自然妊娠」タグアーカイブ

不妊:相談 ステップアップは了解しない夫との不妊治療−②

不妊:排卵障害でもステップアップしない 自然妊娠 出産シリーズの②

さて、このシリーズの目次を出しておきますね
不妊:排卵障害でもステップアップしない 自然妊娠 出産
①:不妊:排卵障害でもステップアップしない。自然妊娠プロローグ
②:ステップアップは了解しない夫との不妊治療
③:不妊:薬をやめて不妊カウンセリング鍼灸治療での自然妊娠
④:第二子への挑戦 メールでの不妊大作戦!
⑤:海外での不妊治療事情 PCOS  クロミッド
⑥:不妊:相談 海外での不妊治療、どの様に進めたらよいでしょうか?
⑦:不妊:相談 基礎体温表の手がかり 排卵検査薬の難しさ
⑧:不妊:相談 妊娠しました! 800ドルの超音波エコー
⑨:日米カナダの妊婦健診事情 出生前診断
⑩:海外妊婦健診事情 出産報告

スタートしましょう。

 

一人目のときには、『ステップアップを了承しない夫』との不妊治療です。不妊治療は夫婦二人での話し合いがとても大切です。ときに必要なステップアップを反対され、不妊治療そのものが成立しない場合もあります。

しかしながら、昨今の『急ぎすぎる不妊治療』もしかしてこのご主人は非常に賢明な判断をされたのではないでしょうか?

体外受精胚移植の生産率は30代前半でも7%程度です。つまり1回の採卵で妊娠出産まで到達できるのは100人に7人!。しかしながら不妊の定義に当てはめれば、こんな程度なのも実は納得なのです。

ですので、他の手段が本当にダメなのかを確認するのは、案外大切であり、生殖医療は介入が低いほど安全の大原則にものっとっています。

今回のケースは、排卵が毎月ない多膿疱性卵巣症候群。ちょっと注意しなければならないのは、多嚢胞性卵巣症候群などと血液検査などの結果から診断されても、『毎月排卵がある』状態であれば、薬などの医療介入はいらないようですね。先日もいらっしゃった方が、他院でのカバサール服用を専門クリニックでは否定されてしまったと話されていました。毎月排卵があれば、多嚢胞性卵巣症候群と診断されても服薬などは必要ないと言うことです。

しかしながら今回のケースはかなり重度の排卵障害であり、この場合は、薬での調整が難しいので体外受精へのステップアップは充分考慮に入れることが可能なケースとなります。なぜならば、多嚢胞性卵巣症候群の場合は、薬での誘発コントロールが難しのです。卵胞が出ない状態では意味がなく、卵胞が出過ぎれば多胎妊娠の可能性からその周期は見送りとなってしまいます。

体外受精になれば、沢山卵子が採卵でき、受精卵も多く出来、結果として1度の採卵で多くの凍結胚ができ、妊娠出産がスムーズに進むと言うことも多くなります。

しかしながら、今回はご主人が『そこまでしなくてもいいんじゃない〜』とおっしゃり、ステップアップをしない決心をなさっています。

さて、この症例はどうなるのでしょうか。

相談:
32歳です。病院で不妊治療をして1年ほどになります。多嚢胞性卵巣症候群としんだんされていて、クロミッドとブレドニンを服用しています。

もう1年たちますが妊娠しません。主治医からは高度生殖医療である体外受精へのステップアップを勧めています。

しかしながら夫はいつも「そこまでしなくていいんじゃない〜」と言っていて、これ以上のステップアップは希望していません。どうしたらいいでしょうか? 妊娠出来るでしょうか?

状況:
生理不順、3〜6ヶ月に1度の生理。不妊治療で排卵誘発をするようになって33−35日程度で排卵するようになった。母親も同じ状況だが24歳と25歳で妊娠、出産。夫が明確に高度生殖医療を拒否しているので、ステップアップは出来ない。

お返事:
ご主人の意思が明確ですね。

確かに、1年以上病院に通い排卵誘発をしていて妊娠していないという事実から、ステップアップをして解決したいというお気持ちはよく理解できます。

1年以上努力しているのだから、もうステップアップしなくては妊娠できない!と思ってしまいガチですね。

しかしながら、私はまだまだチャンスはあると思います。ステップアップの前に、自然妊娠出来るようにもう少し身体自身の手入れをしてみてはいかがでしょうか?

