肩こり」タグアーカイブ

心配は親の課題、だね(^^)

子供の治療 

さて、私は子供の治療は、独特な世界があるのでメインとはしていません。
ですので、こーーーっそりとして公表はしていないのですが、案外持ち込まれるご相談。
来てくださるということは神様が修行をせよということなのね、ありがたいことです(^^ゞ。

ところで、子供の治療でよくあるのは、子供は困っていないけど、お母さんが心配だからというもの。

まあ、確かに子供をしっかりと見守るのは親の役目。そのなかで気になることがあればフォローしてあげるのも
親の役目ではあります。でも、その状態でお子さんが本当に困っているのかは見極める必要あり!!

子供が困っていないけど、親としては不安心配。
そうなると、心配は親の課題だぞ!!ってことになります。

ご自身の課題を子供におっかぶせてはいけませんってのが私の思う原則。
だから、はじめに親御さんから受療目的は伺いますが、お困りごとは直接お子さんから候います。

さて、
先日は、ちゃんとしっかりしている小学校4年生。
お母さんのオーダーは「緊張して肩がこって喉が詰まっている感じ」

お子さんに候いました「治療受けたい?」「うん!!」。

それではどーぞどーぞで施術開始。
「何か困ってることある?」そうすると、ご機嫌良くきっぱりと「ないです!」。

おかあさんからみると、喉が詰まって肩がこって、緊張して見えるけど、子供は困ってないと。
そしたらもう会話はあれこれと楽しいことや面白いこと、ゲームのことをペラペラ話しながら、
するすると手の赴くままにやっていきます。

左右の手の甲をみて、右の手臨泣のつまりと、同側みぎ臨泣のつまりをとりちょいとクリクリ。
おへそをみて、上に引っ張られているのを確認。
上背部、背部とみて、緩み陥凹を取穴して軽く温灸してお休みタイム。
最後におへそを確認。軽く気海に温灸しておしまい。

上背部の細絡、おへその上向き、少陽経のつまりなどまあ確かに上焦の軽い鬱滞を中心とする気逆とそれを支える中焦下焦の弱さを調整して、ご自宅ではその中焦下焦の弱さに対してのアプローチをお願いしておきました。

耳つぼ、面白い使い方あれこれ。

耳にツボがあるということをご存じの方は多いのかと思います。

 

一番有名なのはダイエット。

まあ、よく考えると不思議なのですが、どこか身体の一カ所を刺激すると痩せちゃうってのは、凄くおかしいことだと思いませんか?。だいたい、生命にとって痩せるというのは、不自然なことであり、貯金で言えば貧乏になること。それがどっかを押すだけでおこってしまうのならば、それは病的な刺激ということになってしまいます。

 

基本的に、ダイエットというのは、不必要に出てしまっている食欲を裁くことで、いらない摂取カロリーを減らすということが手眼であると思います。また、排泄をしっかりしていらないもののため込みを減らすという意味もあるでしょう。

 

ただ、人間にとって、「いらないもの」なのか、生命力をため込んでいるのかということは解釈が難しいですよね。まあ、現代に生きる我々は、”不必要に多く食べる”ことが出来ていると言うことなのかと思います。その不必要が、ストレスなどの胃熱から出ている場合は胃熱をさばく、精神的なコントロールをするということは、「ストレス解消を胃袋で行ってしまう」という悪循環から抜け出す一歩なのかと思います。

 

さて、そういった大前提を考えながら、耳そのものの話しに。

 

耳には全身が投影されています。一番わかりやすくよく現れているポイントは、頭が下で、下腿部分がそのまま脊椎、そして上部に足があるといったあたりでしょうか?。この脊椎の頸椎から仙骨にかけての並びの配当は案外よく出来ています。

鬱滞系のストレス、腰痛、肩こり、頭痛などに効果的なのが耳の特徴でしょう。

 

”耳たぶあんま” というのも有名です。

これは反対側の手の拇指を使い、耳たぶをしっかりともみほぐすこと。

血行がよくなり、鬱滞が取れ、全身の気血の巡りをよくすることがあります。

お試しあれ。

 

耳つぼポイントとよく上げられるところを出しておきますね。

ダイエットは1−5の赤丸。これは反応を掴むインジケーターなどを使った方が性格に取穴できます。

花粉でもポイントをあげておきますね、ただし当院では首のポイントを使うことの方が

多いです。そっちのほうが効果的ですからねえ。どこの反応点を使うかはケースバイケース。

花粉症などは外邪ですので、外邪をさけることや、場合によっては内服薬を使いながらの方が

現実的であるケースも多いかと思います。

 

それにしても今年の花粉はすごいですね、ドカンって感じです。

ご注意あれ。

 

 

 

EPSON MFP image

なぜ、私の治療院に来てくださるのか? ビッグママ治療室に行く理由

なんのために、私の鍼灸院にいらしてくださるのか? 鍼灸師の先生から、このような質問をいただきました。

 なぜ米山先生のところには、患者さんが継続的にいらっしゃるのですか?

