症例集」カテゴリーアーカイブ

3年にわたるストレス不妊、鍼灸で即解決! 0007

妊娠は不思議なもので、別に取り立てて問題がなくても、精神的なプレッシャーや、ちょっとしたことで糸がからまり、妊娠につながらないことがあります。

本当に不思議です。

今回は、おじいちゃんを中心とする舅姑や親戚からのプレッシャー、非協力的な夫という困ったちゃんを背負った女性からの不妊相談です。

症例はこちら→3年にわたるストレス不妊、鍼灸で即解決! 0007

ご相談

3年前に結婚しました。

舅姑、そして祖母祖父から「早く孫を!」と常に言われています。
『鯉のぼりをいつ買えばいいんだ?』などといわれ、とても精神的に辛いです。

体重も落ちてしまい、30日ぐらいだった生理周期が90日近くになってしまっています。これではかえって妊娠しづらいと思うもののどうしようもありません。

病院へは2年ほど通っていて、基本的な不妊の検査は問題がありませんでした。

ドクターは取り立てて問題がないから、もう少しこのまま排卵誘発などして、様子を見ましょうと言うことです。

夫はまだ一度も病院に行ってくれていませんし検査もしていません。夫の両親や親戚が『早く子供を!』というのに、夫は協力してくれないのです。

ストレス不妊

ストレス不妊

若い頃から肩こりが辛く、目の疲れも辛いです。ストレスで食欲不振と成りご飯が食べられないときもあります。

どうしたら、早く赤ちゃんが授かるのでしょうか

ビッグママからのお返事

子供をというさまざまなプレッシャーで押しつぶされそうですね。
典型的なストレス不妊だと思います。

協力してくれない夫、そして孫、孫とプレッシャーをかけ続ける舅姑!!。
もう、お宅にお邪魔して、「何言ってんですか!!」と申し入れたいぐらいです。よく我慢して今まで頑張ってきました。

ご主人とよく話し合って、いままでご自身の肩だけに乗せてきた不妊のプレッシャーを
半分受け持ってもらいましょう。

結婚して、子供を授かることが許されているということは、本来とても幸せなことです。
その幸せが逆に辛いことになってしまっていますね。

気分転換をして、楽しく生活できる工夫をしてみましょうね。
いままで十分頑張っていらっしゃるので、少し息抜きをしましょう。

治療院でお教えしたお灸を毎日ご自宅でなさってくださいね。
ご主人に手伝ってもらうと楽でやりやすいですし、いままで赤ちゃんの
ことは奥様にまかせっぱなしのご主人にとっても、一緒に考えてくれる良い機会になるのではないかと思います。

お若い二人です、早くコウノトリが来てくれますように!

西洋医学的な不妊治療の方針について

さて、西洋医学的な不妊治療についてですが、結婚して3年。女性側の排卵を誘発するばかりの治療ではめどが立たない段階なのかもしれません。ご主人の検査もすませ、ステップアップが必要ならば考える時期でもあります。

体外受精はまだ考えたくないということ、また年齢的にもお若いですし、とにかく、ストレスがきつい今の身体の状態を改善し、生理が規則的にくる状態にしていきましょう。1年ぐらいは東洋医学で様子をみてもよいと思われます。