お身体を拝見しての課題

1)生命の土台の力(腎気)が少し弱い
2)身体の上部での気の滞りがきつい
3)胃腸のパワー不足
4)女子胞(子宮)での気血の不足、滞り

この4つの課題は、3)の胃腸のパワー不足があるために、1)の腎気の不足が引き起こされ、2)と4)の身体の上部では滞り、女子胞(子宮)では気血の不足やオケツという血の道の滞りを生じさせます。

まず半年程度を目安にお身体の手入れをしてみましょう。
『とりあえず一切の薬をやめ、病院を休憩してみる』という選択です。
それでもダメだったときには、一緒にご主人を説得する方法を考えましょうね。

東洋医学的な見たて
・弁証 腎虚を中心とした気虚
・論治 益気補腎
・治療方針 腎気をそこあげし、脾気をバックアップ、気逆を納める

場合によっては、脾気そのものも手を入れる。

 

不妊:相談その① 病院では『問題ない』強い冷え、痩せ、お腹が弱い−0134

なかなか妊娠しない。本当に困ってしまいますね。
確かに、妊娠は自然な授かり物でもあります。
待つ時間も大切。
しかしながら、やはり、本当の課題はなんなのか、探してみることも大事ですね。

今日は、20代で妊娠をのぞみ、検査では『問題はない』といわれながらも7年の月日がたってしまったケースです。手足先の強い冷え、痩せ気味、お腹が弱い。どれも妊娠への課題となりそうですが、どれもさほど大きな問題にはならないような課題です。前に進むときには課題の整理が大切です。

どんなことが課題になっているのか、
どういう道筋をとっていけばよいのか、
一つずつ解決への道筋を一緒に悩み考えたカップルの相談です。

相談:夫も私も病院での検査は問題ないといわれています。
しかしながら結婚して7年妊娠出来ません。
35歳になりました。
人工授精も何度もしてみましたが妊娠できません。
どうしたら妊娠できるのでしょうか?

私はもともと痩せ気味(BMI16.67)で、お腹が弱くすぐに下痢をしてしまいます。
手足先の冷えも強いです。どうしたら妊娠出来るのでしょうか?

気になること:
16才と21才の時に卵管から出血があり、お腹に血と水がたまったことがあります。2,3週間入院をしましたが、妊娠には何ら問題はないといわれていますが、いまになると本当に問題がないのだろうかという思いがあります。

クーラーや暖房で体調が悪くなります。特に冷えには弱くて、手足先が芯から冷える感じです。いろいろと対策はしていますが、急な温度の上がり下がりには特に弱くて身体がだるく、つかれやすいです。

生理の2,3日前から便秘、イライラがあります。排卵時にはお腹にチクチクとした痛みがあります。2年前ぐらいから体外受精にステップアップしようと考えていますが、なかなか思い切れません。

ご相談にお答えして:
ご夫婦でいろいろな努力をなさり、がんばっていらっしゃりますね。
二つの課題を感じました。
①西洋医学的なステップアップ。
②ご自身の体調のこと。

このふたつの課題は結局、『妊娠ー出産』という課題を解決するためには、一つの道となりますが、少し分けて考えていくことが、課題の解決をスムーズにすると思います。

一つ目の課題:
西洋医学的なステップアップですが、年齢要因的に半年ぐらいを目処にスタートすべきだと思います。現在35才、一刻を争う状態ではありませんが、ご自身でおっしゃるとおり、あっという間に年月は流れてしまいます。これから半年以内に自然妊娠が成立しなかったら、自然妊娠への道を探りながらも、ステップアップして体外受精を実際に始められるようにしましょう。つまり病院受診などの準備はすぐにスタートし、体外受精のステップである採卵が半年ほどの時間が経過したらすぐに始めるように準備をしておくわけです。病院選びなども迷うと思いますので、ご自身が行ってみたいト思われる候補の病院を複数相談なさるのもよいかと思いますよ。Nさんのお気持ちを受け止め、必要なポイントを明示してくれるクリニックに通うことが大切かと思います。

二つ目の課題、ご自身のお身体についてです。
元々のお身体の状態が少し弱めですね。それは何かあるとすぐに下痢気味になり、なかなか体重が増えないという胃腸のパワー不足が根底にあるようです。

