弁証論治:

0008:重度のアトピー、ホルモン剤での不調、体外受精での妊娠出産

アトピー不妊(IVF-ET)弁証論治

38歳 女性

主訴:不妊症、アトピー性皮膚炎

家族歴:がん、不整脈、アレルギー

 

..問診

子供の頃から手足に湿疹がよくでていた。

高校から大学にかけてアトピー悪化。

大学生のときに、脱ステロイドを試み、尿が出なくなるなどで半年入院。

以来、ステロイドは使用せず民間療法などでコントロール。

25歳、28歳のときにアトピー悪化のため、断食道場にて治療(好転)

このころより、尿の切れが悪く力をいれないと出ない感じがある。

アトピーの状態について。

イライラすると、かいてしまう。

冬になって乾燥すると悪化、

春先から梅雨明けまでは水泡が出たりしてもっと悪化。

真夏から秋には海にはいったりして良好になる。

..不妊治療歴

36歳結婚、妊娠希望

近くの病院にいく

タイミング指導を受け半年ほど経過

卵管造影で両方卵管狭窄判明。

別の病院で、卵管造影をするも良好な結果。

漢方薬(当帰芍薬散合当帰建中湯)を服用

37歳~38歳

不妊専門クリニック受診

IVF-ET 1回目 自然周期ー妊娠せず

IVF-ETのために1ヶ月前からホルモン剤を服用してから急激にアトピー悪化。

体表面がもわーっとする感じ。下半身はさほどアトピーが出ていなかったが

ホルモン剤を飲み始め、太ももの内側から足の甲まで悪化し、

内側からじくじくする感じになっている。

高温期を維持するホルモンを飲んでも、しっかりとした高温期にならない。

 

…生理の状況

初経13歳、28-30日周期(多少遅れることが多い)

生理前5日から胸が脹り、下腹が少し重い。

生理の1,2日が量が多い。(月によって大きく量が変化)

生理痛はさほどでもない。

塊は20代前半から出ていて、20代後半がとても多かった。

..普段の状況

体調が悪いと、立ちくらみがしたり、足がむくみやすい。

夏、夕方は調子がいい。

冬、クーラー、梅雨、季節の変わり目、朝は睡眠不足は調子が悪い。

風邪をひくと、鼻水、便秘、下痢。

食欲は大食、よく食べるおいしい。食べるのは遅い、時間は規則的。

よく噛んで食べる。食後に時々胸焼け腹脹がある。

7部づき米、納豆をよくたべ、肉魚は半々ぐらいで食べる。

間食はよく取る。

便通は1日1回

便通のためにプルーンを取っている。そのため軟便。取らないと出ない、

出てもコロコロ。便器につくことはほどんどない。臭いはきつい。

口舌喉がときどきかわく、粘る。

小便は一日6回。

残尿感はよくある。尿切れがわるいときもよくある。

尿の色は白濁、夜間尿はない。

睡眠、寝つきは普通、眠りは深い、寝起きは悪い。

疲れが残ることはめったにない。

..切診

左関上ー力がない。

舌、潤、全体に白苔 やや赤い、舌裏より紅い

脾募あり(左大きい)

関元抜け、

左列缺、熱感ゆるみ、

左神門~霊道ゆるみ、

左合谷ゆるみ、

左後谿ゆるみ

右足三里大きい

左足三里冷え、大きい

右申脈冷え、

右臨泣冷え

左三陰交、公孫冷え

大椎周り、さほど目立たないがやや冷え

左右肝兪すじばり

左右脾兪から胃兪 陥凹きつい(右の脾兪が一番きつい)

..五臟の弁別

…肝

生理に塊が混じる(オケツの可能性)

左関上ー力がない(肝気の緩みの可能性)

右臨泣冷え(オケツの可能性、肝胆の冷えの可能性)

左右肝兪すじばり(肝気の緩みの可能性)

…心

口舌喉がときどきかわく、粘る(心熱の可能性)

舌裏が紅い(心熱の可能性)

左神門~霊道ゆるみ(心気の緩みの可能性)

