鍼灸」タグアーカイブ

不妊相談:採卵しても空砲ばかり。大学病院での治療?

不妊相談にお答えして:31才、採卵しても空砲ばかり。大学病院での治療は間違っているのでしょうか? 0123

長年、不妊の治療に携わっていると、婦人科疾患のある人の方が、『早く不妊治療をスタートさせる傾向がある』ということに気がつきました。

つまり、20代の頃から、子宮卵巣にトラブルがあり、婦人科などの受診歴が多い方の方が、『もしかしたら妊娠できないかも』『子供をもてないかも』と意識なさり、結婚されると、早く妊娠しようと努力なさります。

婦人科疾患があると、妊娠に先立ち手術が必要だったり、不妊の治療でも多くの課題に突き当たることは多いのですが、それでも、不妊治療の最大の味方である年齢要因に余裕があるため、結果的に上手くいくことが多いなと感じます。

今回のケースはそんな31才の方からのご相談です

ご相談:
31才です。20代から子宮内膜症やチョコレート嚢胞があり、破裂したり生理がきつかったりと色々なことがありました。

卵巣のことや子宮のことが心配だったので、万全の体制を整えて妊娠したいと思い、
仕事もやめました。不妊の状態になりたくないと思っていたのです。

婦宝当帰膠という漢方薬がよいといわれ、かなりの金額をかけて他の漢方薬とくみあわせて
飲んでいますが、効いた感じがしません。

自分なりに、かなり身体作りを取り組んでいるつもりです。
不妊クリニックにいったところ、子宮内膜症のチョコレート嚢胞の手術を勧められ
大学病院に転院し受けました。

そのまま大学病院での体外受精も受け、強めの排卵誘発剤をしていただきましたが、
年齢の割に卵胞が育たないね、薬の反応が悪いねと言われてしまいました。
採卵も、結局空砲ばかりで、なんとかできた受精卵を凍結し、先日移植したものの全くせずと
いった状態です。

最近は、とてもつかれやすくストレスに弱くなっているなと思います。
胸が詰まったり、肺や心臓が詰まった感じがすることも、しばしばです。
めまい、吐き気、動悸などもあります。
MRI レントゲン、血液検査などはすべて以上がありません。

私はこれからどうしたらいいのでしょうか?
なにをすればいいのでしょうか?

 

ビッグママからのお返事。

婦人科の症状でいろいろと大変だったようですね。
病院の先生も、いろいろな努力をなさってくださっていたのかなと思います。
がんばってこられましたね。

31才という年齢もあり、強めの排卵誘発剤を使ったことそのものは
よかったのだと思います。

卵巣刺激は、やってみないとわからないことも多いのかなと、不妊治療に
ご一緒させていただいて思います。

確かに、強い刺激で、多くの卵が採卵でき、凍結ができると、
コストパフォーマンスはとてもいいのかなと思います。
また年齢が若いのですから、『移植すすれば妊娠するもの』と
思われるのも無理はありません。

そこが一筋縄ではいかないのが不妊治療ですね。

体外受精は、卵管の通過障害だけが唯一の課題であるばあいは、非常にすんなり
いくケースも多くあります。
しかしながら、卵巣の状態、卵胞の空砲率、受精障害、卵の質、着床障害、不育症と
体外受精に挑戦してみると、案外多くの問題が明確になってくることもあります。

今の状態のまま、体外受精を繰り返しても、同じ事の繰り返しになってしまう
可能性が高いのではないかと思います。

体重がBMIで18.03です。まず体重をBMIの19.5まであげるような
栄養を受け止められる身体作りをしていきましょう。

空砲がある程度混じるのは仕方がないと思います。
しかしながら、ちゃんと移植できる卵ちゃんが出来ていますよね。
そして、ご自身が低体重児だったということを気になさっていますが、
しっかりとご自身もいまここに存在しています。
だから地震をもってください。

あなたの卵をしっかりと受け止める子宮の力をつくっていきましょう。
やるべく事をしっかりやって、身体に余力をつけて赤ちゃんを
お迎えしましょう。

すべてを妊娠にむすびつけ、なんでもかんでも頑張るのではなく

お子さんが欲しいと一緒に願えるパートナーがいること、
金銭的に体外受精が出来る恵まれた状況であること、
年齢が若く二人の時間を楽しむ状況にもあることなど、

ご自身の手の中にある幸せをもう少しゆっくりと味わってよいんだと
思います。

そして、やるべきことをして、お身体に余力をつけて、卵ちゃんをお迎えしましょう。

経過:31歳 ビッグママ治療室には体外受精の胚移植のみの時期のみで来院ー妊娠せず。
体外受精の時期だけお身体をケアすればOKとなる状態ではないですよと説明させていただく。