中学校のころは、BMI20.27ぐらいあり、それなりに充実し、月経も順調であったと思います。しかしながら、婦人科疾患にて入院安静がきっかけで、体重が37キロ(BMI16.67)に落ちてしまったことは、入院そのものは安静だけだったであるのに、ご自身にとっては非常に大きなストレスとなり、このストレスが弱い胃腸への負担となってしまったと思います。

そして体重が回復することなく現在にいたっていしまっているのは、ご自身の身体のスケール(器)が一段小さくなってしまったということだと思います。

仕事を始めてから、とくにお腹の弱さと手足末端の冷えが気になり始めているということは、体重が戻らないまま小さな器(気虚気味の素体)に仕事の緊張が加わったため、ストレス状態がより強く、継続的になってしまっていることを示しています。

ご自身できをつけていらっしゃるので、それなりの状態はキープしていらっしゃりますが、妊娠という身体の余力が必要な場面では、その余力が不足しているといわざるおえません。

やはり目立つのは胃腸のパワー不足ですね。空腹感がめったになく、食事も時々美味しいと感じる程度で胸焼けがするということは、胃腸の弱さは明瞭です(脾虚)

お身体を体表観察で拝見すると
1)胃兪の大きな陥凹奥の冷え抜け
2)足三里の長い陥凹など

上記から胃腸のパワー不足は明瞭です。
また、体重を落として以来胃腸のパワーが弱まったままであることから、全身を防御する肺気のパワーが低下し、外の環境変化について行けなくなっていると思います。つまり、胃腸のパワーがないために、全身を守る力が不足しているということです。

これが28才で結婚後、特段の問題はないのに妊娠が成立しずらいということに繋がっていると考えられます。

東洋医学で言う五臓の脾気を中心に肺気、腎気とも余裕がなく、気を張ってなんとか日々を過ごしている(肝気の課題)状態から、余裕のある身体作りを胃腸の状態をよくすることからはじめていきましょう。そして妊娠に影響すると言われる衝任脈に気血を注ぎ入れ女子胞(子宮)のパワーをあげていきましょう。

弁証論治
脾気を中心とする全身の気虚肝鬱 衝任脈の弱り
益気補脾 温養衝任

治療方針:
妊娠に拘わらず、まず全身の力をつけ、余力をつける。そののちに、女子胞力(子宮の力)をつけていくことがポイント。ただただ女子胞力(子宮の力)だけをつけるという目的ではなかなか到達できないと思います。全身の力up→女子胞力upです。

また、年齢要因もそろそろ気になるお年頃。『原因がない』ということに拘わりすぎず、逆に体外受精に挑戦してみて、そこからどんな要素が浮き上がるのかと言うことからアプローチするのもよいかと思いますよ。

続きの治療経過はこちら

冷え性で痩せすぎ、不育症検査で12因子欠乏症が判明(38歳出産)

不妊:相談その② 病院では『問題ない』強い冷え、痩せ、0134

その①はこちら→不妊:相談 病院では『問題ない』強い冷え、痩せ、お腹が弱い

治療経過:
6ヶ月後 体調は安定してよい、体重が3キロ増えることができた。
8ヶ月後 採卵 空砲
9ヶ月後 採卵(5つ取れて4つ空砲)ー移植ー着床、化学流産
11ヶ月後 カウフマン、風疹の予防注射
1年後 身体全体が疲れにくくなってきた
採卵、受精せず
1年1ヶ月後 採卵ー移植ー妊娠ーhcg20
1年4ヶ月後 採卵ー胚盤胞凍結 あまりスピードが速くない
1年5ヶ月後 採卵ードミノで移植 ー妊娠
妊娠20w 貧血が出てきて朝がくらくら、夕方は疲れる
母性連絡カードを提出し、少し遅い出勤にしてもらった
妊娠35w小柄なためか、お腹が大きく上腹部の腹満が大きいのでご自宅での安静を進める
(お腹は柔らかく状態はよいと思われる)

39w 3500㌘オーバーのべびちゃん 安産にて無事に出産
胎盤が800㌘と大きかった。
7年も待ちわびた赤ちゃん、おめでとうございます!!