…脾

春先から梅雨明けまでは水泡が出たりしてもっと悪化

(脾気が弱く湿痰がたまりやすい可能性。外湿と呼応しやすいとい可能性)

子供の頃から湿疹が出やすい(脾気が弱い可能性)

25歳、28歳のときにアトピー悪化のため、断食道場にて治療(好転)

このころより、尿の切れが悪く力をいれないと出ない感じがある。

(断食により脾気が好転しアトピーが良好になった可能性と、断食により腎気を落とした可能性)

夏、夕方は調子がいい。(腎、脾の陽気不足の可能性)

冬、クーラー、梅雨、季節の変わり目、朝は睡眠不足は調子が悪い。

(陽気不足、内湿、脾虚の可能性)

風邪をひくと、鼻水、便秘、下痢。(脾気の弱い可能性)

プルーンを食べないと便が出ない(脾気の弱い可能性)

食欲は大食、よく食べるおいしい。食べるのは遅い、時間は規則的。

よく噛んで食べる。食後に時々胸焼け腹脹がある。

(脾気の器は小さく、本人は無自覚だが、本能的に脾胃を守ろうという行動になっている)

脾募あり(左大きい)

右足三里大きい

左足三里冷え、大きい

左三陰交、公孫冷え

大椎周り、さほど目立たないがやや冷え(陽気不足)

左右脾兪から胃兪 陥凹きつい(右の脾兪が一番きつい)

…肺

真夏から秋には海にはいったりして良好になる。(湿度により表衛が養われる可能性、肺気が楽?ということ)

左列缺、熱感ゆるみ、

左合谷ゆるみ、

右申脈冷え、

大椎周り、さほど目立たないがやや冷え(風邪の可能性)

…腎

子供の頃から湿疹が出やすい(先天の器である腎が小さい可能性)

脱ステロイドの過程で尿が出なくなる(腎をいためた可能性)

25歳ごろから尿切れが悪い(腎が弱い可能性)

IVF-ETのために1ヶ月前からホルモン剤を服用してから急激にアトピー悪化。

(ホルモン剤により腎気を弱めた可能性)

25歳、28歳のときにアトピー悪化のため、断食道場にて治療(好転)

このころより、尿の切れが悪く力をいれないと出ない感じがある。

(断食により脾気が好転しアトピーが良好になった可能性と、断食により腎気を落とした可能性)

夏、夕方は調子がいい。(腎、脾の陽気不足の可能性)

高温期を維持するホルモンを飲んでも、しっかりとした高温期にならない。

(素体の腎陽不足の可能性)

体調が悪いと、立ちくらみがしたり、足がむくみやすい。

(腎気の不足の可能性)

冬、クーラー、梅雨、季節の変わり目、朝は睡眠不足は調子が悪い。

(陽気不足、内湿、脾虚の可能性)

残尿感はよくある。尿切れがわるいときもよくある。(腎気が弱い可能性)

関元抜け

右申脈冷え、

…不妊(メモ)

高温期を維持するホルモンを飲んでも、しっかりとした高温期にならない。

(素体の腎陽不足の可能性)

ホルモン剤で大きく体調が変化

舌裏の色がより紅い

生理に塊がまじる

生理の量が月により大きく変化

..病因病理

小さい頃から手足に湿疹がでやすいなど、先天の器の小ささを思わせます。

20代に急激に悪化したアトピーに対して脱ステロイドをして頑張ったため、尿が出にくくなる

という腎に負担をかけています。またその後、悪化したアトピーに対して断食道場で過ごすことで、

脾気が救われアトピー自体は好転するものの、尿が出にくくなる、尿切れが悪くなるなどの状態に陥り

その後、継続しています。

これは、アトピーは脾気を救うことで好転するものの、強行的な手段により、腎気を損傷し、

器を一段小さくしたのではないかと考えられます。。

その後は器にあわせて、のんびりと生活することで、アトピーとの上手な付き合いの出来る状態となり、

小さい腎気の器、弱い脾気でありながら、大きく困る状況にはならずに経過しています。

しかしながら、現時点で腎気の器も小さいままですし、脾気の状態としては、春先から梅雨明けまでは水泡が出たりしてもっとも悪化するなど、内湿の可能性を思わせますし、プルーンを食べないと便通がない。脾募の状態、足三里の状態などの体表観察からも脾気の弱さはきつく感じる状態ではあります。