いやいやいや(^^ゞ   だーーいぶ以前に、副鼻腔炎の治療ならびに経過を書いたところ、「最初の主訴(副鼻腔炎)が治ったのになんで患者さんは、ビッグママ治療室に通い続けるのですか?」という質問なのでした。主訴が治ったら治療も終わりじゃないかというのがその方の意見でした。 私の方こそ逆に疑問(^^ゞ「副鼻腔炎」だけが問題だったら、普通は耳鼻科に行くと思うんですよね。私もそれがよいと思うのです。病院に行けば症状である主訴を解決するのは一番よいと思うのです。 そうではなくて、私のところにわざわざ来てくださるということは、副鼻腔炎もあるけれど、どうも身体全体の問題があり、その中で副鼻腔炎の症状がでているだけだと患者さんも感じているからではないかなと思っています。そしてそのお手伝いが出来ると私も思っています。 私のところでは「副鼻腔炎という症状を出している目の前の患者さん」をまるごと一つの存在として拝見しています。それが東洋医学的な診方をする、当院の特徴です。 つまり、症状として副鼻腔炎がある。そしてそれを踏まえて、 1:現在 今の全身状態はどうなっているのか? 2:過去 今に至る過去からの状態はどうなのか? 3:現状分析 東洋医学的なお体の見立て、主訴の位置づけ 4:どうしたらいいのか? 東洋医学、西洋医学、養生も含んで、目の前のあなたに必要なことはなに? 5:未来 どのような改善がきたいでき、これからの人生をできる限り快適に歩むことの出来る身体であるために、あらまほしき未来についてのお話。 こんな感じで考えていきます。 この流れは、西洋医学で言えば人間ドックを受けて、診断をしてもらい、今後の参考にするという感じでしょうかねえ。それの東洋医学版。治療院として提供できるサービスは鍼灸ですが、患者さんがご自身の選択としては西洋医学も含んで幅広いものが可能です。そういったことを一緒に考えていける場でありたいと願っています。 当院では、主訴も含んだものとして、今のお体の情報をお伺いする問診や、体表観察などの切診をあわせた四診からその方を診立て、治療方針をたて患者さんと一緒に今後の人生を気持ちよく過ごしていくためには、どういったことをしたり、現時点での何を変えて行くことが必要なのかを一緒に考えて前に進んでいきます。 私自身が望むこととして、「身体を診てもらい」、その上で「いまどうなっているのか」を教えてもらい、「どのように気をつけるとよりあらま欲しき状態になるのか」を知りたい、そのために治療院に行きたいという希望があります。つまり「診てもらいたい」が主。そして自分の身体を理解したい。診ることがなくて、何かするだけだったら、肩こりでわざわざ治療院にいかず、湿布でも貼っておけばいいんじゃないかなあって思うのです。状況をみたうえで、鍼灸ではこの手入れを優先するのが一番、肩こりには湿布あたりがいいんじゃないでしょうか?なんていう話しをすることもよくあります。優先順位をつけるっていうのは大事なことなんです  

その肩こりの中心課題は?

私は、肩こりそのものを癒やすことよりも、その肩こりはいまの全身状態の中、どのような位置づけなのか?という理解をすることが一番大事だと思うわけです。たとえば、全身の疲労がきついなか、パソコンなどでがんばってしまい生じた肩こりは、肩こりそのものの対処よりも、全身の疲労を取ることが必要で、その全身の疲労は、胃腸の虚が課題なのか?生命の土台の力が不足なのか、身体を温め養う力が不足なのか、単なる気の滞り偏りなのかを判別するべきかなと思うのです。 単なる気の滞りならば、肩こりそのものを中心に考えていけばOKです。胃腸の虚でパワー不足ならば、胃腸を温め養う治療と、日々のご自宅でお灸をしていただき、胃腸の力を養うようにしていきます。生命の土台の力不足ならば腎気をしっかりさせる治療、身体の冷えが必要ならば温養の治療などなどといった感じです。それは一回の治療で解決出来ない場合も多いのですが、肩こりをおこしてくる背景が改善されれば、そもそも肩こりがおこりにくく、おこっても自然と解決しやすい状態になるわけです。 こんなカラダ作りを私は患者さんと一緒にしていきたいと思っています(^.^) それから、私は自分の行きたい治療院を作っています。 私の治療院の一番のファンは私なんだよね〜〜。こんなところがあったらいいなっていう思いで運営しています。私自身が週に1度は定期的に治療を副院長から受けていますし、ほぼ毎日背中のお灸はやってもらっています。納得できる治療院なのです。うん。

0102 体調が悪い、疲労感が強い、だるさがつよい 無事の第一子、第二子の出産

先般、お話ししていて、あるかたが

「先生のいうこと、信用しているわけではないですけど(^^ゞ、言葉同理になることがおおいから、そのとおりにするんです〜」

私の発言は占いか!ってなもんですが、確かにそうだなあって思います。

いままでの経験から、あなたはこっちを選んだ方がいいと思うねえ〜というアドバイスを結構させて頂いています。で、根拠があるかないかっていえば、もう野生の勘!の領域も多いですね。とくに病院選びや、状況に対する選択の選び方は、「今時の発言提供者側のリスク」を考えた発言と違い、「私があなたの立場だったらこう選ぶね」というアドバイスです。