結果:無事に妊娠、出産されました。おめでとうございます。

赤ちゃんと巡り会うための旅をご一緒して:

不妊治療は、原因を取り除けば、もしくは原因がわかれば前に進むことができるというものではありませんね。何かをやってみてそれで上手く行けば、それが原因だったのだろうと理由がひとつづつ明解になってくるわけです。

この方は、とりたてて原因はないと言われながら、5年の月日が流れてしまっています。そして体外受精にステップアップしてから、空砲が多いということや、化学流産などの着床の問題がはっきりしてきました。

体重をあげ、体力をつける努力を同時になさり、身体がすこしづつ『信頼できるもの』になっていったからこそ、体外受精での課題も、一つずつ解決できていったと思います。

BMIは不妊治療に大きな目安となります。
体重が多すぎるのも問題ですが、低体重も妊娠しにくい要因となります。
BMIが18.5を越えると自然妊娠をなさる方も多い印象があります。
ひとつの目安としてくださいね。

この方は、痩せの上に、冷え性もひどい状態でした。この冷えに対しても、あまり冷えに拘わるよりも全身の生命力を上げるというシンプルで当たり前のアプローチが結果的に功を奏したように思います。

東洋医学的なアプローチで半年過ぎたころ。
体調は好転しましたが、なかなか妊娠そのものが成立していないので、
ステップアプをお勧めしました。そこでもいろいろなことがありましたが、
無事に妊娠。妊娠初期から鍼灸治療をしっかり行いフォローしたおかげか、
胎盤が大きく、3500㌘オーバーの元気なベビちゃんが誕生しました。

小柄ながらも頑張り屋さん。
良いお母さんになられることでしょう(^^)。
よかったですねえ。

冷え性で痩せすぎ、不育症検査で12因子欠乏症が判明(38歳出産)

不妊:排卵障害でもステップアップしない。自然妊娠プロローグ−①

①:不妊:排卵障害でもステップアップしない。自然妊娠プロローグ

プロローグ:

体外受精や顕微授精などの高度生殖医療。不妊治療としてあたりまえになり、不妊治療=高度生殖医療になってしまっている場合も多いかと思います。

不妊というのは、妊娠しないということであり、『どの様な介入、プロセス』で妊娠するかというのは、ある程度の時間、『やってみる』『待つ』ということが必要でした。

あたりまえの、なるべく大きな意味でリスクを軽減させるには、この『ある程度の時間をかけ、やってみたり、待つ』というプロセスを経たステップアップが必要ではないかと思います。

不妊という事実だけに注目し、すぐにジャンプup(他の不妊治療をせずに体外受精や顕微授精などの高度生殖医療に挑戦すること)してしまうというのは、もしかしたら、ローリスクにるながる、より『自然な妊娠』のきっかけに気がつけないのかもしれません。

この症例は、医療介入を低く妊娠したいというご希望で

・一人目は鍼灸治療にて妊娠出産
・二人目はメールでの不妊カウンセリングにて妊娠出産

という症例です。

一人目、二人目と分けて掲載していきますね。また、一人目の時の基礎体温豹が二人目でもとても役に立ちました。最近はないがしろにされがちな基礎体温ですが、やっぱり力強い味方になる場合がありますね。

さて、項目は10個です。

不妊:排卵障害でもステップアップしない 自然妊娠 出産
①:不妊:排卵障害でもステップアップしない。自然妊娠プロローグ
②:ステップアップは了解しない夫との不妊治療
③:不妊:薬をやめて不妊カウンセリング鍼灸治療での自然妊娠
④:第二子への挑戦 メールでの不妊大作戦!
⑤:海外での不妊治療事情 PCOS  クロミッド
⑥:不妊:相談 海外での不妊治療、どの様に進めたらよいでしょうか?
⑦:不妊:相談 基礎体温表の手がかり 排卵検査薬の難しさ
⑧:不妊:相談 妊娠しました! 800ドルの超音波エコー
⑨:日米カナダの妊婦健診事情 出生前診断
⑩:海外妊婦健診事情 出産報告

スタートしましょう。

不妊:新陳代謝の調整で妊娠率up、流産率↓のお話し

不妊:TSH甲状腺刺激ホルモンでわかる、新陳代謝の調整のお話し。

ある患者さんが、伊藤病院を受診され、パンフレットをもらってきました。

写真:
伊藤病院

伊藤病院はむかーしはこのパンフレットの類いがとても充実していました。病院に行くのは面倒だけど、東京の原宿だから楽しいしと仰りながらパンフレットを私にも見せてくれる方が大勢いらっしゃりました。ふむふむなどと読ませていただいてわかりやすさに納得。