生理が規則的にくるようになっても、妊娠が成立しなければ、IVF-ETなどの
ステップアップも視野に入れましょう。

東洋医学的な診立て

・弁証 腎虚肝鬱
・論治 益気補腎 疏肝理気

治療経過:4ヶ月にて自然妊娠〜出産へ

遠方のため2週間に一度の鍼灸治療、毎日の自宅施灸

初診時治療:
列缺ー足三里(灸頭鍼)ミニ灸合谷、列缺 右申脈ー臨泣 三焦兪腎兪(鍼、温灸、ミニ灸)ミニ灸右次髎

3診経過後:生理前のイライラが減少、生理の塊が沢山出た

4ヶ月後、9診にて自然妊娠。妊娠後も1,2週間に一度の鍼灸治療。31歳無事の出産。

☆素早い自然妊娠に至った理由

妊娠を希望して3年あまりの不妊経過でしたが、9回の鍼灸治療をおこない、4ヶ月ほどでスムーズに妊娠出産されました。

ご主人をどうやって病院に引っ張っていこうかと患者さんと二人あれこれ楽しく!考えながらの時間が過ぎるうちに、あっという間にコウノトリがやってきました。それほど「ストレス」や「プレッシャー」というのは、身体に、そして妊娠に悪影響を及ぼすのですねえ。一緒に真剣に!、そして冗談交じりにダンナさんを病院に引っ張っていく方法を考えた日々がなつかしいぐらいです。メンタルやストレスは何事にも大きな影響を与えます。とくに不妊治療で夫が非協力的、そして夫家族からのまごまごプレッシャーというのはたまらないストレスで、この患者さんはその圧力やストレスにめげずによく頑張られたなあと思います。

無事に第一子を授かったあとは、続けて、第二子、第三子とご出産なさいました。
子だくさんを望んだご本人や、同居のおじいちゃん、おばあちゃん、おおじいちゃん、おおばあちゃんのお喜びが目に浮かぶようです。賑やかなご家族なのでしょう。

おじいちゃんも、おのぞみどうりに、鯉のぼりを沢山お庭にあげていらっしゃることだと思います。

☆不妊鍼灸のポイント

不妊鍼灸 0007

不妊鍼灸としては、一番力の出せる、腎虚肝鬱パターンです。つまり、ストレス状態を解消し気の鬱滞をとりのぞき、全身の気の昇降出入をスムーズに行えるようにしていくことが目標です。

経穴解説もいれておきますね。ちょっと専門的ですし、基本的には素直な取穴が第一だと思っています。ご参考まで。

不妊鍼灸 腎虚肝鬱 経穴解説

 

 

不妊:相談 『卵の質をあげてからの二人目出産まで』③0032

不妊:相談 『卵の質をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?』①

ご相談:
30才の時に卵管狭窄と言うことでFTの手術を受けました。その後妊娠をしないのでステップアップし、体外受精や顕微授精などの高度生殖医療を繰り返していますが、妊娠できません。


卵の質と真正面から向かい合った不妊治療、無事に第一子の出産を成し遂げることができました。

 

卵子の質はよくなるのでしょうか?→①、②へ
治療の提案

治療の提案 治療頻度 治療方針

この提案をしっかりと守っていただき、無事に第一子の妊娠ー出産

治療経過

初めてよい卵ができるまでの、治療経過

1)週に2回の治療院での施術
2)毎日の自宅でのお灸
3)散歩などの運動、
4)お肌が綺麗になると言われている時間である10時から2時の睡眠
5)食事バランスガイドに従った、食事の改善

などを実行、無事に「グレードのよい卵」がとれ、第一子の出産とつながりました。

治療経過

治療経過

初めてよい卵ができるまでの、治療経過

さて、そこから続きの物語です。

出産から1年三ヶ月後、再初診。

残った凍結胚

残った凍結胚 お宝

BMIが16台にまで体重低下。
出産後、仕事やそのほかいろいろなことがあり、とても忙しかった。
腎虚を中心とした気虚が深くなっている。
一時期は体重が42キロまでになってしまった(前回妊娠時50キロ)いま45キロ。
患者さんへは体重がせめて3キロほど増えてから、不妊治療を再開するようにアドバイス。
以来週に1回の鍼灸治療を開始。

1年後、体重も戻り、体調も良くなったので、前回採卵してある凍結胚盤砲を移植
無事に妊娠。

残った凍結胚

無事に3200㌘越えのベビちゃんを出産(37才)