主訴は不妊です。

年齢が高いことや、卵管の問題で、IVF-ETに挑戦され残念ながら結果がでずというところです。

不妊治療は、ホルモン剤を投与して、排卵を促すことになります。これは、通常でも身体の下焦の力で

ある腎気を消耗させ素体を疲れさせます。

本症例の患者さんは、もともとの器の小ささと、アトピー性皮膚炎との付き合いの中で腎気の器を

小さくしていることもあり、ホルモン剤の投与でかなりきつくアトピーが悪化しています。

ホルモン剤は、腎気を奮い立たせ排卵を促します。このため、より腎気を落とし、内熱を生じ、脾気に負担をかけ

身体の下部である下肢に内側からじくじくする感じでアトピーが悪化するという状態になっています。

また、高温期を維持するホルモン剤を飲んでもしっかりあがらない高温期は、もともとの素体の力の不足、

とくに腎気の不足を思わせます。この腎気、腎陽の不足状態では、妊娠しても継続できないであろうことは明白です。

妊娠のためには、まず、不妊治療で使われるであろう腎気の消耗に対してついていけるように腎気を補う。

腎気、とくに腎陽が補われることにより受精卵が着床し子宮内膜で成長していける力をつけるようにしていきます。

また、妊娠は母体の脾腎の力をとても使います。赤ちゃんのためにも母体が充実していることは大切ですが、

ご本人にとっても、アトピーを悪化させないため、無事のご出産をなさるために、腎気を補い脾気を建てることが

肝腎です。

不妊治療に負けない身体作り、妊娠に充分耐えうる身体作りを目指します。

..弁証論治

弁証:脾腎両虚

論治:補腎健脾

治療方針:

ホルモン剤の投与に耐えるように腎気をたてることがまず第一。

IVF-ETによって、胚を戻した後は、腎陽を中心にたて、子宮を暖かく充実した場所となるようにし、

着床を助け、初期の流産を防ぎます。

妊娠が継続できたら、脾腎の器をたて、母体の充実、出産への備えを出来るだけしていきます。

遠方からの来院ですが、週に2日の治療と、ご自宅での毎日の施灸を指導。

..生活提言:

体外受精に挑戦してみるもまだ結果が出ていない状態です。

素体の器の小ささの影響を受け、ホルモン剤の投与で非常に大きな身体のぶれを生じています。

妊娠するための不妊治療ですが、刺激を受け取るだけの素体がないと、せっかく胚を移植しても

受け止めらず妊娠することが出来ません。

身体の力を充実させ、赤ちゃんの卵をしっかりと受け取れる体にしましょう。

また妊娠がゴールではなく、出産したくましい母となることが大事です。

目先の結果を負うのではなく、身体作りを考え、長い目で妊娠ー出産を考えてきましょう。

アトピーとは上手につきあっていらっしゃいますが、身体に負荷をかける不妊治療では

状態が悪化しがちです、胃腸の力を落とさないように、過食や甘いものに注意して、身体作りを

心がけましょう。

..ESさん(Eさん)

38歳女性

大学時代にひどいアトピー性皮膚炎で、感染症をおこし入院。

ステロイドを離脱したいので、ステロイド拒否をして4ヶ月入院(=^_^;=)。

以降、なんとか、ステロイドなしでのアトピーコントロール。

あまりにひどくなると断食道場などにいく。

35歳で結婚

不妊治療を受ける。

プラノバールでも高温期の体温が安定しない状態で腎気の根本的な

弱さを感じる。

37歳KLCにて一回目のIVF-ET 妊娠せずの状態で2007年7月ビッグママ治療室を受診

二回目のIVF-ETにて8月妊娠。

週に2回のペースで来院

…初診 遠方ながら、

週に2回のペース

左内関、足三里 左公孫 脾兪 三陰交 三焦兪 次髎 臍の温灸

体外受精、妊娠。

HCG、E2の値とも良好

1)臍温石、棒灸 左内関、足三里

2)脾兪、三焦兪、次髎(鍼、温石、ミニ灸)

