便秘」タグアーカイブ

ドラッグストア漢方:便秘も下痢も桂枝加芍薬湯の穏やかさ

便秘はなんどかテーマで書かせていただきました。

そしてやっぱりドラッグストアにいくと目につきますねえ。

以前にも書いたのでこちらも→ドラッグストアの棚

https://bigmama-odawara.jp/blog/archives/5180

それから、便秘のセルフケアについては、こちら→https://bigmama-odawara.jp/blog/archives/5103 どうぞ参考になさって下さい。

☆下痢も便秘も対応、桂枝加芍薬湯の穏やかさ。

 

便秘 写真 イラスト 桂枝加芍薬湯 温裏剤

さて、もう一つの便秘薬は桂枝加芍薬湯

これは分類的に言うと温裏剤に属します。

これは箱の説明の通り、腸が過敏で腹痛や下痢になりやすいひとにと箱の説明はあり、目安として便秘と下痢がかいてあります。

(日本薬学会 薬学用語解説より)

桂枝湯は、

桂枝湯
・桂皮:おだやかな発汗・発散作用 温経通腸
・芍薬:痛みをやわらげる 和裏 緩急止痛
・生姜:体をあたためる 調和和胃
・大棗:鎮痛緩和強壮作用 調和和胃
・甘草:緩和作用

 

となり、この処方を中心にいろいろな漢方薬があります。
胃腸を穏やかに暖めながらちょっとしたバランスで効く方向を作っていくという感じですね。

芍薬というのは筋肉をゆるめ痛みを和らげる作用があります。つまり桂枝加芍薬湯は、身体を温め穏やかな発散作用をもちながら筋肉の緊張をとってくれるわけです。

便秘と下痢、一見すると正反対な症状ですが、どちらも、胃腸を温め筋肉を緩めるというごくごくあたりまえの健康法で効いちゃうよって話しです。

    胃腸をあっため、リラックス。 

まず、基本のキですね(^^) 

便秘のお話。 ドラッグストアの棚を眺めてみました。

こんにちは、便秘シリーズ続くです。

以前に便秘のセルフケアということで書かせていただいております。
お灸でのセルフケアなどはそちらでどうぞ

近所のドラッグストアにいくと、色々な市販薬がありますねえ。
便秘薬もいっぱいあります。
いっぱいあってわからんぞーってなことで、ちょっと調べてみました。

市販の便秘薬五選なんてのでググると、こちら

いろいろありますねえ(^^ゞ。

ざくっと一覧にしてみると、

•1、酸化マグネシウムE便秘薬(酸化マグネシウム2000mg)
•2、ビューラックA 400(ビサコジル~腸の副交感神経末端に作用してぜん動を高めるほか、腸粘    膜に直接作用して排便反射を刺激し、排便を促進)
•3、新ウィズワン (水を含んで膨らむ食物繊維プランタゴオバタと生薬センノシド)
•4、コーラック (ビサコジル)
•5、ミルマグ(水酸化マグネシウム 0.35g含有)

あたりでしょうかね。

便秘薬の分類4つ

便秘には、

 

便秘の分類4つ
1)大腸刺激性下剤(コーラック、大黄甘草湯)
2)便に水分を増やす(浸潤性下剤)(オイルでる、コーラックファースト)
3)腸の水分を増やす(塩類下剤)(酸化マグネシウム製剤)
4)便の量を増やす(膨潤性下剤)(サトラックスビオファイブ)

こんな発想でわけられています。

詳しくは下記の通りですが、パワフルに腸を刺激するときついし、便や腸に水分をますという発想はちょっと便秘に対する即効性は期待しにくいけど、穏やかというイメージかなと思います。

1)大腸刺激性下剤(コーラック、大黄甘草湯)
→ビサコジル・ピコスルファートナトリウム水和物・センナ・ダイオウなどがあります。
→大腸刺激性下剤は、薬の力で大腸を動かして排便をうながします。夜に飲むと次の日の朝には排便が期待できますが、腹痛をともなうことがあるので注意しましょう。

2)便に水分を増やす(浸潤性下剤)(オイルでる、コーラックファースト)
→ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)
→便が腸に長く留まるタイプ
→効果が弱め、他との配合が多い

3)腸の水分を増やす(塩類下剤)(ミルマグ)
→酸化マグネシウム、硫酸マグネシウム、水酸化マグネシウムなどです。
→塩類下剤を服用すると腸に水分がたくさん集まるので、水分をたっぷり摂取するようにしましょう。