・二人目の出産について、
一人目の妊娠時まで体調を戻すと言うことは非常に大きなポイントです。このケースでは、出産後に体重が大きく減ってしまうほどの体力的な負担があり、ご本人は移植を希望なさっていましたが、「お宝の凍結胚盤砲なのだから時期を選びましょう」とお話しし、体重がもどるところまでまっての胚移植となりました。

長らくの不妊治療でした。
数々の採卵を重ねてやっとできた、2つの良好胚で二人のお子さんを授かり、よかったなあと思います。

治療を振り返って

20代から始まった不妊治療。体外受精を繰り返すも、『卵子の質が悪い』ために治療が進まず妊娠できないという状況でしたね。

この『卵子の質が悪い』と言う状況のなか採卵で使う薬剤を工夫をしたり、いろいろな方法を取り入れ毎月のように採卵の周期に入りがんばっていらっしゃいました。しかしながら、やはりドクターの仰るとおり、『卵子の質』そのものが悪いという改善は体外受精や顕微授精などの高度生殖医療受精を繰り返すことだけでは無理だったと言うことなのかなと思います。

『卵子の質が悪い』というときには、西洋医学的な発想の治療は少しお休みしてよいと思います。

そして、ご自身の生命力upということに全集中がよいです。このご自身の生命力upをどのような形で行うのがよいのかということは、なかなか自分自身で自分がわからないということがあるので、不妊カウンセリングを受けたり、体表観察というお身体を見る方法にて1度アドバイスを受けることを強くお勧めします。

同じ事を繰り返していては、前に進みません。そして時間が一番大切な不妊治療において、時間の無駄使いをしてしまうのです。

 

『初めてグレードのよいと言われる受精卵が出来ました!』

というご本人の踊るような言葉をいまでも思い出します。
地道な、地道な努力を続けてこられたからこその言葉です。

結局、数限りない体外受精の中で、たった二つできた『グレードのよい受精卵』でお二人のお子さんが授かり、お母さんになりました。

ご本人の、迷いのない努力のたまものだと思います。そして努力の方向を間違えないことが大切です。

 

卵の質をあげるには② 

卵の質をあげるには①

 

ビッグママ治療室

日本産科婦人科学会 登録データ集

不妊:相談 『卵の質をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?』②0032

不妊:相談 『卵の質をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?』①

さて、実際の治療が始まってからの経過をお話ししていきましょう。

 

ご相談:
30才の時に卵管狭窄と言うことで手術を受けました。その後妊娠をしないのでステップアップし、体外受精や顕微授精などの高度生殖医療を繰り返していますが、妊娠できません。


採卵は10回以上していますが、空砲や変性卵ばかりで卵が採れたのは4回だけ。前回の採卵も3つ卵胞がでてきましたが、1つは変性卵で2つは空砲でした。そして採卵できた4回の卵もすべて、『卵子の質が悪い』ということです。

病院の先生からは、夫の精子は問題がない。卵胞はあり、数も出るが、卵の質が悪いために妊娠につながらないと言われています。年齢が若い(32才)のに卵の質が悪いと何度も言われました。そして『卵子の質は薬では改善できない』とも言われ、絶望的な気持ちです。

卵子の質はよくなるのでしょうか?

私からのお返事
年齢が若いのに体外受精をしてもなかなか妊娠できないというお悩みですね。

西洋医学的な大きな問題はないのかと思います。また問診上はさしたる問題がなく、ご自身では体調不良と感じることはないということですね。

東洋医学的な方法を使い、脈や舌、お腹や身体にある経穴をみることを総合しながらお身体を拝見していきますと、身体の充実度が不足しているために、生命の土台の力(腎)が弱く、全身をしっかりと温め、養うことができていないことが明瞭です。

また、全体に皮膚が薄い感じがあります。この状態は、体外受精をしてなかなかよい卵子ができないという方によく診られる状態です。つまり、身体の余力がないために、全体に薄っぺらくなってしまっているのです。これがさしたる問題は感じないのに、体外受精を行うと、『卵子の質が悪い』という言葉につながってくる所見です。