…4w

明日胎嚢確認にKLCにいく

施術同じ

…5w

胎嚢確認OK 2週間後に受診の予定

施術同じ

…6w

12日の夜に手枕してから左の中指のがしびれとれない。同じころから

風邪を引いている

1)下腹棒灸 (後谿ー左申脈)ミニ灸2回 足三里(灸頭鍼ーミニ灸)

2)肺兪棒灸

3)身柱温石 腎兪、脾兪、胃兪、次髎(鍼、温石、ミニ灸)

…6w

同じ

…7w

風邪はだいぶよいがまだ鼻声

施灸指示 胃兪、三焦兪、腎兪、大腸兪、耳聾

1)下腹棒灸、温石 臍温石

左後谿ミニ灸  足三里(灸頭鍼ーミニ灸)

2)胃兪、三焦兪、腎兪、大腸兪、次髎(鍼、温石、ミニ灸)

…7w

心拍見えた 出産予定日は2008、4.9

施術同じ

…妊娠判定から

週に二回のペースで来院。

下腹が硬く冷えた感じ。全体に皮膚が枯れていて、背部輸穴も生命力の希薄さを感じる。

ただし、本人は頑張って肝気を張っていて聡明な印象。

治療後、すべて自宅施灸をお願いしている(毎日、ミニ灸で2回)

下腹にもミニ灸を指示

….38w

予定日まであと11日。

本日は『安産はりきゅう』のためにご主人と同伴で来院。

いつ生まれてもいい状況で、出産時に力が出るように施術。

アトピー悪化、おかながかゆい。

むくみがでていて、とくに右下肢が辛い。

1)右後谿+ミニ灸、下腹棒灸、足三里灸頭鍼、

三陰交灸頭鍼2回、左湧泉ミニ灸

2)肺兪(7)

3)腰温石マッサージ、下肢マッサージ

4)胃兪、三焦兪、左胆兪、次髎 (鍼、温石、ミニ灸)

….39w5d出産メール

本日昼の12:45に3200gの元気な男の子です

昨夜陣痛より先に破水から始まって、深夜1時頃に病院入り。明け方から陣痛が

本格的になりやはり経験したことのない痛みとの戦いでしたが分娩台に乗ってからは

15分くらいで産まれました。

早速写真をと思ったんですが今は携帯でまだ撮っていなくて、赤ちゃんと部屋も

別なので取り急ぎご報告だけです。ダンナに『余裕があったら先生のHPに写真を

添付して・送っておいて』と頼んだんですが、うちに帰ったらバタンキューかもです(笑)

長い・でスミマセン・ 本当にありがとうございました嶹

….出産後Eさんからのメール

米山先生こんにちは

ご丁寧なメールをどうもありがとうございました。返信が遅くなってすみません。先生

にお伝えしたい気持ちはたくさんあるので『ちまちま携帯で打っていられないわ』と家

族のパソコンを借りてメールを打ち始めたものの、途中で中断してしまったりでなかな

かはかどりませんでした。一郎が産まれてもう17日、退院してもう11日になります

。本当にあっという間に時間が過ぎていきますね。

一郎は日中は静かに寝ているばかりなので手がかからなくて助かっています。ただ昼夜

逆転してしまっているのか、夜間はおっぱいを飲んでもなかなか寝付いてくれずお目目

ぱっちりで布団に寝かせると泣いてしまうので、私もすっかり寝不足で少々ばて気味・

・・

先生の仰るとおり、午前に午後に一郎が寝ている間にこまめに昼寝をするようにしてい

ます。退院直後はその寝不足がとてもこたえたのですが、ここ数日で随分体力が回復し

てきたように思います。(寝不足には変わりないのですが・・・)