4)便の量を増やす(膨潤性下剤)(サトラックスビオファイブ)
→便の量が少なくなって便秘
→食物繊維を多く含むプランタゴ・オバタなどの植物の種皮を用いた物。

病院で出される便秘の対応で、酸化マグネシウムを頂いている方が多いですね。
これは、腸の水分を補うという穏やであり、効果がでやすいというところですね。

 

東洋医学的な便秘分類4つ

東洋医学の世界ではちょっと発想が違います。

便秘を4つに分類しています。

東洋医学的な便通のタイプ4つ
1)熱痺
2)気秘
3)虚秘
4)冷秘

上記4つにわけます。

1)熱痺
・大便秘結、排便困難
熱が籠もって便通がつかないというタイプ

2)気秘
・大便秘結、便意はあるが排便出来ない
気が滞って便通がつかないタイプ

3)虚秘
・気虚ー便意はあるが、排便困難、大便は硬く軟
・血虚ー長期間の便秘、排便困難、便は硬く兎糞状

力(生命力)がなくて便通がつかないタイプ。押し出すことが出来ないので、長く腸に留まり便秘もコロコロしてきます。

4)冷秘
・排便困難
冷えがあり、便通がつかないタイプ。ただし、冷えが中心だと便秘ってよりも下痢に傾く場合の方が多いですね。

さてさて、教科書的な(^^ゞ治療法と選穴、漢方の紹介です。
なぜ教科書的なというと、一応理論的にはこうなるけど、そんなに効かないし、便秘ということを症状から発想してとりさるというのが、東洋医学的な発想となじまないからです。分類して書いているとよりそう思っちゃうんですよね。また便秘という症状に注目すると、『熱取り』が中心になりますが、熱って”生きていること”につながるわけです。生きているから熱がでる。その熱で症状が出て困っているから、熱を取る。そうすると短期的ならばOKだけど、長期的になると生命力まで削っちゃうじゃん!!ってことになるわけです。

教科書的な(^^ゞ漢方薬と治療穴
1)熱痺→清熱→麻子仁丸、大黄甘草湯
曲池(LI11) 合谷(LI4) 内庭(ST44)

2)気秘→理気行気→六磨湯
行間(LR2) 気海(CV6) 陽陵泉(GB34)

3)虚秘→補気益陰→補中益気湯合潤腸丸
脾兪(BL20) 胃兪(BL21) 大腸兪 関元(CV4) 三陰交(SP6)

4)冷秘
温陽散寒
気海(CV6) 腎兪(BL23) 関元(CV4)

 

あらためて、ドラッグストアの棚をみてみた!

ここまで踏まえてドラッグストアの棚をみると、便秘そのものってよりも、便秘を熱中心(つまり1)の熱痺)に考え、熱を落とせば滞りも消える。その滞りには脂肪もあるんだよという発想がみえてきますね。

便秘だーと思いながら、ドラッグストアの棚を眺めると、以下の4つが候補に挙がると思います。

大黄甘草湯:腸熱による便秘、熱を下す
防風通聖散;熱、内湿
麻子仁丸:潤腸 清熱
桂枝加芍薬湯、桂枝加芍薬大黄湯:虚秘

桂枝加芍薬湯以外はどれも、1)の熱痺に属してくる部分のある漢方です。

大黄甘草湯は、シンプルに瀉下作用の期待できる大黄と調和させる甘草ですね。
防風通聖散は、色々な漢方がミックスされ、熱のほか、内側にたまった水分や内湿を取るという発想です。ダイエットと一緒に語られることが多いのも納得ですね。

ということで、まとめると。

便秘に関しては、長らく続く体質的なものならば、この以前のまとめをご覧ください。案外本質的な事だと思います。便通って健康な身体の文脈にあるのですよね。ただ、便の事だけではないと思います。

基本的な便秘の対応はこちら→松本アキコさん・小林先生便秘の話し

その上で、慢性的な便秘の人であれば、服薬したいと言うことであれば、まず内科で相談するのがベストだと感じました。
酸化マグネシウムってのがよくでるのも、一番穏やかで問題を出さないためでしょう。