その後(32歳)、ご本人が納得されてカラダ作りのために来院することとする。

32歳  4月 体外受精 1個採卵 一個胚盤胞凍
着床はするも妊娠継続できず。

10月 体外受精 3個採卵2個受精 (採卵数少し増えた)
11月自然周期で移植 妊娠せず
右股関節 もともと先天性股関節脱臼 外れたらぶらぶらさせないとダメ
→バイオネックス、腸骨の調整 経過良好
33歳  採卵、フレッシュ胚盤胞で移植 化学流産
2ヶ月後月採卵ー凍結 不育症の検査問題なし
4ヶ月後HR周期での移植ーー排卵済みで移植見送り
5ヶ月後 自然周期での移植、シート法+胚盤胞移植→βhcg200越え
6w ぎっくり腰になりそう、胎嚢見えた
つわりが非常にきつい 内関パイオ
9w越え!
22w 頚管少し短いかもと言われた
つわりはまだきつい、夕方になると体調が悪くなり気持ちが悪い
30w 食事をすると動悸がする
夜に腹がはる
39w まだ赤ちゃんの位置が高いと言われている
鍼灸治療後、ぐっと赤ちゃんが下がる
34歳   鍼灸治療より5日後、無事に陣痛がきて3000㌘弱の元気なお子さんを自然分娩。

結果:初診より2年ほどかかりましたが、無事に赤ちゃんが授かりました。
よかったですねえ(^^)

あとがき:
いままで一度も体外受精をやったことがない方は、金額も、治療方法も格段に異なる体外受精に関して『体外受精をすれば妊娠出来る』とイメージを広げがちです。

しかしながら、現実には30代前半のこの症例の方のように若い状況であっても、”採卵数が少ない” ”移植しても妊娠しない”
”空砲が多い” などが続くケースが多くあります。特にチョコレート嚢胞や子宮内膜症などの既往がある方の場合は、
採卵しようとしても取りにくい位置にあるなどのことも多く、FSHなどは問題がなくとも、実際の薬の反応が悪かったり、
よい条件の卵が採れなかったりということに直面します。

こういった状況では、年齢が若ければ、採卵見送りも当たり前のこととしながら良い条件で出てくるのをじっくり待つのも選択肢ですし、年齢が高ければ採卵技術がしっかりした不妊クリニックへ転院することもよいかと思います。
また、体重の低さ、子宮内膜症やチョコレート嚢胞などと食事の関係も明瞭なので、指導を受けることもお勧めします。

採卵数が少なく体外受精でも妊娠しない(34歳出産)

妊娠前後の体重管理が大事だというお話です

子宮内膜症について 日本産科婦人科学会のwebより
ストレスも不妊のきっかけになりますね。ストレス不妊

 

ご相談にお答えして:副鼻腔炎が辛いです。妊娠中で薬が飲めません。どうしたらいいでしょうか?

妊娠中の方からご相談をいただきました。

妊娠中はいろいろなトラブルがありますね。ただ、妊娠中であるので、お腹の赤ちゃんのことが心配。薬などもあまり服用したくない時期でもあります。

鍼灸はそんなときに大きな力になります。症状を取り去るということに注目すると、赤ちゃんに対して負担になってしまいます。でも、ご自身の力をアップするという方向にすると、体力がつき、結果として辛い症状が軽減するようになります。

ご自宅での養生お灸がとても効きますので、試してみてくださいね。

 

ご相談:

いま赤ちゃんを妊娠中です。もともとあった副鼻腔炎がひどくなり、耳の両方がふさがった感じと、鼻の重さがとても辛いです。

妊娠前から、顔の左半分が痛み副鼻腔炎と診断されました。頭痛もひどく左側が痛いです。肩こりも左側が痛いです。

また足の静脈瘤もひどく困っています。これは36才での一人目の子供を妊娠中からひどくなり、今回もとてもひどい感じです。

妊娠中ですので、薬も飲めず、お医者さんも『仕方がないね』という感じです。

私もある程度は仕方がないかなと思うのですが、体調そのものも悪いので日々がつ賴です。何か出来ることはあるのでしょうか?

