回は肩の前面の痛みです。

手の関節や足など不調は波がありながらもなんとか薬と鍼灸でコントロール出来ている感じの方。ただし、気圧の変化、気温の変化、冷えなどで様々なトラブルを引き起こします。

1週間ぐらい前から、右肩前面が特に痛みがきついとのこと。

ざくっと触ってもらって肩の前面から大胸筋部。

今回は遠隔取穴での対応としました。

 

☆肩の痛みを膝のツボでケア!セルフケアも簡単

痛む右側の肩の反対側左の膝内側のツボを使います。

鍼をして、その隣にお灸をおきます。

お灸を3回ほどおこなうあいだ、痛む右肩を動かしてもらいます。

このお灸をしながら肩を動かす間にも痛みが軽減

その後、全身のパワーアップのために、背部の経穴と、背骨の経穴を鍼と温灸でパワーアップしていきます。

大きな三角の温灸で督脉を暖めます。
また、脊柱起立筋上にある経穴は温石であっためていきます。

横から見るとこんな感じ

この督脉の三角温灸は私も大好きで、週に1度は副院長に治療してもらっています。
身体の養生にぴったりですよ。

 

 

☆治療経過

治療直後も調子がよく、1週間後もよいそうです。
またリウマチそのものの調子もよく、身体が軽いとのこと。
よかったですねえ(^^)

局所の症状って、局所そのものを使うと治療の組み立て的にバランスが崩れるのですが、遠隔の場合はその崩れがすくなく組み立てられるのでいいなあって思いまする。

モクサアフリカと直接灸

間中善雄先生の灸療法と、モクサアフリカの本 WEB済み

最近、本はなるべくタブレット購入です。先般、旅行にいくので、Kindleのアンタイトルで読み物をさがしていたら、こんな本をみつけ、その中に間中善雄先生が登場。このところ本当にご縁だなあ。

先日、間中先生流としてハイー膀胱(子午の関係)が私の表裏システム(^^ゞというご紹介をさせていただきましたが、臨床的にはあとイオンパンピング(これは私はいままったくやってません)に、刺絡(これは話題が出るだけでその治療院ではみたことがありませんでした)、そして直接灸でした。

直接灸は本当に沢山やりました。とにかくせっせせっせとやりました。
それが間中流かどうかを考える間もなく(^^ゞ、パカパカと。
患者さんの方が慣れていて、初心者不慣れな私に

『数はオレが数えるから、オマエはどんどん灸を入れていけ』と指導が(^^ゞ。

この方はリウマチの患者さんで、頭、背中、下肢と20箇所ぐらい施灸指示がありました。
患者さんとしては、1箇所集中よりも、リズミカルに全身をスタスタと施灸される方がよいようで、
カウントはオレがするからオマエは施灸に専念して、リズムを乱すなという暖かい指示でした。

こんな日々を繰り返すうちに、施灸が自分のものになったかなと思います。

このところは、自分は印をつけるだけで施灸は副院長に任せてしまうことも多くてジグ道してます。
また最近は悲しいことに老眼(^^ゞ、お灸がしっかりと見えませんが、それでも
さくっと出来ちゃうのは勘と経験からでしょうか(よい子はそんなモノに頼らずに、メガネを掛け替えましょう)。

この本は、他に深谷流や原流などなど多くの流派や、病名に対する

臨床における灸療法: モクサアフリカがまとめた、200の疾患に対する日本の名人達の灸治療法 (モクサアフリカジャパン)
マーリン ヤング

うちの枇杷の木です。
枇杷の葉っぱもお灸で有名。
ちょっと前の実がなっている頃です。