課題を整理しましょう

食べ物をしっかり消化吸収し栄養滋養を受け取り、身体に配分できるような力をupしていきましょう。そして皮膚や身体の隅々までまでしっかりと養えるような身体に余力をつけるようにしていくことができると、『卵子の質』もあがります。地道な道にはなりますが、卵胞が出来ていると言うことは、生殖の力はあると言うことだと思います。採卵を繰り返すよりも、いまはご自身の生命力をupさせることに集中しましょう。

東洋医学的な見たて
・弁証 腎虚を中心とした気陰両虚 肝鬱化火 風邪の内陥
・論治 益気補腎 疏肝理気 疎風散寒
・治療方針 第一に風邪の内陥を取り去り肺気への負担をとる。
また肺気そのものをたてることと、腎の陽気を温養することで脾胃を助け、結果的に肺気への充分な養いが届くようにする。五臓の充実により、任衝脉の充実となるようにしていく。

治療の提案 治療頻度 治療方針

治療の提案
1)週に2回の治療院での施術
2)毎日の自宅でのお灸
3)散歩などの運動、
4)お肌が綺麗になると言われている時間である10時から2時の睡眠
5)食事バランスガイドに従った、食事の改善

などをお勧めします。
気負わず、力を抜いてはじめましょう。

治療経過

治療経過

初めてよい卵ができるまでの、治療経過

週に2回の鍼灸治療開始
自宅施灸は毎日
不妊クリニックの受診はお休みする。

5ヶ月後 不妊クリニック受診
卵巣の数字悪く調整周期となる。

6ヶ月後(30診後) 採卵、多精子受精、未熟など移植できず。
2周期あける。
8ヶ月後(50診)採卵、グレード1,3の胚盤胞になる
(初めて、グレードの良い卵と言われる)

64診後 移植
67診後 妊娠 hcg50以上あると
妊娠中も鍼灸治療継続。出産にて終了。
無事に3000グラムオーバーのべびちゃんを出産、おめでとうございます。

長らくの「卵の質」を克服するための旅、ベビちゃんとめぐりあって終わりました。

でも、実は嬉しい続きがあります(^^)
続きはこちら↓

卵の質をあげるには③

卵の質をあげるには①

 

ビッグママ治療室

日本産科婦人科学会 登録データ集

不妊:相談 『卵の質をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?』①0032

不妊:相談 『卵の質をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?』①

赤ちゃんが欲しいと不妊治療をされている方がおおくいらっしゃりますね。
始めはタイミングや人工授精など、自然妊娠を考えての挑戦が多いと思いますが、
高度生殖医療も一般的になってきており、体外受精をなさる方も多いのが現状です。

以前には『なるべく自然に』ということで、自然妊娠への努力の時間も多く
さかれましたが、最近では『いきなり体外』ということも多く見かけます。

しかしながら、体外受精は、非常に高額の治療費がかかります。
そして採卵当たりの生産率(出産までたどり着く確率)はほんの数%です。



内閣府(ここからARTデータブック(不妊治療による出生率等のデータ)(外部遷移ページ)へ飛ぶ)

ご自身が思ったより治療がスムーズに進まず、
悩んでしまうことも多いと思います。

あれこれ悩みます

 

今日は、不妊カウンセリングの視点からお返事させていただきます。

ご相談:卵の質が悪く体外受精の治療が前に進みません

0032

卵の質が悪く、体外受精や顕微授精などの高度生殖医療の治療が前に進みません

35才です。
不妊治療をはじめて3年になります。
タイミング、人工授精とステップアップし
1年ほど前からは体外受精も組み合わせておりますが
妊娠にいたりません。

低温期が不安定で、月経前に不正出血があります。
過去に一度妊娠しましたが、繋留流産となり手術をおこないました。
不妊治療は、もう3年もやっています。

生理が来る度にがっかりして、落ち込んでしまいます。

不妊クリニックでは、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣膿腫、子宮ポリープ、卵管癒着などがあるといわれました。ただし、大きな問題はないので、妊娠こそが治療というクリニックのドクターからの説明で、とにかく体外受精を進め、妊娠したいです。