 

私からのお返事

40才での二人目のお子さん妊娠とのこと。

妊娠というのは、お母さんの身体そのものの多くの負担がかかります。

とくに、上のお子さんがいらっしゃりますから、日々もお忙しいでしょうし、

また年齢的にも少し妊娠そのものが負担になりやすいお年頃ですね(^^)

お身体を拝見すると、東洋医学で考えるところの身体の土台である《腎の力》と

胃腸の力《脾の力》が不足したために、なんとか身体が頑張ろうとして、気の鬱滞、血の鬱滞をおこしていると思われます。

妊娠ということは、お身体の中心で抱えている赤ちゃんを、しっかりと上向きのベクトルで支えようとします。ですので、どうしても全体には上向きのベクトルが

強くなり、身体の上部の症状(副鼻腔炎、頭痛、肩の凝りなど)が強くなります。

この強い上向きベクトルそのものは、妊娠の継続にとても大切なので、

私は【仕方がない】部分でもあると思います。

ただし、身体の支えである腎の力、脾の力が弱いと、より頑張って支えなくっちゃ!ということで、上向きのベクトルが強くなります。

土台の力である脾腎の力を強くして、妊娠生活を楽しく元気に過ごせるようにしていきましょう。

治療、養生の経過

週に1、2度の鍼灸治療、ご自宅での養生お灸

鍼灸治療:大巨(ST27)、胃兪、三焦兪、左の外関、足三里。静脈瘤のお灸

ご自宅での養生お灸:お臍の棒灸 胃兪、三焦兪のお灸

耳の詰まり、副鼻腔炎などがおちつき、頭痛なども軽減。

静脈瘤がかなり減った。身体と気持ちが楽になった。

下肢静脈瘤のご自身でのケア、このサイトに紹介があります。またあまり辛いときには手術も検討の余地がありますよね。ご自身に一番よい方法がみつかりますように!

また、妊娠中の鍼灸ケアも多くしています。ご相談くださいね。

妊娠中アンケート

人間が1回の妊娠でひとりしか出産しないのはなぜ? AMHの謎②

人間が1回の妊娠で一人しか出産しないのはなぜ? 

「先生、AMHが1.0でした。私もう無理なのでしょうか?」

39歳の女性からの訴えでした。
年齢が39歳ですので、IVF-ET(体外受精ー胚移植)などの治療を勧めながら
鍼灸治療をしていきましょうと治療を始めた矢先の出来事です。

このご質問に対して、以下の様にお答えしました。
「このホルモンの値は、確かに良い状態、つまり卵巣年齢がわかければ、いろいろな卵巣刺激の方法を
使うことができ、可能性は広げやすいということです。

しかしながら、じゃあ数字がよければ妊娠するのか?といえばわからないとしか
いいようのない数字ですよ。」

私は20年以上不妊治療に取り組んでいます。
その経験から言えば、この数字が1を切っている方でも、大勢妊娠なさっています。
そして逆に、年齢が若くても、この数字がよくても、とても妊娠に苦労し、やはり妊娠に
至らなかった方もいらっしゃります。
この数字だけでは一概にはいえないというのが現状だと認識しています。ご自身の状態を理解するための参考となる数字ではあるけど、この数字だけでは色々なことを判断し得ないのです。

卵巣年齢が若く状態がよければ、生理3日目に出てくる卵胞の数が多いです。
そして人間は基本的に1回の妊娠出産は一人ですよね。
ここで、不思議に思いませんか? 
ニャンコだと3,4匹、ネズミだともっと多いですね。

これは、生理三日目あたりの卵胞が10個あったとしても、一番よい卵胞だけ大きくなり
あとの卵胞は淘汰されていき、排卵時には1つになるということです。

そしてだんだん、生理三日目に出てこの周期にエントリーする
卵胞の数がすくなくなっていきます。
そう、最初にエントリーできる数が減ってくるというわけです。

人間は最終的に1個排卵する生き物です。だから1個排卵してくれれば妊娠は可能です。
逆に言えば、1個でも排卵しているうちは、妊娠する可能性はあるということで、
避妊はしなければならないということです。

まあ、生殖は淘汰とセットです。生理三日目にエントリーしてくる数が多いと言うことは
淘汰が大きいと言うことですので、より妊娠しやすい卵が排卵してくるだろうということは
理解できます。これが若い人は妊娠しやすいということにつながると思われます。

妊娠のことばかり考えていると、AMHが悪いから妊娠できない!なんて思っちゃいますが、
逆に避妊をしたい人がAMHが悪いからあなたは避妊しなくても大丈夫だよなどというドクターは
いませんよね(^_^;)昔から40代後半の自然妊娠はあるのです。