そのうえで、単発的に対応ということで、漢方なら大黄甘草湯がベストとまではいえないけれど、ベターな選択ではないかと思います。

タケダ漢方便秘薬 180錠  大黄甘草湯
(有効成分、ダイオウ、カンゾウ)
シンプルな処方ですね。

まあ、あくまでも単発でという感じかなと。

ナイシトールということが漢方の棚で目につきます。
これは、防風通聖散がメインになっていて、体力あります!がっつり滞ってます!ってなタイプ用ですね。胃腸虚弱な人にはダメですよ~。
この防風通聖散は、主治が外感風邪、熱邪内蘊という、外邪としての風邪を払い、内側にこもった熱を取り去るという処方です。薬そのものの性質が全体として寒涼に向かう物ですから、長期に服用はちょっとねえーって思います。

以上、ご参考まで。
なお、薬を実際に選ぶ、服薬するときには、基本的に専門家にご相談くださいね(^^)

 

 

便秘のお話。 お灸でセルフケアしましょう。

便秘はやっぱり話題ですね。
よく相談をお受けします。

便秘の鉄板! セルフケア

とりあえず、鉄板は以前に紹介させて頂きました松本アキコさんの本。
基本的なことがしっかりと押さえてあるように思います。
松本アキコさん・小林先生便秘の話し

便秘に付き合う基本的なお話はこちら↑でさせていただきましたので、
詳しくはそちらを(^_^;)

そのうえで、やっぱり便秘は昔からのみんなの悩み事
灸歌があります。

☆灸歌
便秘には大横(SP15)、大巨(ST27) 腹結(SP14)に神門(HT7)
   章門(LR13)、大腸の逾(大腸兪(BL25)

とあります。

この大横(だいおう、SP15)、大巨(ST27) 腹結(SP14)はお腹のツボです。
松本さんの本にもありますが、おなかもみもみってのは、やっぱり効きそうですし、
このツボも効きそうですね。

案外、お腹の中央にツボは集中しています。本の揉むべきポイントはもっと外側なので、少しツボとは違いますね。

松本アキコさんの本で紹介されている、揉むべきポイントに、灸歌のツボをいれてみました。

お灸のポイントは気海(CV6)です。お臍のすぐ下にあります。

このツボは、お腹のパワーアップです。

 

お灸のポイント、気海のツボの使い方

もしお灸をするならば、私はこの1点に多壮灸(たそうきゅう・同じ点に沢山の数のお灸を据えること)をして、それからマッサージかなって思います。

気海(CV6)効きますよ。

 

 

 

 

お灸のポイント、神門の使い方

神門というのは、手にあります。


教科書的にはこんな位置→ですが、私はこんな感じでツボをとります。↓↓


手首の尺骨側(腕の骨です)のところ。尺骨頭の骨際を探し、コロコロしているポイントをとります。澤田流というお灸のポイントでもこのコロコロした神門を探すのがコツとされています。

このコロコロを狙ってお灸を据えます。
私はダイレクトにここを押さえてマッサージします。

これは気滞という気の滞りをとってくれます。肩こりや頭痛でも気の滞りが主因であればよく効きますので、同じように使ってみてください。便通でもスッキリです。

大腸兪(BL25)というのは背中のツボ。

大腸兪(BL25) セルフケア 脾兪(BL20) 腎兪 気海(CV6)
背中のツボはききますね。他のツボも一緒に使うのもOKです。是非お試しを(^^)

参考文献:腸をキレイにしたらたった3週間で体の不調がみるみる改善されて40年来の便秘にサヨナラできました 松本明子著 小林幸弘監修

便秘のお悩み:お灸をしてみましょう(^^) 

便秘で悩む人は多いのかと思います。

便秘については以前にもだいぶ書いていますが、質問を頂いたのでもう一度!

まあ、便通は毎日でることではなく、便通がスッキリあることが大事です。

気持ちよく食べて、スッキリ出る。大事ですね。

便秘外来で小林弘幸先生のお話はとても参考になります。

松本明子さんの腸をキレイにしたらたった3週間で体の不調がみるみる改善されて40年来の便秘にサヨナラできました!
という本が参考になります。


さて、便秘について東洋医学的にまとめてみました。

東洋医学では身体を肝、心、脾、肺、腎の五臓にわけてかんがえています。

ポイントは、

1:心と身体の緊張を緩めること(肝)

2:食事(タイミング、食べ物の種類など)(脾)

3:身体の底力(腎)