私が特に改善したいことは、
1)生理の時の頭痛
2)卵子の質をあげること

上記の2点です。
頭痛はいつも痛くて、なにかするのがいやになっちゃいます。

卵子の質は、低刺激法や完全自然周期ですでに5回採卵しました。

しかしながら、採卵しても未成熟卵や空胞が多く、
やっと成熟卵がとれ受精しても桑実胚でストップばかりで胚移殖まで到達できたのは1回のみでした。

もう少し、体外受精ー胚移植のチャレンジをしてみたいと思っていますが、
質のよい卵子を得るにはどうしたらよいでしょうか。

子宮筋腫は2.5センチ程度で、手術はしなくてよいと言われています。
ただ、このまま着床が難しいという状況が続くのならば、手術も視野に入れた方がいいとも
言われています。

私はどうしたらいいでしょうか?

私からのお返事:卵の質を改善し、不妊治療の決着をつけるために

せっかく体外受精をなさっているのに、治療がなかなか進まずおつらいですね。

課題を整理しましょう

不妊治療をしていると、具体的な形で『卵の質が悪い』ということに突き当たり、
つい『卵』のために何をしたらいいのかと考え込んでしまいますよね。

私はこの『卵の質』という問題は、卵だけの問題ではなく、その方そのものの体力、余力が反映されるものだという経験を多くしています。

つまり、体力があがり、生命力に余力がでると、自然に卵の質もあがるということです。

 

人間の身体はパーツで出来てるのではなく、ひとくくりのまとまりをもった生命の中にパーツがあるのです。パーツの状況ではなく、ご自身の生命力そのものの状態を考えることが大切であり、ここが東洋医学でお手伝いできるポイントです。そして、生命力を少し底上げして力強くすることで、西洋医学的な不妊治療もスムーズに進むことができたり、思わぬ自然妊娠につながることもよくるのです。

五臟六腑 肝木

一本の木

 

不妊相談 卵の質をあげるには②

ビッグママ治療室
日本産科婦人科学会 登録データ集

不妊カウンセリング:着床はするけど胎膿までは見えません②。 0179

着床はするけど、胎膿までみえたことがない →その①はこちら

 

具体的な症例からお話ししていきましょう。判定日hcg14 ガッツでフォロー!妊娠継続

 

ご相談:体外受精胚移植を4回していますが化学流産、陰性ばかりです

32才から妊娠を希望して、体外受精-胚移植も4回おこないましたが、化学流産かまったくの陰性で不妊治療をどうしたらいいのか悩んでいます。

私は身体の冷えが特に気になります。

身体が冷えると生理痛も辛いです。冷えて下痢と言うことも多いです。

ただし、詰まることそのものが一番辛く、生理や下痢でも詰まった感じがあれば辛く、通じれば楽になります。

足先の冷えは家にいるときにとくにひどく、冬は水の中にはいっているかのように冷えてしまいます。ただ外出すると逆にのぼせ暑くなりやすい感じがあります。汗がではじめるとドバーッとでて止まらない感じになることもあります。皮膚におできも出来やすいです。

このまま採卵をしても、同じ事の繰り返しだけがおこり、治療が前に進む気がしません。どうしたらいいのでしょうか?