先生のアドバイス通り、十全大補湯は産前に用意して入院中から服用を始めました。横浜に戻ったら何もかも自分でやらなければならないし、産後の今こそしっかり体力を回

復させて後々に蓄えておくのが大事なのかな、と今は親に甘えて楽をさせてもらってい

ます。

私の症例をまとめていただいて、形にしていただくのは私としてもとても嬉しい限りで

す。自身でも時々読み返して頑張り過ぎずに注意していこうと思います。 確かに入院

中は気持ちも高ぶっていたし、夜間の授乳もおっぱいをあげる時間以外は眠ることが出

来たのでさほど苦痛に感じませんでしたが、退院して3~4日くらいでちょっと弱気に

なりました。このような波が逗子に戻って産後2ヶ月目くらいにあるのかもしれないな

・・・と

感じています。

でも退院後初めて深夜に一郎と二人きりで過ごして、なかなか寝付かない一郎を抱っこ

して体温と体重を手に感じた時に、 なんとも言えない温かい感情があふれてきて思わ

ず涙してしまいました。新宿の加藤クリニックに不安な気持ちで通っていた時のことを

思い出し、本当に無事産まれてきてくれて良かった、とありがたい気持ちでいっぱいに

なりました。

思い切って体外受精に足を踏み入れたものの、良い結果が出せるのか?、そしていざ陽

性反応が出てからもうまく継続出来るのか?健康な赤ちゃんに育ってくれるのか?と常

に不安ばかりで、妊娠後も『私の妊娠は体外受精だから…』と劣等感のようなものを感

じながら過ごしていました。でも週に二回先生の所に通ったことは、体のお手入れをし

ていただく以上に精神的にとてもプラスになり、常に親身に時に厳しくご指導いただい

たおかげで、とても安定した妊娠期間とスムーズなお産が出来たのだと思います。 ま

た、大勢の、いろいろな週数の妊婦さんと毎日向き合っていらっしゃるにもかかわらず

、私の胎動をとても新鮮に喜んでくださったことはとっても嬉しく思い出に残っていま

。本当にお世話になり、どうもありがとうございました。

それから蛇足ですが、命名にまつわるお話をひとつ。最後に先生のところに伺ったとき

にはまだ夫の心の中に秘密にされていた名前の候補ですが、結局私が里帰りする二日前

の夜になってようやく発表されました。その日はもう時間も遅くゆっくりと相談も出来

ず翌日も年度末の最終日で帰宅の遅かった夫とは名前については何も話さず私は実家に

来てしまいました。でも20くらいある候補の中で私が一番気に入ったのが『一郎』で

したので、私の中では出産後入院中も『この子は一郎だな』と思いながら過ごしていま

した。

そして、退院の日にいざ話し合いをはじめたら、夫にはもっと別の最終候補があり話

し合いは難航。 『一郎』は ①夫の長兄に音が似ている

  ②自分がふりがながなければ絶対読めない名前で苦労してい

るので息子にはわかりやすい名前をつけたい という理由で渋られてしまいました。

でも夫の出す別の候補も私は気に入らず「もともとあなたが出した候補の中から選ん

だのに今更反対するなんて!」と半ば険悪モードに・・・でも翌日はお七夜で両家の両

親を交えて昼食をとる予定だったのでなんとしてもその日の夜に名前を決めねばならな

いのでした。

互いに譲らず話し合いも行き詰った深夜に、夫がいきなり30個弱ある候補の名前で

端から順番に赤ちゃんに呼びかけ始めたのです。そうしたらなんと!『一郎』の時だけ

赤ちゃんが

「いぃっっ」 と何だか声を発して返事(私は勝手にそう解釈しました!)をしてくれ

たのです(笑)  『ほらほら!!今返事したじゃない!』と私。『一郎』の後もいく

つか呼びかけましたが、赤ちゃんはうんともすんとも言わず。 夫もついに断念してめ

でたく『一郎』と決定したわけです。

夫はもちろん実家の家族も(特に母が)一郎にメロメロで、皆が本当に幸せそうに一郎

と接する姿を見て、「赤ちゃんが幸せを運んできてくれるのだな、体外受精に踏み切っ

て本当に良かったな」と実感しております。私自身が体調を崩してしまってはどうにも

ならないので、完璧を求めずある程度いい加減に気持ちに余裕を持って育児をしていか