長年不妊治療のおつきあいをしていると、体外受精は年齢要因、
つまりAMHの要因を救わないという実感です。

年齢要因での妊娠挑戦は体外受精が必須ではなく、
自然妊娠への挑戦でも同じ条件であるということです。
実際、自然妊娠でも45歳出産の方はいらっしゃりますし、体外受精でも同じです。

ですので、いつか体外受精をすれば妊娠できるのだから、まあ急がなくてもいいやと
思っている方がいらしたら、それは違うと思います。
年齢はわかいほうがやはり妊娠しやすいという歴然とした事実はあります。
もし妊娠を考えていらっしゃるのならば、一歩前に行動を進めた方が
よいのではないかなと感じます。

写真はプリントして壁や写真コーナーに飾ろう

写真はプリントして壁や写真コーナーに飾ってあります。

昔ある方が写真を5.6枚組み合わせて一つの額に入れ家の中に沢山飾ってありました。
老人の二人暮らしの家でしたがなんだかとても賑やかで活気があり、

「あ、これは写真からだ」

と思ったのでした。
以来、私は「写真は見えるところに飾るものだ」と思い、
あちこちに置いています。

そうするとやっぱり楽しいし気持ちが嬉しい。

旅行に行ったときの写真、
わんにゃん写真、
家族の思い出のシーン、
私のお気に入りなどなど。

そこには楽しさが歌を歌ってくれているようです。


おいおい、テーブルにのるのは禁止だってばあ!>ネコ様
#写真 #飾る #犬猫 #自然 #猫 #花 #小田原 #お庭大好き #ビッグママ治療室

やってきたこと、やっていきたいこと。

やってきたこと、やっていきたいこと。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年はねずみ年、ぴかちゅ!の年です。
楽しい一年となりそうですねえ〜わくわく。

さて、ずっと鍼灸院をさせていただいております。
ときどき、『どっかを押せばずばっと治るツボありませんか?』と患者さんに聞かれます。
鍼灸歴も長くなってきて、後輩にもあれこれと聞かれることも多くなってきたのですが、
その中にも、この手のぱっとやってぱっと治る事を求める質問を多く頂きます。

確かに、私自身、1回の治療で症状を改善できるような状況にあるときには、そのようにすることも
ありますし、みなさんの貴重なお時間を使ってきて頂いているのですから、最大限の効果を考えながら
治療を組み立てているのはいうまでもありません。

しかしながら、人にとって一番大事なポイントはどこなのか? どうやっていくことなのかという
事が本当は一番大切です。

私は、『人を診る』ことが自分のテーマです。鍼灸とか東洋医学とかあまり関係なく、人を診るのが
凄く面白い。で、その人を診るための手段としての東洋医学的な手法(四診とか弁証論治)は
使い勝手がよく人間理解がしやすく、『人を診る』ことがより楽しくなります。

一発で治る鍼灸も、上記『人を診る』ために使った弁証論治があれば、この人にとって
人生を歩んでいく上で何が必要なのかもわかります。今回の治療だけではなく、あなた自身にとって
一番必要なモノはどういったことなのかを一緒に考え、提示させて頂きたいと思っています。
まあ患者さんが納得してくれるかどうか別ですが(^_^;)

この人間に対する理解がなければ、鍼灸の方向性もないと私は思っています。だから私自身の興味もあり、鍼灸の方向性を決めるこのやり方がベストだと思います。

その上で。遠隔診の研究も続けていきます。この観点は今後も自分の臨床の力をあげ、
いままで漠然と使っていた開・合・枢理論や子午などがシステマチックに
使えるようにしていきたいと思っています。
バラバラだったホモログの考え方もあわせて、重ね、一体としてみるときに空間的なイメージを使えます。
これはオモシロい!。

この遠隔鍼の私が今のところ感じる欠点は、それぞれがバラバラで、
説明のための説明をしすぎている点と、特効穴的なところに頼りすぎているところ。
これは『人を診る』という観点からの弁証論治的な見方をベースにすることで
この問題点を十分補えるという実感があります。(っていうか、生命観を用いて全身的にみる
発想をベースにしないと遠隔診は逆により難しいって気がします)

やっぱり、一番は『人を診る』こと、ここが大きなポイントです。
人を診るということをしておけば提示できるアドバイスも広がります。
症状をみるのではなく、『人を診る』です。
人生が楽しく、充実したものでありますように(^^)

今年もよろしくお願いします(*^^*)