私からのお返事:身体を温める力と包み込む力

冷えの症状が根深いですよね。手足が氷のように冷たいこと。お腹が弱く冷えにあたると下痢してしまうこと。冬が辛いこと、冷えで生理が悪化することなど、生命の土台の力である腎の陽気が不足していると思われます。

また、家にいて活動が低下すると冷えがより辛くなり、逆に外出すると非常に暑くなったりのぼせ手しまうと言うことは、生命を括る力が不足しています。

ヤカンでお湯を沸かしている状態をイメージしてください。
もともとお湯を沸かす火力が弱いです(腎の陽気不足)
そして、それなりの水量はありヤカンの容量はありますが、
蓋の力が弱いのです。ヤカンの蓋には小さな穴があいていて、余分な蒸気は外にでて、
循環すべき水分は蓋のうらがわにつき、内側に戻ります。
蓋の余分な熱を逃す調整力が弱いので、熱がこもりのぼせます。
そして、この蓋は下向きのベクトルで全身の循環(気の昇降出入、めぐり)
を助けますがこの力も弱いので、巡りが悪いです。

下向きに下痢や生理で外にでていけば、空気抜きになって身体がほっとしますが、
括りがよわいという部分があるので、生命力を高め中心に集めることが出来ないわけです。

腎の陽気不足を補い生命の温める力をやしないましょう。(火力)
生命力を括る力をやしない(肺気)、しっかりと中心に向かうベクトルを育て(ヤカンの蓋)、
赤ちゃんを安定して育てていく力としましょう。

東洋医学的診立て

腎の陽気不足を中心とした腎虚肝鬱 肺気の虚
益気温養補腎 補肺
治療方針:
 腎の陽気不足を補い、肺気の蓋をしっかりし、全身の気虚を救う
腎気の充実より女子胞力の充実を狙い妊娠に向けた治療とする。
肝鬱は問題としない。

治療経過

36歳
初診 週に1-2日の鍼灸治療スタート 自宅施灸スタート(全体に火傷ができやすい)→皮膚の弱さは生命の括りの弱さを示します(肺気の弱さ)
体外受精を繰り返しながら、血流をあげること、食事の改善を行っていく。
1年後 凍結胚盤砲移植 判定日βhcg14 ここから毎日鍼灸治療 

2回目→131
3回目→1600
妊娠12週までは週に3回の鍼灸治療を継続、その後は週に1-2回で出産まで継続
38歳 無事に3300㌘オーバーの女児を出産 胎盤が大きいと言われた。

鍼灸治療:初診
右内関ー左大都(SP2)、左公孫 三陰交 大巨(ST27)、
肺兪、右厥陰兪
右脾兪(BL20) 左三焦兪 右腎兪(BL23)

着床のころ
肺兪ー腎兪(BL23)ー次髎(BL32) 骨盤部冷え
臍 三里 三陰交 左外関

妊娠初期
臍 三陰交 左外関、陽池(冷え取り) 陰陵泉 陰谷
脾兪(BL20) 胃兪 氣海兪 次髎(BL32) 大腸兪(BL25)など。

…8) あとがき

32才からの妊娠後希望で4年。沢山のことをすでに挑戦しダメだったというところからの鍼灸治療スタートでした。

身体作りは、ただ鍼灸を受ければよいと言うことだけではないと言うことを
患者さんとふたり実感をもって歩んできたように思います。本当によく頑張られました。

・高度生殖医療を繰り返せば良いってものじゃない。
・生活習慣や食事も大事
・鍼灸もただ受ければいいってもんじゃない。
・養生鍼灸を自宅で毎日する。
・鍼灸の頻度は週に2回以上おこない、必要な時にはガッツリする。

生活全般を見直すということは、いままでとは違う国にいて、違う生活をするようなものですね。

つまり、いままで日本に住んでいた習慣から、フランスに引っ越して新しい生活をするっていう

ようなイメージです。

一日のリズム、食生活。それらを変えていくのはとても大変なことだったと思います。それをやりとげ、いままでとはひと味違う身体にグレードアップし、無事の妊娠、出産を遂げられました。

それは、鍼灸をしたからとか、高度生殖医療に挑戦したとか、多少はそういったことも
彼女の妊娠には必要なことだったのかと思います。ただ、それを妊娠、出産までつなげることが出来たのは、彼女のひたむきな努力のおかげだったと思います。