で、そのアドバイスに順って、いろいろな場面を切り抜けたkさんは、上記の様におっしゃりながら、今回の周りにも大反対されながら、そしてご自身も「うーんこの選択は面倒」と思いながら、私のアドバイスする選択をなさり、結果として「先生の言うとおりにして良かったー」となり、その上での上記のご発言(^^ゞです。まあ、無事に良い経過ならばなんでもいいんですよ。

 

いま、医療関係者、とくにドクターのアドバイスは、慎重にならざる終えない様な気がします。それは社会情勢からはあたりまえでしょう。そんななか、私はなんもしがらみもありませんし、逆に勘と経験という今時にはありえない根拠に基づくアドバイス。ただ、こんなアドバイスが結局、一番その方がご自身の道をこえていくには助けになることが多いって事でもあるのでしょうねえ。

 

さて、そんなところを踏まえて、この症例の方も同じようなアドバイスをして、病院選びをなさり、「子宮を残せました!」につながり、第二子への出産となりました。本当によかった。病院選びをする時点では、そんなにリスクはないんじゃない?普通のところでいいんではという感じでしたが、なんかイヤな予感がして「大きな病院!」とアドバイスさせていただいたことが功を奏しました。

 

症例:31歳の女性、体調が全般に悪く、だるさが強いということで、まず身体の立て直しからはじまり、当院受診後1年2ヶ月ほどたってから本格的な不妊治療を挑戦。妊娠期間中も、前置胎盤や出産時のトラブルなど大変な出来事が数々ありましたが、母子ともに無事にご出産の時を迎えかわいい女の子が誕生しました。

更年期のようなだるさ、疲労感、肩こり

 

妊娠、出産には、『ご本人の生命力』を高めることがとても大事です。

その上で、適切な西洋医学の力強い主導は本当に有難い物だと思いました。

妊娠初期に、なんとなく『この出産は大変そうだ』という予感がし、大きな病院への

受診をお勧めしましたが、その結果、より大きな病院への連携も強まり、出産時の

トラブルも乗り越えられ、子宮を残すことができ、第二子への希望がつながりました。

よかったな、よかったなと私も本当にほっとしています。

その後、無事に第二子も出産。

いろいろなことがあった症例ですが、私もほっと胸をなで下ろしました。

『お魚ぷっくり』手のひら母子球のセルフケアマッサージ

『お魚ぷっくり』手のひら母子球のセルフケアマッサージ

手のひらを広げ、親指の付け根をみてみましょう。
まるで、お魚のぷっくりしたお腹が横たわっている様に見えますね。

手のひらのマッサージはとても気持ちがリラックスすっきりします。
とくに、このお魚ぷっくりゾーンは様々な症状に効果的。

この場所は、東洋医学でいうところの肺のツボ(、そして手の甲側は合谷って言う大きく気の巡りをよくするツボもあったりします。上半身の凝り固まった肩こり首コリなどや、女性の生殖力upが期待できます。

是非セルフマッサージしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
手のひらチェック
1)まずご自身の手のひらを開いて、この母子球(親指の付け根のぷっくりしているところ)をみてください。

2)ぐっと凝り固まっていたり、青筋だったりして血色が悪い感じだったら、このマッサージがとても効きます。やってみましょう。

3)左右差も比べてみましょう。右と左、とくにコリが強かったり青みが大きい方はよりしっかりとマッサージしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お魚ぷっくりセルフケアマッサージやり方
(動画をごらんください。)
(右手をマッサージする場合を説明しますね。左手の場合は逆になります)

1)手のひらをしっかりと広げます
2)右の親指の付け根に左の小指をひっかけます。
3)そのまま左の2,3、4指を右手の甲側に回し、しっかりと支えにぎり込みます。
4)左手の親指で、お魚ぷっくりゾーンをしっかりと押します。左手の2,3、4指で裏側から支えながらやるのがコツです。
5)お魚ぷっくりゾーンを少しストレッチするように開いて行うと効果アップ

母指球のマッサージです。ご参考まで。 #ビッグママ治療室

Yoneyama Akikoさん(@hideyoshi222)がシェアした投稿 –

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
効果

このお魚ぷっくりセルフケアマッサージは、東洋医学で言うところの肺のゾーンをしっかりとマッサージします。そして同時に合谷という便秘や肩こりでも有名なツボにもアプローチ。

凝り固まりをしっかりとほぐして、気の巡りをよくしましょう。すっきりとしますよ。

また、このゾーンは二つの特性もあります。
特に効果的なポイントというイメージで捉えてください。

AゾーンとBゾーンふたつに分けて紹介しますね。

お魚ぷっくりセルフケアマッサージ:Aゾーン Bゾーン

Aゾーンは呼吸器、肺に症状にある方は特にしっかり。ゴリゴリも強い場合が多いです。
Bゾーンは卵巣、子宮など婦人科の症状が気になる方はとくにしっかり。青筋が立っている場合は結構が良くなるまでしっかりとマッサージ。