れたら、と思っております。

長くなってしまいましたが、改めてお世話になりありがとうございました。遠方なので

まだ未定ですが、いつか一郎の顔を見せに先生やスタッフの皆さんに会いに行きたいな

~と思っております。先生もお忙しい毎日と思いますがお体にお気をつけてお過ごしく

ださい。

それでは、また。

E S

….私からのお返事

Eさん こんばんは

丁寧なお返事ありがとうございます。

> 一郎は日中は静かに寝ているばかりなので手がかからなくて助かっています。ただ昼夜

> 逆転してしまっているのか、夜間はおっぱいを飲んでもなかなか寝付いてくれずお目目

> ぱっちりで布団に寝かせると泣いてしまうので、私もすっかり寝不足で少々ばて気味・

> ・・

大変ですよねえ(^_^)

私は、下の娘のときは、もうねむくて、ねむくてという感じだったので、

娘をおなかの上に乗っけて寝ていました。

朝になると横にちゃんと寝ていましたよ。わははは。

まあ、ほんの一時ですから、楽しんでください。

> 私の症例をまとめていただいて、形にしていただくのは私としてもとても嬉しい限りで

> す。自身でも時々読み返して頑張り過ぎずに注意していこうと思います。 確かに入院

ありがとうございます!

症例は、年齢を少し変えたり、状況設定をかえたりして、個人情報を差し替える

形で、皆さんにシェアできるようにしたいと思います。リウマチなどの持病や

アトピー、瘠せ等の体質的な弱さをもって妊娠した方は、やはり妊娠中の養生が

なにより必要だと常々感じます。

Eさんは、素直にアドバイスにしたがっていただけて、本当に私も

うれしかったです。いまちょうど、『赤ちゃんのために安静にしたり手入れした

りすることは必要』と強く助言させていただいた患者さんが、安静に出来ず、

結局緊急入院。いま生まれてしまうと神奈川県内では赤ちゃんの受け入れができ

るベッドがないんだよ!!と脅かされてしまう事態になってしまった方が

いらっしゃいます。調子のいいときに、ちゃんと手入れして養生していただくこ

とが本当に、本当に大事なんですよね。

一郎君、やっぱり素敵ですよね(^_^)。

Eという名前が難しいからとおっしゃっていたので、

どうなさるのか楽しみでした。読みは難しいけど、字としてはそれほど

難解ではないので、一度読みをいえば直ぐに覚えてくれそうですよね。

オンもとてもいい感じだなあと思います。

Eさんは、加藤での自然周期で1回ダメ、そのあと採卵して、一度目の戻

しがダメ、二度目の戻しで妊娠だと思っていましたが、違いましたでしょうか?。

これで、2度にわたるという表現にしました。

加藤でのチャレンジも多くの方々がなさっています。

なかなか結果がでないこともありますが、こうのとりさんが、ひとりでも多くの

方々にきてくれるようにとお祈りしています。きまぐれなんですけどね(^^ゞ

> でも退院後初めて深夜に一郎と二人きりで過ごして、なかなか寝付かない一郎を抱っこ

> して体温と体重を手に感じた時に、 なんとも言えない温かい感情があふれてきて思わ

> ず涙してしまいました。

しみじみとした時間が流れているのですね。

おっぱいの臭いのする独特の感じ、あの甘さ、人懐っこさは

不思議な感じですよね。

つながって生きているんだなあなんて。

> 夫はもちろん実家の家族も(特に母が)一郎にメロメロで、皆が本当に幸せそうに一郎

> と接する姿を見て、「赤ちゃんが幸せを運んできてくれるのだな、体外受精に踏み切っ

> て本当に良かったな」と実感しております。私自身が体調を崩してしまってはどうにも

> ならないので、完璧を求めずある程度いい加減に気持ちに余裕を持って育児をしていか

> れたら、と思っております。

ぼちぼちとがんばってくださいね(^_^)

赤ちゃんが人をたくさんつないでくれますよね。

孫のありがたさって、あるんだなあって思います。

いつか、こちらにドライブでもいらしたら是非寄ってお顔をみせてくださいね。

楽しみにお待ちしております(^_^)