最近はメインのパンフレットの他1,2種類があるのみだそうです。ちょっと寂しいですね。まあ時代の流れ、インターネットや本で読んでねということでしょうね。

もうだいぶ前、体外受精でながらく日本一有名と言われる新宿の加藤レディースクリニックに通っていた患者さんが、『伊藤病院に行くように言われました』ということをおっしゃり、だんだん不妊治療をする人にTSHを測りコントロールするというメソッドが確立していったように思います。この新宿のクリニックでのやり方を横から20年ぐらい眺めていますが、統計的なデーターを集め、確立すれば広げていくという感じがします。

あ、ヨネばあちゃん、少し思い出話を。

以前に、移植時のPは十分と言うことでホルモンを何ら補充せずに移植し、4,5回移植してもダメという方がいらっしゃりました。当時の加藤レディースクリニックでは、『不要と思われるものは足さない』という方針が明確。でも、今でも思い浮かぶのですが、その人の基礎体温表の高温期は、胚盤胞移植時がピークになり、あとはするっと下がる方だったのです。今では標準的にデュファストンがでるようですが、当時は『その当日のPが10以上あれば足さない』何度かクリニックを変えては?と申し上げたのですが、その方はやはり体外受精ならばKLCがよいというご家族の意見もあり、何度か採卵ー凍結胚移植を繰り返したものの、一度も着床しないまま、治療そのものを終了されました。良好胚が出来ていたので、今ならば着床障害や、ホルモン値の課題をもう少し強く助言できるのになあと時にその方のお顔を思い浮かべます。このお話はKLCで伊藤病院の話題が出る前の出来事です。だいぶ古い話しになります・・・。高温期

 

さて、この甲状腺は、食事に含まれるヨウ素を材料にして甲状腺ホルモンを合成しています。この甲状腺ホルモンは新陳代謝の過程を刺激したり、促進したりします。また妊娠中の胎児の脳も含めた身体発育にも大きく関与します。

この甲状腺ホルモンが一定の値をキープできるようにするのが、脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)です。つまりこのホルモンが甲状腺を刺激してホルモンの分泌を促すわけです。

ホルモンって、身体の中では

刺激ホルモンが分泌→本体のホルモンが分泌される

こんな流れです。

つまり甲状腺刺激ホルモンであるTSHが高いと甲状腺から出ているホルモンが足りないというわけです。

 

このパンフレットの中にある、妊娠を考える方、妊娠初期の方のTSHを2.5以下にコントロール維持することで流産を減らすということが、統計をとるうちにはっきりしてきたのかなと感じました。さすが加藤さま!(と、多くの方が呼んでいますね。私もそう思うことがたびたびあります)。実績を踏まえての前進なのでしょう。

TSHの正常値

 

甲状腺の機能低下と流産、早産の関係も明確なようで、妊娠してからもこのコントロールを行ってもらう方が最近は多くいらっしゃります。以前はわからなかったことが、検査項目になり、わかってきたということかなと思います。発展していることがいっぱいありますねえ。

 

さて、ヨウ素は、体内では作られず食物から摂取するミネラルです。ただし、逆にヨウ素を過剰に摂取すると甲状腺ホルモンが減ってしまいます。ヨウ素を含む食品は注意です。

 

ヨウ素で注意するのは昆布です。昆布はダントツにヨウ素が多いです。昆布の食べ過ぎには注意ですね。昆布だしも控えるのがよいかと思います。また改装が好きならばひじきはちょっと控えましょう。

昆布

のり、わかめ、めかぶ、もずくなどの海藻は制限する必要はないです。
ただし、イソジンのうがい薬はヨウ素が含まれていますので、使わない方がよいとのことです。

日本人は海藻類が大好きです。この中で、ヨウ素に注目した場合は昆布の摂取を控えると言うことが大事です。

妊娠を考える方。不妊治療中の方。甲状腺が気になる場合にはこの伊藤病院で1度見ていただくのもよいかもしれません。朝一番で初診の門をくぐれば、お昼までには結論がでて全て終了ってな感じで帰ってくる方が多いですよ。ご参考まで。