となります。

便秘も身体の底支えがあってこそスムーズになりたちます。
朝日を浴びてご飯を食べるという体内時計のスイッチオン!
食物繊維や善玉菌の多い食物、水分をのむ
感謝してリラックスしてすごす。
ストレッチなどの体操をするってなことですね。

では、お灸でのアドバイス。
お腹のツボ、
お腹 :お臍のすぐした気海(CV6)  天枢
手:合谷(LI4) 手の支溝(TE6)
足:足三里  KI6(照海)

こんなツボがあげられます。
私のお勧めは、まず足のお灸をしちゃいます。
1)足三里にお灸

2)手の合谷(LI4)にお灸

 

最後に気海(CV6)というお臍の下のツボにお灸を3回。

身体全体の動きをつけて、最後にお腹の力をアップ!です。

 

便秘は、余裕のある生活を! あせらずリラックスの生活改善。

ある方がご自身の症例を弁証論治という東洋医学的な手法を使って解き明かすときに、
だいぶご自身の便秘で悩まれていました。

そこで便秘に興味をもちました。

便秘って世の中では対応策としてはどんなものが提示されているのか、興味をもって本を読んでみました。

すると、松本明子さんというタレントさんが取り組んだ手記が非常に興味深かったです。
松本明子著 
アスコム出版 小林弘幸監修

彼女は子供の頃からお母さんに浣腸して貰うほどの便秘。幼少時代に習い事などで忙しく便意を無視する生活、くそ真面目で頑張りすぎる事が多い、便秘は非常に悪い状態だったそうです。

この本から提示されているのは

・毎日トイレに5分座るという習慣化
・心と身体の緊張を緩めよう
→同じような毎日(習慣化)
→余裕ある時間の設定(あせらないようにする。
→呼吸法をおこないリラックス

・感謝して寝る
・夜寝る前3時間までに食事を終わらせ、朝ご飯を毎日とる(習慣化、腸の蠕動運動を促す)
・食事に発酵食品などを取る
・ストレッチを行う。腹部を伸ばしたり、腸に圧力をかけたり
・朝一杯の水を飲む(スイッチオン、胃結腸反射)

この本はリラックス、緊張を緩めると言うことが強く提唱されていて、便通に対する考えが
オモシロかったので、ざっくりと五臓にわけてみました。

五臓の弁別
肝:
・毎日五分トイレに座るという習慣化(習慣化なので、意思の力を使わずに楽に行動)
・心と身体の緊張をゆるめる(肝気をゆるめる)
・あせらないでよいように余裕のある時間設定(気機が乱されないようにする)
・呼吸法をおこないリラックス(肝気がゆるむ)
・感謝して寝る(肝気の高ぶりが納まる)
・ストレッチをおこなう(肝気を伸びやかにする)
心:なし
脾:
・寝る3時間前までに食事を終わらせる
・朝ご飯を毎日取る
・食事に発酵食品などをとる
・朝一杯の水を飲む

・呼吸法をおこないリラックス(肺気を動かして全身の気の巡りをよくする)

・感謝して寝る
・下剤を使うー腎気をそこなう

この本で面白いなと思ったのが、便通の改善を提唱するときに、強く推薦されていることが、ゆっくり行動、笑顔、緊張したら深呼吸という一見便秘とは何ら関係がないと思われることです。五臓の弁別を通すと肝気を伸びやかにし、気の昇降出入を
大事にすることがポイントであると理解できました。

また、下剤を使うことを強く諫めています。この本の中では腸の状態がむくみっぽくなりより便通が悪くなるという説明をされています。これは結局、便通はつけるが、腎気を損ない生命力そのものが失われてしまい、一時は症状を改善させるが、かえって生命に負担をかけてしまうということをお話しされているのではないかと理解しました。

便秘だと食べ物や食事習慣や胃腸の問題だけに注目がいってしまいますが、まるごと一つの身体の中で起こっている便通であり、全身の問題ととらえることが必要であり、また肝気を中心とした全身の気の昇降出入が便通にも大きく係わり、このことをポイントとする便通指導が本の著者のような頑固な便通異常にも効果的であることは改めて勉強になりました。

食事についても面白いですね。
メモを作ってみました。


水:水溶性食物繊維
H:発酵食品
N:乳酸菌
O:オイル、オリゴ糖

食べ物に気を配るのってとても大事ですね。